FC2ブログ

ほのぼの「B級商店街」歩き

東京下町を中心に、決してA級ではないけれど、ほのぼのとした風情ただようB級・C級の商店街を、応援の思いも込めながらぶらぶらと歩きます。

# プロフィール

ほのぶらマン

Author:ほのぶらマン
商店街全盛時代を懐かしむ昭和世代の男です。商店街が少しでも元気を取り戻すことを願いつつ、ほのぼの感を求めてぶらぶらと散歩気分で歩きます。

# 最新記事

# 累積ご訪問者数

# おたよりはこちらから

皆さまのご感想や情報など、お便りをお待ちします。

名前:
メール:
件名:
本文:

[№818]新一の橋商店会

■■■・・・麻布の一角で異彩を放つインターナショナルなスーパーマーケット
歩いた日 R01.11.02 【港区】 

 地下鉄麻布十番駅の上、渋谷川から名を変えた古川が北向きから東向きに折れる地点に架かるのが一の橋で、その北にあるのが新一の橋交差点です。港区の資料によれば、この交差点から環状3号線沿いに中の橋の手前あたりまでを範囲として「新一の橋商店会」が形成されているようです。
 つまり、上に首都高速都心環状線が覆い被さる古川の北岸に並行する部分ですが、通りの南面は背後が川ということもあり商店等は少なく、北面も商店が連続して賑わうという様相ではありません。このあたりの賑わいは、麻布十番商店街方面に集中しているのです。
 新一の橋交差点はハイセンスな「麻布」の中心地とも言えそうですが、角には庶民的空気が漂います。「喫茶レストラン縄」は空腹なおじさんには魅力的に見えましたが、開いていないようでした。その隣には居酒屋「あじと麻布十番本店」がありますが、これは夜の世界ですね。
  <「喫茶レストラン縄」などがある新一の橋交差点付近>
DSC02979a.jpg

 で、東へ進むと高級感が感じられるようになります。中国料理の「富麗華」は気安くは入れない感じ。「ビストロ チック麻布十番」もお洒落。でも、通りの向かいには、少々レトロな「小西タイヤ」などがあるのが面白いところ。その隣の「かねいし」は何かと思えばお好み焼き店です。後で調べると店主は元カープの金石昭人投手、マダムは元バドミントンの陣内貴美子選手という有名店とのことです。北面の昭和の商業建築の一階には「古美術ギャラリー渕﨑」もあります。
  <お洒落なビストロなどがあるあたり>
DSC02986a.jpg

  <有名お好み焼き店「かねいし」と「小西タイヤ」>
DSC02990a.jpg

  <「古美術ギャラリー渕﨑」など>
DSC02992a.jpg

 さて、ここで存在感を発揮しているのは「日進ワールドデリカテッセン」です。昨年、通りの向かいから移転したようで、ここを見学するのが今回この通りを訪れた目的のひとつです。日進畜産工業という会社が運営するスーパーマーケットで、商品の多くが輸入品で、海外の珍しい食材や酒類などを扱い、外国人客に重宝され、英語表記、店員の英語対応が当たり前という世界。
 2階はフロア全体がお酒売場で、国別の棚にワインがずらり。圧巻です。3階はフードフロアで、肉の専門業者だけあって、ソーセージやハム、チーズ等の品揃えが充実です。大きな袋詰めの冷凍ターキー(七面鳥)がたくさん並ぶのが目立ちます。ハラル対応もしっかりされているようです。外国人客が近寄ってきて、商品の成分表示(日本語)を指さして「エッグは入っているか」と聞くので、「入っていませんよ」とカタコト英語で答えました。オー、インターナショナル!。
  <「日進ワールドデリカテッセン」>
DSC02994a.jpg

 新一の橋交差点まで引き返し、角に麻布永坂更級本店がありますが敷居が高いので、その並びの「麻布ラーメン」で遅めの昼食としました。
  <角に「麻布永坂更級本店」がある新一の橋交差点>
DSC02976a.jpg

・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★☆☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★★☆
・ふだん着度  ☆☆☆☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

スポンサーサイト



 | ホーム | 

[№817]白金プラザ会

■■■・・・再開発ビル内の店舗とその周囲の商店を包含して魅力を創出
歩いた日 R01.11.02 【港区】 

 地下鉄南北線と都営三田線が合流する白金高輪駅の3番、4番出口で直結しているのが「アエルシティ」です。平成17年に「白金一丁目東地区市街地再開発事業」として完成した街区で、この中や周囲の商店で「白金プラザ会」という商店街組織が形成されています。同会のホームページによると、「アエルシティ」は「42階の住宅棟、26階のオフィス棟、8階の住宅棟、2階の店舗棟と、工場街区で構成されて」いるとのこと、確かに上を見れば高層のビルに目が眩みそうです。
 このホームページで興味深いのは、商店会の会長氏と副会長氏の一人がそれぞれ地元で営んでいた理髪店を現在は再開発ビルの中で営業しているということ。もう10年以上前になりますが、生花店を営む相談役氏とともに「白金プラザ会」立ち上げの中心的な役割を担ったようです。
  <再開発ビルの一階外側の店舗群>
DSC02953a.jpg

 さて、その再開発ビル内の商店ですが、地下一階の核店舗「クイーンズ伊勢丹」が改装工事中で、同じ階のカフェには「閉店」の貼り紙があるなど、寂しい感じなのは訪れたタイミングの悪さということでしょうが、10年以上経って全体にやや疲れが見えてきたとも感じられます。土曜日でオフィスに人が少ないこともあるのでしょうが、1~2階の店舗も含めあまり活気が感じられません。
  <「クイーンズ伊勢丹」が改装工事中で人影少ない地下1階を見下ろす>
DSC02952a.jpg

 むしろ興味を引くのは、再開発ビル周囲の道沿いに点在する商店たちです。西側の道は大久保通りというようですが、これに面してある「ひき肉少年」という店は、名前もユニークですが秘伝のあんかけを乗せたひき肉ライスが味わえるそうです。その隣にある「メゾン・ダーニ」は高級そうな焼き菓子、生菓子のパティスリーで、北側の通り沿いの「PASSION DE ROSE」とともに、白金らしいオシャレ感を醸しだしています。行列ができているのは「ガスタ」というチーズケーキの店。上述の「メゾン・ダーニ」と合わせ、スペインバスク地方の味とのことです。「白金動物病院」やペットホテル「LINDO」があるのも高級住宅街を控える土地柄を表しているようにも見えます。
  <「ひき肉少年」と「メゾン・ダーニ」>
DSC02965a.jpg

  <「PASSION DE ROSE」(隣はペットホテル「LINDO」>
DSC02968a.jpg

  <エッグタルトのカフェ「オーファクトリー白金」の先には行列のチーズケーキ店「ガスタ」>
DSC02966a.jpg

 これら周囲の店舗の多くも「白金プラザ会」の構成員のようで、一体的組織となっている点が良いと思います。再開発区域内に整備されている落ち着いた良い感じの公園空間が、これらをつなぐ潤滑油としてうまく機能しているように見えました。
  <再開発区域内の公園空間>
DSC02969a.jpg

・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ☆☆☆☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

 | ホーム | 

[№816]広尾商店街

■■■・・・お洒落で高級イメージな街にも古き良き香りが絶妙に溶け込む
歩いた日 R01.10.05 【渋谷区】 

 広尾界隈は、渋谷区と港区の境界線が微妙に蛇行しています。たぶんかつての川のラインが境で、広尾橋という交差点名がそれを物語っています。地下鉄日比谷線の広尾駅が昭和のままの雰囲気なのに驚かされますが、広尾といえば、近くに聖心女子大学があるお洒落で高級なまちのイメージ。実際、外国人や若いアベック等に混じって、モデルのような容姿の女性も歩いています。
 広尾商店街は、天現寺橋交差点の北西で、外苑西通りと明治通りを短絡する位置にあり、日比谷線もこの下をカーブしながら通過しています。「広尾散歩通り」の愛称でアピールしており、電線類も地中化されて綺麗な街並みを形成しています。入口左に「明治屋」が入る「広尾プラザ」があり、そこから脇道を商店街に出た正面に「広尾湯」が営業しているのがうれしいですね。
  <広尾駅に接する外苑東通り側の入口>
DSC02883a.jpg

 全体に建物は新旧混在ですが、古い商業建築も今風の業種がうまく使っており、お洒落な街の印象を引き立てています。そんな中で、手焼きせんべい「山田屋」とおもちゃの「たまや」の並びが、我が道を行くという感じで渋いです。「みどりや美容室」なども昔ながらという感じで良いですね。棟続きの隣はお洒落にリノベーションしたカフェのようで、若い人で賑わっています。
  <新旧建物の混在ながら綺麗な街並み>
DSC02901a.jpg

  <「山田屋」と「たまや」の渋い並び>
DSC02904a.jpg

 一方通行ですが通過車両があり、駐車車両もあるのが玉に傷でしょうか。その道が直角に曲がる正面に祥雲寺の山門がありますが、くぐると道がクランクになり、祥雲寺にたどり着く前に東江寺や雲泉院など、合わせるとかなりの規模になります。商店街の喧騒とは別世界の静かな空間です。また、西へ折れた先には秋葉神社もあり、その隣の商店会事務所と理髪店が入る建物もレトロです。
  <祥雲寺への静かな参道>
DSC02900a.jpg

  <秋葉神社(左)と商店会事務所が入る建物>
DSC02917a.jpg

 さて、昼食の候補店は、おじさんが一人で入れそうな店としては「広尾のカレー」、鮮魚の「福田屋」などがありますが、どうも躊躇してしまい、「キッチンふるはし」も2時を過ぎてランチタイムは終わり。結局、一番大衆的な香りが濃そうな駅近くの中華麺飯「大楼」へ。メニュー一番上の中華丼を大衆価格でいただきました。ここはおじさん客も多く、安心?です。
 訪れたのは10月最初の土曜ですが、20日には広尾フェアあるようです。商店街は振興組合で、しっかりした組織運営で魅力向上に努力されているようで、B級としての紹介では失礼ですね。
  <こんな懐かしい香りの風景も>
DSC02922a.jpg

・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★☆☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ☆☆☆☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

 | ホーム | 

[№815]江戸信横丁商店会

■■■・・・頑なに名を変えない商店街には生鮮3品の店がしっかり残る
歩いた日 R01.09.28 【葛飾区】 

 「江戸信横丁」の「江戸信」とは江戸川信用金庫ですが、もう15年も前の平成14年に朝日信用金庫に合併されました。それでも名を変えないのは強い信念のなせる技か、はたまた単なる惰性か。それを確かめるということではないものの、新小岩から平和橋通りをバスで南下すると、右手に朝日信金新小岩支店が見えてきます。新小岩支店と言ってもここは江戸川区松島三丁目。
 そして「江戸信横丁」は、その支店から少し南へ下ったところにひっそりと佇んでいます。かなり静かですが、立派な門型アーチがあり、そこから西へ300mほど続く商店街区間の中程にはこれまた立派なアーチがかかっています。これを見る限りはそれなりの組織力は保っていそうに見えますが、商店は、というとポツポツと点在して残る程度。
  <平和橋通りからの「江戸信横丁」入口>
DSC02851a.jpg

 「諸橋酒店」の少し先にある理髪店「ひくま」とカフェ「モン」はアパートの一階という感じ。「松島ふじひろば」という小さな児童遊園の先、中央アーチの前後あたりが唯一商店街らしさを感じるところです。「肉のあさひ」の先の交差点角に青果店と鮮魚店が向かいあっていて、肉、野菜、魚の生鮮3品の店が残っていることに安堵します。
  <理髪店とカフェの並び>
DSC02854a.jpg

  <立派な中央アーチ付近の「肉のあさひ」や蕎麦の「寿々喜」など>
DSC02859a.jpg

  <左が鮮魚店、向こうの右が青果店>
DSC02872a.jpg

 その鮮魚店「魚久」が入る建物は古びた長屋建築になっていて、かつては店が並んでいたのでしょう。閉ざされたシャッターの上に「肉のストアー」などの文字も読み取れます。そこから先は店舗もほとんど見られなくなり、道が突き当たったところで商店街が終わりますが、こちらにも門型アーチがあります。でも、突き当たった道にはミニスーパー「まいばすけっと」が商店街とは無縁の様相で立地しています。
  <西側の商店街入口>
DSC02867a.jpg

 戻りながら、先程の「肉のあさひ」の隣の蕎麦店「寿々喜」に入り、昼食にしました。ランチには遅めの時間ながら意外に先客が多く、こういう店が繁盛していることにまた安堵です。ミニあさり丼セットを冷たいそばで注文。こういう商店街でこうして蕎麦を食べられる幸せというものを噛みしめたのでした。はい。商店街の名は変えなくてもよろしい。はい。
 因みに、この近くには小松川境川親水公園があり、涼しげな緑陰空間を提供しています。
  <小松川境川親水公園>
DSC02878a.jpg

・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

 | ホーム | 

[№814]新小岩商交会(駅前部分)

■■■・・・駅隣接の混沌とした魅惑空間がいつも多くの人を惹きつける
歩いた日 R01.09.28 【葛飾区】 

 またまた新小岩に出没です。JR新小岩駅は現在改良工事が行われており、従来は南口と北口の改札が別だったのですが、今は自由通路化されています。以前駅舎だった部分は今は仮囲いで覆われ、今後どうなるのか注目されます。で、駅に接する街の部分にも影響が及ぶことが予想され、変わるかもしれない前の今の姿を記録にとどめておこうと降り立ったわけです。
 南口に出て広場を隔てた正面が、新小岩を代表する商業空間であるアーケードの「ルミエール商店街」ですが、左側の線路と広場の間の空間が今回の観察ポイントです。いかにも下町の新小岩らしいごちゃごちゃとした感じの雑居ビルが建ち、その前の広場に面した一部にはアーケードがあって、そこに「新小岩商交会」の文字があります。
  <駅前広場に面する雑居ビルの光景>
DSC02834a.jpg

 「新小岩商交会」はここから平和橋通り(船堀街道)沿いや駅前広場から直進する方向のバス通り沿いなど、かなりのエリア規模を持つ商店会で、ここはそのごく一部なのですが、今回は敢えてここだけを対象とします(実は単にあまり時間がなかっただけなのですが(笑))。
  <交差点の右と正面方向も同じ商店会>
DSC02843a.jpg

 看板で目立つのは、不動産店や消費者金融系などで、それに混じって、マクドナルドやミスタードーナツ、牛めしの「松屋」などの店舗があり、様々な年齢層の人たちが入店しています。アーケード前の部分にはバス乗り場があって多くの人が行列しています。これに面する建物はやや低層ですが、後ろの大きな建物とつながっているようにみえます。そこにある派手な看板のラーメン店「大翔」の位置には、だいぶ昔には油そばの店があり、何度か食した記憶があります。
  <混沌とした空気を漂わせる看板群>
DSC02849a.jpg

  <右の中華料理店は昔、油そば店だった>
DSC02844a.jpg

 大きな建物は、ひとつのようにも見えますが実は複数で、その中間部分がまた薄暗い路地空間となっていて魅惑的です。ラーメン店、合鍵屋、中華料理店、コインロッカーなどが並びますが、こういうところの中華料理などは隠れた名店である場合が多く、ここも多くの人が入っています。
  <ビルとビルの間の路地空間>
DSC02838a.jpg

  <反対側から見た路地内(繁盛店もあり)>
DSC02846a.jpg

 こういう混沌とした空間は、なんとも言えぬ庶民的な魅力を感じるもので、駅が綺麗になってもこのままでいて欲しい、などと思ってしまいます。今回のレポートはこの一角だけですが、同じ商店会の平和橋通り通り沿い区間にある「ジャンカレー」本店が、私のお気に入りのカレー店のひとつであることだけ記しておきます。

・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★★☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

 | ホーム | 

[№813]タワービュー通り(南半区間)

■■■・・・店舗は少なめだがスカイツリーを正面に見ながら進む穴場ストリート
歩いた日 R01.09.14 【墨田区】 

 JR錦糸町駅に降りると東京スカイツリーが間近に見え、そこまでは地下鉄半蔵門線でひと駅2分で行けますが、北口改札には「徒歩約20分」の表示もあります。歩いて行く場合の一番のお薦めの道がこの「タワービュー通り」で、地下鉄が走る四ツ目通りの数百メートル西側を並行する南北の道です。文字通り正面にスカイツリーを見ながら、徐々に近づいていく実感を得られます。
 商店街というほどの商業集積はなく、商店街組織もないのですが、数年前に墨田区が電線類地中化を伴う修景整備を行い、沿道9町会で「タワービュー通り」の名を選定したとのことです。随所に設置された紹介案内板によれば、「過去・現在・未来が出会うみち」をデザインコンセプトとして、区間ごとに道路デザインを変化させているとのこと。
  <北斎通り側のタワービュー通り入口>
DSC02803a.jpg

 この日歩いたのは南半分の、北斎通りから春日通りまでの区間ですが、駅に近い北斎通り側の部分に店舗等の集積が多少あります。最近、サウナつきカプセルホテルなどもできました。その並びの「小町食堂」は24時間営業の自由におかずが選べるタイプの定食屋で、私もよく利用します。
  <24時間定食屋の「小町食堂」など>
DSC02806a.jpg

 その先は、ところどころに店舗が現れますが、錦糸小学校や立志舎高等学校なども沿道にあります。駅南口にある店と同系列と思われる中華の「谷記(くき)」が突然あったり、蔵前橋通りとの交差点角には同じく中華の「安安」もあります。「金太郎鮨」は、店頭のメニュー表示で、ランチメニューのにぎり、ちらしの一人前が600円という安さ。調べると金曜日には500円ランチもあるとのこと。うれしい下町価格ですね。
  <蔵前橋通りとの交差部(左は中華の「安安」)>
DSC02815a.jpg

 そして突然また突然視界に入ってくるのが、古い低層ビルの一階を利用した「熊本屋」。アンテナショップ的な感じですが、熊本出身オーナーによる出店だそうで、この立地でどうなのかとも思いますが、がんばって欲しいものです。「加賀屋東出商店」はせんべいの老舗のようです。
  <「くまモン」グッズもある「熊本屋」>
DSC02827a.jpg

  <せんべいの「加賀屋東出商店」>
DSC02828a.jpg

 春日通りとの角のそば処「ほそ川」に入り、玉子丼セットを食しました。スカイツリーへの徒歩アクセス客に重宝されているようです。この日はここまでですが、牛嶋神社と亀戸天祖神社の祭礼の幟が随所にはためいていました。
  <春日通りとの交差点から南を見る(右はそば処「ほそ川」)>
DSC02832a.jpg

・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★★★☆

 | ホーム |