FC2ブログ

ほのぼの「B級商店街」歩き

東京下町を中心に、決してA級ではないけれど、ほのぼのとした風情ただようB級・C級の商店街を、応援の思いも込めながらぶらぶらと歩きます。

# プロフィール

ほのぶらマン

Author:ほのぶらマン
商店街全盛時代を懐かしむ昭和世代の男です。商店街が少しでも元気を取り戻すことを願いつつ、ほのぼの感を求めてぶらぶらと散歩気分で歩きます。

# 最新記事

# 累積ご訪問者数

# おたよりはこちらから

皆さまのご感想や情報など、お便りをお待ちします。

名前:
メール:
件名:
本文:

[№765]当代島商店会

■■■・・・歴史あるまちの商店街も駅近くなのに寂しさが漂う
歩いた日 H31.02.23 【千葉県浦安市】 

 当代島(とうだいじま)は、漁師町として栄えてきた浦安の旧市街地の一部で、東西線浦安駅の北西、県道市川浦安線の西側、葛西橋通りの北側のエリアで、旧江戸川に面します。市川浦安線沿いで閉鎖間際の「浦安魚市場」を訪れた後、足を踏み入れました。
 当代島商店会の範囲は、同エリア内で旧県道沿いを中心に面的に広がっているようで、市川浦安線の魚市場の向かいに「さかえ通り商店会」のアーチがありますが、これも組織上は当代島商店会の一部と判断されます。で、その「さかえ通り」から歩きますが、半ば住宅地化した様相の中に、そば店も含む飲食店などがいくつかある程度です。
  <住宅地化も進む様相の「さかえ通り」>
DSC01663a.jpg

 旧県道沿いは、交通機能の大半を現県道に譲ったせいか、車の通行だけでなく人の通行も少なく、「商店街」としての連続性も失われています。看板建築の建物も残りますが、商店としての役割は終えてしまっているようです。この北の方角に東京ベイ医療センターもあるのですが、駅からそこへのアクセスは、この西側を迂回する「浦安おさんぽバス」などが担っているようです。
 そんな中で、旧商家の建築を残しながら営業している造園や植木等の「佐藤種苗店」が、寂しい街の風景に色彩を加えています。西の方角に入る道にも街路灯が続き、商店街の一部であるようですが、やはり商店街らしさはあまり見られません。旧県道を南に進むと、駅が近づくにつれて店舗が少しずつ増えてきますが、やはり浦安市街地の商業の中心は浦安駅から南側のようで、こちらは人の主動線から外れてしまっているように見えます。必ずしも全部歩いたわけではないのですが、そんな印象です。
  <彩りを添える「佐藤種苗店」>
DSC01668a.jpg

  <駅近くだが賑わいが乏しい旧県道沿い>
DSC01672a.jpg

 浦安駅ができたのは昭和44年。それ以前からの市街地なので、駅周辺の開発とともにこのあたりの街の性格や風景も大きく変わってきたのでしょう。この旧県道沿いが賑わっていた時代もあったのだと思います。
 ところで、商店街の話題から外れますが、この旧県道を本八幡行きの京成トランジットバスが走ります。この路線は行徳の旧市街地を抜けていくので、歴史を味わうのには面白い路線と言えますね。

・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ☆☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト



コメント

[title]:本当の浦安・・・

kozoh55さん。いつもコメントありがとうございます。
浦安の漁師町としての風情はやはり猫実、堀江の境川沿いでしょうね。
平成もあと一カ月となり、
昭和の街並みはますます貴重になりますね。
ちょっと目を離すと失われてしまいそうです。
できるだけ見届けていきたいと思います。
今後もよろしくお願いいたします。

  1. 2019/04/01(月) 19:28:33
  2. URL
  3. ほのぶらマン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:もはや

ディズニーランドの街でしかなく、
千葉県一番の住みたい街浦安、
こんな風に描けるのですねえ。
当代島という言葉自体がレトロですよね。
行徳の旧街道は歩いた事がありますが、
浦安にもあるのですね。
こんにちは、ほのぶらマンさん、いつも貴重な記事をありがとうございます。
浦安駅からこんな風な街並みが残されているのですねえ。
私もゆっくりと歩いてみたくなりました。
またお邪魔します、ほのぶらマンさん。
  1. 2019/03/31(日) 09:57:44
  2. URL
  3. kozoh55 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿