FC2ブログ

ほのぼの「B級商店街」歩き

東京下町を中心に、決してA級ではないけれど、ほのぼのとした風情ただようB級・C級の商店街を、応援の思いも込めながらぶらぶらと歩きます。

# プロフィール

ほのぶらマン

Author:ほのぶらマン
商店街全盛時代を懐かしむ昭和世代の男です。商店街が少しでも元気を取り戻すことを願いつつ、ほのぼの感を求めてぶらぶらと散歩気分で歩きます。

# 最新記事

# 累積ご訪問者数

# おたよりはこちらから

皆さまのご感想や情報など、お便りをお待ちします。

名前:
メール:
件名:
本文:

[№821]六三商栄会

■■■・・・寂しくなった街でも、古い魅力的建物の商店などに出会える幸せ
歩いた日 R01.11.16 【目黒区】 

 目黒区商連サイトの紹介文に、「中目黒から祐天寺方向右手に見える高台の上に、20軒程の小さな商店街があります。六三商店街の『六三』とは、上目黒三丁目と、旧地番上目黒六丁目(現東山一丁目)にまたがって商店街が、構成されていたことから命名されました。」とあります。
 野沢通りと東山の公務員住宅群の間は概ね整然と区画整理されたように見える中で、町境をなすこの細道だけが微妙に屈曲し、古い道であると想像できます。その証拠に、野沢通り側入口の近くに「宿山の庚申塔」が残されています。このあたりのかつての地名を宿山といい、庚申塔前から右に入る道も古道とのことです。中央の地蔵庚申を挟んで青面金剛が並び、右側の青面金剛は三猿が3面に1匹ずつ彫られているという珍しいもの。近くの寿福寺と合わせ、歴史の香り濃厚です。
  <宿山の庚申塔>
KIMG1605a.jpg

 さて、「微妙な屈曲」の細道を歩きますが、既に商店街としての役割はほとんど終えてしまった様相で、クリーニング店、精米店、理髪店などがポツンポツンと点在する程度。それでも見上げると、「六三商栄会」の名入りの街路灯がいくつかあって、ここが商店街であることを主張しています。
  <商店が点在する風景(1)>
KIMG1609a.jpg

  <商店が点在する風景(2)>
KIMG1610a.jpg

  <「六三商店街」の街路灯がさりげなく>
KIMG1608a.jpg

 程なく、公務員住宅群の中心道路といえる東山いちょう通りに出ますが、その角にある「関口ベーカリー」がすばらしき渋さなのです。二階建ての古風な建物全体を蔦が覆い、「パン」の大きな文字も隠してしまいそうです。現役店で、道行く人が覗き込み、若い女性も店内に吸い込まれていきます。これを見られただけでも「来てよかった」と思えてしまいます。
  <蔦に覆われた「関口ベーカリー」>
KIMG1614a.jpg

 いちょう通りを100mほど東へ行った三叉路の右に、「東山ストアー」をはじめ数店の並びがあり、ここも実は六三商栄会の範疇のようです。「東山ストアー」は、精肉や野菜など、良質でコスパが良いとネット上で高評価が並びます。先程の屈曲道よりも今はこちらが商店会の支えになっているようですね。
  <「東山ストアー」など>
KIMG1615a.jpg

 それにしても、鉄道駅から離れ、商店街らしさを失ってしまったこのようなところでも、商店街組織が維持できていることは健気とも言えます。「東山ストアー」の健在ぶりを見届けて、秋空の下の散策を続けました。野沢通りには渋谷や目黒駅へのバスもあるのですが、公務員住宅群を抜けて池尻大橋方面へ歩くことにしました。

・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿