FC2ブログ

ほのぼの「B級商店街」歩き

東京下町を中心に、決してA級ではないけれど、ほのぼのとした風情ただようB級・C級の商店街を、応援の思いも込めながらぶらぶらと歩きます。

# プロフィール

ほのぶらマン

Author:ほのぶらマン
商店街全盛時代を懐かしむ昭和世代の男です。商店街が少しでも元気を取り戻すことを願いつつ、ほのぼの感を求めてぶらぶらと散歩気分で歩きます。

# 最新記事

# 累積ご訪問者数

# おたよりはこちらから

皆さまのご感想や情報など、お便りをお待ちします。

名前:
メール:
件名:
本文:

[№791]花園町親交会

■■■・・・昔の地名に由来するも、やや離れた花園神社との関係はいかに?
歩いた日 R01.05.25 【新宿区】 

 昼食場所の第一候補として、四谷四丁目の西端、新宿一丁目との境界近くの喫茶店「樅」を目指したところ、閉店したとの貼紙を見て茫然自失。町境の道路に戻りふと見上げると、西(新宿方向)に続く道に「花園町親交会」と記された街路灯が続いています。「花園通り」の標識もありますが、はて、花園神社は歌舞伎町方面にあるはず。なぜここが花園通り?と疑問を抱きつつ、5月なのに異常な暑さの中を、失意の私はとぼとぼと足を進めたのでした。
  <東側の商店街入口(四谷四丁目との境界部)>
DSC02269a.jpg

 後で調べたところ、現在の新宿一丁目にあたる部分がかつて花園町という町名だったことによるとのことで、この通りは、特に二丁目区間では「柳通り」の異名もあるそうです。それにしても、この日は花園神社例大祭の初日で、通りには印半纏を羽織った人たちが歩き、そのうちに子ども神輿も「わっしょい」と練り歩くのに遭遇するなど、やはり花園神社との関係は深そうです。
 祭の華やいだ雰囲気と、時折現れる昭和風情の店舗の風景等に気を取り直しつつも、やや注意力散漫なまま通り抜けてしまいました。東から入ってすぐ左側のモダンな建物にも大して視線を向けずに通り過ぎましたが、これが花園小学校の校舎でした。
  <左は花園小学校>
DSC02270a.jpg

 生鮮食品店はないかと思いきや、海鮮弁当などの「柳田水産」が営業しているのにちょっと感激し、また、「松内米店」の存在にも地域の生活との密着度を感じるなど、一般的な華美な新宿のイメージとは違う部分を発見したのは貴重な収穫と言えそうです。
  <「柳田水産」などの街並み>
DSC02275a.jpg

  <「松内米店」などの並び>
DSC02277a.jpg

 中央で交差する南北方向の「中通り」にも同じ街路灯が並び、私が好きなカレーチェーン店「日乃屋」の存在を認めつつも、ここでチェーン店に入るのも少々悔しいのでパスし、中華の「北京飯店」を覗いたものの入店を躊躇し、レトロムードのカレー店「アリエス」は閉まっていて、結局、この商店街内でも昼食にありつけないこととなりました。この日の昼食場所候補のひとつとして事前情報を得ていたはずの喫茶店「ドム」も、気づかないまま通り過ぎていたのでした。
  <「中通り」の風景>
DSC02273a.jpg

 そのまままっすぐ西へ、小ぶりな「新宿公園」などを横目に見ながら進むと、都営新宿線の新宿三丁目駅の入口があり、そこに吸い込まれ、地下鉄の客となりました。

・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★☆☆☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿