FC2ブログ

ほのぼの「B級商店街」歩き

東京下町を中心に、決してA級ではないけれど、ほのぼのとした風情ただようB級・C級の商店街を、応援の思いも込めながらぶらぶらと歩きます。

# プロフィール

ほのぶらマン

Author:ほのぶらマン
商店街全盛時代を懐かしむ昭和世代の男です。商店街が少しでも元気を取り戻すことを願いつつ、ほのぼの感を求めてぶらぶらと散歩気分で歩きます。

# 最新記事

# 累積ご訪問者数

# おたよりはこちらから

皆さまのご感想や情報など、お便りをお待ちします。

名前:
メール:
件名:
本文:

[№827]五反田遊楽街

■■■・・・島津山、池田山というハイソな台地に挟まれた低地の歓楽街
歩いた日 R01.12.14 【品川区】 

 本当は、五反田駅東口で、区の商店街リストにある「五反田仲通り共栄会」を歩こうと思ってきたのです。ネット上でも、「清泉女子大学下からJR五反田駅方面にある」という説明書きくらいしか情報がなかったのですが、「行けばわかるだろう」程度の感覚で、五反田駅の東、清泉女子大側の一角へ足を踏み入れたのです。
 そこは、ソニー通りと桜田通り(第二京浜)の間のエリアなのですが、入口部分に「五反田遊楽街」あるいは「ゆうらく通り」の門型アーチがある歓楽街です。堂々と風俗の「無料案内所」が並び、ラブホテルも複数あって、清泉の清楚なイメージとはほど遠い雰囲気です。欲望うずまくちょっと危ない夜の街という様相です。あふまりふらふら歩いていて、知った人に見られたりしたら誤解されそう。清泉女子大の近くまで行ってみましたが、「仲通り」は見つかりません。私の歩いたところが悪かったのでしょうか。それにしても、清泉の学生さんたちはどの道を歩いて通っているのかな。
  <「五反田遊楽街」のゲート>
DSC_0014_20191214151542.jpg

  <「五反田ゆうらく通り」のゲート>
DSC_0020_20191214151832.jpg

  <ラブホテルなどが集積>
DSC_0017_20191214151826.jpg

 品川区の商店街リストには、このほかに「有楽会綜合組合」の名があって、「東五反田1丁目にある商店街」とだけ書かれています。確かにここは東五反田一丁目。「遊楽街」や「ゆうらく通り」の名はまさにこの組合の自己表現と受け止められます。まあ、「仲通り」の探索は別の機会に委ねるとして、今回は昼間の「遊楽街」の散策に、タイトルも含めて変更です。道を散策しただけで、「施設」には入っていませんよ。
 ところで、このエリアは、地形的には台地に囲まれた谷間に相当します。城南五山に数えられる島津山は、まさに今の清泉女子大のあたり。桜田通りの向こうは池田山です。歴史ある高級住宅地に囲まれた低地の歓楽街というわけですね。これも地形と都市形成の関係の妙というところでしょう。「島津山眼科」というのもありました。
  <こんな通りも――「壱番街」>
DSC_0018_20191214151828.jpg

  <「島津山眼科」の看板があるあたり>
DSC_0012_20191214151557.jpg

 というわけで、エリア内を右往左往しただけで、駅方向に戻ったのでした。蛇足ですが、「五反田」の地名はもともと大字「下大崎」の中のひとつの小字にすぎなかったのが、駅名になったが故に大躍進し、「下大崎」の地名を駆逐した、ということを最近読んだ本で知りました。

・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★☆☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿