FC2ブログ

ほのぼの「B級商店街」歩き

東京下町を中心に、決してA級ではないけれど、ほのぼのとした風情ただようB級・C級の商店街を、応援の思いも込めながらぶらぶらと歩きます。

# プロフィール

ほのぶらマン

Author:ほのぶらマン
商店街全盛時代を懐かしむ昭和世代の男です。商店街が少しでも元気を取り戻すことを願いつつ、ほのぼの感を求めてぶらぶらと散歩気分で歩きます。

# 最新記事

# 累積ご訪問者数

# おたよりはこちらから

皆さまのご感想や情報など、お便りをお待ちします。

名前:
メール:
件名:
本文:

[№395]和田商栄会

歩いた日 H27.02.14 【杉並区】 
 地下鉄中野富士見町駅から「佼成会通り商店会」のバス通りを西に進み、角に「立正佼成会発祥の地」の施設がある和田一丁目の交差点を北に折れると、突き当たる道沿いに何軒かの商店の並びが見られます。ここが「和田商栄会」のようで、同じ杉並区和田の二丁目の環七近くには「和田商店会」がありますが、一文字違いで全く別のところです。
 建物が新しくなっているものもありますが、電器店、金物店、小さな青果店などがあり、看板建築ながら店名がかすれて読めなくなりかかっている食料品店の跡なども並びます。道を西に進むとシャッターを閉ざした店が数軒あってすぐに商店街区間が終わってしまうので、逆の北東方向へ進むと、微妙にカーブを繰り返す道沿いにちらほらと商店が残っています。そう、「残っている」という表現がふさわしいような状況です。
 最も現役度が高そうに見えるのは「丸中そば店」ですが、この日は「佼成会通り商店会」で昼食にしてしまったので、店頭を眺めただけでした。商店会の範囲は、街路灯から判断して道が狭くなるところまでのようですが、この道はそのまま進めば中野通りを横切って鍋屋横丁、新中野駅方面へと抜けられるはずです。逆に、この道を西に進めば救世軍の本部などがあるはずで、和田地区は本当に宗教色を濃厚に感じるところですが、この商店街周辺は普通の住宅地の様相です。
 新しいマンションの建設現場も複数あり、北側に入る道の奥には高級そうなマンション等も見えますが、このあたりの生活消費ニーズは新中野駅や中野駅方向に向かってしまうのでしょうか。地域の生活ニーズに応えるには、この商店街の現状はあまりにも寂しく、既に役割を終えてしまったようで、ご贔屓のお客様は古くから住むお年寄りが主というところでしょうか。何かの刺激を求めて来てみたものの、少々虚しい思いを募らせつつ、この日の現実逃避行は終わりにしました。
・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★☆☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

マンション建設現場前の古い商店の並び
DSC00956.jpg

商店密度が薄く商店街らしからぬ雰囲気
DSC00959.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿