FC2ブログ

ほのぼの「B級商店街」歩き

東京下町を中心に、決してA級ではないけれど、ほのぼのとした風情ただようB級・C級の商店街を、応援の思いも込めながらぶらぶらと歩きます。

# プロフィール

ほのぶらマン

Author:ほのぶらマン
商店街全盛時代を懐かしむ昭和世代の男です。商店街が少しでも元気を取り戻すことを願いつつ、ほのぼの感を求めてぶらぶらと散歩気分で歩きます。

# 最新記事

# 累積ご訪問者数

# おたよりはこちらから

皆さまのご感想や情報など、お便りをお待ちします。

名前:
メール:
件名:
本文:

[№800]亀戸駅南側線路沿い

■■■・・・線路と国道の間に並行する細道は夜の魅力も満載のディープ空間
歩いた日 R01.07.20 【江東区】 

 JR総武線亀戸駅は、メインの出入口や駅ビル(アトレ)、駅前広場等が線路北側の明治通りに面する位置にあり、東武亀戸線もそちら側から発着しますが、ホーム東端から降りる「東口」もあって、こちらは線路の南側に出ることになります。南には国道14号(京葉道路)が線路と並行しますが、その間にもう一本の細道が並行してあり、「東口」はそこに面しています。
 亀戸駅東口というと「サンストリート亀戸」を思い出す方も多いのではないでしょうか。国道14号南側の第二精工舎の工場跡地に平成9年から28年まであったショッピングセンターで、中央の広場ではイベントも多く行われ、次世代型の商業空間として話題を集めました。もともと期間限定の暫定利用だったため、現在は取り壊され、その跡地は、「亀戸六丁目計画」として25階建てのマンションや商業施設を建設する事業が開始されています。
  <亀戸駅東口(右側に「珈琲道場 侍」あり>
DSC02477a.jpg

 さて、駅「東口」が面する小道ですが、通りの名前もなさそうで、商店会組織も確認できません。でも、明治通り側から駅「東口」前を挟んで東西に4~500mほどにわたってなかなかディープな空間が続いています。南側に並行する国道との間隔が狭いので、南面は国道側に面する建物の裏側にあたる部分が多いのですが、両側から出入りできる店舗もあります。
 明治通りに近い部分は、上記の事情で店舗は北面の線路側の方が多いですが、世の「おやじ」族が夜な夜な飲んだくれる場として絶妙な魅力空間です。令和の世になっても昭和の香りを残す小規模な飲食店の建物が並ぶという風景は、夜になればさらに深みを増すことになります。
 駅東口の正面の建物二階には「珈琲道場 侍」というカフェバー業態の店があります。亀戸駅東口を何度も使っている私はその名前に怖じ気づいてまだ入店経験がありませんが、改めてホームページを見るとロッキングチェアがある魅力的な店らしく、今度は是非入ってみたいと思います。
  <明治通りに近い夜型の飲食街>
DSC02467a.jpg

  <「ときわ食堂」などもある>
DSC02471a.jpg

 東に進むと、自転車置き場やパチンコ店などがあって店舗密度は少なくなりますが、「ほるもん」や「亀戸やきそば」を看板に掲げる店もあり、「渋い裏道」的な雰囲気が濃厚です。そして、しばらく進むと線路の北側に抜けられるガードがあります。しかしこの高さが約1.5mと恐ろしく低く、身をかがめながらの通行ですが、貴重な抜け道なので生活道路として多くの人が使っているのが、これまたディープで面白いところです。
  <駅東口から東側の区間>
DSC02480a.jpg

  <渋い裏道的空間(この左に天井高の低いガードあり)>
DSC02482a.jpg

・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★☆☆☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿