FC2ブログ

ほのぼの「B級商店街」歩き

東京下町を中心に、決してA級ではないけれど、ほのぼのとした風情ただようB級・C級の商店街を、応援の思いも込めながらぶらぶらと歩きます。

# プロフィール

ほのぶらマン

Author:ほのぶらマン
商店街全盛時代を懐かしむ昭和世代の男です。商店街が少しでも元気を取り戻すことを願いつつ、ほのぼの感を求めてぶらぶらと散歩気分で歩きます。

# 最新記事

# 累積ご訪問者数

# おたよりはこちらから

皆さまのご感想や情報など、お便りをお待ちします。

名前:
メール:
件名:
本文:

[№777]仲六郷一丁目商店会

■■■・・・渋さも漂う下町商店街で、ドーナツの小さな名店を発見
歩いた日 H31.04.06 【大田区】 

 京急線雑色(ぞうしき)駅の北側で、線路の西側に並行するバス通りで、雑色駅付近は雑色商店街の領域ですが、その北に続く仲六郷一丁目のエリア内区間で、文字通りの「仲六郷一丁目商店会」が構成されています。さらに北には蒲田本町商店街が続き、これらを合わせると、雑色駅の南から蒲田手前の環状八号線まで延々と商店街が続いていることになります。
  <仲六郷一丁目商店街の北端(右から2軒目が「龍神洞美術店」>
DSC01911a.jpg

 この日は北から南へ向けての散策です。バス通りとはいっても、簡単に左右に横断できる程度の幅の二車線道路で交通量はそれほど多くありません。蒲田からの六郷神社行き、羽田車庫行きの京急バスが走り、商店街中央付近に仲六郷一丁目のバス停があります。北端付近で六郷用水跡が横切ります。公園に「六郷用水物語」の説明看板があります。多摩川から引いた灌漑用水でこのあたりが肥沃な農地であったころの情景は想像もつきませんが。
  <六郷用水物語の説明板>
DSC01912a.jpg

 その公園の向かいあたりに「龍神洞美術店」という骨董品の店あり、渋さ満点です。全体に、商店等の建物は新旧混在ですが、昭和の看板建築も比較的良く残ります。休業中ですが「とうふ」店などもいい感じです。下町の商店街の歴史がにじみ出ているように見えます。
  <昭和の商業建築が良く残る商店街>
DSC01917a.jpg

  <風情あるとうふ店など>
DSC01923a.jpg

 そんな中で、ふと目に止まった「焼ドーナツ」の文字。ビル一階の小さな店は、ドーナツ専門の製造販売店「高橋商店」です。すべて手作りということで、子どもから大人まで次々とお客さんがやってきます。気立てがよくやさしい感じの店主はみんなに愛されている様子です。
 ドーナツは種類が豊富。お店のサイトの言葉を借りれば、「油で揚げていない焼きドーナツや、沖縄銘菓のサーターアンダギー、オリジナルのケーキドーナツや卵ドーナツ、かりんとうとドーナツを足して2で割ったカリンドーなどいろいろ取り揃えております」とのこと。それらの中から、ココア、抹茶、シナモン、マンゴーの「焼きドーナツ」を間食用に購入しました。品質は同じだけれど型崩れしているものはひとつ50円と教えてくれるのも親切です。目立たないけれど名店発見でした。
  <焼ドーナツの「高橋商店」などの並び>
DSC01928a.jpg

 食事処「中むらや」と青果の「ヤオハン」が向かい合うところが南の端で、そこから南は雑色商店街の領域となります。この日は時間切れで、アーケードを通って雑色駅へ向かいました。
  <商店街の南端(雑色商店街との境)>
DSC01926a.jpg

・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

スポンサーサイト



 | ホーム | 

[№776]出村通り共栄会

■■■・・・人気の天然温泉もある、戦前の駅名に由来するレトロ商店街
歩いた日 H31.04.06 【大田区】 

 ここは、当初念頭になく、日の出銀座商店街から仲六郷一丁目方面に移動の途中で偶然発見した商店街です。後で確認したらちゃんと大田区商連のリストにも名前がありました。今は暗渠化されたかつての農業用水「六郷用水」の流路に沿う形で太い第一京浜国道を西に渡り、京急線の高架をくぐったところに「出村通り共栄会」の街路灯を見つけ、吸い込まれたというわけです。
 明治34年に京浜電気鉄道(現京急)の川崎~品川間開業に伴い「出村」駅が開業し、その後急行待避駅にもなったとのことですが戦中に休止となり、戦後そのまま廃止されました。今は「出村」という地名もありませんが、この商店街のルーツはそうした戦前の歴史に遡れるのでしょうね。
  <商店街の東側入口付近(このうしろに戦前は駅があった)>
DSC01897a.jpg

 さて、この商店街を東から西へと通り抜けましたが、全体に、商店街としてはレトロの部類に入る印象です。古い建物、看板建築も残り、懐かしさ濃厚の良い感じです。生鮮食品店が見当たらないので人通りはまばらですが、そうした中に、寿司店、うなぎ料理店、居酒屋、薬局などが現役で営業しています。かつては店舗だったのでしょうが閉店したままの佇まいの建物も多く、二階の窓に布団が干してある光景などは生活感あふれる感じで親しみが持てます。
  <商店街中程の風景>
DSC01900a.jpg

  <蒲田温泉付近のレトロな街並み>
DSC01904a.jpg

 そして、この商店街の中央付近にある「蒲田温泉」。赤い看板が目立ちます。そうか、ここにあったのか!、とひとりで納得しました。大田区の蒲田周辺は、黒湯温泉の銭湯が点在していることで知られますが、ここ「蒲田温泉」はその中でも有数の黒湯の濃さと熱さの天然温泉とのことで、昭和12年創業という歴史の長さもあって、ファンが多いようです。メニュー豊富な大宴会場も人気とのことで、ぶらりと入っても良いのですが、今回は覗くだけにしました。
  <蒲田温泉>
DSC01902a.jpg

 さて、商店街を西側に抜けたところは蒲田本町のバス通りで、ここから北方向の道路沿いは蒲田本町商店街となっていますが、ここは駅でいうと蒲田と雑色のちょうど中間地点。今回は当初予定のとおり、南の雑色駅方向の仲六郷一丁目商店街に向かいました。今回、事前情報不足で見落としましたが、蒲田本町商店街内の和菓子店「清野」では蒲田温泉まんじゅうなど人気の菓子が多いとのことで、できればまた来て求めてみたいと思います。
  <西側(蒲田本町側)の入口>
DSC01909a.jpg

・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★★☆☆

 | ホーム | 

[№775]日の出銀座商店街

■■■・・・無料休憩所もある、懐かしく気さくな下町商店街
歩いた日 H31.04.06 【大田区】 

 この「日の出銀座商店街」の所在地名は南蒲田ですが、鉄道駅からは微妙な距離があるためやや行きにくく、今回やっと歩くことができました。京急空港線の糀谷駅から環状八号線を西に300mほど歩くと「日ノ出通り」というバス停があり、その近くの信号が商店街の北側入口です。500mほどの長さを持つ下町の横丁的雰囲気の商店街です。
 商店街ホームページにも、「日の出横丁商店街組合から改称し、昭和29年より活動しております」とあり、「夕方は歩行者専用道路になり、安心してお買い物できます」とのことです。同ホームページには動画もあり、それを見ると、複数の青果店があって地元の人には「野菜通り」とも呼ばれていること、蒲田女子校の生徒たちが各種イベントの盛り上げに協力していることなどがわかります。北側入口から入ってまもなくのベーカリー「ブーランジェリーミモレット」は人気店で、蒲田あげぱんが一番人気ということも、その動画で帰ってから知りました。買わなくて残念!。
  <「勝栄清肉店」があるあたり>
DSC01874a.jpg

  <「喫茶ココ」などの並び>
DSC01875a.jpg

 南に向けて歩いていくと、他にも、「勝栄清肉店」が元気そうだったり、「喫茶ココ」も魅力的だったり、精米店も生活密着の証として応援したくなったりします。文具・雑貨の「有賀正文堂」などはなかなかレトロです。
  <レトロな構えの「有賀正文堂」など>
DSC01876a.jpg

 途中の「野菜果物のやまいち」が角にあるところで斜め左に分かれる道があり、その路地もまた懐かしく良い雰囲気なのですが、左側に、おそらく空き店舗の活用と思われる商店街事務所があります。ここは、無料休憩所「ひので庵」を兼ねていて、トイレやおむつ替えスペース、二階にはレンタルスペースもあるようです。商店街組織(振興組合)がしっかりしていることの表れですね。
  <ここを右に入ると無料休憩所もある商店街事務所>
DSC01892a.jpg

 商店街を南に抜けたところが「七辻交差点」です。大正時代の耕地整理でできたという7つの道が出会う七差路で、道路関係の珍スポットとして有名です。信号がなくても「日本一ゆずり合いモデル交差点」だそうで、事故が起きないとのこと。
  <商店街の南端付近(七辻交差点近く)>
DSC01885a.jpg

 さて、商店街内に蕎麦店は「浅野屋」、「むさし屋」とありますが、上記「ひので庵」の向かい近くにある「日の出更級」に入りました。ご近所のお友達のたまり場、ファミリーのおつきあいの場という感じですね。こういう店の存在がまた下町らしさを引き立てます。
  <蕎麦店「日の出更級」がある一角>
DSC01881a.jpg

・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★★
・ローカル度  ★★☆☆☆

●[№16]西糀谷商店会→おいで通り糀谷商店会(大田区)を再び歩いたので、加筆しました。→こちら

 | ホーム | 

[№713]池上仲通り商店会

■■■・・・進むほどに落ち着き感が増す商店街の、しっとりとした蕎麦店で昼食
歩いた日 H30.07.21 【大田区】 

 池上線池上駅前から線路に沿う形で西に続く池上駅前商店街池上西銀座睦会の境界部分から北へ300mほどの道沿いに形成されているのが「池上仲通り商店会」です。入口部分の角のビル2階には興味をそそる喫茶店「パームツリー」がありますが、まずは歩きましょう。
  <南側入口部分の街路灯(右のビル2階に気になる喫茶店)>
DSC00438a.jpg

 猛暑ですが、昼過ぎの時間帯の南北方向の道路では西側に影ができているので、そちらを主に歩きます。ドラッグストアの「ウェルパーク」が妙に目立ちますが、古い地図ではここはスーパーだったようです。そこから先は比較的しっとりとした良き商店街の様相を見せています。信号で東西方向の通りと交差する部分が2箇所ありますが、それらを渡るほどに落ち着き感が増してくるように見えます。
  <自転車の群れ>
DSC00440a.jpg

 この道は、久ヶ原方面へ続く道で、そちらの住宅地方面に向かうのであろう自転車が多く通行しています。店舗やその建物も、「古き良き」と感じさせるものがチラホラ見えてきます。魚介・鮮魚料理の「ら京」の隣にある「三澤薬局」が渋いです。さらに北へ進むと、看板だけ残して空き店舗になってしまったらしい古い商業建築の並びが見られたりもします。建物は新しいですが「遠州屋酒店」もこの地で長く営んできたという店ではないでしょうか。
  <渋い建物の「三澤薬局」など>
DSC00442a.jpg

  <懐かしい佇まいの商業建築たち>
DSC00449a.jpg

 暑さで頭がぼーっとして、個々の店をしっかり確認しないままに北の端まで来てしまいました。道がややクランク状に久ヶ原方面へ続く角に蕎麦店の看板を掲げる建物がありますが、シャッターが締まり、かつそこはもう商店街の範囲外。引き換えそうと振り返ると、商店街内にこれまた良き蕎麦店が現役であるではないですか。そば処「きくや」。先ほどの喫茶店を忘れて思わず入店。
 地元のおじさんが談笑するのを横目に、涼しい店内で冷したぬきそばの大盛りを食しました。この建物がまた良いのですよ。さりげない看板建築という感じで。
  <建物も味も良いそば店「きくや」>
DSC00450a.jpg

 歩道はないものの交通量が比較的少ない2車線道路で、南北にまっすぐなので見通しも良く、良い感じの商店街でありました。池上地区には他にもまだ歩いていない商店街があるのですが、熱中症になりそうなのでこの日はここまでといたしました。はい。

・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

 | ホーム | 

[№712]池上西銀座睦会

■■■・・・古き良き魅力の店や建物も点在する地域密着型の商店街
歩いた日 H30.07.21 【大田区】 

 東急池上駅前から線路に沿って西に伸びる「池上駅前通り商店街」の、そのまままっすぐ西に続くのがこの「池上西銀座睦会」です。レンガ舗装はそのままですが街路灯が変わるのでそれとわかります。両商店街の境界部分から北に「池上仲通り商店会」が分かれるので、人通りは一段階少なくなるという感じです。
 やはりビル化した建物が多い中に、入ってすぐ目を引くのは日本料理の「うお源」。地域住民の会食行事に使われやすそうな佇まいです。その斜め向かいには、マンションの一階ですが「丸二青果」が存在感を見せています。「スーパーとはモノが違うぜ」と主張しているような頼もしさです。並びには鮮魚店もあって、生活密着型商店街としての機能が維持できていると見られます。
  <日本料理「うお源」等がある商店街入口部分>
DSC00422a.jpg

  <存在感を見せる「丸二青果」など>
DSC00424a.jpg

 同じ並びに、木造モルタル二階家で「左官 清水」と渋く書かれているのが歴史を感じさせるとともに、その向かいには「徳中米店」があるのも良いですね。ちょっと洒落た感じの居酒屋がランチをやっていたり、ご近所の奥様方に支持されていそうな小さなレストランがあったりもします。
  <「左官 清水」などもある商店街中央付近>
DSC00428a.jpg

 100mほど進むとレンガ舗装が終わるのですが、さらにその先100mほどにも同じ街路灯が続きます。その区間で、どう見ても居酒屋風の「いちふく」の看板の下に「靴の美容室」や「合鍵」の表示があるのが奇妙です。居酒屋はやめてしまったようですね。そこから先は住宅地の様相が濃くなり、人通りもさらに少なくなりますが、そんな中に中国料理の「你好恵盛」の派手な赤が目立ちます。パリパリの羽根付餃子が自慢の店らしいです。
  <元居酒屋の「靴の美容室」なとがあるあたり>
DSC00432a.jpg

  <商店街らしさが乏しい西端部分>
DSC00434a.jpg

 ここから西は商業的色彩がなくなるので引き返しましたが、あとで地図をみると、ほど近い位置に「徳持神社」があるのに気づきました。「徳持(とくもち)」はこのあたりの地名で、今の住居表示では失われてしまっていますが、学校や公園などの名称に残っています。そしてまた興味深い記事をみつけたのですが、明治年間の短い時期ではあるもののこのあたりに「池上競馬場」というものがあったのだそうです。池上線ができるよりさらに前の時代なので、その痕跡はまったく見られませんが、そんな歴史を、今の住民たちはどれだけ知っているでしょうか。

・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

 | ホーム | 

[№711]池上駅前通り商店会

■■■・・・池上の中心的存在だが日常感濃厚の商店街でアイスコーヒータイム
歩いた日 H30.07.21 【大田区】 

 最高気温が35度を超え危険とも言われる猛暑の中、それでも歩きたい病の私はまたぶらりと蒲田から池上線で2駅、池上駅までやってきました。駅はなにやら工事中です。ホームの東急掲示板によると駅ビル計画があるようで、南側からも利用しやすくなるとのこと。素直に北側の駅前広場に出ましたが、さすがに暑くて本門寺までお参りに行く元気はなく、駅前からすぐに始まる駅前通り商店街に足を踏み入れました。
  <商店街の駅側入口付近(右は「サンメリー」)>
DSC00411a.jpg

 池上駅周辺には12の商店会がひしめき、それらが「池上地区商店会連合会」を形成していますが、ここはその中でも最も賑やかな中心的存在と言えるかと思います。線路に沿って西に続くレンガ舗装の商店街で、建物の個性はそれほどありませんが、新旧、チェーン系と地元系の店がほどよく入り交じっている感じです。
 京樽やミニスーパーのマイバスケット、百円ショップのキャンドゥ、かつ屋など、いずこも同じ系の店たちもそれほど目立つ風ではなく、溶け込んでいるように見え、一方、長くここで商売してきたという感の「まつや文具店」や化粧品の「君津屋」、「おもちゃのオーツカ」などが私の視線を吸いつけます。「欧風菓子・パーラー」と掲げる「エノモト」もそうでしょうか。「亀屋万年堂」はその中間くらいの位置づけかな。
  <「まつや文具店」などがあるあたり>
DSC00413a.jpg

 駅前ではありますが、蒲田ではなく池上なので、「日常」感が濃厚です。ちょっと買い物や用事に出てきたという風の自転車に乗ったご婦人やTシャツ姿の若者などがラフな感じで歩いているのが良いですね。
 ここから西に続く「池上西銀座睦会」と北に分かれる「池上仲通り商店会」を歩いてからまたここに戻ってきたのですが、アイスコーヒーを飲もうと入るのに迷ったのが西端のビル2階にある「カフェ パームツリー」か「コロラド」か、ということ。「コロラド」はチェーン系なのですが、渋い立地の店舗が多く好きなので、結局そちらに入りました。駅近くにあるベーカリーの「サンメリー」も同様の理由で私が好むところです。
  <商店街中程(「コロラド」があるあたり>
DSC00417a.jpg

  <商店街を西端部分から見る>
DSC00419a.jpg

・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

●[№285]ニュー新橋ビル地下商店会(港区)を再び歩いたので、加筆しました。→こちら


 | ホーム | 

[№656]キネマ通り商店会

■■■・・・これはもう芸術!。懐かしき昭和の商店街、レトロ感満載
歩いた日 H29.12.02 【大田区】 

 蒲田で「キネマ」と言えば、大正から戦前にかけてあった松竹蒲田撮影所(昭和11年に大船に移転)や映画「蒲田行進曲」、「キネマの天地」などが思い浮かび、京急蒲田駅東側にあるこの「キネマ通り」という名の商店街は、それらに由来するのかと思いきや、撮影所があったのはJR蒲田駅に近い方でこことは直接の関係はありません。どうやら、この近くに「キネマ館」という映画館があったことが名の由来のようです。だいぶ昔のことのようですが、第一京浜国道から商店街に入ってすぐのレトロ感濃厚な煎餅店「風間商店」でそのように聞きました。
<90年続くせんべいの「風間商店」など>
DSC088432.jpg

 東蒲田二丁目で東西500m以上にもわたるこの商店街は、「もっと早く知っておけば良かった」と思うほど、素敵なのです。何が素敵かって、それはもう全体が昭和レトロ感満載ということ。懐かしき昭和の商店街そのものという感じで、「風間商店」に始まって、中ほどの年季の入った看板建築の連続など、これはもう芸術ですね。
<これはもう芸術!・・昭和の看板建築の連続>
DSC088172.jpg

 空き店舗も多く衰退感が濃いのですが、その渋さがたまりません。このあたり一帯は町工場の集積地帯として栄えてきたところで、そこで働く人たちの生活を支えた歴史が染みついている商店街と言えるでしょう。鮮魚店の「魚俊」や青果の「八百文」、「ミート&デリカ大島」などの生鮮品店がさりげなく現役でいるのがうれしいですし、そんな中に「表具師 齋藤」などがあるのも貴重な風景です。「勉強堂」や「藤江のおいしい玉子焼き」なんていう店舗表示も懐かしさをそそります。
<「ミート&デリカ大島」などの並び>
DSC088382.jpg

<「藤江のおいしい玉子焼き」など>
DSC088282.jpg

 商店街中ほどで、古い空き店舗を利用してNPO法人が運営するコワーキングスペース「キネマフューチャーセンター」が興味深いところ。「大田区初の民設民営のインキュベーション機能を持つ創業支援、起業支援の場」とのことで、古さ、渋さに甘んずるだけではない息吹を感じます。また、商店街では子どもの居場所づくりなどの活動も展開しているようで、そんな頼もしさもあります。
<キネマフューチャーセンター>
DSC088322.jpg

 商店街の東端は旧呑川緑道に接し、橋の跡の向こうにはこの商店街の一員ではないけれど、抜群に渋いたばこ店も見えます。冒頭の「風間商店」で煎餅を買いましたが、ここで90年営業しているそうで、おじいちゃんが川崎大師まで売りに行ってた、なんていう話も聞くことができました。
<商店街の東端付近の風景>
DSC088262.jpg

・なつかし度  ★★★★★
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★★☆☆

 | ホーム | 

[№655]京浜蒲田駅前通り商店街

■■■・・・駅前なのに目立ちにくい、でも「これでいいのだ」
歩いた日 H29.12.02 【大田区】 

 京急本線から空港線が分岐する京急蒲田駅は、ホームが高架の2層構造でまるで巨大な軍艦のような威容を持つようになりましたが、駅周辺の整備も進み、東側で線路に並行する第一京浜国道も環八との立体交差化がなされ、同国道の対岸に交通広場も整備されました。そこへ向かう歩道橋からエスカレーターで地上に降り空港線の高架をくぐると、唐突に昔ながらの商店街が姿を現します。
 「京浜蒲田駅前通り」の標識灯が出迎えてくれますが、「京浜蒲田」が「京急蒲田」と駅名を変えてから30年以上経つというのに「京浜蒲田駅前通り」と名乗り続けるのは、歴史を物語ると同時に意地のようなものを感じますね。東に向かって300m以上に及ぶ商店街ですが、最初の百数十mほどは道幅4mほどと狭く、駅前の路地といった雰囲気です。
<駅側の入口付近(ペットサロンなど)>
DSC087812.jpg

 古い建物を利用したペットサロン「LOCODOG」が異彩を放ち、カップルが興味深げに覗き込んでいきました。そこから始まる「路地」空間には、「人形焼」の看板を掲げる「明平製菓」や、昔ながらのとうふ店と自転車店が向かい合う一角があったりして懐かしさを感じるのですが、建物が取り壊された更地には「駅前ホテル」の建設計画の掲示があったりして、この風情も変わりそうです。
<昔ながらの豆腐店と自転車店の向かい合い>
DSC087912.jpg

 羽田に近いこのあたりは、オリンピックを控え変貌著しいというところなのでしょうが、「駅前通り」を名乗る割には駅との間が太い国道と高架線路で隔てられ、目立ちにくい存在になっているのがハンディにも見えます。しかし、その先で道幅が広がり、中華料理の「パンダ」から始まるセンターラインのある道路区間に入ると、駅前か否かに関係なく地域の生活を支えてきたという気風のようなものを感じ、思わず「これでいいのだ」と叫びたくなります。久遠寺と安泰寺という2つの寺院の存在も歴史を物語っていますし。ただ、やはり全体に空き店舗らしきものが多いのは気になりますがね。
<道幅が広い部分の商店街概観>
DSC087922.jpg

<商店街の東端部分(安泰寺前)>
DSC088082.jpg

 そんな中の、「茶そば処」の看板の店で昼食にしました。昔は茶そばだけを出していたそうで、その「自家製茶そば」重ねせいろとミニかつ丼のセットをいただきました。緑色が鮮やかで、コシのある美味しいそばでした。店名を尋ねると「茶遊庵」とのことで、店を出て振り返ると確かに控えめにその店名がありました。その隣が「天神湯」という銭湯で、繁盛していそうなのもうれしいです。
<茶そば処「茶遊庵」(右隣は天神湯)>
DSC087992.jpg

・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

●[№134]京浜蒲田商店会(あすと)(大田区)を再び歩いたので、加筆しました。→こちら

 | ホーム | 

[№592]石川台希望ヶ丘商店街

歩いた日 H29.03.25 【大田区】 
 石川台駅前商店会の南西端から坂を下って希望ヶ丘商店街の中央付近に出ました。駅からはやや離れていますが、坂の上の駅前商店会の2倍の長さがある立派な商店街です。長さは600mほどと商店街ホームページに記載があります。同ホームページによると、安心安全商店街宣言、商店街全体を防犯カメラでカバー、AEDを2機設置し救命講習を実施など、なかなか活発な活動状況が伺えます。
 車両は一方通行で交通量は少なめですが、両側に幅1m少々の歩道がつきます。1班から4班に分かれているようで、そのそれぞれに立派なアーチが色別で設置されています。レトロ感が強いという情報(こちら)の記憶を頼りに来たのですが、見たところ商店の建物は新旧混在。これは動きがあるということの証拠でもあり、好ましいことです。でも確かに、古い看板建築の並びも多く見られます。そんな商店街を、一度南西端まで行ってから駅方向に引き返すことにしました。
 「肉のアンデス」はご近所御用達の精肉店の様相です。向いの「アロハ屋」は惣菜店。そんな中にもスーパーの「マルサンストア」がきちんと溶け込んでいます。全体を通じて業種構成は多彩ですが、飲食店も比較的多いようです。古い看板建築にくすんだ文字の「スナック亜希」なんていいですねえ。
 北西側の1班までくると、ミニスーパーのマイバスケットとピアゴが向かい合っていたりします。また、池上線の線路に近い入口付近には昔ながらの青果と鮮魚の店があるのも魅力的ですね。さらに線路寄りには商店街事務所があります。ここを拠点にしっかりとした運営がなされているようで、頼もしく見えます。
 さて、少々戻ってランチタイムといたしましょう。蕎麦と中華とうどんの店が並ぶ中で、蕎麦の「柳庵」に入店し、肉南蛮そば大盛りを注文。1時過ぎても混み合っています。ここはもと寿司店だったのでしょうか。カウンター席の目の前には寿司店用のネタケースがあり、中にはさくらえびが見えました。時節柄さくらそばも人気のようです。お酒も豊富で、夜はまた心地よい空間になりそうです。
 「希望ヶ丘」を名乗るものの、地形的には丘ではなく呑川沿いの谷筋で、予想以上に立派な商店街を見つけたという印象です。古さの中にも新陳代謝を感じる元気な商店街と見えました。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

青果や鮮魚店がある商店街北西側入口付近
DSC067812.jpg

商店街中央付近の様子
DSC067722.jpg

古い看板建築の並びも見られる
DSC067732.jpg

新しい建物の店舗も
DSC067622.jpg

飲食店が並ぶあたり
DSC067782.jpg

 | ホーム | 

[№591]石川台駅前商店会

歩いた日 H29.03.25 【大田区】 
 以前見たブログ友達の街歩き記事の記憶を頼りに、東急池上線の石川台駅にやってきました。このあたりは地形の起伏が激しいですね。池上線の線路も掘割や地下、盛土と目まぐるしく風景が変わります。台地と谷の境目にある石川台駅の改札は台地側にあって、踏切で道が交差します。
 今回のお目当ては谷側の少し離れた「希望ヶ丘商店街」なのですが、この改札前の道の南東側で「石川台駅前商店会」の鳥居のような立派なアーチが目に飛び込んできたので、まずはこちらから歩くことにしました。続く街路灯には「グリーンロード」の文字のフラグが下がります。その手前、駅の間近の位置に喫茶店「Cofeeクラウン」と小さな書店があるのが好ましく見えます。
 アーチをくぐって進むと、駅前通りなのに活気は乏しい印象です。看板建築の空き店舗が並ぶ様子も見られます。この通りは、左が上り坂、右が下り坂という地形の斜面を行く形で、下り坂の向こうに希望ヶ丘商店街が並行しているのが見えますが、活気をそちらに取られてしまっているかのようです。電器店、クリーニング店、時計・眼鏡店等がありますが、生鮮食品の店は見当たりません。
 そして、左側に現れるのが雪ヶ谷八幡神社。鎮座450年という由緒正しき立派な神社です。ご祭神は誉田別命(ほんだわけのみこと)、第十五代応神天皇です。先の戦災で社殿が焼失したものの、昭和34年に再建されたと神社ホームページに説明があります。商店街の鳥居型のアーチはこの神社に因むものなのでしょうね。門前町ということでしょう。
 時折、礼儀正しくお参りしていく人の姿が見られます。子どものお宮参りでしょうか、社殿からは雅楽が流れていました。境内には「横綱大鵬出世石」もあります。あの名横綱の大鵬がこの境内で子どもたちに稽古をつけ、毎年の節分祭に奉仕していたそうで、その後の出世は雪ヶ谷八幡神社のご加護の賜物と感謝し、「出世石」の書を奉納されたものを氏子が石に刻んだのだそうです。
 商店街はさらに先に続きます。「金丸刀剣店」は日本刀などを扱っているようですね。商店街の終端にも鳥居型のアーチがありますが、その下の交差点の角に「いぬのあくび」という店があります。ペット用品店のようです。さて、ここから緩やかな坂道を下り希望ヶ丘商店街へと参りましょう。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

駅前からみた商店街の北東側入口付近
DSC067372.jpg

駅前なのに寂しさ漂う商店街
DSC067392.jpg

商店街通りに接する雪ヶ谷八幡神社
DSC067512.jpg

商店街南西端の「いぬのあくび」など
DSC067542.jpg

 | ホーム | 

[№527]田園調布通り商店街

歩いた日 H28.06.04 【大田区】 
 田園調布というと、駅西側の放射状の通りを中心とした高級住宅街を連想しがちですが、田園調布の地名の範囲は意外に広く、南は中原街道を挟んでさらに田園調布本町と続き、2駅先の沼部駅付近までに及びます。田園調布通り商店街は、その中原街道を挟んで、田園調布一丁目から田園調布本町にかけての六間通りと言われるバス通り沿いを範囲とします。
 この日は、多摩川園前商栄会を見てから、富士見坂を上ってたどり着きました。延長は500m以上にわたりますが、半ば以上が住宅や事務所、シャッターを閉ざした空き店舗という風情で、商店街としての賑わいは乏しく、地名の優雅さに反して寂しさが漂います。やはり駅から離れた立地での長い沿道型商店街というのは、集客の核ができにくく、全体に薄まってしまうということなのでしょう。
 南北の端と中原街道交差部の計3カ所に「田園調布通り」とう立派なアーチがあり、一度北側の端まで行ってから南の端へ向けて歩きましたが、北半部分では、営業店は自転車店や小さな家具店、新聞販売店といったところ。道の両側に「馬里奈」という靴店がありますが、問屋のようで、「田園調布のお洒落な靴店」ではありません。
 中原街道との交差点付近が多少商店の密度が高まりますが、むしろ中原街道沿いの方が生活型の店があって商店街らしい感じです。田園調布通りには、日常生活に密着した生鮮品店がほとんどなく、わずかに、精肉店がひとつ、「フィッシュ&フード」と掲げる店がひとつ、という程度。
 中原街道を渡った田園調布本町側には、焼肉店、ちょっとだけメルヘンなベーカリー、といったところですね。南の端は芝信用金庫があるさくら坂上という交差点。ここから南東の沼部駅方向に下る坂が、あの歌に唄われた「桜坂」のようです。商店街の雰囲気とのギャップが何とも言えず、です。
 6月の第一土曜日ですが、このあたり、この日はお祭日和ですね。子ども神輿が中原街道を練り歩くほか、脇道に入った西守稲荷の前にも屋台が並び、人が集まっていました。この商店街の北には田園調布福徳商店街が続くのですが、疲れたのでバスで田園調布駅に向かうと、その先で駅前まで続く田園調布商店街もお祭でバスが迂回。その賑わいをちょっと覗いただけで電車に乗ってしまいました。
・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★☆☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

中原街道との交差部の田園調布通り
DSC050412.jpg

桜坂上の近くの商店街(田園調布本町部分)
DSC050372.jpg

商店街らしさが乏しい通り
DSC050152.jpg

数少ない商店の並び
DSC050322.jpg

 | ホーム | 

[№526]多摩川園前商栄会(たまがわ商店街?)

歩いた日 H28.06.04 【大田区】 
 かつて、「多摩川園」という遊園地がありました。大正末年からの歴史を持ち、昭和39年の東京オリンピックのころには年間入場者数100万人を記録したとのことですが、昭和54年に閉園しました。今は、半分が宗教法人の土地となり、残りが大田区の「田園調布せせらぎ公園」として開放されています。この前にある駅も、大正12年に当時の目黒蒲田電鉄が「多摩川」駅として開業したものが、その後、丸子多摩川→多摩川園前→多摩川園を経て、平成12年に再び「多摩川」駅となりました。
 ここの地名は田園調布一丁目。駅の周囲は閑静な住宅街ですが、駅前の小さな商店街を歩こうと降り立ってみれば、何やら祭り囃子が聞こえます。すぐ近くにある浅間神社のお祭の日に来てしまったようです。こういう日は日常の商店街の姿が見られないので普通は避けるのですが、せっかく来たので、駅にある商店街案内図をチェックしてまずは線路西の北側へ。こちらは提灯が並ぶだけで静かですが、店も少なくてどちらかというと住宅街の様相。わずかに営業している店は、田園調布らしいお洒落な名前の輸入インテリアショップなど。
 駅から南の区間には祭の屋台が並び賑やかです。しかし、東急多摩川線の線路に面した片面の商店街で、生鮮食品店がないことなどから、普段の日はきっと静かな佇まいであると思われます。「歌舞伎狂言煎餅・鮎やき・人形焼」と謳う和菓子店「大黒屋」や人形の「プーペ」などが目立つところです。駅寄りにはかなり古風な建物の店舗が並んでいます。
 喧騒から逃れようと、駅で見た「あじさい園」の表示に従い、多摩川台公園(多摩川園ではありません)に昇ります。駅からすぐのところがあじさい園になっていて、ちょうど見頃で、ここにも多くの人が歩いていましたが、公園からの多摩川の眺望とともに、ひとときの安らぎを得た気分です。
 ところで、街路灯の表示は「多摩川園前商栄会」なのですが、駅の案内図には「たまがわ商店街」とありました。いずれも大田区商連のリストに名前はなく、実態は不明ですが、この祭の賑わいを見ると、組織のエネルギーはありそうです。南へ抜けたところに二子玉川行きのバスターミナルがありますが、祭の賑わいに反して、ポツンと停まるバスが何か寂しげです。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★☆☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

祭で賑わう駅南側の商店街
DSC050022.jpg

静かな雰囲気の駅北側の通り
DSC049922.jpg

浅間神社の下あたりの賑わい
DSC050112.jpg

多摩川台公園のあじさい園
DSC050002.jpg

 | ホーム | 

[№484]南六郷二丁目団地商店街

歩いた日 H27.12.19 【大田区】 
 またまた団地商店街です。雑色駅から水門通り商店街を抜けて、多摩川の六郷水門を見に行こうすると、その水門の手前右側にURの南六郷二丁目団地が見えてきました。高層棟が3棟あるうちの1号棟の1階部分にあるのがこの商店会です。大田区商連のホームページ上のリストによれば、正式な組織名は「南六郷団地ショッピングセンター店舗会」のようです。
 この団地、緑が多く多摩川に面しているので環境は良いのですが、完成は昭和45年とのことで、築後45年を超えています。でもそれほど古びた感じがしないのは、URの管理が良いせいでしょうか。最寄りの雑色駅から徒歩15分近くかかる立地ですが、賃料は1LDKで9万円前後のようですね。23区内だとそのくらいが相場なのでしょうか。
 団地入口にある案内板によれば、商店街は20余の区画に分けられていて、数店の空き区画があるものの9割方の区画の店舗名が埋まっています。しかし、実際に足を踏み入れてみると、人の気配が少ない!。1号棟の1階部分に幅4mほどの庇が張り出していてアーケード状になっているのですが、土曜日のせいか、閑散としています。看板はあるのにシャッターが閉まっている店もいくつか。
 駅との間に良い雰囲気の水門通り商店街があるし、駅まで行けばより賑やかな雑色商店街もあるし、駅近くにはここが総本部というOKストアが構えているという厳しい競争環境の中では、これでも頑張っていると言ってよいのかもしれません。開いているのは、惣菜店、接骨院、寿司店、歯科医院、薬局、たばこ店、電器店、郵便局など。
 空き店舗のシャッターの前で、団地住民と思われる年配者数人が将棋を指していました。アーケードの下の静かな空間は、こうしたコミュニティの場としてはもってこいなのかもしれませんね。団地入口に戻るとその前は江戸期からあったという六郷用水の多摩川への出口で、遊魚船も係留され、六郷水門を通じた多摩川、東京湾とのつながりを意識させます。六郷緑地という小公園も整備され、繰り返すようですが、環境には恵まれた団地です。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

高層団地1階部分に連なる商店街
DSC036122.jpg

師走の土曜昼下がりの商店街風景
DSC036192.jpg

六郷水門手前の水辺空間
DSC036302.jpg
 | ホーム | 

[№483]水門通り商店街

歩いた日 H27.12.19 【大田区】 
 京急線の普通電車で蒲田のひとつ南の「雑色」(ぞうしき)駅で下車。雑色といえば、駅を挟んで主に西側に広がる雑色商店街が、都内でも有数の賑わい商店街として有名ですが、それを背に、第一京浜国道を東へ渡ると、水門通り商店街に入ります。
 最初の1ブロックはあまり商店街らしさがなく、信金の裏面の路上に包丁研ぎの屋台が出ていたりしますが、その先、道がやや右に折れた先に実に良い雰囲気の商店街が延々とまっすぐ続いているのです。その角にあるのが「魚鈴」という鮮魚店。この庶民的風情がこの先への期待感をかきたてます。その向かいがふとん店というのも良いし、少し先の「桑田屋酒店」の大きな看板がまた良いです。
 この商店街、ここから600mほど続いており、駅から離れるにつれ人通りは減ってきて、空き店舗もあるのですが、それでもあまり衰退感は感じません。全体に、惣菜店や生鮮品店、特に青果店が多く、日常生活密着度が強いことがその要因かもしれません。鰻店、豆腐店、そして提灯の店や畳店、釣り船店などの佇まいにも惹かれます。区商連にも属さず、隣の雑色商店街の影に隠れて目立ちにくいものの、十分魅力的な商店街です。建物は新旧混在ですが、看板建築も多く残り、見て歩くだけでも楽しく、距離を感じさせません。
 商店街を抜けた先は多摩川に突き当たり、その土手に上ると、商店街名の由来である「六郷水門」があります。江戸時代からあった六郷用水の多摩川への出口にあって、治水等を目的に昭和6年に完成したもので、現在は役割を果たすことはほとんどないようですが、重厚な歴史的建造物です。地域の立派な財産ですね。付近の河原は区民の憩いの場となっています。
 駅へ戻りながら、商店街中ほどにある蕎麦の「やぶ久」で力そばを食べて身体を暖めました。ご近所のおじさんが杯を傾けながら蕎麦をすすっています。そしてその隣、間食用のパンを買いに入ったベーカリーの「オーロール」が激安価格でまた良し。どこまでも庶民の味方を貫いているという、懐かしい空気に満たされた商店街なのでした。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★★☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★★☆☆

入口付近の「魚鈴」からまっすぐ続く商店街
DSC035822.jpg

青果店やら豆腐店やら
DSC036072.jpg

歴史的景観の「六郷水門」
DSC036352.jpg
 | ホーム | 

[№417]山王商店会

歩いた日 H27.05.02 【大田区】 
 このあたり、大田区と品川区の境界が入り組むところで、この「山王商店会」は、品川区側からの西大井本通りが環七とジャーマン通りの馬込銀座交差点にぶつかる手前一帯を範囲とするようです。30年ほど前にここから北の西大井四丁目に住んでいたことがありますが、「馬込銀座」の名のインパクトが大きく、「山王商店会」の存在は認識していませんでした。今回、名入りの街路灯を追うことで再認識したしだいです。
 西大井本通りはそれ自体が区境になっており、「山王商店会」はその大田区側のみ、品川区側は「山王銀座商店会」のようです。大田区側にあるのは小さなスーパーと青果店、雑貨店等。ここから西大井本通りを少し北に進んだところに「蘇峰公園」があります。明治から昭和にかけての言論人で雑誌「国民の友」を発刊した徳富蘇峰の居宅(山王草堂)の跡を大田区が譲り受けて公園にしたもので、蘇峰の銅像や山王草堂記念館を中心に起伏のある和風庭園となっています。しばしここを散策。
 「山王銀座商店会」を往復した後、ジャーマン通りに出ました。この通り沿いも、「馬込銀座会」と「ジャーマン通り商店会」に挟まれた区間が「山王商店会」に属しているようで、中国料理店やとんかつ店もありますが、ここでは午後2時近くでもさりげなく暖簾を出している「栄すし」に入店。鉄火丼ランチ700円也を注文しました。65年営業しているそうで、ご近所の常連客らしい男性もいて、「商店街も変わりましたね」と話しかけると、「昔は大混雑だったよ。自転車で通ったら怒られたもんだ」とのこと。商店会の構成については、やはり区境なりの複雑ないきさつがあったようです。
 昔この並びに「淳正診療所」という内科があって診察を受けた記憶もあるのですが、「道路の向かいで息子が継いでいるよ」とのこと。確かに、ジャーマン通り向かいに「じゅんせいクリニック」がありました。単独の商店街としては小規模で散漫な現状ですが、昔の記憶を呼び起こされる感慨にも浸れたひとときでした。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ☆☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★★☆

区境の西大井本通り。左面が山王商店会
DSC01557.jpg

ジャーマン通り沿いの飲食店等
DSC01579.jpg

蘇峰公園の入口
DSC01550.jpg
 | ホーム | 

[№416]馬込銀座会

歩いた日 H27.05.02 【大田区】 
 大田区の環状七号線が大森駅周辺の市街地集積を迂回するように向きを変えるところに、大森駅からの「ジャーマン通り」がぶつかる交差点の信号名称が「馬込銀座」で、大森駅からの「馬込銀座循環」の東急バスも頻発し、同名のバス停もあって利用者も多く、「馬込銀座」はそれなりに知名度のある地名です。因みに「ジャーマン通り」は大正末期から平成3年までドイツ学園があったことによる命名で、ドイツとの関わりが深いところです。
 ただ、「馬込銀座」はその知名度のわりには商店街の実態が判然としません。このあたり、大田区と品川区の境界が複雑に入り組むところで、両区にまたがる形で「山王商店会」、「山王銀座商店会」もあるのですが、その区分がよくわからないのです。街路灯の標識を頼りに「馬込銀座会」の区域を推測すると、交差点からジャーマン通り上のほんの60~70mほどと、品川区の西大井本通りにつながる狭い道路区間に囲まれた小さな三角形の範囲に限定されているようです。
 そして、この範囲だけでみると、商店街としての実体はかなり小振りです。店舗は、表通り南面の酒店や「いすゞ質店」という名のリサイクルショップ、電器店、バイクショップ等の並びと、その向かい北面の生花店、そして裏側の手作りケーキの店「ROYALE」が目立つ程度。小さくても健気に「馬込銀座」のブランドを守っているという風情です。
 実際には、「山王商店会」、「山王銀座商店会」と一体的に認識されているようで、市民にとっては名称の区分はどうでも良いというところなのでしょう。区境に位置していることも、組織の明確化の障害になっているかもしれません。このレポート記事も一体で扱っても良いのかもしれませんが、地名化している「馬込銀座」に敬意を表して独立して扱ったしだいです。因みに実際の地名は、この三角形で大田区山王、南馬込、東馬込、品川区西大井が接するという形です。大田区の案内によれば、このあたりも「馬込文士村」の一角に含まれます。
・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ☆☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

パンとケーキの店などがある一角
DSC01561.jpg

交差点からジャーマン通り沿いの商店群
DSC01570.jpg
 | ホーム | 

[№357]池上本門寺通り商店会

歩いた日 H26.10.04 【大田区】 
 東急池上線の池上駅にぶらりと降り立ちました。駅周辺に複数の商店街が展開しますが、足は自然に本門寺方面に向かいます。池上といえば本門寺。日蓮宗の大本山で、日蓮上人入滅の霊場です。この日は「お会式」の一週間前で、街は静かです。一週間後には多くの人で賑わうわけですが、日常の街の姿を観察しようと、駅と本門寺を結ぶ参道の位置にある「本門寺通り」を歩きました。
 駅北側の池上通り交差点の向こう側に、「本門寺通り」の大きなアーチが見えます。入口の両角はベーカリーとオリジン弁当で参道らしくありませんが、アーチをくぐると、割烹「品川亭」や「花見せんべい」などがあって、多少門前町らしき風情を見せます。ただ、土産物店が軒を連ねるという風ではなく、居酒屋や呉服店、不動産店、薬局など、普通の住宅地の商店街に似た業種構成です。参拝客でごった返すのは、お会式やお正月の時期だけということで、「観光地化」するには無理があるということでしょうか。
 建物も新旧が入り交じりますが、「服部呉服店」や「三門不動産店」など渋い個性を感じる建物や、全体がびっしりと樹木で覆われた4階建ての店舗があったりして、目を楽しませてくれます。
 通りは途中微妙に屈折しつつ続きますが、「本門寺通り」商店街は、霊山橋手前で広い参道に合流する「本門寺前」信号まで行かないところで終わってしまいます。終端近くに仏壇店があるのが門前らしさではありますが、むしろその先の合流点付近にある久寿餅の「池田屋」や「相模屋」がそれらしい構えで繁盛しているのが印象的です。信号脇の「萬屋酒店」はすばらしく古風な建物です。
 駅へ戻る途中、「花見せんべい」店頭に色々ユニークな煎餅が並べられている中から、「折味噌煎餅」と「カルシウムせん」を買い求めました。「来週がお会式ですね」と語りかけると、以前は、お会式のクライマックスというべき「万灯練り行列」がこの通りを通っていたのが、今は隣の広い通りを使うようになってしまったとのこと。メインストリートの役割を独占できなくなったということですね。一週間後の情景を想像しながら電車で蒲田に出ました。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★★★★

「花見せんべい」などがある商店街入口付近
DSC00007.jpg

中ほどの「服部呉服店」などの並び
DSC00028.jpg
 | ホーム | 

[№356]御嶽商店街

歩いた日 H26.10.04 【大田区】 
 先日突然噴火して多くの人的被害を出した木曽の御嶽山は、古くからの山岳信仰の山で、修験者の行場であった時代もあるそうです。御嶽神社は、麓に里宮、若宮、そして頂上に奥社があって、江戸期には御岳教が広まって、全国からの御岳講で賑わったとのこと。その木曽御嶽神社を本社とする神社がいくつかあって、秩父の御岳神社などと並んで、ここ大田区にある御嶽神社もそのひとつです。最寄り駅は東急池上線のずばり「御嶽山」駅。
 御嶽山駅は、開業50周年を迎えた東海道新幹線の線路を跨ぐ位置にある小さな駅ですが、駅前の踏切を挟んで両側に商店街が伸びています。新幹線が掘割で通過することからもわかるように、駅名の如く台地状の地形の上に展開する街で、周囲は静かな住宅地です。踏切の前後は人通りも多く活気がありますが、それもそのはず、西側にはスーパーのイオンが、東側にはオオゼキがあって、それぞれの核として機能しています。
 西側は鉤型にレンガ舗装の道が続き、イオンの向かいには青果店や惣菜店、銘茶店などが客を集め、その先の突き当たり左右にはレトロな風情の店が並んでいたりします。ここを右に折れた突き当たりが御嶽神社。鬱蒼とした木立に囲まれた境内は静かで、時折参拝に来る人も見られます。私も手を合わせ、山が早く鎮まるように祈りました。
 駅から東側は、新幹線に沿う方向に3街区ほど続きますが、商店街らしき賑わいは駅に近い街区に限られます。最初の交差点の角に、空き店舗ながらレトロな建物が残っていたりするのが面白いところです。駅から遠い部分でも、古い建物の1階部分に店舗が連なる部分もあって、飽きさせません。
 新幹線の線路を跨ぐ橋の上から、ひとしきり50周年の高速列車の走行風景を眺めてから駅前に戻り、駅の脇の蕎麦店「宝家」で昼食にしました。素朴だけれども旨いざるそばを大盛りでいただきましたが、駅前にこのような店があるのはありがたいことです。満足して電車に乗り込みました。小駅だけれども大型店と共生しつつ元気に生き続ける商店街と見えました。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★★☆

スーパー「オオゼキ」もある駅東側区間
DSC09977.jpg

御嶽神社を擁する駅西側区間
DSC09964.jpg
 | ホーム | 

[№342]大森銀座商店街(ミルパ)

歩いた日 H26.08.23 【大田区】 
 この日は、大田区内の他の商店街を目指していたのですが、雨模様になってきたので急遽行き先をアーケードがあるこの商店街に変更しました。大森銀座商店街は「ミルパ」の愛称を持ち、大森駅の南東側に位置しますが、実は大森駅を北口に降りて、その付近で盛りの良さで有名な蕎麦店に入り、苦しいほどの満腹になってしまい、その腹ごなしも兼ねてこのアーケードの下までやってきたというわけです。「ミルパ」の中で飲食できなくてごめんなさい。
 アーケードはJRのガード前から東に続いていますが、アーケードが終わったさらに東にもこの商店街は続いているのですね。沢田通りと八幡通りの交差点手前にある小さな公園付近までがこの商店街の範囲で、建物は新しいながら長く営んでいるらしき書店や蕎麦店、天麩羅料理店、時計店などが目を引きます。その中で、店と店に挟まれるように鳥居があるのが「鷲(おおとり)神社」で、ビルに囲まれるように小さいながら美しい社殿が厳粛な空気を放っています。
 周囲に事業所も多いので、土曜日ですがビジネスマン風の通行も多く、それらに混じってアーケードの下に戻ると、新旧取り混ぜた構えの店々の中で、渋さを感じさせる店もいくつか見られます。室内装飾品とたばこ店を兼ねたような「広島屋」や「守半海苔店」、「岩城陶器店」、「靴のナカムラ」などが私の足を止めさせます。
 線路に近づくにつれて全国チェーン店や飲食店が多くなり、人通りも増えます。途中で交差する道もこの商店街の範囲なのですが、アーケード下から出たくなかったのと相変わらず満腹で苦しかったのとで、覗くだけで済ませてしまいました。その中の広島お好み焼き店「こてうま」に以前食べにきたことがあります。東京で広島を味わえる貴重な店のひとつでしたが8月で営業終了の情報も。
 商店街ホームページによると「Milpa(ミルパ)」の愛称は昭和62年から使っており、Mill parkの略語で、そぞろ歩く公園(または広場)と言う意味だそうです。駅と背後の市街地を結ぶ立地で、比較的しっかりした力を持つ商店街と見えました。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

新旧入り交じる雰囲気のアーケード街
DSC09548.jpg

鷲神社を擁するアーケードのない東側区間
DSC09529.jpg
 | ホーム | 

[№296]山王小路飲食店街

歩いた日 H26.04.09 【大田区】 
 JR京浜東北線大森駅の山側は山王口といって、背後に山王のお屋敷町も含む住宅地が広がりますが、駅前広場がほとんどなく、線路に並行する池上通り上にバス停がひしめき、広い駅前広場がある東口とは対照的な環境です。大森駅は武蔵野台地終端の崖線部にあって、東口広場、線路、池上通りの順で標高が高くなり、それもかなりの高低差です。山王小路飲食店街は、池上通りと線路の間の細長い部分にあり、池上通りから階段を降りてしか踏み入ることのできない特異な空間です。
 ここは完全に夜の歓楽街で、昼に訪れるなどは無粋というもの。それを承知で階段を降りてみます。「地獄谷」の異名も持ち、池上通りの喧騒を「表」とすればここは「裏」。線路に並行する細い路地の両側に居酒屋やバー、スナック等がびっしりと貼りついているため駅ホームからも様子はほとんど見えず、周囲から隔絶された異空間と呼ぶにふさわしいところです。
 降りる階段は3箇所。うち2つに「山王小路飲食店街」のアーチがかかっています。昼なのでどの店も営業時間外で、全体に白けた空気が漂っていますが、夜ともなれば酒飲みの天国となり、怪しげな空気で満たされることになります。千鳥足で階段が昇れず帰れなくなるので「地獄谷」なのだとか。
 昼に唯一営業している南端の階段下のラーメン店「長崎屋」に入り、とんこつラーメンで昼食にしました。テーブル3つにカウンター8席ほどの小さい店で、私の後ろのテーブルでは夜の飲食店従業員風の女性二人が煙草をふかしスマホをいじりながら、ビールを飲み、ラーメンを食べていました。そんな光景が全く違和感なく感じられる平日午後1時です。
 かつては、池上通りと駅の間のここを再開発して駅前広場などを作ればいいのに、と思っていた時期もありますが、今となってはこの猥雑性ある庶民空間が貴重に見えます。ただ、建物はいずれも古く、防災上も問題ありでしょうから、この空気をいつまで保つことができるか心配になりますが、帰ってから「JIGOKUDANI」公式ホームページというのがあるのを見つけました。「40の個性あふれる店舗が軒を連ねるノスタルジック街」だそうで、まだまだ元気ありそうです。
・なつかし度  ★★★★★
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

異空間「地獄谷」への入口の階段
DSC08180.jpg

飲食店等が密集する小路、昼の景
DSC08175.jpg
 | ホーム | 

[№282]大森ララ

歩いた日 H26.01.22 【太田区】 
 ここは、商店街ではなく駅ビルです。JR大森駅の駅ビルといえば、中央口に直結し東急ストア等も入る「アトレ」がメジャーな存在ですが、この駅には北口もあり、その改札から山側の池上通りの間にあるのが「大森ララ」です。
 実は私は昭和60年代初めに通勤でこの大森駅北口を使っていた時期があり、基本的にはそのころと佇まいは変わっていません。駅前の池上通り沿いは、かつてヨーカドー(さらに以前は京成百貨店)があったビルも今は雑居ビル状態となるなど、全体に雑多な印象が強いのですが、その中に埋もれるようにこの「ララビル」はあります。改めて外観を眺めると、やはり周囲と同様の雑居ビルの印象が濃厚。駅に降りる階段があるので駅ビルとわかるという状況です。
 駅ビルとしては年月を経て「薹が立った」感じで、道路に面した一階と改札に直結する地下一階は通路を兼ねた商店群として機能しており人通りも多いですが、他のフロアはその存在も目立たず、人の姿もまばらです。実際、2階は全てがセガワールド、4階はカラオケ店が大半を占めるなど、もともとそれほど大きなビルではないので、フロア貸しに近い状態となっています。地下一階は全部が「肉のハナマサ」。エスカレータを昇っていくと上階はとても静かで、5階には飲食店、6階にはゴルフスクールがあるようなのですが、日中とあってエスカレータは4階までしか動いておらず、そそくさと降りてきました。
 改札のある地下一階の通路に、ラーメン店と蕎麦店が並んでおり、その名も「駅そば」という蕎麦店で「天おとし」なるものを食しました。冷たいそばを温かいつゆに付けて食べるというもので天ぷらつき。「肉おとし」もあります。味のほか、店員の声かけなどサービスの印象は良好でした。
 ホームに降りると、「日本考古学発祥の地」の碑があります。モース博士が発見した大森貝塚はこの駅のすぐ北側です。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

雑居ビルの印象が強い池上通り沿いの外観
DSC07757.jpg

改札口通路を兼ねた地下一階
DSC07764.jpg
 | ホーム | 

[№262]ぷらもーる梅屋敷商店街(梅屋敷梅交会商店街)

歩いた日 H25.11.09 【大田区】 
 この商店街については、B級として紹介するのは失礼で、昭和56年に東京都モデル商店街事業の第一号に指定されたという輝かしい実績も持つ立派なA級商店街と言えますが、せっかく通り抜けたので簡単に紹介しておきましょう。ただ、有名な商店街で様々なメディアにも登場しているようなので、ここでは多くは語りません。
 東海道沿いのこのあたりは江戸時代に梅林が広がり、梅園が名所になったことで人が集まったのが「梅屋敷」の由来で、商店街も大正、昭和初期からの歴史を刻んでいるようです。戦災で壊滅的被害を受けたもののたくましく立ち上がり、昭和57年には「ぷらもーる」の愛称もついて、現在約140店舗が軒を並べるという都内城南地区有数の賑わう商店街のひとつです。「ぷら」は梅=プラムからの命名だそうです。
 梅屋敷駅から東邦医大通りに向けて、順に1番街から5番街と呼んでいるようですが、全区間にわたって人通りが多く、様々な業種の店が客を集めています。駅に近い1番街はさすがに全国チェーン店が多いように見えますが、そのほかでは個性的な店が多く目に入ります。4番街の惣菜店「大越」は特に目立つ構えで、奥様方が群がっていました。
 同じ4番街にあるそば処「松月庵」で大盛りそばをいただき、その隣の「チキンショップ鳥勝」でこの日の間食用にコロッケ3種を買いました。なかなかボリューム感のある美味しいコロッケでした。
 京急梅屋敷駅はつい先ごろ高架になり、踏切が廃止されて東西の行き来が容易になりました。東へ出ると第一京浜国道で、その先には梅屋敷東通り商店街が続きますが、この日は池上通りから延々と歩いてきて疲れたので、ここまでにして電車に乗りました。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★★☆

「松月庵」「鳥勝」前から駅方向を見る
DSC07235.jpg

惣菜の「大越」など
DSC07233.jpg
 | ホーム | 

[№261]梅盛会

歩いた日 H25.11.09 【大田区】 
 池上通りから観音通り錦栄会通りと抜けた後、そこはいずれの駅からも遠く、どうせ歩くなら活気ある話題の商店街を見ていこうと、京急梅屋敷駅方向に向けてJRの踏切を渡りました。梅屋敷の商店街は東邦医大通りから先のはずですが、その手前、踏切を渡るとすぐに「梅盛会」の表示のある街路灯が続くのが目に入りました。これは大田区商連の商店街リストにもありません。思わぬ発見です。
 踏切から東邦医大通りまでの間の直線道路沿い400mほどの間に、そこそこの密度で店舗が並んでいます。踏切に近いところのマンション一階にスーパーのマルエツがあり、ひとつの集客核になっているようです。沿道は全体に、新旧の2~3階建ての建物に中層のビルや駐車場などが混じるという様相で、商店街らしい雰囲気はありますが、人通りはそれほど多くなく、賑わいを感じるほどではありません。
 ただ、ここは地理的に、京急梅屋敷駅両側の繁華な商店街の西側の延長上に位置するところで、東邦医大通りを超えた人の流れがあることから、東へ進むほどに商店街らしさが増します。中華料理店や弁当店、焼き鳥店、生花店などが現れます。ただし、生鮮品などの日常の食料品は、梅屋敷駅前後の商店街が圧倒的な強さを発揮していると見えて、ここではそれらの店がほとんど見られず、それが東邦医大通りを挟んだ大きな相違点と言えます。
 東邦医大通りに近づくと、視界の先に「梅屋敷梅交会商店街」の大きく立派なアーチが見え、どうしてもそちらの方に人は惹きつけられてしまうのでしょう。しかし、駅から離れた立地でも近くに病院もあり、住宅地や事業所にも囲まれた環境で、お隣商店街の威力に圧倒されながらも健気に頑張っていると言ってもよいと思います。
 この商店街を「発見」できただけでも収穫とひとり納得し、私も東邦医大通りの信号を渡って「梅交会」(ぷらもーる梅屋敷商店街)の賑わいの中に吸い込まれました。
・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

JR踏切を渡ると現れた梅盛会の通り
DSC07214.jpg

東へ進むほどに店舗が増える
DSC07222.jpg
 | ホーム | 

[№260]錦栄会通り商店会

歩いた日 H25.11.09 【大田区】 
 池上通りから南方向へ、観音通り商店街を抜け、旭通りを渡った先に続くのがこの錦栄会通りです。観音通りと似たようなレンガ舗装の一方通行路が続いています。「錦栄会」の名の由来は不明です。
 旭通り側の角にはセブンイレブンと診療所があり、その先左手に区の中央八丁目児童館と児童公園があり、子供たちや地域住民が集まる拠点を持っていることは強みとも見られます。しかし、店舗の密度は高くなく、全体に散漫な印象です。「ネコの飛び出し注意」などという看板が笑えますが。
 このあたり、住宅地ですが鉄道駅やバス通りからも遠く、大型スーパー等も離れているので、商店街の潜在需要はありそうにも思えますが、店舗は昔ながらのスタイルのものが多く、土曜なのにシャッターを閉ざした店もあって、今どきの消費者のニーズを十分キャッチしているとは残念ながら思えません。青果店(みのる青果)や蕎麦店も閉まっていました。たばこ店の店先も自販機が占拠しています。
 唯一の救いは、その蕎麦店の隣のパン店の店先に自転車の子供たちがたむろしていることです。こういう光景はかつては当たり前のように見られましたが、今では貴重に思えます。さらにその隣が焼き鳥店なので、子供たちのお目当てはどちらだったかな。しかしその子供たちもすぐに去ってしまいました。
 そのほかにあまり目を引く店などもないままに、350mほどの商店街を抜けてしまいました。昼時ですが、結局、食事や間食物の買い物もできないままです。こういう目立たないところに意外な話題店があったりすると面白いのですが。少々期待外れな感じでもあります。
 抜け出たところで右前方を見ると呑川がちょうど流れの向きを変えるところで、ここで橋を渡って南に進むと蒲田方向ですが、どうしようかと迷った末に、東へJRの線路を超えて東邦医大通り、梅屋敷方向へ歩を進めました。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

全体にインパクトが乏しい商店街
DSC07206.jpg

パン店の店先に子供たちが集まる風景も
DSC07205.jpg
 | ホーム | 

[№259]観音通り共栄会

歩いた日 H25.11.09 【大田区】 
 JR大森駅から池上通りを走る東急バスに乗り、入新井第四小学校で下車。小学校の脇から南に入る道が観音通り商店街です。立派なアーチがかかる入口の角には鮮やかな色彩の生花店があり、好印象を与えていますが、反対の角にはスーパーのサミットがあり、商店街の環境の厳しさも伺わせます。
 ここでの「観音」とは、くの字型に伸びる商店街の中央折れ目にある復興観音を指します。商店街ホームページによると、戦後の復興を祈願して地元有志が建立したものだそうです。決して大きなものではありませんが、清楚なお姿で街を見守るように立っていらっしゃいました。
 道幅は狭いながら、レンガ舗装で約500mに及ぶ商店街は、生活サービスの業種の店が多い構成です。衣料品関係の店は少なく、また、生鮮品も、南の端付近に「都南青果物」と掲げる森青果店があるものの、魚や肉の専門店は見当たらず、サミットや観音様の向かいにあるミニスーパー「マイバスケット」にそれらの需要は吸収されているようです。
 全体に清潔な印象で、それほどの衰退感はありませんが、土曜の昼間なのにやや活気が乏しく感じるのは、やはり生鮮品店の不足のせいでしょうか。飲食店もあまり目立つものがなく、インド料理店が異色な雰囲気を漂わせている程度です。なんとなく消化不良の感を抱きながら通り抜けてしまいましたが、ひとつ特徴としては、商店街内に「観音通り中央病院」があり、また薬局も複数あることです。通り名を冠した病院は貴重な資源でしょう。病院の並びにある渋い酒店にも惹かれます。
 改めて商店街ホームページを見ると、この商店街にはイメージキャラクターがいるようです。昨年春に公募によって誕生した「観音通りのカノンちゃん」だそうで、テーマソングや踊りも視聴できます。観音様をキャラクターにしてしまうあたり、なかなかすごいじゃないですか。一見静かな商店街も意外なエネルギーを秘めているのかもしれません。街路灯に下がるフラグには「カノンちゃん」のイラストが描かれていますが、そのほかにはその存在はほとんど意識できませんでした。イベント時だけでなく、もっと積極的に使ってアピールできると良いですね。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

生活サービス型業種が多い商店街
DSC07190.jpg

街を見守る復興観音
DSC07181.jpg
 | ホーム | 

[№222]西馬込商店会(公園通り)

歩いた日 H25.06.22 【大田区】 
 地下鉄都営浅草線西馬込駅がある第二京浜国道(国道1号)の東側、馬込文士村商店街を歩いていたら、第二京浜の向かいに「西馬込商店会『公園通り』」のアーチが目に入りました。国道を渡って、その入口に立つと、アーチの下に「馬込半白胡瓜、馬込太夫三寸人参 発祥の地」と刻まれた立派な石碑があり、そこからなだらかな傾斜を持つ商店街が続いています。
 かつての江戸近郊は、庶民の食を賄う豊穣な農業地帯だったようで、石碑にある胡瓜や人参は江戸野菜として独自のブランドを築いたもののようです。そんな西馬込の地も今は一面の市街地で、この商店街は、向かいの馬込文士村商店会とともに地域の生活を支える軸として形成されてきたのでしょう。
 ただ、現状は、生鮮食品の店がほとんど見当たらず、人が群がるような賑わいは見られません。「サカエヤベーカリー」も少々レトロな風情を醸しています。日常の買物需要は、国道向かいのスーパー「文化堂」などで賄われているのでしょう。一般住宅やマンションとなっている部分もありますが、それでも、クリーニング店や花店などが生活密着型商業をなんとか保っているという印象です。途中で交差する道沿いのお好み焼き店「和」などが興味深いところで、ここも商店街に含まれるようです。
 生花店の先の五叉路から、斜め右に続く道沿いに同じ商店会名を記した街路灯が続いており、大田区商店街情報のホームページ上の紹介文でも「西馬込駅から新幹線高架までのショッピグエリアです」とされていますが、そこから先は商店がほとんど見られません。右側に、少年たちが野球などをしている馬込西公園が現れ、なるほど「公園通り」とはここへ向かう道を意味していたのかと納得しました。でもそうであれば、もう少し「公園通り」らしい演出の頑張りがほしいところです。
 第一京浜側の入口に戻ると、一本南側の道も同じ商店会に含まれるようで、そこに「文士村わらび餅」等の看板を掲げる和菓子店があり、「馬込の月」と「水ようかん」を買い求めました。文士村は国道の向こうが主ではないかと尋ねると、向こうの馬込文士村商店会で見た「わたなべ」の支店だそうな。外へ出て店名を見ると確かに「わたなべ」でした。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

賑わいが乏しい「公園通り」の商店街
DSC06371.jpg

商店街入口にある江戸野菜発祥の地の石碑
DSC06373.jpg
 | ホーム | 

[№221]馬込文士村商店会

歩いた日 H25.06.22 【大田区】 
 地下鉄都営浅草線はしばしば利用しますが、南側の終点である西馬込まで行くことはめったにありません。で、土曜の昼間、都心での所用の後の空き時間を使って行ってみました。西馬込駅の上は第二京浜国道(国道1号)で、その東側一帯に位置するのがこの「馬込文士村商店会」です。
 「文士村」とは、大正から昭和初期のころ、この馬込から大森山王にかけての一帯に、北原白秋や室生犀星、石坂洋次郎をはじめ多くの文士や芸術家が住んでいたことからそう呼ばれるようになったもので、必ずしもこの商店街区域だけの専売特許ではないのですが、その一角というわけで、何らかの文学的香り漂う商店街の雰囲気を期待しての訪問です。
 駅南口出口の脇のスーパーが「文化堂」というのも何か意味ありげですが、そこから入る道沿いはあまり商業的雰囲気がありません。もうひとつ北側の道沿いに商店の集積がありますが、繁華というほどではありません。和菓子の「わたなべ」には、「馬込文士村わらび餅」などと記した看板が出されていますが、今回歩いた中で「文士村」オーラを感じた店舗はここだけでした。
 さらにもうひとつ北側の道にも商店が貼りついていますが、やはりあまり活気や文学の香りは感じません。「夢告観音」が通りを見守っていますが、文士との関わりはなさそうです。そこを進んだ先に東急ストアがあり、日常消費需要は文化堂とこの東急ストアに吸収されてしまっている様相です。
 全体に、空き店舗や一般住宅も目立ち、パンチに欠ける印象です。東急ストアの向かいで青果の「フレッシュてらおか」が元気に客を集めているのが救いに見えます。飲食店が意外に少なく、真ん中の通りのとんかつ「多久満」で昼食にしました。
 緩やかな起伏のある地形上のエリアで、散策には手頃なのですが、せっかく文士村の名を冠した商店街なので、名前に見合った特徴づけがもう少し何かできないものかと思います。範囲を広げて歩けばいろいろと見どころはありそうですが、ここでの気合がほしいところです。「清流館小笹道場」という剣道の道場もあるのですから。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

和菓子の「わたなべ」などがある通り
DSC06323.jpg

夢告観音が通りを見守る
DSC06337.jpg
 | ホーム | 

[№187]蒲田東急駅前通り会

歩いた日 H25.03.20 【大田区】 
 蒲田駅でJRの線路に直角に突き当たるのが東急多摩川線と池上線。どちらも3両編成の電車が行き交う下町のローカル線です。JRとの接点には東急プラザのショッピングセンタービルがありますが、それを背に東急の高架線路の右側に貼りつく幅4mほどの道がこの商店街です。ほぼ完全に夜の飲食街で、「バーボンロード」の愛称があります。
 並行して「サンロード」、「サンライズ」という、いずれも「蒲田西口商店街振興組合」に包含されるアーケード街があり、そちらは昼型商店街として喧騒を極めています。こちらのバーボンロードは昼はひっそりとしていますが、隣の大きな組織にも飲み込まれずに独自の組織を形成しています。
 片側は東急の高架下で、その向かい側も含めて、居酒屋やスナック、アジア料理店などがひしめいています。夜は飲んべえたちのパラダイス空間になるのでしょうが、祝日の昼間ではその雰囲気を窺い知ることはできません。きっとおやじ臭が濃厚な酔どれ横丁なのでしょう。でも、店によっては素敵なママがいたりするのでしょうね。
 そんな中に、コインランドリーなどが混じっているのが面白いと思います。どういう人が利用するのでしょうか。また一部には昼間から営業している中華などの料理店もあり、昼1時過ぎという時間帯ですが、出入りする人の姿はほとんど見られませんでした。
 一方、東急プラザ側の入口角の高架下には「24時間営業中」という「磯丸水産」が海鮮類の丼ものなどを提供していて、ここにはそこそこの客が入っていました。ここだけは東急プラザから滲み出た人の通路の立地が生きている感じです。
 多摩川線(元目蒲線)と池上線の歴史は古いですが、この商店街はいつごろからあるのでしょうか。「東急駅前通り会」の名入り街路灯とともに居並ぶ看板の店名を見て歩くだけでも楽しいところです。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

東急プラザ側の「バーボンロード」入口
DSC05451.jpg

線路沿いにひしめく飲食店群
DSC05446.jpg
 | ホーム | 

[№186]蒲田西口親栄会

歩いた日 H25.03.20 【大田区】 
 蒲田駅西口から伸びる2本のアーケード街のうち「サンロード」を抜けると、その先に、明らかに異質な空間が現れます。アーケードが切れた向かいの角には「昔懐かし定食や」の暖簾を掲げた「蒲田食堂」が昭和の香りをプンプンさせながら営業していて、その先に、下町の路地裏風の飲食店が並んでいます。夜の店ばかりでなく、昼でも営業しているそば店や喫茶店もあります。
 蒲田駅西口は、「蒲田西口商店街振興組合」が、サンロード、サンライズという2本のアーケード街を中心にかなり広い部分をカバーしているようですが、ここはそれらとは一線を画し独自のポリシーを貫いているようで、見るからに組織も別なようです。ただ、大田区商連のリストにはそれらしいものが見当たらず、区の商店街名簿に「蒲田西口親栄会」の名があって、所在地の住所からみておそらくここがそうなのだと思います。商連に加盟していないということですね。そこにも独自ポリシーを感じます。
 夜はまた違った風情を見せるのでしょうが、昼間もそれなりに味わいある光景です。「ホッピー」の赤提灯が並ぶ店の隣には昭和の純喫茶を思わせる喫茶「麦」、その先には「イザカヤ タイ」のタイ語混じりの看板が。そして、うなぎ店からは魅惑的な香りが流れていて、店の前に行列ができています。きっと名物店なのでしょう。
 通りを抜けて突き当たる道はどちらの商店会に属するのかよくわかりませんが、その角に「武田流古式カレーライスと支那そばの店」と掲げる「インディアン」があって、そこで「最高級カレーライス」をいただきました。950円也。美味でした。商店街の区分をたずねてみましたが、「ここはみんな西口だから」とのこと。結局この店がどちらに属するかもわからないままですが、まあ仲良く、それぞれの個性を大切にしながら共存していければ良いのだと思います。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

「蒲田食堂」で始まる独自の雰囲気の通り
DSC05427.jpg

最高級カレーの「インディアン」側の入口
DSC05443.jpg
 | ホーム | 

[№185]蒲田西口商店街[サンロード]

歩いた日 H25.03.20 【大田区】 
 駅の発車メロディが「蒲田行進曲」というJR蒲田駅を西口側に出て、左前方を見ると、「サンライズ」と「サンロード」という2つのアーケード商店街の入口が並んでいるのが見えます。この2つは数十メートルの間隔で並行していて、どちらも蒲田西口商店街に属します。この商店街組織はかなり規模が大きいようですが、今回は道幅が狭い方の「サンロード」を中心に歩きました。でも「サンライズ」も気になるので途中で覗きながらの散歩です。
 祝日ではありますが大半の店が開いていて、多くの老若男女が行き交います。業種構成は雑多で、飲食店や様々な物販店が入り交じっていますが、概して庶民的な店が多く、下町の駅前商店街の空気が濃厚です。蒲田駅は、西口・東口に計3つもの大きな駅ビルがあって、いずれも商業施設で埋めつくされていますが、それらと商店街が立派に共存できて、賑わいを絶やさないのは立派だと思います。それだけ周辺の消費需要があるということでもあるのでしょうが。
 「サンロード」の道幅は4mほど。1m弱程度の商品陳列はみ出しは認められているようで、路面タイルに緑色の点線表示があって、そのルールは良く守られているようでした。雑多な業種構成ではあっても秩序が確保されているせいか、明るく健全な感じです。
 さすがに駅から離れるとやや人通りが減って、空き店舗も見られるようになり、やがてアーケードが途切れるところの角に商店街事務所があります。ここから先にも商店の連なりがあり、入口角の古風な「蒲田食堂」にも惹かれますが、街路灯が別で組織も異なるようなので、これは別レポートとします。
 で、ここから「サンライズ」にそれるとそちらはまだアーケードが続いていて、それが終わった角に「コロッケ本舗コロまる」があったので、間食用にコロッケとハムカツを買いました。コロッケ専門店にはなかなかお目にかかれないので、貴重な収穫です。
 「サンライズ」も含め、B級として扱うのは失礼なくらいしっかりした商店街だと思います。蒲田駅周辺に数ある商店街の中でも中心的な存在ですね。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

蒲田駅側の「サンロード」入口
DSC05414.jpg

様々な店が並ぶアーケード商店街
DSC05421.jpg
 | ホーム | 

[№166]するがや通り商店街

歩いた日 H25.01.24 【大田区】 
 旧東海道のミハラ通り南商店街から、内川橋のたもとで南東方向に分岐する道がするがや通りです。この分岐点あたりに「駿河屋」という旅籠があったことに由来するそうで、駿河屋は歌舞伎でも有名なようです。この道は「羽田道」とも呼ばれていたそうで、内川橋がその起点です。江戸のころの羽田は漁村だったでしょうから、海産物の運搬路や、川崎大師方面への参詣路でもあったのでしょうか。
 旧東海道三原(美原)通りの3商店街とするがや通り商店街で「旧東海道大森町づくり協議会」を構成しているようで、近年、江戸情緒の街並み再現を目指した景観整備事業が行われ、江戸をイメージした店構えへの改修や木製の店名看板への統一などが行われています。旧東海道からは外れるこのするがや通りも、いくつかの店がそのように整備され、頭上には「江戸の汐風 絆の街 旧東海道大森 するがや」のフラグが続きます。
 これだけの統一事業ができるのは、区や都の支援があるとはいえしっかりした組織力の賜物であり、敬意を表したいと思いますが、このするがや通りまでくると、もともとの店舗密度が比較的薄いこともあって、昭和のままの佇まいの建物も多く、江戸と昭和の混在という風情です。
 入口付近の花店「花房」あたりはそれなりに江戸色が漂いますが、進むにつれて空き店舗も多くなり、昭和の残像感が強くなります。道幅も狭く微妙に曲がりくねっていて、やがて二股の分岐点に到達します。ここに「するがや通り 旧羽田道」の比較的新しい石造りの道標がありますが、どちらの道が羽田道なのかよくわかりません。いずれもここから先は一般住宅が多くなります。この道標の脇には「大筒町打ち場」の高札も。このあたりで幕末のころ大筒の試射、打ち方の操練をしていたそうな。
 三原通り3商店街に比べると脇道の感が強く、営業店舗の業種も限られるため賑わいには欠けますが、一体的に歴史を大事にしてそれを活かした街づくりを進めようとする姿勢には好感が持てます。願わくば、空き店舗をこれ以上増やさず、逆に街づくりにうまく活用できれば良いと思います。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★★☆

景観整備の成果が見られる商店街入口付近
DSC04935.jpg

二股分岐点の道標と「大筒町打ち場」高札
DSC04943.jpg
 | ホーム | 

[№165]ミハラ通り南商店街

歩いた日 H25.01.24 【大田区】 
 平和島付近に仕事で行く機会があり、京急平和島駅にほど近い旧東海道に足を踏み入れました。このあたりは、昭和初年に第一京浜国道がバイパス的に整備されたため、旧東海道の風情が残されたところで、ミハラ通り北商店街、ミハラ通り仲町商店街、ミハラ通り南商店街の3商店街が賑やかに連なっています。今回は、環七との交差点から南のミハラ通り南商店街を歩くことにしました。
 ミハラの名は、旧大森村の字名であった北原、中原、南原を三原と呼んだことに由来するそうで、今は「美原」の字も当てられます。大森は東海道の宿場ではありませんが、寺社参詣等の往来が多かったことから茶屋などが多く並び、間(あい)の宿として賑わったようです。商店街には「旧東海道大森町づくり協議会」の幟がはためき、3商店街は連携して個性あるまちづくりに取り組んでいるようです。もう立派なA級商店街と言っても良いかもしれませんね。
 近年の景観整備事業で、店の看板を統一デザインの木製のものにしたり、高札風の案内板を置くなど、旧街道の情緒を醸しだしています。すべての店の看板が統一されているわけではありませんが、商店街の組織力の強さを感じます。看板とともに複数の提灯を掲げている店もあります。内川橋近くにある「餅甚」は江戸時代の茶屋「駿河屋」から続く老舗だそうで、あべ川餅が名物のようです。内川橋の南からは、この駿河屋に由来する「するがや通り商店街」が分岐します。
 また、ここには海苔を扱う店がいくつかあります。大森は江戸前の海苔の産地だったところですね。環七との交差点脇には、将軍家への献上の歴史も持つ老舗の「海苔の松尾」が存在感を示しています。
 人通りも多く風情の演出も巧みで、散策には楽しい商店街ですが、それにしても自転車が多い。ちょうど高校生の下校時でもありましたが、大人の自転車も数多く疾走していきます。16時からは自動車通行止めになりますが15時台だったため一方通行ながら車の通行もあり、そぞろ歩くにはやや危険を伴います。昔の旅人になったつもりでゆったりと歩きたいところですね。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★★★

あべ川餅が名物の「餅甚」などがある商店街
DSC04926.jpg

木製看板と提灯を掲げる店も
DSC04922.jpg
 | ホーム | 

[№139]大岡山北口商店街

歩いた日 H24.11.19 【大田区】 
 昼間の都内移動で少々空き時間ができたので、ちょっと遠回りして東急大井町線と目黒線が交差する大岡山駅に降り立ちました。駅前に東京工業大学があり、周囲は山の手色が濃い住宅地です。ここや隣の奥沢駅周辺などは、かつて東急の前身の目黒蒲田電鉄が郊外田園都市として開発したことから始まるまちで、全体が落ち着いた雰囲気に包まれています。
 大岡山駅は、昭和50年代頃までは両線とも緑色の3000系という旧型車両3~4両編成の列車が発着するのどかな駅で、今の目黒線は目蒲線、大井町線は田園都市線でした。その後、路線名も変わり、駅も大きな地下駅となりステンレスの大型車6両編成が行き交います。
 地上に出ると南に大学がありますが、北方向に続く商店街があり、それが大岡山北口商店街(北商)です。駅に近い部分では飲食店も多いですが、クリーニング店や薬局、靴店や食料品店、日用品店などが混在し、学生街というよりは生活型商店街の性格が強いように見えます。駅から離れるにつれてその印象は強くなり、豆腐店や、「八百屋」というのがふさわしいような青果店などが生活感を伝えています。商店街中程に商店街事務所がありました。オープンな感じで好感が持てます。
 基本的には南北方向の一本道ですが、一本だけ横道があり、そこを進むと大岡山北本通り商店街という別の商店街につながるのですが、その手前に、「なるほどう印房」という看板の印章店があります。良く見ると「鳴穂堂」で、思わず「なるほど」とうなずいてしまいました。
 昼食時間だったので、駅近くの「みんなの豚カレー」でパーコーカレーをいただきました。お客は学生風だけでなくサラリーマン風も混じっています。
 全体に清潔で健全な印象の商店街に見えるのは、東工大のお蔭でしょうか。ところでここは、大岡山北口を名乗りますが、地名は大田区北千束なのです。「なるほどう」の先が目黒区大岡山で、区界が入り組んでいるのですね。また、商店街ホームページがありますが、組合の青年部が「昭和会」として別のホームページを持っているのも興味深いところです。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

駅側入口付近の商店街
DSC04284.jpg

「なるほどう印房」などがある脇道
DSC04309.jpg
 | ホーム | 

[№134]京浜蒲田商店会(あすと)

■■■・・・巨大な駅とは対照的な人間サイズの下町商店街
歩いた日 H24.11.03 【大田区】 

 長らく高架化工事が続いていた蒲田付近の京浜急行線ですが、先月(10月)21日に上下線が高架に切り替わり、渋滞の元凶として悪名高かった第一京浜国道と環状八号線の踏切がなくなりました。京急蒲田駅は本線と羽田へ向かう空港線の分岐駅で、上下線を縦に重ねた二重高架構造の駅になり、都心及び横浜方面と空港を結ぶ列車も大増発となりました。そんな駅の変化の様子を見たくて、風邪の身体に鞭打って京急蒲田まで行ったわけです。
 いやあ、外から見ると二重高架は圧巻ですねえ。巨大な軍艦か宇宙基地のような存在感です。で、その西側に昔からあるこの商店街です。高架駅にへばりつくような道から直角にいきなり始まるアーケード街が中心ですが、巨大でピカピカの駅とは対象的な人間サイズの下町商店街の風情です。
<スーパー「ライフ」がある駅側の入口>
DSC04179.jpg

 ここを歩くのは久しぶりで、入口右側にはスーパー「ライフ」がありますが、歩を進めるにつれて様々な飲食店や雑貨店、洋品店、薬店、眼鏡店、パチンコ店、百円ショップなどが混在し、混沌とした魅力を醸しだしています。直角方向の路地にもアーケードが延長され、雑多な店がひしめいています。祝日の昼間なので怪しげなムードは感じませんが、夜はどうなのでしょうか。
 それにしても、ディスカウントストア「旭屋」はすごいですねえ。道を半分ふさぐようにバッグなどの商品が溢れています。少し先のビデオ店も負けてはいません。「激安」の大表示の下で商品が道に大きくはみ出しています。そんな豪快な雰囲気の中で、つつましく歴史を刻んでいる感じの「豆の但馬屋」や「お食事処井戸屋」などが健気に見えます。ラーメン店が並んでいるのも楽しいですね。「あすと」とは、Amenity、Security、Trendということだそうですが、セキュリティはともかく、トレンドはむしろアンチトレンドを売りにした方が良いようにも思えます。
<豪快な雰囲気のディスカウントストア>
DSC04184.jpg

 商店街西側の出口寄りの片面は再開発工事中で、これが完成すると雰囲気が大きく変わりそうです。でもきっと、それ以外の部分は雑然とした魅力を保ち続けてくれることでしょう。ここからJR蒲田駅東口も近いのですが、そこまで歩く元気がなかったので、商店街内の蕎麦店で昼食にして、巨大駅から京急電車に乗り込みました。

・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

再び歩いた日 H29.12.02

 久しぶりに京急蒲田駅に降り立ち、この日の目的は駅東側だったのですが、ふと西側を見てびっくり!。なんと駅前広場ができているのです。その右側には再開発ビルと思しき「あすとウィズ」がドーンと建っています。ということは、以前は線路脇の狭い道からすぐ直角に始まっていたアーケード商店街の「あすと」は、1区画分がざっくり削られてなくなったということです。
<再開発ビルの「あすとウィズ」>
DSC087742.jpg

 広場上のペデストリアンデッキから見下ろすと、確かに以前からは1区画引っ込んだ位置に「あすと」入口の新しいアーチが見えました。降りて足を踏み入れてみると、そこからは見覚えのある商店街風景が続いていて、まあ、ひと安心というところです。
<1区画分入口が後退した「あすと」入口>
DSC087772.jpg

 入口間近の位置になってしまったディスカウントストア「旭屋」や豆の「但馬屋」も以前と同じノリで営業しています。削られた最初の1区画にあった店の中には「あすとウィズ」に入ったものもあるようですね。スーパーの「ライフ」もそうですし、小さい店ながら1階で外向きの位置にあるたばこ店「長田屋商店」や「ダイモン薬品」も再出発組のようで、健闘を祈りたい気分です。
<入ってみれば変わらぬ風情の商店街>
DSC088462.jpg

 以前レポートした時にも風邪気味でしたが、この日も喉を痛めていたのでした。それでも、本来の目的地、駅東側へ足を進めた私です。

 | ホーム | 

[№83]六郷土手商店会

歩いた日 H24.07.18 【大田区】 
 以前、東京都最東端の商店街として篠崎新町商店街(江戸川区)の散策記録を書きましたが、今度は都内最南端の商店街を歩いてみようと思ったわけです。地図で見る限り、島しょ部を除く都内でここが一番南のはずです。横浜に仕事で出かけた帰りに、京急の六郷土手駅で途中下車しました。
 18時半ごろでしたが、夏なのでこの時間でもまだ明るいのがありがたいです。勤め帰りや学校帰りの人たちに混じって高架下の改札を出ると横切る道が商店街です。歩道のない2車線道路は、夕方のせいか自動車交通量が多く少々危険で、のんびりぶらぶらの散策とはいかない雰囲気です。
 まず東方向へ進むと、年季の入った構えの米屋さんや蕎麦店などを見ながらすぐに国道15号(第一京浜)の下まで着いてしまいます。第一京浜は六郷川を渡るために高架になっていて覆い被さるような威圧感で、ここで商店街も終わりです。そのたもとにとても小さなお稲荷さんの祠がありました。ここは昔は六郷の渡しがあったはずのところで、色々な歴史の逸話が眠っているのでしょうが、その風情はほとんど感じられません。
 引き返して再び駅の下を通り、西へ進むと間もなくJR東海道線の線路の下をくぐってまた商店街が終わってしまいます。その先にスーパーのマックスバリュがあり、日常の買物需要にはそこが主に応えているのでしょうが、その手前にある商店街の青果店も頑張ってお客を集めていました。ただ、肉や魚の専門店は見当たらず、居酒屋も混じりますが店舗構成は十分とは言えません。
 予想していた以上に短い商店街で、行き交う自動車を避けながらのあっという間の視察終了でした。都内最南端といい、六郷土手という名前といい、東海道の渡しの歴史といい、個性発揮のネタはあるはずなのに、特徴が出しきれていない商店街という印象でした。商店街から入る路地に見えた「六郷温泉」の看板が気になりましたが。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

夕暮れ時の商店街(第一京浜から駅方向をみる)
DSC03187.jpg

明るい雰囲気の青果店
DSC03190.jpg
 | ホーム | 

[№82]武蔵新田商店会

歩いた日 H24.07.16 【大田区】 
 南北朝期に南朝方についた新田義興を、北朝方の足利基氏(鎌倉公方)と関東管領畠山国清が多摩川の矢口の渡で謀殺しました。歴史教科書の多くは室町幕府、北朝方を中心に書かれているので、そこでは反逆者である新田義興を成敗したことになりますが、ここ武蔵新田では新田義興は英雄であり、足利基氏や刺客として送り込まれた二人の武士は逆に卑怯者と名指しされることになります。歴史というのは立場によって全く逆の評価にもなるということが面白くもあり、恐ろしくもありますね。
 というわけで、その新田義興を祀る新田神社がある武蔵新田商店会です。この商店街には4つの「門」があります。環状八号線側から順に「発展門」「ふれ愛門」「未来門」「希望門」で、それぞれ形状が異なる立派なアーチです。東急武蔵新田駅の近くの「発展門」「ふれ愛門」エリアは面的な広がりもありますが、「ふれ愛門」から南は道幅も4m程度と狭くなり一本道の商店街となります。
 全体に、ひと駅隣の矢口の渡商店街に比べて華やかさに乏しく渋さが漂います。特に「未来門」「希望門」区間まで進むと店舗密度も薄くなり、立派な「門」が少々浮いて見えます。「希望門」近くにある「金魚・熱帯魚」の羽田屋伊東商店や、その先にある豆腐店、途中の青果店などは、門の名前とは裏腹に昭和の香りが濃厚な風情です。2軒ほどある鮮魚店も、連休中の午後で静かな休業状態でした。
 で、新田神社です。境内中央に樹齢700年という御神木の大欅があり、パワースポットとしても紹介されているようで、緑深き清廉な空間です。子供にもわかりやすく書かれた由緒書きでは「とても強くて勇敢な武将」新田義興公が騙されて死んでしまったあと、怪しい光が現れるなど怪奇現象が起こり、「義興公を裏切った人は次々と怨霊に悩まされ狂死しました」とあります。そこで村人たちが祟りを鎮めるために神社を作って義興公を「新田大明神」としてあがめたとのことです。この神社は江戸時代の平賀源内とも縁があり、「破魔矢」の発祥地でもあるそうです。
 というわけで歴史の妙を味わいましたが、商店街はちょっとインパクトが少ない印象でした。新田神社の参道の雰囲気をもっと出せないものか、4つの「門」の意味はどういうことか、などと考えながら電車で蒲田に戻りました。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★★☆

「未来門」近くの観賞魚店のたたずまい
DSC03162.jpg

緑豊かな新田神社
DSC03181.jpg
 | ホーム | 

[№81]矢口の渡商店会

歩いた日 H24.07.16 【大田区】 
 最近、歴史に関係する仕事があり、関東の中世史を学んでいたら、多摩川の「矢口の渡」での歴史上の事件に興味を引かれました。時は南北朝のころ、新田義貞の次男に当たる新田義興(南朝方)が、京都の足利尊氏と弟の直義との争い(観応の擾乱)に乗じて東国の拠点鎌倉を攻めましたが、尊氏の息子である鎌倉公方足利基氏が関東管領の畠山国清と組んでその新田義興を謀殺したというできごとです。
 送り込まれた2人の刺客により誘い出された義興が矢口の渡船に乗り込んだところ、船に穴があけられており、義興は舟の中で自害して果てたというもの。混沌とした室町、戦国期の関東の勢力争いの歴史の序曲ともいうべき部分で、この矢口の渡の正確な位置には諸説あるものの、駅名にもなっているこの地をたずねてみたくなったわけです。
 蒲田から東急多摩川線で一つ目が「矢口渡」駅です。環状八号線から駅前の踏切を渡り南の多摩川方向へ伸びる明るいレンガ舗装の商店街です。周辺地域の日常生活ニーズに応える店舗が多いものの、駅に近い部分では飲食店が多く、特に居酒屋的な店も多いのは、この地域が住宅地であるとともに事業所も多く分布することによるのでしょう。ここも京浜工業地帯の一角であったことを感じさせます。
 中程の交差点角で「三崎港・横浜中央市場直送」を掲げる「和泉水産」は清潔感ある魚屋さんですが、店構えで私が特に気に入ったのが、洋品店の隣でつつましく「とうふ」の看板を掲げる豆腐店です。狭い間口で昔の本屋さんの趣ただよう「たま書店」も、目立たないけれどうれしい存在ですね。中央部に24時間営業の「西友」があるせいか、生鮮品の店は目立たなかったように思います。
 街路灯の下には「わたし盆踊り」のバナーが風に踊っており、「渡し」はこの地のアイデンティティともなっていると感じます。かつて多摩川にはいくつも「渡し」があり、「矢口の渡」は昭和24年まで活躍していたそうですよ。環状八号線に戻るとその向こうには荏原高校通り商店街が続いていますが、今回は電車に一駅乗り、新田義興を祀る新田神社がある武蔵新田商店会へ向かいました。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

商店街中程の「和泉水産」など
DSC03130.jpg

つつましく営業する豆腐店
DSC03136.jpg
 | ホーム | 

[№63]柳会(山王ハーモニーAVE)/新柳会商店街(山王ココ商店街)

歩いた日 H24.06.16 【太田区】 
 大森駅から南に続く池上通りの西側歩道に面する片面の商店街です。駅寄りが柳会、その南に新柳会が続きます。かつて街路樹が柳だったことからの名称とのことですが、今はアーケード街で、それぞれ「山王HARMONY Ave」、「山王COCO商店街」を表示しています。
 通りの反対側はやはり立派なアーケードの大森柳本通り商店街(ウィロード山王)ですが、組織が別でそれぞれ独自の道を歩んでいるという感じです。池上通りというひとつの通り上で商店街組織が細分化されてわかりにくいですが、そうなった歴史的経緯があるのでしょう。
 山王のお屋敷町に続く闇坂(くらやみざか)を右に見た先から「山王HARMONY Ave」が始まります。この「柳会」区間は土曜日のせいかシャッターを降ろした店も目立ち、生鮮品店が見当たらないこともあってやや寂しいですが、お茶屋さんなどががんばっている様子でした。
 「山王COCO商店街」(新柳会)区間では、中程に「やお源」という昔ながらの風情の青果店があって、向かい側のスーパー「カドヤ」などとは異なる客層をつかんでいるようです。そのほか、アジアンフーズ「メッタ」や韓国雑貨「シンデレラ」など国際色も放っています。一方で、平林酒店隣の「ひらそば」の暖簾には誘われますし、チェーン店ではありますが「やなか珈琲店」からは良い香りが漂っています。両商店街の中間付近にある「葡萄屋」は様々な鳥料理を提供する人気店だそうで、さすがに立派な構えです。
 「山王COCO商店街」はホームページを開設しており、大学の都市計画の専門家チームなどと組んだ「山王プロジェクト研究会」なる組織で様々な事業やイベントを行ってきたことが紹介されています。「COCO」の名はこのプロジェクトに関係するのでしょうか。消費者の希望を聞いてフラッグにして吊るすなどの企画も行われたようです。なかなか意欲的ですが、隣接の商店街と共同歩調で取り組めると良いですね。あるいは既に何か一体的取り組みがされているのかな。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

山王COCO商店街(新柳会)
DSC02840.jpg

山王HARMONY Ave(柳会)
DSC02846.jpg
 | ホーム | 

[№62]山王三丁目商店街(山王三番街)

歩いた日 H24.06.16 【太田区】 
 大森駅から池上通りを南へ、左側歩道の大森柳本通り商店街(ウィロード山王)の先に山王三番街のアーケードが、環七の春日橋陸橋の交差点まで続きます。このアーケードは十数年前に改築されたようで、採光もあってしっかりとしたつくりです。この商店街も駅方向から来ると最初は左側のみ(反対側は別組織)ですが、途中から両側になります。
 この商店街内で圧倒的な存在感を示しているのが「ダイシン百貨店」です。昭和39年からこの地に根を下ろして営業している庶民の味方のなんでも百貨店で、昭和の香りいっぱいの雰囲気でしたがさすがに建て替えを行っており、今は半分のプレオープン、この夏にグランドオープンとなるそうです。でもきっとコンセプトは変えないのでしょう。駅から離れた立地ながら近隣だけでなく遠方からも多くのファンを惹きつけているとのことです。
 商店街は、さすがに春日橋陸橋まで近づくとぐっとローカル色を増しますが、そこがまた味のあるところで、自転車店の「ナカネサイクル」は店先いっぱいに手書きの値札をつけた自転車を並べていますし、大森山王病院の隣の不動産店は通りの反対側から見ると昔の洋館風の可愛い三角屋根の建物です。その向かい側では、旗やのれんも扱う「中村提灯店」が異彩を放っていますし、「陶芸教室」の表示を掲げる「ユカリ(縁)」も店先に椅子が置かれてほっとする雰囲気です。
 商店街から西に分かれる小道の入口には、「新井宿義民六人衆霊地参道」と書かれた大きな灯篭柱があり、その奥には善慶寺が見えます。疲弊した農民が税の減免を直訴しようとして処刑されたそうで、その6人の墓があるそうです。
 駅から少し離れるだけで、そんなローカル色が濃厚な商店街です。コンビニやミニスーパーの「まいばすけっと」もありますが、どことなくそのローカルな雰囲気に溶け込んでいる様子です。そういえば、商店街入口付近で、左右と背後がビル建て替えらしく更地化した中で、ひとり「益子焼」の手書き表示を掲げて頑張っている店も良い風情ですが、今後どうなるのでしょうか。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★★☆

異彩を放つ「中村屋提灯店」
DSC02835.jpg

庶民の味方「ダイシン百貨店」
DSC02838.jpg
 | ホーム | 

[№61]大森柳本通り商店街(ウィロード山王)

歩いた日 H24.06.16 【太田区】 
 梅雨時はやはりアーケード付き商店街がありがたいですね。JR大森駅山側の山王口から池上通りを南へ、環七との春日橋陸橋交差点までアーケード商店街が続いていることを思い出したので、傘を片手に出かけました。大田区商店街連合会のホームページではこの区間に複数の商店街組織があるようなのですが、地図がないので区分がわかりません。
 池上通りが線路から離れるところからアーケードが始まります。左側歩道のアーケード入口には「ウィロード山王」の表示が。これが大森柳本通り商店街で、以前は「名店街」を愛称としていたものが、近年のアーケード改築で愛称を変えたようです。が、道の反対側の歩道上のアーケードには「山王HARMONY.Ave」という別の名称表示があり、ここは道の両側で別の商店街組織なのですね。
 左側の「ウィロード山王」を進むと、立派なアーケードの下に店舗が並んでおり、商連ホームページでは45店舗あることになっていますが、新旧の業態が入り乱れた感じです。中華料理店の隣に洒落たブティックがあったり、フランス国旗を掲げたオシャレな「山王カフェ」があったりします。ただ、生鮮品店らしき個店は見当たらず、その需要は、山王三丁目バス停前のスーパー「カドヤ」が一手に引き受けている様子です。カドヤは不動産業も手がける地元の有力企業で、「山王マダム御用達の高級スーパー」としてかつて「アド街ック天国」にも紹介されたことがあります。
 インターネットでこの商店街を検索すると、商店街自体のホームページはみつかりませんが、この5月まで行われていた「石巻マルシェ」という東日本大震災復興支援事業の記事が多くヒットします。被災地石巻のアンテナショップ的な事業だったようですが、そうしたことに取り組める組織力があることがうれしいですね。この時期のアーケード改築も個店の元気とその組織力の賜物ということでしょう。駅から適度に近く、山王の住宅地を商圏として消費需要に応えていることが伺えます。アーケードが一旦途切れた先に、山王三番街のアーケードが続きます。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

真新しいアーケード下の商店街
DSC02813.jpg

池上通り反対側からみたアーケード
DSC02849.jpg
 | ホーム | 

[№56]平和島駅商店会

歩いた日 H24.06.06 【大田区】 
 京急の平和島駅近くでは、海側の旧東海道上に続くミハラ通りが有名ですが、今回は駅からすぐ山側のこの商店街に、都内移動中の昼休み時間に立ち寄りました。城南地区の京急の駅としては、エアポート急行も停まる比較的大きな駅ですが、この商店街は道幅も狭く、こじんまりした感じです。
 大森北地区の住宅地を背後に抱える立地ですが、日常の生活需要は駅の脇の京急ストアで間に合ってしまうのでしょうか、生鮮品類のお店はあまりありません。むしろ、飲食店が多い印象です。平和島競艇場や天然温泉平和島というスパ施設などが近いこともあって、特に駅近くには立ち飲みの居酒屋などが多く、競艇帰りのおじさんたちが管を巻くには格好の場ともいえそうです。
 駅を背にした直線上の道と、それと交差する道の十字状の構成ですが、閉まっている店も多く、店に立ち寄るお客もまばらです。マンションの一階が飲食店というところもチラホラありますが、全体に店舗は古い建物が多いようです。道が狭いですが駐車場と化している区画もあります。西側のはずれ近くには、古い構えの「BOUTIQUE」の隣に「PHILIPPINE IZAKAYA」なんていう看板の店がさりげなくあったりします。夜はまた違った表情の街になるのでしょうが、昼はどこか散漫な感じの街です。急行停車駅の優位性をもっと活かせないものでしょうか。商店街の立派なホームページもあるのですが。
 途中から北に進むと、甘酒稲荷神社があります。咳の神として霊験があるそうで、平癒後に甘酒を奉納していたことからその名になったとか。この神社の少し先、自動販売機だけが寂しく置かれた空き店舗の前で商店街は終わります。
 駅に戻ると、上りホームの列車到着を知らせるメロディが「いい湯だな」でした。やはりレジャーのまちのイメージが強いのかな。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★☆☆☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

駅前から続く商店街
DSC02734.jpg

「BOUTIQUE」と「PHILIPPINE IZAKAYA」
DSC02745.jpg
 | ホーム | 

[№17]糀谷商店会

歩いた日 H24.02.04
 京急空港線の糀谷駅から、線路と交差する方向に北に伸びるのが西糀谷商店街ですが、逆に踏切を渡って南に伸びるのが糀谷商店街です。踏切を渡るとすぐに、線路と並行する環状八号線(環八)につきあたりますが、商店街はこれを渡って続きます。これだけ大きな幹線道路は地域の分断要因になる場合が多いのですが、ここでは信号横断歩道を介して連続性が保たれているようです。
 「糀谷商店街」と書かれたオレンジ色のアーチをくぐって進むと、駅前商店街の様相の賑わいが続きます。近くにはマルエツやコーナンなどの大型店もありますが、しっかりと役割分担ができているように見えます。生鮮3品の店舗が揃っていることも大きな強みだと思います。
 土曜の午後ですが、蒲田女子校の生徒でしょうか、女子高生がたくさん駅方向に向けて通り抜けていきますが、商店街での道草も多く見られ、彼女たちも良いお客さんになっているようです。この商店街のホームページはなかなかお洒落ですが、それによると、「阿波踊り」が毎年夏の恒例イベントとして定着しているようで、楽しそうな写真がたくさん掲載されています。
 商店街は200mほどで終わり、南端で左折すると萩中通り商店会へと続き、その中の家族経営のラーメン店で昼食にしましたが、今日の散策はここまでにしておきましょう。糀谷商店街南端の角には「魚悦」という鮮魚店があり、店の回りにはたくさんの自転車が止められ、店内は活気がみなぎっていました。地域の台所としての役割を果たしていますね。私は商店街中程の「肉の太田屋」で3個130円のコロッケを買って帰りました。なかなか美味しかったです。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

環八側の商店街アーチ
DSC01906.jpg

商店街南端角の魚屋さん「魚悦」
DSC01902.jpg
 | ホーム | 

[№16]西糀谷商店会 →おいで通り糀谷商店会

■■■・・・下町の生活軸としての商店街は、名を変えても引き続き元気
歩いた日 H24.02.04

 羽田空港へ向かう京急空港線は、京急蒲田で本線から分かれて大田区の下町地帯を貫いて走りますが、その最初の駅が糀谷です。高架化工事中の糀谷駅の改札を出ると、線路と斜めに交差して北に向かう通りがあり、これが西糀谷商店街です。左右の店を見ながらぶらぶらと北に向かって歩きます。
 駅に近い部分はかなりの人通りで賑わいがあります。全国チェーンの飲食店なども混じりますが、小さなスーパーや青果店なども混じり、地域の生活軸として定着している様子がうかがえます。しかし、駅から離れるにつれて人通りがだんだん少なくなり、信号を渡ってセンターラインが現れ、対面通行の道路になるあたりから商店街らしさが薄れてきます。
  <駅前付近はかなりの人通りと賑わい>
DSC01881.jpg

 人通りはそれなりにあるのですが、北半分は沿道にマンションや一般住宅などが目立ち、店舗密度が低くなります。それでも、「西糀谷商店会」の丸い標識付の街路灯は切れ目なく延々と続きます。地図で見るとこの商店街の長さは500m以上に及び、やや孤立した感があるマルエツの前を通り越して、右側にセブンイレブンがある二つ目の信号のところがこの商店街の北端となります。その先には呑川を渡る橋が見えます。
 ちょっと長さを持て余している感もある商店街ですが、歴史はありそうで、瓦葺き平屋の米店やうなぎ店が昭和の香りを漂わせています。うなぎ店にカメラを向けると店先を掃いていた店主らしい頑固そうなご主人に睨まれました。町工場の集積地であった大田区のこのあたりも、経済環境の変化でだいぶ様相が変わっているのでしょう。そうした中で古さも残しながら生活軸としての役割を維持していってほしいと思います。
  <頑なに「昭和」を守るような風情のうなぎ屋>
DSC01889.jpg

・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

再び歩いた日 H31.04.06
 およそ7年ぶりに糀谷駅に降りました。駅が高架になって久しく、駅まわりの景観は一変しましたね。なんと、環八に面してゆったりとした駅前広場ができているのには驚きました。広場を挟んでツインビルと称するビルも建ち、浦島太郎の気分です。
  <整備された糀谷駅前広場と高架駅>
DSC01868a.jpg

 商店街はどうかと覗いてみれば、西糀谷商店会は、平成27年4月に「おいで通り糀谷商店会」と名称変更したそうで、毎年10月に実施している「おいで祭り」が由来とのこと。街路灯もその名を高らかに掲げていますし、商店街の賑わいも駅側入口から見る限り全く色あせていません。踏切が除去されて、南の糀谷商店会との連続性も高まり、下町の生活軸の役割を担い続けているようです。
 今回は、南西方向の日の出銀座等の散策が目的だったので、駅付近から覗いただけですが、この京急空港線沿線は他の駅も実は商店街の宝庫なんですよね。またゆっくり来てみたいと思います。

  <「おいで通り」と名を変えた商店街>
DSC01866a.jpg


 | ホーム |