FC2ブログ

ほのぼの「B級商店街」歩き

東京下町を中心に、決してA級ではないけれど、ほのぼのとした風情ただようB級・C級の商店街を、応援の思いも込めながらぶらぶらと歩きます。

# プロフィール

ほのぶらマン

Author:ほのぶらマン
商店街全盛時代を懐かしむ昭和世代の男です。商店街が少しでも元気を取り戻すことを願いつつ、ほのぼの感を求めてぶらぶらと散歩気分で歩きます。

# 最新記事

# 累積ご訪問者数

# おたよりはこちらから

皆さまのご感想や情報など、お便りをお待ちします。

名前:
メール:
件名:
本文:

[№779]新小岩一番通り新和会

■■■・・・駅前からの喧騒を抜けたところのレトロ喫茶でゆったりランチ
歩いた日 H31.04.13 【葛飾区】 

 新小岩駅の南側には、アーケード街の「ルミエール」を軸として縦横に多数の商店街がひしめいていますが、駅前広場に直結し、線路に近い部分を占めるのがこの「一番通り」です。ここを含め、このあたりの商店街群は、夜になればキラキラとした飲食街の様相が濃くなり、少々猥雑な雰囲気も漂うエリアですが、昼間は、背後に住宅地域を控えることもあって駅への通り抜け通路としても使われ、そんなに「危ない」ところとは感じません。夜型の飲食店がランチを提供していたりもします。
  <駅前広場からの「一番通り入口」>
DSC01985a.jpg

 今回は、特にこの商店街が目当てで来たというわけではないのですが、江戸川区鹿骨方面からバスで新小岩駅までやってきて、ここらの喫茶店で昼食をと思い、スマホ検索して見つけたのがこの一番通りにある「がぁべら」という店だったので、ここを歩くことになったというわけです。
 夜型が主体の飲食店群の中にラブホテルも混じるような道沿いで、ぐっとシックな構えの「がぁべら」は、入るのにちょっと躊躇したのですが、思い切って入ってみればなかなか良い雰囲気の「レトロ喫茶」風。年配夫婦が切り盛りする店で、入った時は他にお客もいなかったのが、その後お知り合いらしいご婦人客や男性客が入ってきて会話が弾むという、いたって健全なほのぼの店です。
 2時までのランチタイムにギリギリ間に合ったというところで、しょうが焼きにコーヒーのセットをいただき、ゆったりとした時間を過ごしました。平成も終わろうとしているこの時代に、昭和感満載のこのような店は貴重な存在です。
  <喫茶「がぁべら」などの並び>
DSC01984a.jpg

 店を出て、改めて駅前から遠ざかる方向に進むと、商店街の街路灯とレンガ舗装が途切れる手前の角に蕎麦店の「砂場」があります。小さいながら小綺麗な店構えで、ここも良さそうだなあ。また来ましょう。駅寄りの部分はチェーン系飲食店やパチンコ店等で喧騒感が大ですが、それを抜けてくれば意外な発見もあるものです。
  <商店街西端の蕎麦店「砂場」>
DSC01979a.jpg

  <駅近くの喧騒を外れたあたり>
DSC01983a.jpg

 この道から、西友のビルを挟んで線路に突き当たる2本の小道もこの商店会の領域で、駅のホームから見下ろすこともできます。駅前に大型商業施設がない新小岩は、都内でも稀少な商店街天国のひとつと言えるかもしれませんね。
  <駅ホームからみた西友脇の部分>
DSC01986a.jpg

・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★☆☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★☆☆☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

スポンサーサイト



 | ホーム | 

[№726]一の瀬商店会

■■■・・・住宅地に囲まれた小さな小さな商店街でひととき蕎麦を食す
歩いた日 H30.09.08 【葛飾区】 

 この「一の瀬商店会」の存在は、葛飾区電子マップで見つけたのですが、所在地は同区小菅四丁目。小菅四丁目は、古隅田川という今は暗渠化された河川の大いなる蛇行に沿って、足立区綾瀬の領域の中に細長く突き刺さったような形をしており、その北端は千代田線の綾瀬駅まで及びます。
 その中に見つけました。本当に小さな小さな商店街です。隣接する足立区「綾瀬二丁目商店街」の大半が概ね商店街としての役割を終えている状況から察して、ここもだいぶ寂れているのだろうと予想しての訪問でしたが、商店会名入りの街路灯がしっかりと立ち、シャッターが閉じている店もあるものの、商店街らしき雰囲気をかろうじて残しているという風情です。
  <小さな一の瀬商店街の東側入口>
DSC00705a.jpg

 入口角は学習塾の「学英塾」本部と「ひさご美容院」の看板。その先に酒店、中華料理の「一休」、蕎麦の「業平屋」、クリーニング店と、だいたいそんなところです。ほぼ50m程度の短い区間で、ここにこのような商店街が形成されたことが不思議に思えます。綾瀬駅を中心とするこのあたりのエリアも、街の性格を時代とともに変えてきているでしょうから、ここに商店街が形成された必然性、ここが賑わった時代があったということでしょう。「一の瀬」の名の由来とともに、それを知りたいところです。
  <西端から商店街を見る>
DSC00710a.jpg

 空腹だったので、ほぼ中央にある「業平屋」に入りました。NHK大河ドラマの再放送が流れる店内で、店頭に表示があった冷しきつね蕎麦を注文。丸い器に入って出てきたそれを食べながら、この小さな商店街の行く末を案じていたりしたのでした。2時近い時間でしたが、意外にも若い男性一人客が入ってきたりして、「なかなかいいじゃないか」と思ったりしていたら、商店街のことや「一の瀬」の由来などを聞きそびれてしまいました。
  <蕎麦店「業平屋」がある中央付近>
DSC00708a.jpg

 ところで、小菅というと東京拘置所の所在地として知る人が多いかとも思いますが、そちらは小菅一丁目。小菅は古い地名で、廃藩置県の直前には一時「小菅県」という県が置かれたとのことです。この商店街から南へ300mほどのところには旧水戸街道が走り、綾瀬川には水戸橋という橋も架かっています。そんな街の歴史も含めた性格が、区境ということで曖昧になっているようにも思えます。

・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

 | ホーム | 

[№670]立石すずらん通り商店会

■■■・・・古き良き下町の混沌とした風情もそろそろ見納め
歩いた日 H30.01.27 【葛飾区】 

 下町情緒を代表する地のイメージを持つ京成立石駅周辺も、これから大きく変わります。京成線の連続立体交差事業(高架化)が既に着手されているほか、駅の南北3地区に市街地再開発事業計画があり、このうち「立石駅北口地区」では昨年(平成29年)6月に事業が都市計画決定されました。葛飾区のホームページには巨大な高層ビル2棟が建つイメージ図が示されています。
 「立石すずらん通り商店街」はこの北口側に展開する下町の昭和風情を残す良き商店街なのですが、ほぼその全てが上記再開発事業区域に飲み込まれます。「西町商栄会」側から都市計画道路ができ、駅前の交通広場が整備されることになります。
 すずらん通りの商店街内に「まちづくり事務所」があって、計画図や事業情報のお知らせなどが掲示されており、今の商店街風景が失われるのも時間の問題というところです。
<東西方向の通り部分(この左に交通広場ができる)>
DSC091822.jpg

 全体に飲食店が多くを占め、夜型の路地などもあって、近くの「立石仲見世」や「呑んべ横丁」などと合わせておじさんたちの夜のパラダイスを形成しているというところですが、そんな中に学習塾や薬局が混じっていたりするのが面白いところです。
<割烹「永田」の前から駅方向を見る>
DSC091892.jpg

 歩いたのは昼過ぎで、「立石駅通り」と「区役所通り」、「西町商栄会」が出会うところから西に進み、「大衆割烹永田」がある突き当たりを左(南)へ、というルートで歩きましたが、昭和の時代からほとんど変わっていないんだろうなと思うような店の並びも見られ、そんな建物たちが冬の日射しを浴びる昼の風景もまたオツなものです。
<古き良き昭和建築の飲食店の佇まい>
DSC091912.jpg

<冬の柔らかな日射しを浴びる飲食店群>
DSC092032.jpg

 「木村屋豆腐店」も長く地域に根付いているようで、自転車で来たお兄さんが店主と親しげに話をしながら何やら買っていきました。隣の「立石の味噌処おかだ」も良い雰囲気です。
<「木村屋豆腐店」と「立石の味噌処おかだ」>
DSC091962.jpg

 駅に向かいあう部分では既に建物が撤去され事業用地として更地になっているところもあり、下町風情を味わうなら今のうちです。「すずらん通り」とはありがちな名前ですが、そんな名前もいずれ忘れられてしまうのかと思うと、寂しくもあります。でも、防災面なども考えるとこれも時代の流れとして受け止めざるを得ないのでしょう。

・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

 | ホーム | 

[№669]立石西町商栄会

■■■・・・「職人技」の拠点もある商店街風景も激変間近
歩いた日 H30.01.27 【葛飾区】 

 南北方向の「立石駅通り」と「区役所通り」の商店街の東に並行するバス通りがありますが、その踏切より北の区間、及び中間でそれに交差する東西の道で「立石西町商栄会」が構成されています。両者の交差点の角には古風な商業建築が向かい合い、そのひとつは「靴のナカイ」で営業中ですが、このバス通りは拡幅事業中で、これらの店も近いうちに見られなくなりそうです。
<交差点角の昭和建築「靴のナカイ」>
DSC091602.jpg

<拡幅事業が進むバス通り>
DSC091792.jpg

 拡幅用地が確保された部分では新しいビル建設が進み、下町らしい商店街風景は失われていますが、線路に近い部分で「呑んべ横丁」に続く路地などに昭和の風情が一部残されています。その向かいにある仰々しい門構えの寺院のような建物は「骨董屋影武者」です。
<踏切近くで懐かしい風情をかろうじて残す部分>
DSC091642.jpg

 東西方向の道を東に進むと、沖縄料理の「沖味亭」などがありますが、商店街の街路灯とフラグは続くものの、営業店は数えるほどです。その最東端は「昔ながら」の言葉がぴったりの「坂田青果店」。この存在が非常に貴重に見えます。
<東端の「坂田青果店」など>
DSC091712.jpg

 この東西の道を、バス通りを横切って西に戻ると、「立石駅通り」と「区役所通り」の境の部分にぶつかってそこまでが「西町商栄会」の範囲ですが、その中間あたりに、元は区役所の出張所だった建物を使って「葛飾区伝統産業館」が構えています。「葛飾区内で腕を揮う職人の集まり『葛飾区伝統産業職人会』の有志が集まって賃貸し、その品を展示・販売している施設」、「職人達の職人たちによる職人技の直販・直売店」だそうで、歴史ある産業を伝える拠点となっています。
<葛飾区伝統産業館>
DSC091812.jpg

 江戸切子や刃物、彫金などの職人が出典し、イベントや体験教室なども開催しているようで、伝統産業の継承が危ぶまれる中、こうした施設が商店街にあるのは心強いことです。ただ、この道と線路の間一帯が再開発事業区域となっており、「立石西町商栄会」もその1/4がそのエリアに飲み込まれます。近い将来、区役所も移転してくるという再開発ビルができた時に、この施設まわりの環境は一変しますが、こうした産業にも良い方向に作用することを期待したいものです。
 中央の交差点角で「靴のナカイ」の向かいの蕎麦店「越後屋」で肉南蛮そばを食し、身体を暖めました。ご近所のおじさんたちのたまり場ともなっているようで、気持ちも安らぎます。

・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆



 | ホーム | 

[№668]区役所通り商店会

■■■・・・区役所に続く短い商店街は和洋折衷・新旧混在の下町風情
歩いた日 H30.01.27 【葛飾区】 

 立石駅通り商店街の北に続くのがこの商店街です。京成立石駅から葛飾区役所に向かう通りだから「区役所通り」とは、非常にわかりやすくて良いのですが、庶民派の下町商店街にしては何だかちょっと固いイメージの名前だなと思うのは私だけでしょうか。延長は70~80mほどしかなく、脇目も振らずに歩けば1分で通り抜けてしまいます。
<立石駅通り側の商店街入口>
DSC091432.jpg

 確かにこの通りを抜けてしばらく行くと葛飾区役所にたどり着くのですが、実はその手前に「タカラトミー」の本社があるのです。あの「リカちゃん」や「トミカ」などの会社ですよ。商店街も、区役所ではなくタカラトミーと提携して何らかの玩具キャラクターなどで特徴づけすれば良いのに、なんて思ってしまうのは、よそ者の余計なお世話というものでしょうかね。②
<バルと婦人服店の向かい合いなど>
DSC091462.jpg

 商店街は和洋折衷、新旧混在。店頭にイタリア国旗を掲げた「立石バル『TAMARIBAR』」の向かいに、昔ながらの商業長屋建築で「レディースファッションTOMO」という庶民派婦人服店が営業していたりします。ラーメン店や「やきとん」の赤提灯の店などを見ながら進むともう北側の端です。その角には自転車店「サイクルショップKAITO」があります。
<路傍に雪が残る商店街風景>
DSC091482.jpg

 ここで斜めに交差する道は水道路(すいどうみち)です。金町浄水場から荒川方面にほぼ一直線に続いている道ですが、この下には今も太い水道管が通っていたりするのでしょうか。そんなことを考えながら駅方向に戻ります。レンガ舗装は立石駅通り商店街から連続していますが、街路灯は独自のものでその形状がユニークです。もしかしたらタカラトミーの遊び心が入っているのかな。
<商店街北端(水道路との交差点)部分>
DSC091512.jpg

 ところで、この商店街区間は、先ごろ都市計画決定した「立石駅北口地区市街地再開発事業」のエリアからは外れています。その南側の線路との間が再開発事業区域で、高層ビル2棟と駅前広場ができる計画ですが、完成するとこの商店街は新しい駅前広場に向き合うことになります。商店街自体は維持されますが大きく環境が変わります。区役所も再開発ビルに移転するそうで、今後、この下町風情がどう変貌していくのか、注目し続けていきたいと思います。

・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆


●[№320]立石駅通り商店会(葛飾区)を再び歩いたので、加筆しました。→こちら
 | ホーム | 

[№667]立石デパート商店会(呑んべ横丁)

■■■・・・庶民に愛され続けた昭和の異空間の姿を目に焼き付けて
歩いた日 H30.01.27 【葛飾区】 

 東京下町の魅力をギュっと凝縮したような京成立石駅周辺ですが、京成線の高架化事業が始まるとともに、再開発事業が都市計画決定したという情報があり、駅北側に高層ビル2棟が建つ完成予想図がネット上にも公開されるに及んで、これは今のうちにもう一度見て記録しておかなければと、寒風吹きすさぶ日でしたが、歩きに行きました。
 まず、「呑んべ横丁」という異空間を構成する古色蒼然の建物が健在なのを電車から確認して、そこに向かいます。「廃墟」とか「魔窟」とかの表現で紹介されることの多い「呑んべ横丁」ですが、昼間は足を踏み入れるのを躊躇させるほどの静けさ、異様な雰囲気に思わず息を飲みます。
<線路越しに見た「呑んべ横丁」>
DSC091172.jpg

 それでも夜には営業している店もまだあるようで、決して「廃墟」ではありません。現役の息遣いが漂っています。線路側から奥に向かって2筋の狭い路地で構成され、中間で横に結ぶ通路もあります。「波」とか「門」とか「姫」とか「れとろ」なんていう看板が、この異世界の歴史と変わらぬ意地を表現しているようで、ここはここで一つの秩序を形成してきたのだろうと思うと、この空間が失われてしまうのが無性に寂しく感じます。
<「呑んべ横丁」内部(1)>
DSC091252.jpg

 その秩序を象徴していると思えるのは、路地内にある共同便所です。不潔な印象はなく、古いなりに良く清掃されているように見えました。これを含めて、全体の建物構造がどうなっているのか、少々不可解です。外から見ると古トタンで囲まれたひとつの大きな建物のようにも見えるのですが、内部の通路には明り取りの天窓が付き、店ごとの建物が軒を接して密集しているのです。
<「呑んべ横丁」内部(2)>
DSC091332.jpg

 この異空間に日中に踏み込む変わり者は私だけではないようで、男女二人連れが入ってきて興味深げに見て回っていました。「ここって昔はデパートみたいなところだったんだって」と男性が話しているのが耳に入りましたが、そう、今でも商店会名は「立石デパート」なのです。昭和30年代ごろは普通の商店街だったとのことですが、今のような呑み屋街になったのはいつごろからなのでしょうか。色あせた看板の一部に「デパート」だった頃の名残を感じることもできます。
<「呑んべ横丁」内部(3)>
DSC091302.jpg

 夜の風情は経験していませんが、ここも「見届けられた幸せ」のひとつになりそうです。
<夜は呑兵衛たちを誘う奥側の入口看板>
DSC091382.jpg

・なつかし度  ★★★★★
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★★★☆


●[№79]京成小岩商栄会(江戸川区)を再び歩いたので、加筆しました。→こちら
●[№80]千代田通商店会(葛飾区)を再び歩いたので、加筆しました。→こちら
 | ホーム | 

[№602]木根川商店街

■■■・・・戦後の遺構のような壮絶なレトロ空間は時間が止まった感覚
歩いた日 H29.04.22 【葛飾区】 

 ここは商店街を名乗るものの、その残骸という感じのところです。だいぶ前に或る街歩きブログサイトで知って、ずっと来たかったのですが、やっと実現しました。木下川(きねがわ)という地名は荒川の左右にまたがり、墨田区側に「木下川小学校」、葛飾区側に「木根川小学校」があります。荒川放水路の開削で分断されたということです。このあたり一帯はかつて皮革産業の一大集積地だったところで、典型的な下町の住工混在地域でしたが、今は工業の衰退とともに普通の住宅地への変貌が著しいわけで、そんな中に残る「戦後」の遺構のような物件・・・、それを探して歩きます。
 上平井橋を渡って首都高速中央環状線の下の道を行くと、東四ツ木コミュニティ道路という小綺麗な道に比較的新しい住宅などがあって、あれー、なくなってしまったかと思ったら、その中に異様に古い建物を発見。これが「木根川商店街」かぁ。左右の新しい住宅に挟まれ、異質感200%です。
  <真新しい住宅に挟まれて残る「木根川商店街」>
DSC070912.jpg

 中央にかすれかけた商店街名の看板がありますが、下地に「宝商店街」の文字が見えます。昔はここを通り抜けた先に宝湯という銭湯があったからという情報があり、確かに看板下から通り抜けられるようになっています。30mほどですが、何とも壮絶な印象ですね。
  <入口から覗いた「商店街」の光景>
DSC070772.jpg

 廃墟と紹介される例もあるようですが、入口の理容店と中華料理「宮城」は現役で営業中。「宮城」の店内からは地元の方と思われる会話が聞こえますが、入るには相当な勇気が必要。鳥料理「つる家」、蕎麦「宝や」などは看板を残して廃業しています。良く見ると左右は長屋建築で、アーケードの痕跡も見られます。「防犯ベル相談所」のかすれた看板もあり、時間が止まった感覚。こんな空間が残っているのが奇跡に思えます。これも「見届けられた幸せ」でしょうか。
  <通り抜けて反対側から見る>
DSC070852.jpg

 近くには、徳川将軍家祈願所とも言われる「木下川薬師」を擁する古刹「浄光寺」があり、山門には区指定有形文化財の「木造金剛力士立像」が睨みをきかせています。
  <木下川薬師がある浄光寺>
DSC070722.jpg

 荒川に並行する綾瀬川にかかる東四ツ木避難橋という人道橋を渡ると、広大な荒川河川敷の運動公園があり、正面にはスカイツリー、上には間近に葛飾ハーブ橋という景観です。何か違う時代のものが間違って混在してしまっているような不思議な感覚を抱いたまま、四ツ木駅へ向かいました。
  <綾瀬川と葛飾ハーブ橋>
DSC070942.jpg

・なつかし度  ★★★★★
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

 | ホーム | 

[№601]上平井商店会

■■■・・・全体がセピア色の懐かしさ全開の商店街で感動しきり
歩いた日 H29.04.22 【葛飾区】 

 このあたり、今の地名は「西新小岩」で何とも味気ないですが、旧地名の「上平井」という名が商店街名や小学校名に残ります。大正期前後の荒川放水路の開削により今の江戸川区平井との間が分断されたということです。上平井は今の新小岩駅付近も含む広い地名だったそうで、この道も東西の古い街道だったのでしょう。「園成寺」という古刹があることからもその歴史が伺えます。
 交番がある平和橋通りとの交差点の商店街入口に誇らしげな門型アーチがあります。この「上平井商店街」はバス通りで、新小岩と市川駅の間をぐるっと四ツ木経由で結ぶ京成タウンバスがほぼ20分おきに走ります。2車線道路ですが交通量はさほどでもなく、比較的自由に左右に横断できます。
  <大黒通りがぶつかるあたりの風景>
DSC070382.jpg

 商店街は、平和橋通りから中川に架かる上平井橋の手前まで800mほども続く規模で、歴史も古そうです。商店街内に「西新小岩」と「上平井町」という2つの新旧地名を象徴する名のバス停があります。空き店舗化した建物も目立ちますが、昭和の看板建築などが多く、懐かしさ全開です。極めつけは上平井小入口の角にある木造建築の青果店。よくぞ今まで残っていてくれた、というところ。全体がセピア色という感じで、オリジナルTシャツ店やケーキ店の情報に後で気づいたのですが、古い建物ばかりに見とれて見落としてしまったくらいです。
  <「西新小岩」バス停のあたり>
DSC070432.jpg

  <古い木造の青果店>
DSC070342.jpg

 道が緩やかにカーブして西に向かいます。その先に、うおーっ、なんだこの建築物は!。錆びついた商業長屋建築が異彩を放ってます。コインランドリー「洗太郎」のみ営業中の様子。かつての華やかな時代を無言で語っているような構えですね。左端の赤提灯は夜には営業するのでしょうか。
  <古色蒼然の商業長屋建築>
DSC070552.jpg

 「越後屋食料品店」のところに商店街西端のゲートアーチあって、まもなく上平井橋。橋のすぐ南には上平井水門が見えます。このあたりはかつて水害常習地帯だったという歴史もあるのです。今は上空に、首都高速中央環状線のかつしかハーブ橋が近代的な曲線を描いています。
  <「上平井町」バス停付近>
DSC070622.jpg

 下町の住工混在地域だったころは賑わった商店街だったのでしょうが、今は商店街の機能は大きく低下していますね。しかし、往時の建物が多く残されていることが救いです。その風景を記録することだけでも意味があると、ひとり納得して上平井橋を渡りました。

・なつかし度  ★★★★★
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

 | ホーム | 

[№600]大黒通り商栄会

■■■・・・「大黒湯」のほか数少ない店舗が残るのみの通りだが、貴重な元気店も
歩いた日 H29.04.22 【葛飾区】 

 総武線新小岩駅から北口商店街を抜けて巽橋交差点を渡り、平和橋通りから西方向に入ってずんずん歩いていくとやがて南北方向の通りに「大黒通り商栄会」の名入り街路灯が続く道が現れます。このあたり、かつては住工混在地域で活気あったのかもしれませんが、今は駅まで徒歩十数分圏の住宅地というべきところ。マンションなどへの建て替えが進む状況も随所に見られます。
 「テクノプラザかつしか」の商店街紹介ページでは、加盟店舗数7店とのこと。全盛期はどのくらいの店舗があったのでしょうか。同ページのPR文には「下町の商店会として、気楽に買い物が出来ます。暗くなっても、商店会の街路灯が多くついているので、安心安全です。」とありますが、現状は、街路灯がなければ商店街とは気づかないほど店舗数はわずかです。一般住宅の間にポツポツと店舗がある、という感じで、空き店舗化したままのものも見られます。
  <哀愁漂う商店街南端部分>
DSC070102.jpg

 南端の角は青果店跡で、建築行為のお知らせ看板があり、この風景も見納めです。その向かいにも長屋形式の店舗群跡が残りますが、いつまでこの佇まいが続くでしょうか。北へ向かって歩き出すと、マンション1階でつつましく営業する洋品店があり、「肉の高橋」も3階建てビルの1階で営業中です。生鮮のうち精肉だけでもあるのが救いですね。
  <精肉店などがある部分>
DSC070082.jpg

 その向かいに大黒湯という銭湯がありますが、大黒通りなので大黒湯なのか、大黒湯があるから大黒通りなのか。どこかに大黒様がいらっしゃるのか、わからないままです。
  <大黒湯>
DSC070132.jpg

 喫茶スナック「ポニー」や「エム美容室」の並びの精肉店が、「お弁当」の幟を掲げて多彩なメニューで元気に営業中なのがうれしいですね。昼時で数人の行列ができています。車で来て買っていく人も見られ、人気店のようです。こういう店の存在は貴重です。思わずエールを送りたくなります。
  <弁当が人気の精肉店>
DSC070152.jpg

 中央の交差点から北はさらに店舗密度が薄くなり、空き店舗化した看板建築の建物などがあるほか、外壁がピンクのビューティーサロンや、居酒屋「都」がある程度で、その先で商店街の街路灯は終わります。さらにその先に「どらっぐぱぱす」やマンション1階のスーパー「グリーンマート」があり、そちらが人を集めている様子。そういうところのお客さんは、商店街とは無縁でしょうね。
  <商店街らしからぬ風景の北半部分>
DSC070212.jpg

・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ☆☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

 | ホーム | 

[№542]金町理科大商店会

歩いた日 H28.08.06 【葛飾区】 
 この商店街の西にあった工場跡地が再開発され、東京理科大学工学部が立地して、金町も学園都市の仲間入りをしたようです。金町駅北側の商店街群の中で最も理科大に近いここは、平成25年6月に「金町銀座商店会」から「金町理科大商店会」に名称を改め、イメージを一新した?かと思いきや、名称変更から3年経った今も、あまり変わったようには見えません。
 駅から理科大への通学路としては、ヨーカドー前を通る弓なりのバス通りが最短なのですが、この商店会の範囲はその北側一帯を含んでおり、広がりのある商店街なのです。バス通りには一定の人通りがありますが、北側の道筋は、真夏の晴天の土曜の日中ということもあるのでしょうが、人通りは少なく、失礼ながら少々うらぶれた感じが漂っています。
 そんな縦横の道筋は、建物は2~3階程度のビル化しているものが多いものの、古くからの店らしきものもちらほら残り、「掛軸表装裏打」という看板の店や、質の「千代田屋」などが下町らしさを醸しています。空き店舗も目立ちますが、ポーンと目に飛び込んできた「そば藤」に吸い込まれるように入りました。大もりそばを注文。午後1時を過ぎているのに次々とお客さんが入ってきます。
 バス通りへ出るとやはりヨーカドーの存在感が大きいですね。このヨーカドーは床面積の広い2階建てで、屋上が自動車学校の教習コースになっているのが特徴。ヨーカドーの向かいなどにも個店が連なっているのですが、若い人の通行も多い割には、垢抜けたセンスの店はほとんどないようです。「金町からあげ館」と長屋のように接する「ミートショップ松阪」はやはり下町的な良い雰囲気です。駅側へ戻る途中の角に「ジグソーパズル専門店」なんていう店があるのも面白いところ。
 平日は学生の通行も多いことでしょうが、全体に若い人向けの店は乏しく、変わらない下町の庶民向け商店で多くが占められていて、名前は変えたものの商店街全体のイメージチェンジはこれからというところでしょうか。葛飾区商連ホームページのこの商店街のページには、「金町北口周辺地区都市開発の中心に存在する商店会で、理想のモデル都市は吉祥寺」などと書かれていますが、それが良いのかどうか、下町風情も活かしながらイメチェンしていって欲しいなとも思います。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

ヨーカドーから理科大へ通ずるバス通り
DSC055012.jpg

ヨーカドー向かいの精肉店など
DSC054952.jpg

屋上が自動車教習所のヨーカドー
DSC054872.jpg

人影が少ない北側の通り
DSC054822.jpg

地元客で賑わう「そば藤」
DSC054842.jpg

 | ホーム | 

[№541]東金町二丁目団地通り商店会

歩いた日 H28.08.06 【葛飾区】 
 葛飾区ホームページの「かつしか電子マップ」の「商店街」地図で、この名の商店街の存在を知り、「金町一番街」を抜けた後、マップ上の位置を目指して歩いて行ったのですが、正直言って、これほどまでの拍子抜けは、これまでの商店街歩きの中での三本の指に入ると思います。位置は間違いないはずなのに、商店がほとんどない。暑い中を歩いてたどり着いた末の虚脱感です。
 ここは、都営東金町第二アパート、第三アパートの敷地に面するところで、マップによればT字型の商店街エリアのはずなのですが、その範囲に確認できる店舗は3つだけ。それも飛び飛びです。理髪店、クリニック、クリーニング店のみ。あとは、都営アパートに向かい合う一般住宅で占められています。レポートするのもはばかられますが、せっかく訪ねたので記録の意味で記事にします。
 周囲にはURの金町第一団地、第二団地などもあって、居住人口は相当に多いはずなのですが、それら住民の生活を支える商店街の役割は早々になくなってしまったようです。区のマップに載っているのは、組織の名前だけが残っているということでしょうか。駅から直線距離にして600mほど。駅近くには東急ストアやヨーカドーもあり、団地のお膝元での商業は、規模、立地が中途半端ということかもしれません。
 クリーニング店の並びに「八十(やそ)児童遊園」という小公園があるのですが、炎天下で人影はなく、寂しさに拍車をかけます。都営東金町アパートは昭和53年築のようですから、築後約40年。このような公園も時代とともに役割を変えてきたことでしょう。
 しかたなく引き返しましたが、すぐ近くには原田小学校があり、夏休みでなければ少年少女の通行もあるのでしょうが、商店街の店に子どもたちが立ち寄るなんていう風景がかつてはあったのでしょうか。ここが商店街だった頃の姿は全くわかりませんが、こうした立地の商店街の消滅も時代の流れとして受け止めざるを得ないのだと、吹き出す汗を拭きながら、自分を納得させつつ歩いたのでした。
・なつかし度  ☆☆☆☆☆
・ぬくもり度  ☆☆☆☆☆
・ひょうきん度 ☆☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ☆☆☆☆☆

住宅地化した中にある理髪店。左が都営アパート
DSC054612.jpg

八十児童遊園と並ぶクリーニング店
DSC054652.jpg

 | ホーム | 

[№540]金町一番街通り商店会

歩いた日 H28.08.06 【葛飾区】 
 金町駅の北側は、かつて三菱製紙等の工場だった一帯が再開発され、東京理科大のキャンパスができてから雰囲気が変わったのかな、と思いきや、理科大に近いこの商店街も、かつての姿を知っているわけではないけれど、学生向けに変身したようには見えません。レンガ舗装されてはいますが昔ながらの商店街の風情が残り、敢えて変化を求めていないようにも見えます。
 駅北口から西の理科大方面へ金町駅前通りを少し歩くと、右側にこの「金町一番街」の入口が現れます。全体に懐かしさの方が大きな比重を占めてしまうのは、駅から理科大への主動線からは外れる位置にあるのと、抜けた先に団地群が構えるもののそれら団地や水元方面から駅への徒歩ルートが必ずしもこの通りだけではないことにもよるのでしょうか。
 入口角は派手な看板の海鮮丼店「丼丸」ですが、そこから入ってまもなくのところにあるのはその名も「永久不動産」という長く続いていそうな構えの不動産店。本来なら都会的センスをリードしても良いチェーン店の「珈琲館」もここでは昭和の雰囲気の建物。商店街中央付近にある「ウラワ書店」も、理科系の学生とはほとんど無縁の様相です。
 夏の土曜の昼時で、人の通行が少ないのは暑さのせいもあるのでしょうが、この商店街全体を通り抜けずに途中から脇道にそれる人も多いようです。駅へはそちらの方が近道なのかもしれません。でもその東への脇道も、空き店舗などがあって寂しげです。全体に南北の動線軸の機能が薄らいでしまったという感じです。
 それでも、北側の区間で生活感を比較的濃く感じるのは、青果の「大安」が頑張っているからでしょうか。「餃子の篠田」もレトロな店舗で親しみを感じます。そんな中に、「ヘアサロンコサカ」や「恋する毛髪研究所」なんていう名の美容室がさりげなく綺麗に混じっているのがまた良いところです。北側出口の角はこれまた派手な看板のクリーニング店「ニューサンワ」です。「大安」の店先にいた猫がおもむろに立ち上がって道を横切っていきました。看板猫でしょうか。そんなほのぼの感もある商店街でした。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

「永久不動産」などがある南の区間
DSC054392.jpg

青果「大安」と猫(北寄りの区間)
DSC054572.jpg

商店街の南側入口
DSC054362.jpg

昭和の様相の「珈琲館」など
DSC054422.jpg

中央付近の「ウラワ書店」等
DSC054452.jpg

 | ホーム | 

[№539]ベルシティかなまち(金町すずらん会)

歩いた日 H28.08.06 【葛飾区】 
 久しぶりに金町駅に降り立ちましたが、この日は近くの江戸川(松戸・市川)で花火大会が開催される日。でも金町駅はその喧騒からは距離があり、「いつもの土曜の昼時」の風情です。まずは駅の南側へ。きれいに整備された駅前広場の向かいに「ベルシティかなまち」の入口があります。
 入った突き当たりは再開発でできた「ヴィナシス金町」というタワービルで、上層階はマンションですが、下はマルエツなどを含む商業施設となっており、ここは「ヴィナシス金町ブライトコート商店会」という独立商店会が構成されています。「ベルシティかなまち」は、区の商店街マップでは「金町すずらん会」となっており、駅南側の一本裏で常磐線線路に並行する方向の道を主体としているのですが、街路灯の表示は全て「ベルシティかなまち」です。その西半分ほどの区間が、「ヴィナシス金町」の再開発によって南面を削り取られ、新しくなったけど独立されたという感じですね。
 ですから、その綺麗な高層ビルの向かいに昔ながらの商店の並びが残っているという景色がなかなか面白いのです。シャッターを閉ざした店も多いのですが、「陶器店」や「御菓子司」と掲げる古い看板建築があったりして、新旧対照の妙が見られます。この再開発にあたってはずいぶん論争があったようで、再開発前は「ベルシティ」もアーケードがあったそうですが、その頃の情景を私は見ていません。今よりずっと下町の温かみある空間で賑わっていたのでしょう。
 「ヴィナシス」の街区が終わって信号を渡り東半の区間に入ると両側が「ベルシティ」ですが、人の通行量も少なくなります。理髪店や整骨院から始まり、上に卓球場も備えるスポーツ用品の「マイダス」が目立ちますね。昭和建築も多く残りますが、シャッター店も多いようです。東端は国道6号への出口で、その手前北面もマンション化されて一階に商店が並んでいますが、何か寂しげです。
 途中から北の駅側へ抜ける狭い路地もこの商店会の一部で、豆腐店、惣菜店などが向き合う一角が古き良き下町の雰囲気を伝えています。「篠田鶏肉店」で野菜とカレーのコロッケを買いました。おじさん達の威勢の良い会話が小気味よく耳に響きました。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

再開発ビルに向き合う看板建築の並びなど
DSC054102.jpg

渋みが増す東半の区間
DSC055102.jpg

駅前の入口の風景
DSC054332.jpg

昔ながらの薬局など
DSC054142.jpg

路地の庶民的惣菜店等の集積
DSC054252.jpg

 | ホーム | 

[№498]お花茶屋駅前商店会

歩いた日 H28.02.13 【葛飾区】 
 お花茶屋の商店街は、プロムナードお花茶屋に代表される駅北側ばかりに目が行きますが、南側にも商店街があるのです。その名も「駅前商店会」。「こっちが正当な駅前だぞ」と主張しているようですが、足を踏み入れるとそこは静かな昭和の世界です。
 線路に並行する2車線道路沿い(都道です)と葛西用水(曳舟川)暗渠上道路の西に並行する直線の小道(こちらも暗渠上のように見えます)、それに駅階段下部分とそこに付随する狭い路地で構成され、同じ商店会名の街路灯が並んでいます。このように異なる環境の区間の集積ですが、そのいずれもが「昭和の残像」的なのです。
 まず2車線都道沿いから。店舗数は多くなく、比較的新しめの3階建てビル1階の蕎麦店とスイーツ工房の隣に、煤けた「興真牛乳」の文字の看板建築、その先にはシャッターを閉じた釣り具・たばこのやはり看板建築が並びます。渋さ満開です。
 暗渠上と思われる直線小道には、しばらく進んだ先にやっと寿司店、シャッターを閉じた和菓子店、そして道にあふれんばかりに商品を積み上げたドラッグ店。さらに少し飛んで、ふた昔前くらいの下駄履き住宅の下に並ぶ居酒屋や美容室、薬局やラーメン店などが懐かしいオーラを放っています。さらにまた少し飛んで「よい品をどんどん安く売る『くらしの衣料』」の店があり、商店街はほぼここまでです。駅北側のような華やかさは全くなく、しっとりと佇むという感じです。
 駅階段下に戻ると、古風な和菓子店が複数ある中に、サンダル専門の「サンダルヤ」が店を開けています。その左から入る狭い路地がまた良いですねえ。下町の酒場と呼ぶにふさわしい飲食店が5店ほど。ランチを提供する店もあります。
 周囲にはマンションなどもあって人通りもあるのですが、頑なにオリジナルスタイルを貫くという風情で、同じ葛飾でも立石仲見世などとはまた違う意味のレトロ商店街といえます。本当にほのぼのした気分になって、この日のお花茶屋巡りを終えました。
・なつかし度  ★★★★★
・ぬくもり度  ★★★★☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★★
・ローカル度  ★☆☆☆☆

懐かしい看板建築が残る都道沿い
DSC040982.jpg

下駄履き住宅一階の雑多な店舗群
DSC041062.jpg

「サンダルヤ」などがある駅前
DSC041152.jpg

駅前から入る路地空間
DSC041172.jpg
 | ホーム | 

[№497]お花茶屋親和会

歩いた日 H28.02.13 【葛飾区】 
 お花茶屋商店街(プロムナードお花茶屋)からお花茶屋商栄会と続けて歩いてくると、コーヒー店「ショウズンカフェ(Showsn Cafe絆)」の先でまた街路灯が変わり、別の商店街組織となることがわかります。これがお花茶屋親和会。カラーレンガ舗装も共通で、実質的に商栄会と一体のように見えますが、ここまで来ると駅から400m以上離れることになり、さすがに人通りも少なくなり、左右の建物も渋みがさらに増します。
 100mにも満たない区間で、営業している商店数も数えるほどです。薬局や洋品店、豆腐店、マッサージ店、金物店など。そして、終端部分の角にある喫茶店「ゑびす堂」に惹かれます。この喫茶店、同じ建物の別の面には「たばこ・文具」の文字がありシャッターが閉まっています。文具店もやっていたようですね。こういうところでゆっくりと時間を過ごしたいものですが、この日は上記「ショウズンカフェ」での昼食としてしまい、時間余裕も乏しかったので残念ながらパス。またいつか来ましょう。
 それにしても規模の小さい商店街で、よくぞ頑張っていると思いますが、駅から続く3つの商店街をまとめて捉えれば、ここは地域の生活軸の北端の守りを固めている部分といえます。地名でみれば南北に続くお花茶屋一~三丁目というエリアのまだここは中間付近。お花茶屋の地名は徳川将軍吉宗を介抱した茶屋の娘、お花に因むとされていますが、案外このあたりがその舞台だったのかもしれません。
 駅から500m続いた一連の商店街もさすがにここまで。道も突き当たって、左右を見るといくつかの店舗もありますが、ほぼ住宅地の様相です。近所の子と思われる自転車の男児と一緒に歩く女児が金物店の前で何やら相談しながらとどまっているのが微笑ましく見えました。で、駅方向へ引き返します。駅が近づくにつれ、また人通りも増えてきます。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★★
・ローカル度  ★☆☆☆☆

さらに渋みが増す商店街の風景
DSC040852.jpg

角の喫茶店「ゑびす堂」など
DSC040802.jpg
 | ホーム | 

[№496]お花茶屋商栄会

歩いた日 H28.02.13 【葛飾区】 
 前回(もう4年近くも前ですが)お花茶屋に来た時には、一番華やかなお花茶屋商店街(プロムナードお花茶屋)だけを歩いて帰ってしまったので、その先に続く商店街がずっと気になっていました。で、今回、改めて歩いてみたわけです。プロムナードの先には2つの商店街が続いていて、まずは手前のここ、「お花茶屋商栄会」から。
 バス通りを渡る信号の先がこの商店街ですが、右角は共栄学園高校・中学の敷地で、時節柄、「受験生がんばれ」の掲示が目を引きます。ですから、最初の1区画分は商店街が左側だけなのですが、それでも、プロムナードに比べてぐっと渋みが増したように見えます。空き店舗化した丸窓の看板建築は何の店だったのでしょうか。隣のスーパー「マインマート」もどことなく落ち着いた雰囲気です。
 人通りも少なくなり、シャッターを下ろした店が目立つようになるのは、土曜日のせいでしょうか。営業している青果店、洋品店、理髪店、電器店などの構えも、時流には構わずに我が道を行くという風情を感ずるのです。「肉の大野屋」もシャッターが閉まっていますが、開いていればコロッケなど求めに入りたいところです。
 駐車場化した区画を眺めながら進むと、もうその先は次の「お花茶屋親和会」の領域となります。その境の角手前に良い感じで構えるコーヒー店「ショウズンカフェ(Showsn Cafe絆)」にランチメニューの表示があったので、ここで昼食としました。この日のランチはタラコパスタとコーヒーのセット。パスタは大盛りで注文しました。落ち着いた店でゆったりとした時間を過ごしました。喫茶店ランチも良いものです。店の内外に緑が多い。それもそのはず、ここはフラワーデザイン(フラワーアレンジメント)の教室もやっているそうで、「こんど、いかがですか」なんて言われちゃいました。ここが本当の「お花・茶屋」かな、なんちゃって。(失礼!)
 プロムナードの延長上で華やかさは乏しいのですが、何かほんわかした気分にさせてくれる商店街なのでした。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★★★
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

ぐっと渋みが増す共栄学園敷地の向かいあたり
DSC040662.jpg

「ショウズンカフェ」のある北端部分
DSC040742.jpg
 | ホーム | 

[№495]お花茶屋親交会

歩いた日 H28.02.13 【葛飾区】 
 再び京成線お花茶屋駅に降り立ちました。以前はメイン通りと言うべきお花茶屋商店街(プロムナードお花茶屋)しか見ていなかったので、今回はその周囲の商店街を散策です。まずは駅北口側に直接面する「親交会」から歩きます。
 駅東側で交差するバス通り(葛西用水の暗渠上の道路)から西側のプロムナードお花茶屋の先まで、線路(駅)にぴったり貼りつくような通り上のレンガ舗装の商店街です。駅前らしく飲食店が多くを占め、その中にはマクドナルドや松屋、オリジン弁当、茶月などのチェーン店も混じりますが、下町親父が入り浸りそうな赤提灯系が目立ちます。中華料理、インド料理、焼肉など、多国籍な、いかにも下町風情の店構えが並びます。マクドナルドの前には自転車がいっぱいです。こちらは学生さん達の御用達という感じ。
 そんな中に、「LIV.SANWA」という陶器店があります。4階建てのビルの1階ですが、きっと古くから続く店なのでしょう。日用品から高級品まで様々な食器類が並べられており、江戸切子の商品も扱っているようです。こういう店が現役で頑張っているのは頼もしいですね。
 ただ、全体には余りにも駅に密着しすぎて、老若男女様々な人が通るのですが、いまひとつ特徴がはっきりしない印象でもあります。駅前なので飲食には便利ではありますがね。駅からの階段、エレベータの下で、お兄さんが近くのマンションの広告を配っていたりして、私もあまりじっくりと観察することなく、プロムナードの方へ足を進めてしまいました。夜に訪れると、また違った賑わいが見られるのかもしれませんね。
 ところで、バス通りを隔てた向こう側には交通広場が整備されているのですが、ここに乗り入れる路線バスは少なくあまり活用されているとは言えないようです。防災広場の役割がメインなのでしょうか。この商店街はそこへの抜け道でもあるのですが、少々残念です。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

駅直結の商店街(東から西を見る)
DSC040452.jpg

プロムナード入口付近から東方向を見る
DSC040572.jpg
 | ホーム | 

[№404]北ウィング青戸商店会

歩いた日 H27.03.28 【葛飾区】 
 この商店街、京成線青砥駅のすぐ北に位置しますが、何といっても名前がユニーク。確かに青砥駅は、成田空港に向かうアクセス特急の停車駅ではあるけれど、ここは下町葛飾のど真ん中。しかし「ウィング」(翼)はなにも飛行機関係だけの用語というわけではなく、二重高架構造の巨大な青砥駅に対して自ら「翼」を名乗っても良いではないですか。「北ウィング青戸」の街路灯がさりげなく行き交う人々を見下ろしています。
 青砥駅には駅前広場らしきものがないので、駅から北側に出るといきなりこの商店街が始まります。その奥にも青砥サンロード等の商店街が続き、URの団地等も控えているため人の流れは多く、立派に駅前商店街の役割を果たしているといえるでしょう。駅前らしく、ドトールや日高屋、おかしのまちおかなど全国チェーン店が目立つ中に、古くからの地場の店らしきものも見られます。
 和菓子店の「相州屋」はその代表で、地元住民らしき年配客などが立ち寄っています。北側のサンロード側の角には「毎日がお買い得」の婦人服店、その並びには定食の店「かずさ屋」や焼き鳥の「こまどり」など、気取らない風情の店が並びます。
 その間の路地を覗くと、「北ウィング」には属さないかもしれませんが、とんかつの「かつ城」などが人を誘うように佇んでいます。いかにも下町らしい路地空間という感じでいいですねえ。
 駅側入口角の小綺麗なビル一階のガラス張りの店は、看板が目立ちませんがよく見ればパン屋さん。この日の間食用に菓子パンを買い求めるとレシートには「ほんま」という店名が。「もっと看板目立つようにすれば良いのに」と言うと、「いやぁ」と照れたようなご主人。これで良いのでしょう。ガラス扉の上に控えめに「HONMA」の5文字。謙虚さが伝わります。
 この商店街のすぐ東隣には「青戸駅北口中通り商店会」という夜型の飲食店街があり、そちらも興味をそそられますが、昼では本当の魅力はわからず、今回はパスしました。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★★★☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

駅側の入口。右角は控えめなパン店「ほんま」
DSC01120.jpg

和菓子の「相州屋」など
DSC01123.jpg
 | ホーム | 

[№403]青戸ミナミ通り商店会

歩いた日 H27.03.28 【葛飾区】 
 「ミナミ通り」とは何の「南」かというと、UR青戸第一団地(旧公団青戸団地)の南ということのようです。もう一つの「青戸公団前通り」の商店街が団地の東に面するのに対し、ここは南に面する位置にあります。やはり商店の並びは団地に向かい合う南面が主ですが、こちらの方が昭和の香りが濃厚な感じです。
 公団青戸団地は昭和31年からの歴史を持つので、それとともに歩んできた商店街ということでしょう。ただ、店舗の並びに向かい合う道の北面は民間のマンション「グリーンタウン青戸」となっており、道を挟んだ新旧の対比が印象的で、南向きのマンションから見下ろされながら頑なに商店街の風情を保とうと踏ん張る姿が健気に見えます。
 両端に立派なアーチがあり、東からそれをくぐって入ると、青果店、鮮魚店や靴店などが並ぶ向かいに肉の「マツオ」があり、どの店も小さいながらかろうじて生鮮品提供機能が維持されています。中ほどでは「梅香亭」が季節感ある和菓子を販売しています。そのほか、「ひかり家具」や「街の電気屋さんフロンティア」、自然食品「夢あかちゃん」などがつつましく営業しています。この商店街で飲食系は、東の入口付近にある喫茶の「陽だまり」のみで、その看板文字が素朴で好感が持てます。「丸大製麺」は麺の製造販売店で飲食店ではありません。
 それらの店舗群の前を、団地やマンションの住民が散歩したり自転車で行き交ったりしていますが、東のアーチ脇にはスーパーのグルメシティがあり、徒歩数分で青砥駅のユアエルム等も利用できることから、商店街で買物する人の姿はわずかです。それでも、一定の需要があるからこそ商店街機能を維持できているのでしょう。シャッターを降ろした店もいくつかありますが。
 区商連ホームページでの紹介文では、「小さなお店たちですが、小回りのきく地域密着型・・・お客様との対話を大切にするお店の多い商店会」とありますが、まさにその通りの印象で、近代化された団地やマンションの前でレトロ感も漂わせながら生き続ける「つつましさ」を感ずる商店街です。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

スーパー「グルメシティ」の脇の商店街入口
DSC01130.jpg

懐かしい雰囲気の店が並ぶ
DSC01166.jpg
 | ホーム | 

[№402]青戸公団前通り商栄会

歩いた日 H27.03.28 【葛飾区】 
 京成線青砥駅の北にUR都市機構の青戸第一団地があります。日本住宅公団が青戸団地の入居者を募集したのは昭和31年とのことで、公団住宅の中でも古い方だったのですが、平成に入って建て替えが進んだようで、今は比較的明るい印象です。訪れた日は、3月末というのにうららかな暖かい陽気で、早くも桜が花を開き、目を楽しませてくれました。
 商店街は文字通りこの団地の目の前、東側のバス通り沿いにありますが、「青戸公団」のバス停付近から正面の東に入る道沿いも範囲のようです。ただし、この道沿いに店舗はわずかで、メインはバス通りです。このバス通りの西面は団地なので、商店の並びは東面のみ。その中で、ほぼ中央にある蕎麦の「長寿庵」が最も存在感があります。
 シャッターを降ろした店舗もありますが、土曜のせいでしょうか。鰻の「いづみ」はどっしりした門構えですが夜の営業のようです。歯科医院となりの洋食・ステーキの店「やまぐちさん」の店前には数人の行列ができていました。こういう人気店があると心強いですね。青戸5丁目の交差点からさらに先の100mほども商店街の範囲のようで、その先左側には青戸平和公園があります。防災空間としても重要な公園ですが、ここでは桜は見られないようです。
 公園手前の向かいに「JOMA」というラーメン店があり、ラーメン店らしからぬ名前に惹かれましたが、食事はやはり「長寿庵」にしました。団地とともに歴史を刻んできたという感じの店で、お客さんは老若男女にわたり、多くの地域住民に愛されているようです。
 葛飾区商連のホームページでの紹介文によると、商店会の発足は団地とほぼ同時期の昭和32年とのことですが、各店の移転等で15年間の休会を経て再開されたそうです。加盟店数は少ないものの頼もしい動きで、検索するとフェイスブックでイベント等をアピールしている様子もうかがえ、それらを支える若い力もありそうで、今後も末永く活動を続けていってほしいと思います。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

団地の向かいに展開する商店街
DSC01138.jpg

店外で待つ人もいる洋食の「やまぐちさん」
DSC01148.jpg

商店街側から見た団地内の桜
DSC01149.jpg
 | ホーム | 

[№347]高砂サービス通り商店会

歩いた日 H26.08.31 【葛飾区】 
 葛飾区ホームページの「かつしか電子マップ」は、区商連未加盟も含めて全商店街の位置を知ることができて便利です。それによると、京成高砂駅の南側は、イトーヨーカドーを含めて広い範囲が「高砂南町商友会」となっていますが、ヨーカドーの裏(東側)の南北100mほどの区間だけが「高砂サービス通り商店会」として別組織になっていることがわかります。
 しかし、現地を歩く限りでは街路灯も共通のようで、ほとんど区別はつきません。この日は日曜日でしたが、北口側の高砂エビス通り商店街を歩いてから踏切渡ってこの商店街区間だけを歩いてみました。ヨーカドーの建物の裏側に面しているため、ほとんど道路片面だけの商店街です。それでもヨーカドーの出入り口や駐輪場があるため人通りはそれなりにあり、大型店の相乗効果で一定の集客力を持っていると言えそうです。日曜ですが、ヨーカドーに合わせて営業している店が半数ほどあり、考えてみればそれが正道なのですが、大型店から良い意味での影響を受けているとも言えます。
 生花店や日用・洋品店と並んで、ヘアカット専門店の二階に「純喫茶アイドル」があるのが微笑ましく思えます。「純喫茶」という響きが懐かしいではないですか。その先にある「ビートコーヒー」も、今どきのコーヒーチェーンとは別路線で「我が道を行く」的な落ち着いた喫茶店のように見えます。この日はどちらも入ることなく通りすぎましたが。
 道幅5~6m程度で自動車の通り抜けもほとんどありませんが、両側1mほどずつ段差つき歩道となっており、そのままの道幅でさらに南に商店街は続きますが、そこはもう「高砂南町商友会」の領域。サービス通りの南端角には青果店が営業中で、大型スーパーとの棲み分けができているように見えました。それにしても、ここだけ別組織になっているのはヨーカドーとの関係で何か特別の理由があるのでしょうか。今後もうまく共存していってほしいものです。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

京成線踏切側からみた商店街(右はヨーカドー)
DSC09638.jpg

高砂南町商友会に続く南端部分
DSC09643.jpg
 | ホーム | 

[№346]高砂エビス通り商店会

歩いた日 H26.08.31 【葛飾区】 
 日曜日に柴又の商店街を見た後、京成電車で高砂に来ました。高砂駅は金町線だけが高架化され、本線とは一度改札を出ての乗り換えとなっているため、せっかくだからと駅北側に出てみました。高砂エビス通り商店街は、バス通りの踏切前から金町線の線路に沿う形で弓なりに北東方向に向かう通りで、本線電車内からも街路灯が見えるため、いつか歩こうと思っていたところです。
 しかしやはり日曜日に来たのは間違いだったかもしれません。全体に閉まっている店が多く、平日の姿を改めて見ないと正確なレポートはできないと思いました。駅直近の商店街にしては人通りが乏しく、寂しい印象ですが、日曜の情景ということでお許しください。
 最初の百メートルほどは、京成の敷地に沿うため建物は片側だけで、飲食店やカラオケ店、時計店などが並びますが、この先の線路沿いに京成電鉄の電車区の建物があり、駅との間を社員が行き来するため、それらの店も京成社員のいこいの場となる場面が多いと思われます。
 そこから先は線路からやや離れ、幅4mもないような道の両側に看板建築風も含めた建物が並びますが、日曜のせいか営業店はちらほらで、人通りもまばらとなります。完全に空き店舗と化したものや一般住宅化したものもありますが、古びた建物ながら健気に営業している店もあって、商店街らしき風情は保っています。それもかなり懐かしい空気を感じさせながら。
 しかしその中にも、比較的新しい造りのイタリア料理店やベーカリーがあったりして、新陳代謝の兆しもかすかに感じられます。面白いのが、洋館風の緑色の住宅の脇に、子育地蔵尊の古い祠と、半ば住宅を兼ねたような寺院「妙栄院」があることで、ここが古くからの街であることを伺わせます。
 北東端の商店街出口付近に「魚由」の看板の店がありますが、ここも閉まっていて、平日には生鮮品提供機能が残されているだろうことを確かめたくなります。やはり日曜は寂しいと思いながら引き返すと、踏切の向こうにはイトーヨーカドーが普通に営業中。改めて商店街の競争力のなさを思い知らされるのでした。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

古い街並みの中にイタリア料理店も
DSC09623.jpg

駅に近い飲食店等の並びの部分
DSC09636.jpg
 | ホーム | 

[№345]柴又西口商店会

歩いた日 H26.08.31 【葛飾区】 
 柴又駅周辺には、帝釈天参道として賑わう「柴又神明会」を含めて4つの商店会があることを事前に葛飾区ホームページの電子マップで知り、帝釈天とは反対の駅西側に「柴又西口商店会」があることを確認していました。そして、駅前広場から踏切を西に渡って続く道がそれだろうと思っていたら、食事に入った蕎麦店でそこはこの前に歩いてきた東側の「柴又親商会」の延長であると教えられたのです。「この裏にもうひとつシャッター商店街がある」とのこと。食事後、改めて踏切に戻ると、確かにその脇からレンガ舗装の道があります。
 しかし、とても悲しい風景を見てしまいました。本当に文字通りのシャッター通りです。線路沿いから直角に右に曲がるL字型の区間ですが、入口の居酒屋「さくら」以外はほとんどシャッターが閉まって閑散としています。踏切の向こうは喧騒を極める観光地だというのにこの落差はなんぞや。
 L字の屈折部分でカメラを構えていたら、自転車をとりにきたご婦人に不審な眼で見られ、「何か?」と問われたので「商店街を見ている」と答えると、「ご覧のとおり」とのこと。「ここを開けてくれるように運動しているんだけどね」と指さす先には駅の臨時改札口が。今は正月でもこちらの改札を使わなくなってしまったそうです。「観光地なら黙ってても人が来るんだけどね」と。要は、観光地から外されてしまったということ。寅さん像のある広場の側だけが玄関口というわけです。
 店が閉まっているのは「日曜日だから?」と問えば「いつもこう」だと。角には「名代栗きんとん最中」と書かれた菓子店「満寿堂」が固くシャッターを閉ざし、ここが土産物店として賑わっていたのだろうと思うと悲しくなります。歩けば、古書店、寿司店、クリーニング店、写真店など、ことごとく閉店です。単なる近隣住民の駅への通り抜け通路と化しています。レンガ舗装と可愛い街路灯が逆に哀愁を誘います。たぶん商店街としての再生はあり得ないと思われる、本当に悲しい風景でした。線路を挟んだ明暗の差があまりにも顕著で、帝釈天の御利益も期待しがたいでしょうね。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ☆☆☆☆☆
・ひょうきん度 ☆☆☆☆☆
・ふだん着度  ☆☆☆☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

踏切脇の入口部分(奥は使われない臨時改札口)
DSC09607.jpg

文字通りのシャッター通りと化した姿
DSC09614.jpg
 | ホーム | 

[№344]柴又親商会

歩いた日 H26.08.31 【葛飾区】 
 京成金町線柴又駅前の「寅さん」像のある広場から帝釈天に向かう参道は、いつも大勢の観光客、参拝客で賑わっており、そちらはA級といえる「柴又神明会」ですが、柴又駅周辺にはこのほかにも商店街があるのです。このうち、生活型商店街の性格が濃いのが、同じ駅前広場につながる「柴又親商会」です。こちらには、入口部分を除き、ほとんど観光客の回遊は見られません。
 駅前広場横の商店街入口部分にあるのが「おりつ地蔵尊」。由来書によれば、昭和7年に父親に虐待され5歳で殺された「律子」を哀れんで近隣住民が建立し、子育て地蔵となったそうですが、帝釈天に向かう人がここを拝む姿はあまり見られません。
 ここから商店街に入りますが、観光色を感ずるのは入ってすぐのたこ焼き店とみたらし団子等を扱う「いせや三神」、和食の「りゅうき」くらいで、その先は普通の下町商店街風になります。道なりに進むと一気に寂しさが増し、シャッターを降ろしてくすんだ感じの店が並ぶのは日曜のせいだけでもなさそうです。途中、年季の入った昭和風情の模型専門店「くらぶ」がありますが、親子連れのお客がいて、「ありがとうございました」と元気の良い声が聞かれたのが何よりです。
 この道の途中から東方向に向かう2本の道もこの商店会の範囲で、特に北側の道が商店街らしい佇まいです。ここはレトロ感満載で、日用品店、電器店、クリーニング店、時計・眼鏡店など、懐かしい構えに思わずうっとりしてしまいます。圧巻は「玉うどん」と大書した製麺所。日曜でも営業しているのが健気に見えます。柴又街道側出口脇には川魚・佃煮の「鮒泉」が情緒を醸しています。
 この懐かしい商店街をなぜ観光客が回遊しないのかと思いつつ駅に戻ると、踏切の反対側にも同じ街路灯が見え、そちらも「親商会」の領域のようですが、駅前の喧騒とは無縁のような静かな空間です。その中の蕎麦店「前野屋」で大もりそばを食し、駅周辺の商店会の構成を教わりました。何年も前の正月に帝釈天に来た時はこちらから参拝客を誘導していた記憶がありますが、今はそれもなく、生活型商店街と割り切っている様子でした。「前野屋」のお客さんも地元の人ばかりのようですし。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★★☆☆

レトロ感満載の店が並ぶ商店街
DSC09586.jpg

「おりつ地蔵」がある駅前の入口
DSC09566.jpg
 | ホーム | 

[№320]立石駅通り商店会

■■■・・・踏切を挟んで2スタイルの商店街に息づく昭和な店たち
歩いた日 H26.06.07 【葛飾区】 

 時間に余裕ができた土曜日ですがあいにくの雨。雨に濡れないところで昼食をとろうと、立石駅通り商店街にアーケードがあったことを思い出し、京成立石駅に下車しました。ここは以前、立石仲見世の昭和レトロ商店街を目当てに何度か来たところですが、並行する立石駅通りはレポートしていませんでした。改めての訪問です。
 早速アーケード街へ。駅踏切に近い部分は全国チェーン店が多いのですが、それでも下町らしい気さくな雰囲気で満たされています。中ほどの鯛焼き店があるあたりからさらに空気がぐっと渋くなり、婦人服の「ラビット」や靴の「かわさき」などが「庶民の日常」感を高めています。
<和菓子「ひらた」等がある駅南のアーケード街>
DSC08893.jpg

 「ラビット」の隣の喫茶店「カフェ・ルミエール」で昼食にしました。喫茶店ランチは私としては珍しいパターンなのですが、ここは正解。店内は昭和モードで満たされ、数組の客がゆったりとした時間を過ごしています。注文したホットのカフェオレは趣あるグラスで登場。ミートソースも素朴な味で懐かしさ満点です。つい長居をしたくなってしまいます。
 和菓子店「ひらた」にも「栗どら焼」の幟に引き込まれるように入店。ここで80年やっているそうです。名物という「栗どら焼」を購入。大きくて栗の存在感が強い立派などら焼でした。
 アーケードを抜けると立石大通りですが、引き返して駅踏切まで戻ると、踏切の反対側も同じ立石駅通り商店街であることに気づきました。そちらはアーケードがありませんが、歩かなければ片手落ちなので、傘を差して進みます。人通りも多く、駅からの人の動線軸として十分機能しています。何十年もこのままやってますという感じの「鳥房」や、趣ある構えの宝飾店等が興味をそそります。
<懐かしい風情も漂う駅北側の区間>
DSC08907.jpg

 踏切から100mほどの四つ角から先は区役所通りとなり、立石西町商栄会やすずらん通りも接続しますが、さすがにこの日はここまでとしました。踏切を挟んでスタイルは異なるものの下町の庶民生活に溶け込んだ感じの商店街でした。
 なお、すぐ近くの立石仲見世も歩いたので、同商店街ページに追加記事をアップしています。

・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★★☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

再び歩いた日 H30.01.27 【葛飾区】 

 立石駅の北側一帯の商店街歩きに訪れましたが、そのどこへ行くにもこの立石駅通り商店街の一部を通ることになります。踏切から南はアーケード街ですが、北はアーケードがありません。駅の南北ともに市街地再開発計画がありますが、北側の方が事業着手が早そうです。
 焼き鳥の「鳥房」は相変わらず良い感じで営業していますが、この光景が見られなくなるのも時間の問題ということになりそうです。京成線の高架化で踏切がなくなるのは良いのですが、下町風情が失われるのは、昭和世代としては寂しいです。20年くらい前の地図帳を見ると、踏切脇の東側にはスーパーの長崎屋があったようですが、そこは今は更地となり、京成高架化事業や再開発に備える形で、おかげで「呑んべ横丁」の建物全体の外側が丸見え状態です。
<元気に営業中の「鳥房」。踏切向こうにアーケードが見える>
DSC091402.jpg

 北端の、区役所通りとの境の手前角には看板建築の店が並び、そのひとつの「わかば」は、「揚げだんご」と大きな文字でアピールする和菓子店です。これらの情景をしっかり目に焼き付けておきましょうね。
<北端の和菓子店「わかば」など>
DSC091442.jpg

 | ホーム | 

[№274]新小岩小松通り商店街

歩いた日 H25.12.28 【葛飾区】 
 新小岩駅南側の船堀街道から斜めに入る小松通りは以前から気になっていたところですが、今回、初めてゆっくり歩きました。商業色が極めて薄い新小岩親商会からぐるっと回って、東側から駅方向に戻る散策です。東の端は駅から600m以上の距離がありますが、それでも商店街らしい雰囲気が濃厚でほっとします。片側に幅2mほどの歩道がついた一方通行路ですが、交通量はそれほど多くなく、歩車道の区別なく比較的安心して歩けます。入ってすぐ「肉の石毛」が目に飛び込んで、覗くとコロッケを販売しているのが見え、当日の間食用に2つほど購入です。
 一部に駐車場化していたり店舗でない建物があったりもしますが、商店街としての連続性は保たれていて、歳末の土曜日とあって人通りも多く、青果店や惣菜店、銭湯などもあって、地域住民の生活需要に応えられているといえます。
 煎餅店、蕎麦店、焼き鳥店、唐揚げ専門店などに興味を惹かれながら歩きます。商店街のホームページによると、全体が5つのブロックに区切られていて、駅に近い第一ブロックから順に、主な店舗が地図形式ではなく文章で紹介されています。それによると、脇道にもいくつかの加盟店舗があったようですが、メインの通りをひたすらまっすぐに歩いてしまいました。
 第一ブロックと第二ブロックの境の角には、商店街としては珍しい石材店があります。その前庭にはドカンと送電線の鉄塔が建っているのが異様に見えます。ここから船堀街道までの第一ブロックはやや喧騒感が強まるのに対して、地域密着型商店街の色合いが一番濃いのは第二、第三ブロックあたりのようです。新小岩駅の南口側には、立派なアーケード街の「ルミエール商店街」がありますが、それらとは一線を画してうまく使い分けられているように見えました。
 この商店街内で食事もしたかったのですが、実はこの日は商店街入口の船堀街道沿いにある「ジャンカレー」がお目当てだったのです。以前、東陽町で入って気に入ったカレー店の支店です。小松通りでの食事はまたの機会にします。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

日常型商店街の雰囲気が濃厚な中央付近
DSC07605.jpg

「肉の石毛」などがある商店街東端付近
DSC07598.jpg
 | ホーム | 

[№273]新小岩親商会

歩いた日 H25.12.28 【葛飾区】 
 テクノプラザかつしか(葛飾区地域産業振興会館)が提供する葛飾区の商店街マップを眺め、商店街が密集する新小岩駅周辺地区の中で駅からやや離れたこの商店街を訪ねてみようと、駅南口から東に向かいました。菅原橋方面へのバスが走る道沿いは船堀街道沿いと同じ「新小岩商交会」の領域で、歩道はないものの商店が連続して人通りも多いのですが、その通りから斜めに入るこの「親商会」の通りは商店街らしさがなく、ほぼ住宅街の様相で、その落差が歴然です。
 それでも「親商会」の表示のある街路灯が続くので間違いはないのですが、商店街を求めてやってきたのに住宅群の中に点在する商店を見つけて歩くという感覚です。そんな情景が、小松川親水公園をまたぐ小御立橋まで400mほどにわたって続きます。
 上記マップのデータではこの商店街の構成店舗数は20軒となっているので、商店密度の薄さは想像がつくと思いますが、「スナックニュー友」、「カラオケ道場たまりば」から始まって、日用品の「佐藤商店」などが孤立するようにあるのを見ながら歩くと、「そば処新井屋」と鮮魚の「魚州」が向かい合う一角が現れますが、複数の商店を視野に収められる貴重な空間という雰囲気です。
 空き店舗と思しき建物もちらほらある家並みを見ながら行くと、「デン薬局」、「第一クリーニング」などがありますが、やがて親水公園が見えて商店街は終点です。その手前に、やや場違いな風情でインド・ネパール料理店があり、彼の国の方らしき店員が店前で客待ち顔をして立っていますが、「なぜここにこの店が?」と聞きたくなってしまいます。
 その手前から南に入る道にも同じ街路灯が数本あり、その下の米穀店「福島商店」の前に野菜の移動販売車が停まって高齢のお客さんが数人買い求めている場面に出くわし、先ほどの鮮魚店と合わせて、生鮮品の販売機能がかろうじて残っていることが救いと感じました。そして私の足は、さらに商店街らしさを求めて、この南にある小松通りへと進んだのでした。
・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★☆☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

「ここが商店街?」と思わせる入口の風景
DSC07581.jpg

そば店と鮮魚店が向かい合う一角
DSC07588.jpg
 | ホーム | 

[№243]まいろーど四つ木商店街

歩いた日 H25.08.31 【葛飾区】 
 京成四ツ木駅の北側のバス通りに沿って弓なりに続く古典的な商店街です。駅から直接は見えず、「四ツ木の灸」などという看板のある古風な建物などを見ながら路地を進み、綾瀬川沿いの首都高速の下、交番前の交差点でバス通りに出たところから商店街が始まります。
 最初の250mほどの直線区間は、歩道はありませんが、なんとも良い風情です。いきなり右側に見えるどっしりした和の構えは和菓子店。その隣のシャッターを閉ざしたままの看板建築は何の店だったのでしょうか。空き店舗化した店も多いものの、懐かしい雰囲気の昭和の商店街の風景が続きます。
 やがて道が二手に分かれ、右斜め方向がバス通り。ただ、曳舟川親水公園に連なる直進方向にも同様の雰囲気の商店街が続きます。分岐の間に構える陶器店も存在感があります。バス通りはここから歩道がつき、新しめの建物が多くなりますが、その中で、味噌醤油の「坂本商店」は堂々たる風格の看板建築で歴史を感じさせます。清潔な店内には多くの味噌樽が並び、店主が睨みを効かせていました。
 その先でさらに道がやや右にカーブしますが、そこにある「岡崎金物店」も昭和時代を彷彿させる懐かしい空気を目一杯漂わせています。ここから最後の直線区間は、道路の拡幅事業が始まっているようで、一部の店舗が取り壊されています。できることなら、道路拡幅はせずにこの懐かしい風情を残してほしいなどと勝手なことを考えずにはいられません。
 このすぐ近くの平和橋通り沿いには大きなイトーヨーカドーがあるのですが、当然にその影響を強く受けながらも、懐かしい雰囲気を保ちながら商店街を維持している姿には感動すら覚えます。昭和30年代には「葛飾の銀座」と呼ばれ、大いに賑わったそうで、その誇りが支えになっているのでしょう。ただ、酒店はあるものの生鮮品店がほとんど見当たらず、日常の買物ニーズを満たせる空間でなくなってしまっているようなのが残念です。
 先ほどの「坂本商店」の隣の「やぶそば」で食事にしました。ご近所の高齢者が常連さんの、気さくな雰囲気の店で、大盛りそばを美味しくいただきました。厳しい暑さの中でしたが、何か穏やかな気分で駅に戻りました。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★★☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★★
・ローカル度  ★★★☆☆

古い構えの和菓子店などが並ぶ懐かしい商店街
DSC06812.jpg

味噌醤油の「坂本商店」と「やぶそば」の並び
DSC06805.jpg
 | ホーム | 

[№242]渋江商店街

歩いた日 H25.08.31 【葛飾区】 
 京成の四ツ木駅周辺に関しては、「寂れた下町」ぶりを強調する記事が多く、「場末」、「廃墟」、「下町ディープゾーン」などの言葉が乱れ飛んでいます。確かにそのような情景も見られますが、それだけでこの街を語っては気の毒というものです。この地域にもたくましい庶民の生活があり、それを支える現役の店舗もある。その確認の意味も込めて、8月最後の土曜日の昼時に四ツ木駅に途中下車しました。
 高架化された四ツ木駅の改札を出ると、繁華な雰囲気は全くありませんが、東側に渋江商店街の入口が静かに迎えてくれます。この商店街を通って駅に出入りする人の流れがそこそこあり、その流れをたどるように足を進めます。
 京成線から南東側の今の地名は東四ツ木ですが、この一帯の旧地名が「渋江」で、由来は不明ながら室町時代からの古い地名だそうです。日本のセルロイド工業発祥の地で、一時は多くのセルロイド工場が集積していたところでもあります。そんな歴史が、住工混在の下町イメージを固定化させることにもつながっているのでしょう。でも、工場は物の製造を通して活力を生む場であり、私は住工混在はそれほど悪いこととは思いません。このあたり、地図でみると小さな町工場の名前がまだ多く見られるのが頼もしく思えます。
 さて、商店街は微妙な曲線を描きながら500mほど続きます。古い建物も多いですが、さすがに建て替えも進んでおり、言われるほどの寂寥感は感じません。青果の「イグチフルーツ」や衣料の「おおき」、中華料理の「宇田川」などが素朴に営業し、看板建築風の店構えも一部に残って、なかなか良い味を出しています。「ブーケ加賀」は生花店でした。その手前にも「ベルフラワー」という生花店があります。商店街は水道道路にぶつかるところまでですが、その角には喫茶店のような構えの「ヘアサロン・タマガワ」があり、その先には「みかわや」というミニスーパーがあります。
 何かほっとした気分で駅に引き返す途中、「ナポリ」という綺麗なパン店で間食用の菓子パンを買いました。ご近所の老婦人が店主と和やかに会話していました。静かではあるものの、新旧取り混ぜて生活感の染みついた親しみをもてる商店街だと思います。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★★☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★★
・ローカル度  ★★☆☆☆

素朴に営業する「イグチフルーツ」
DSC06762.jpg

渋さ?が漂う商店の連なり
DSC06771.jpg
 | ホーム | 

[№219]飯塚商栄会

歩いた日 H25.06.15 【葛飾区】 
 以前、金町駅周辺を歩いた時に、駅北口から出る南水元循環バス「アイリスループ」の経由地表示に「飯塚商店街」の名があるのを見て、いつか行ってみようと思っていましたが、梅雨の晴れ間の土曜日に訪ねることができました。商店街名がバス停名になる例はあまり見かけないので、その意味でも興味深いところです。飯塚とは旧地名のようですね。
 南水元地区は駅から1㎞前後離れていて、この地区を15分おきに巡回する「アイリスループ」のカラフルなバスは地元の足として定着しているようです。南水元の南に接する新宿(にいじゅく)六丁目には、以前は広大な三菱製紙中川工場がありましたが、工場閉鎖に伴い区画整理され、その一部にこの春、東京理科大学葛飾キャンパスが開校し、景観が一変したのが常磐線の車窓からもよくわかります。
 バス車窓に理科大の真新しいキャンパスを見ながら進むと、5つ目の停留所が「飯塚商店街」です。この前後200mほどの区間に商店の集積があり、中ほどの「スーパーシマムラ」のほか、青果店や鮮魚店、焼き鳥店、懐かしい食品マーケット風の店などが、生活密着度の高さを物語っています。「うどんそば 造って売る店」という看板も良いですね。
 ところで、テクノプラザかつしかの商店街紹介地図ではさらに北方向に300mほど商店街区間が伸び、確かに同じ街路灯が続いているのですが、その部分に商店は非常に少なく、正面に葛飾清掃工場の巨大煙突がそそり立っているのが異様に見えます。
 再び南に戻って、定食店の「ミトヤ」で昼食にしました。店内に茨城県の地図が貼ってあるので聞いてみたら、やはり水戸のご出身だとか。店主さんによると、30年くらい前はこの商店街も「一世を風靡していた」とのこと。隣の路地にはアーケードもあったそうです。今は高齢者の住民が多くなり、周囲の都営住宅等にも若い人が少ないそうで、理科大の立地にもあまり期待はできないようです。ただ、この周囲には「呑み屋が多い」とのことで、住民の夜の憩いの場は充実していそうですね。
 「かねふじ」のひとつ30円のコロッケも魅力的でしたが、ミトヤで満腹になったのでぐっとこらえ、「アイリスループ」で駅に戻りました。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

生活密着の店が多い商店街
DSC06267.jpg

懐かしい食品マーケット風の店もある路地
DSC06265.jpg
 | ホーム | 

[№180]住吉商店会(高砂)

歩いた日 H25.03.02 【葛飾区】 
 京成高砂駅の踏切から北東方向、柴又方面に向かうバス通りを歩くと、しばらくは高砂商店会の領域ですが、一つ目の高砂8丁目の信号から先がこの住吉商店会となります。信号の脇で黄色い庇看板が目立つ「伊勢屋」から始まり、次の信号までの200mほどの両側歩道つきの通りですが、商店が途切れなく連続しているわけではなく、空き店舗らしきものや一般住宅も混じります。
 昭和30~40年代ごろの、今でいうホームセンターに相当する店がこんな感じだったと思える「雨宮金物店」。渋いです。この渋さとは対象的に、街路灯にはピンクの丸くかわいい商店街表示が続きます。このミスマッチ感がまた面白い。そして、しばらく進むと路傍に小さな住吉稲荷神社が現れます。宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)を祭神とする五穀豊穣の神だそうですが、小さいながら存在感があります。その先の「イノツメふとん店」の先の信号でこの商店街は終わりますが、さらにその先にも、同じデザインの街路灯に「FRIENDLY Road柴一」の愛称を掲げる柴又一丁目商店会が続きます。
 今回はここで引き返しましたが、信号の手前に「京成ストア本社前」のバス停があるものの、そこにあるのは本社事務所のみ。スーパーのような構えの建物で、店舗があった時期もあるのでしょうか。バス停名とは裏腹に何だかもの悲しい感じです。
 さて、商店街中ほどの「そば若松」で食事にしました。肉南そばで身体を温めました。現在地で30年営業しているそうですが、それ以前も道路を挟んだ斜め向かいにあったそうで、長年この地で愛されてきた蕎麦店のようです。
 ところで、住吉という地名は各地でよく見かけますね。ここは住吉稲荷神社に由来するのでしょうが、大阪の住吉大社と何らかの関係があるのでしょうか。今の地名は高砂8丁目ですが、近くには住吉小学校もあり、こういう由緒ある地名は残しておきたいものです。
 帰りがけに、先ほどの伊勢屋で今日の間食を仕入れました。おにぎりや饅頭、コロッケ、玉子焼き、餡ドーナツなどを売っていて、何屋さんと言ってよいのか迷います。間食にしては少々欲張りな買い物をしてしまいました。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

「伊勢屋」がある駅側の商店街入口
DSC05288.jpg

小さいが存在感のある住吉稲荷神社
DSC05299.jpg
 | ホーム | 

[№179]高砂中央通り商店会

歩いた日 H25.03.02 【葛飾区】 
 京成高砂駅は京成本線から金町線、北総線が分岐する拠点駅ですが、駅前広場らしきものもなく、いきなり典型的な下町風景が広がります。駅東側で線路を横切るバス通りがありますが踏切閉鎖時間が長く、やっと金町線だけが高架になりましたが、全体の連続立体化の促進が課題です。
 駅を北側に降りると高砂商店会の領域ですが、この商店会に属する前述のバス通りを北東に進むとすぐに左斜め、北方向に分かれる路地があり、「高砂中央通り商店会」の街路灯が続いています。ここだけ独立した商店会を形成しているわけですが、葛飾区の資料によると加盟店舗は7店舗とのこと。よくぞ周囲に飲み込まれずにがんばっているものです。
 100mほどの範囲に点々とある店舗はどれも年季の入ったものばかり。「栗原食料品店」はよろず食品屋さんの構え。玉うどん製造販売の「河内屋」も戦後何十年間も変わっていないような風情です。喫茶店の「AYA」もなかなかレトロな雰囲気です。その間に挟まったようにあるのがスナック「ダウンタウン」。もう下町そのものです。
 こうなったらもう徹底的に昭和レトロでいきたいところですが、真新しい3階建ての住宅などが混じっているのが逆に残念に思えたりするのは身勝手な考えですよね。駅から北の高砂8丁目方面への抜け道のひとつではありますが、人通りはそれほど多くなく、ここだけで周辺住民の生活ニーズを満たすにはほど遠い感じです。しかしそれでも商店街の看板を頑なに守っている心意気というか頑固さというか、そういう意識がにじみ出ているような通りです。
 周囲の高砂商店会は、街路灯に「連続立体化実現」のスローガンのフラグがはためいていますが、この中央通りは、そんなことはお構いなしの「我が道を行く」という感じで、時代を超越したようなこの雰囲気を長く保ってほしいと勝手ながら思いました。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

昭和の商店街への入口部分
DSC05279.jpg

時代を感じさせる店が点在する商店街
DSC05285.jpg
 | ホーム | 

[№142]みのり商店会

歩いた日 H24.11.24 【葛飾区】 
 11月も下旬の肌寒さを感じる季節となって、「実りの秋」というには遅すぎる感がありますが、晩秋の土曜の昼のひとときを「みのり商店会」の散策で過ごしました。新小岩駅北側の、蔵前橋通りと平和橋通りが交差する巽橋交差点に斜めにぶつかる道がありますが、それをしばらく進んだ左側にこの商店街が現れます。ほぼ南北の直線状に600mほど続く、なかなか魅力的な商店街です。
 南から入ってすぐのところでいきなり空き店舗が目につきますが、寂しいのはそこだけで、進むにつれて活気が増していきます。酒店の「とちぎや」から始まって、庶民的な雰囲気の店が続きます。和菓子の「伊勢屋」ではドーナツも売っているのが不思議です。隣の「川井豆腐店」も懐かしい店構えです。全体に昭和の下町の風情を良く残していると言えるでしょう。
 小さな信号交差点の角には「肉の青木」と惣菜の「なかむら屋」が並び、庶民の台所の様相を濃くしています。信号を渡った右側には鮮魚店が2軒並び、さらに家庭用品店や鶏肉店を挟んでもう一軒魚屋があるなど、豊富な選択肢を提供しています。その向かいのスーパー「マルセイ」を挟んで青果店も複数あるあたりが、この商店街の中心的な部分と言えそうです。スーパーと個店がちゃんと棲み分けできている点がすばらしいです。
 そこを過ぎてもまだまだ気さくな感じの店が続きます。パン店の「ぜべっと」の先、豆腐の「三嶋屋」やリカーショップ「やまぐちや」の並びなどは、昭和の風情が濃厚で良いですねえ。さらにその先、「みのり生花店」などをながめながら進む間に、また「伊勢屋」という和菓子店が現れました。ここに限らず、和菓子店に「伊勢屋」の名が多いのはなぜでしょうか。
 とにかく飽きることなく下町商店街の魅力を楽しみましたが、青果店、精肉店、鮮魚店、菓子店などがそれぞれ複数で競い合いながら充実しているのが頼もしいです。飲食店は少ないですが、地域の日常生活にがっしりと根を下ろしていることを実感できる商店街です。商店街を抜けた左にスーパー「マルエツ」もあるのですが、しっかり共存できているようです。そのマルエツの前の東須磨橋バス停からバスで新小岩に戻りました。
・なつかし度  ★★★★★
・ぬくもり度  ★★★★☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★★
・ローカル度  ★★☆☆☆

複数の鮮魚店や青果店等が並ぶ気さくな商店街
DSC04417.jpg

懐かしさ漂う店舗の並び
DSC04422.jpg
 | ホーム | 

[№141]新小岩北口商店会

歩いた日 H24.11.24 【葛飾区】 
 総武線新小岩駅の周囲には、実に庶民的なまちが広がっています。バスターミナルのある南口に対して、北口側は駅前のオープンスペースが狭く、裏口的な雰囲気ですが、きれいに整っていないところが逆に魅力かもしれません。駅北口から蔵前橋通りを結ぶ通りと、それに直交する何本かの路地を合わせて、新小岩北口商店街が構成されています。
 特に駅近くはパチンコ店がジャラジャラと賑やかだったり、娯楽街の印象も強いですが、でも全体に暗い印象、危ない雰囲気は(少なくとも昼間は)ほとんど感じません。居酒屋系などの飲食店の比重が高いですが、その中に混じってメガネ店や持ち帰り寿司店、お茶と海苔の店などが周辺の生活支援型の色彩を滲ませています。駅に隣接して書店(第一書林)があることも、猥雑化の抑制効果になっているかもしれません。
 印象に残る店名をあげてみると、ホームベーカリー「あんですMATOBA」、惣菜店の「おかずや」、かなりレトロ風の喫茶店「バンビ」、パスタ店の「ベーネ」、たこ焼きの「たこせん」など。から揚げの「鳥丸」には行列ができていました。
 この商店街の最大の特徴は、商店街内に大学があることでしょう。東京聖栄大学がそれで、健康栄養学部を中心とした大学です。キャンパスの面積自体は狭そうですが、駅前大学、まちなか大学という風情で、商店街と一体になった便利な大学ということもできます。大学があることで商店街に若者の流れができることは大きなメリットですね。大学生の力を商店街の振興にも期待したいところです。また、商店街を抜けたところの蔵前橋通り際には立体の駐輪場(サイクルパーキング)があり、自転車利用者も商店街を通り抜けて駅にアクセスするということも、商店街にとってはプラスでしょう。
 そんな商店街内のとんかつ店「かつ善」で昼食をいただき、「おかずや」で1つ30円のコロッケを3つ買って電車に乗りました。
・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★☆☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

駅北口からみた商店街
DSC04392.jpg

レトロな喫茶店「バンビ」など
DSC04402.jpg
 | ホーム | 

[№137]新小岩ルミエール商店街

歩いた日 H24.11.17 【葛飾区】 
 新小岩周辺にはいくつか訪ねたい商店街があるのですが、この日は土曜日なのに雨模様のため、駅前の全蓋式アーケードのこの商店街に駆け込みました。新小岩を代表する商店街で、「ルミエール」の愛称で親しまれていますが、正確には、駅に近い半分が「新小岩銀座街商店街」、その先が「新小岩ドリームウェイ商店街」と二つの組織にまたがり、アーケードの微妙な形の違いでその境界がわかります。
 全長420mの葛飾区内初のアーケードが昭和34年に設置されたと、商店街ホームページに誇らしげに記されています。このアーケードの下は多くの人で賑わい、B級商店街として紹介するのは失礼だとは思いますが、私も何度か歩いているところであり、親しみを込めてとり上げました。
 下町らしく、低価格の衣料品店や食料品店など様々な業種の店が並び、目を飽きさせません。面白いのは、呼び声も勇ましく華やかな店が居並ぶなかに、古色蒼然たる昭和の香り満載の構えの米店や自転車店などが混じっていて、戦後の時の流れが凝縮された風情を感ずることです。駅から離れるにつれ空き店舗もちらほら見られるようになり、何となく哀愁のような雰囲気が濃くなります。空き店舗を週代わり店舗のようにして活用もしているところもあるようですが。
 また、この商店街は直線状ですが、これと交差する小道ごとに別の商店街組織が横断する形で形成されている点も興味深いところです。それらはそれぞれに異なった様相を見せ、少々怪しげな気配を漂わせるところもありますが、また別の機会に個々にレポートしたいところです。なにしろこの日は雨でアーケードから出たくなかったので。
 実は、以前ルミエールに来た時に、精肉店で美味しいコロッケを買った記憶が鮮明で、今回もそれが目当てで来たというのが本当なのですが、何と、そこは閉店してシャッターを閉ざしたままの空き店舗になっていました。ショックです。向かいの魚屋さんで聞くと、今年7月ごろに店を閉めたとのこと。店主が高齢化し跡継ぎもいなかったのが理由とか。典型的な商店街問題がこのルミエールでも顕在化していることが恐ろしく感じます。で、コロッケの代わりに、「小饅頭本舗」で小さな饅頭を買いました。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

威勢の良い呼び声が飛び交う商店街
DSC04241.jpg

レトロな自転車店も混在
DSC04254.jpg
 | ホーム | 

[№117]堀切ラッキー通り商店街

歩いた日 H24.09.22 【葛飾区】 
 京成線の堀切菖蒲園駅の南200mほどの位置で、線路と並行に伸びる東西方向の直線一方通行道路に展開する商店街です。駅を中心に、この通りを底辺に、平和橋通りと堀切中央通りの3本で一辺約400mほどの正三角形をなす形となっています。従って、駅周辺商業地の南縁を構成する位置にありますが、全体にくすんだ感じ、と言っては失礼だと思いますが、賑わっているとは言い難い印象です。
 直線道路で全体が見渡せることが却って空虚感を高めているともいえそうです。東西の入口に「ラッキー通り」の大きな標識が立ちますが、この命名の由来は何なのでしょう。ここを訪れたお客に幸運がもたらされる、そういうサービスを店が提供してくれる、ということなら良いのですが、お店がラッキーな客を待つというような、運を天に任せるということだと困ります。
 往復歩いてみて、「おっ、これは」と思うような店が見当たらないのも寂しいことです。「穂々々」という居酒屋に「ほほほっ」と頬が緩んでしまうということはありましたが。店頭が一番華やかに見えたのが西側の端近くにある「やえ樫」という呉服店ですが、お客がたくさん出入りするという華やかさではありません。歩いたのが祝日の土曜ということもあるのでしょうが、東に行くほど閉店している店が多く、地域のコミュニティの場として設けられたという「ふれあいサロン堀切」もお休みでした。理髪店が2軒向かい合ってあるというのが妙に印象に残っています。
 ところで、この商店街を特徴づけるものに「菖蒲七福神」があります。ちょうど駅から南の住宅地に抜ける道路との交差部にあり、七体のふくよかな石像が道に向かって並んでいます。道行く人に笑いかけるようなその表情は皆ユーモラスな感じでもあります。脇にある社は、北側の線路近くにある堀切天祖神社の境外末社で、従来から弁天様が祀られていたところに、平成6年に他の6体を加えて七福神としたとの由来が書かれています。ここでも思わず頬が緩みますね。
 商店街も七福神にあやかって何か特徴を出す工夫ができれば良いと思いますが、もしや七福神が何か福をもたらしてくれるのを待っているのかな。人の流れの大半は七福神から商店街を横切って住宅街に散っていってしまいます。このままではラッキーとは言いにくいですね。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★☆☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★★☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

人影少ない直線道路の商店街
DSC03730.jpg

ユーモラスな菖蒲七福神(中央が弁財天)
DSC03732.jpg
 | ホーム | 

[№116]堀切菖蒲園通り商和会

歩いた日 H24.09.22 【葛飾区】 
 堀切菖蒲園は、駅名にもなるくらいの名園ですが、見頃の季節が限られるからでしょうか、どうも目立たなくなってしまったように思えます。堀切菖蒲園駅と菖蒲園の間も微妙に距離が離れていて、駅前周辺からは菖蒲園の存在感があまり感じられません。季節を問わず散策の客が絶えないのなら、その間の商店街も賑わうのでしょうが、菖蒲園に最寄りのこの商店街もひっそりとしています。
 駅から南へ、堀切一番街商店街を抜けた先に、左方向の矢印で菖蒲園への方向を示す看板の先に続くのが堀切菖蒲園通り商和会ですが、延長が長いわりに店舗密度は全体に薄く、住宅街の中に商店が点在、という感じです。
 商店街入口に構えるのが生鮮品などを扱う「カネコマート」というミニスーパーで、生活密着の香りが強く、菖蒲園へのお客向けの観光的雰囲気はほとんどありません。唯一あるとすればその先の「鮒真」でしょうか。佃煮や鰻の蒲焼などを販売する店のようで、大きな木製の店名看板と「うなぎ」のミニ暖簾が目印です。
 その先、鳥肉店の先で、「菖蒲園はどっちかな」と迷う交差点から左に幅が狭まった道に菖蒲の街路灯が続いているので、そちらがルートだとわかります。直線で続く道に街路灯も延々と並びますが、やはり商店密度は低いです。中華料理店や寿司店もありますが、観光客向けではなく地元住民向けの色彩が濃厚ですね。直線の中程で菖蒲園の入口への道が分かれますが、9月という季節柄、観光客らしき人影はありませんでした。
 この商店街の終わりのところにあるのが極楽寺という真言宗のお寺。ここには「いぼとり地蔵」があり、このお地蔵様に塩をふりかけてその塩を擦り込むと良く治るのだそうです。ちょうど彼岸の中日だったので、墓参りの人たちが出入りしていました。このお地蔵様がメジャーデビューできれば商店街も活気が出るかもしれないな、などと考えるのはお地蔵様に迷惑でしょうか。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★★☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★★☆

「鮒真」などがある北側部分
DSC03726.jpg

菖蒲園や極楽寺に近い南側部分
DSC03719.jpg
 | ホーム | 

[№115]堀切小橋通り栄和会

歩いた日 H24.09.22 【葛飾区】 
 京成堀切菖蒲園駅から南へ伸びる堀切一番街の先に、さらに道なりに続くのがこの堀切小橋通り栄和会商店街です。が、商店街とはいうものの、商店らしきものは数えるほどしかありません。菖蒲園へのルートからも外れ、突き当たりには荒川放水路・綾瀬川とその上で巨大なジャンクションを形成する首都高速道路の高架が立ちはだかり、独自の商圏が維持しにくい立地なのでしょう。街路灯だけが立派に並びますが、その下の家並みは時が止まったようです。これでは街路灯の維持も大変だろうなあ。
 数えるほどしかない店らしい店のひとつに、釣り具・えさの店がありますが、大河川を目前にする立地上の特性が生きているようで、少しほっとしました。荒川は埼玉県方面までハゼが遡るそうで、釣りが楽しめるんですね。きっとこの店も釣りファンの顧客をつかんでいるのでしょう。
 ところで、商店街名の「小橋」とは何か・・・・。きっとそういう橋があるのだろうと突き当たりの川に行ってみたところ、ありました。手前側の綾瀬川に架かる「堀切小橋」が。この橋を渡ると荒川河川敷の運動場などへ行くことができます。しかし頭上に覆い被さる首都高速の堀切ジャンクションは、上下線が二段構造で異様な存在ですね。
 実はこの商店街に足を踏み入れたのはひとつの目的がありました。一番街側から入ってすぐのカーブのところにある蕎麦店「やぶそば」で蕎麦を食べることです。事前にネットで堀切菖蒲園駅周辺の蕎麦店を検索した中で良さそうな店としてチェックしていたのです。建物は最近建て替えられたらしく真新しい佇まいですが、ちょうど出前に出かけるところのご主人は昔ながらの「街のそば屋」という風情でした。注文した「おおもり」600円也は、期待に違わず腰があって美味しい蕎麦でした。聞けば大正時代から続いているとのこと。寂しい商店街の中で光を見た感じです。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★★☆☆

美味しい蕎麦の「やぶそば」
DSC03703.jpg

一般住宅街の色彩が強い小橋通り
DSC03709.jpg
 | ホーム | 

[№114]堀切一番街商店会

歩いた日 H24.09.22 【葛飾区】 
 京成電車の堀切菖蒲園駅の下を横切る道は、ここを走るバスの車窓から眺める機会が多いのですが、暑さも一段落した秋分の日に改めて歩いてみることにしました。改札前のバス通りが堀切中央通りですが、堀切一番街は改札前から南側(菖蒲園方向)の区間を範囲としています。そして、バス路線が右左折する交差点から先にも商店街が続きますが、この交差点を境に雰囲気が一変し、2つの性格の商店街が併存しているように見えることが一番街の特徴です。
 駅と交差点の間は歩車道が分離され街路樹やバス停もあって人通りも多く、全国チェーン店なども混じる駅前通りの風情です。駅の隣のおせんべい・あられ店の「三州総本舗」から始まり、その隣には古くからやっていそうな「こみやえん茶店」がありますが、すぐに交差点に着いてしまいます。
 交差点から先は道幅も狭まり、ぐっとB級度が高まります。ラーメン店のような構えの「壱心家」は実は牛丼店。その隣には寿司店、その向かいにはパンと和洋菓子の「ほりぐち」が店を開けています。
 その先は空き店舗や空き地化したところもあって店舗密度が低下しますが、両側が空き地化して逆に目立つのが、懐かしさ満載のおかき・あられ処「富士美商店」です。その向かいに、コロッケの表示もある精肉店がありますが、祝日で閉まっていたのが残念です。堀切地区5商店街の共同ホームページ「ほりきり発見伝」からこの店の紹介をみると、店主さんがバンド活動をしている「歌う肉屋(ポークシンガー)」だそうで、ぜひその声を聞きながらコロッケを買ってみたかった。残念!。
 その先、セブンイレブンのところでこの商店街は終わりますが、駅名が示す菖蒲園への通路でもあるはずなのに進むほどに寂しさが増します。菖蒲の季節はどの程度賑わうのでしょうか。セブンイレブン前の信号から先には堀切小橋通り栄和会商店街が続き、堀切菖蒲園への案内看板の矢印が示す方向には堀切菖蒲園通り商和会が、そしてもう一方向には堀切ラッキー通り商店街が伸びており、4つの商店街が出会う交差点なのですが、賑わいとは無縁の交差点です。いずれも寂寥感漂う他の3つの商店街も歩いてきましたが、それらは別レポートで報告しますね。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

駅前部分の店舗群(三州総本舗など)
DSC03744.jpg

富士美商店などが懐かしさを見せる南側部分
DSC03699.jpg
 | ホーム | 

[№97]金町栄通り商店会

歩いた日 H24.08.11 【葛飾区】 
 金町駅の北側を歩いたあと、南側の京成金町駅から電車で引き上げようとしたのですが、駅南側の商店街にも敬意を示さなければと少しだけ覗いたところ、この栄通りに足を引き込まれました。4両分のホームと線路が一本だけの京成金町駅のホームはずれの踏切(柴又6号踏切)を渡って入る商店街です。
 店舗密度はそれほど高くないですが、狭い道を挟んで焼き鳥やうなぎ、中華料理、居酒屋などの飲食店があり、夜の街という印象が強いように見えます。しかし、その中に洋品店や写真店などもあって、昼の街の要素も混在しています。歩行者用通路の感が強く安心して歩けますし、道に微妙な屈曲があって、先への興味を引かれ自然に足が進みます。
 やがて水戸街道(国道6号)手前にぶつかって商店街が終わります。この付近の水戸街道は上空に通過車両用のバイパス車線が高速道路のように覆い被さり威圧感があるので、早々に同じ商店街を引き返してきました。
 その途中、往きには見逃していた「重盛の人形焼」店を発見。人形町の老舗の出店でしょうか。下町らしいですね。ただ、道沿いの一部は駐車場や普通の民家になり、商店街の連続性が欠けつつあるように感ずるのは残念です。周辺住宅地への抜け道として重宝に使われる道であるようなのですが。
 上を見上げると、真新しい街路灯のポールに2種類のバナーフラグがかかっています。ひとつは、この商店街のキャッチフレーズなのでしょう、「買う街 飲む街 食べる街」という標語のような言葉が書かれているもの。夜と昼の混在という私の印象をそのまま代弁しているようです。もうひとつは、大きな「祝」の赤い字の上に「LED街路灯完成」の文字が。電気料金の節約になるとはいえ、街路灯の更新もなかなかできない商店街が多い中で、立派なものです。この小さな商店街でそれだけの事業ができる力があるというのは頼もしいことです。ちょっとほっとして、京成の改札からホームに上がりました。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

夜型飲食店が目立つ商店街
DSC03388.jpg

祝-LED街路灯が完成
DSC03398.jpg
 | ホーム | 

[№96]東金町昌明通り商店会

歩いた日 H24.08.11 【葛飾区】 
 真夏の蒸し暑さの中、歩くのも辛いのですが、金町駅北口側の金町駅前通り商店街を東に抜けた信号のない交差点から先、北に「金町しょうぶ通り」、北東に「昌明通り」という2つの商店街が続いており、ここまで来たらどちらかを歩かなければと思い、規模が小さそうな昌明通りを選びました。
 商店街入口には「上総屋」という鮮魚店と薬局が向かい合い、その先に庶民的ムードの街並みが続いています。細い通りですが全体に清潔感がある商店街という印象です。入ってすぐの「白樺」という蕎麦店の先のスーパー「フカイ」は廃業してしまったようですが、何かに生まれ変わるのでしょうか、内装工事をしていました。
 しばらく進んだ小さな四つ角には青果店とうなぎ店があります。うなぎの「関口屋」はうなぎ価格高騰の中でも頑張っている様子です。天ぷら店、生花店などを見ながら進むと「とうふ」の看板もかわいい良い雰囲気の豆腐店があります。その向かいには「あなたの街の肌着屋さん 大和」もあって親しめる風情ですね。その先の角には二軒目の小さな青果店。さらにその先で道がふたつに分かれますが、弁当店などがあって商店街が終わり、その先は住宅地となります。
 なお、この先にある金剛宝寺金蓮院というお寺は、水戸徳川家とも縁を持つ歴史ある寺院のようですが、ここまで来てにわか雨が降ってきたので、急ぎ足で駅方向に戻ることにしました。
 「昌明通り」という名の由来をどこかの店に尋ねようとも思ったのですが果たせず終い。帰ってネットで検索してもわかりません。読み方も「しょうめい」なのか「しょうみょう」なのか、それとも「まさあき」?それさえわからないままです。すみません。どなたか名前の由来をご存じの方、お教えいただけますでしょうか。
 金町地域は、東西方向の線路を挟んで南が金町、北が東金町という地名なのも不可解ですね。でもここはその東金町の中でも東側、それで正式名称が東金町昌明通り商店会というのは納得できます。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

思わず誘い込まれる商店街入口
DSC03368.jpg

親しめる雰囲気のとうふ店や肌着店など
DSC03380.jpg
 | ホーム | 

[№95]金町駅前通り商店会

歩いた日 H24.08.11 【葛飾区】 
 葛飾区の北東部に位置する金町駅の南北には商店街がいくつも入り乱れていますが、蒸し暑い真夏の昼どきで歩くのがつらいため、まずは駅直近のこの商店街を選びました。北口側の駅前広場はこじんまりとしていて、それを挟んで東西両方向の線路と並行にこの商店街があります。駅正面には東急ストア等が入るビルがありますが、そこがこの商店街に属しているかはわかりません。
 まずは東側に歩を進めますが、駅近くにはカラオケ店や牛丼チェーン店などがあるものの、歓楽街的な雰囲気はわずかで、むしろ懐かしさやローカルムードを感ずる店が多く見られます。喫茶店も、駅側入口角には「COFFEE田園」、そして商店街中程には「純喫茶シャレード」が懐かしい風情を醸しています。もはや「純喫茶」という表示自体が貴重ではないでしょうか。
 駅近くの「音のデパートワカナ堂」さんは、敢えて今でも「レコード店」と呼ぶに相応しい印象ですね。東側出口付近のガチャポンがたくさん並ぶ古本店の隣の鍵・刃物店は、思わず覗いてみたくなるようなレトロな構えです。その向かいの「ディスカウントストアー トライ」や青果の「下金商店」も良い味を出しています。
 この通りの北側には飲食店等が多い金町中央商店街があるのですが、この商店街はそちらとは一線を画して独自のイメージを形成している様子です。和菓子の「立花本店」さんもきれいなお店でだんごや酒まんじゅうが美味しそうでした。
 一方、駅前から西側の区間は銀行や証券会社等もある中に飲食店も多く、やや異なる雰囲気ですが、「酒の市ヤマニ」までがこの商店街で、ここから先は金町銀座金町一番街という別の商店街となります。線路との間にある小公園はおじさん達の休憩場所になっていました。
 食事時だったので、駅前広場から東側に入ったところにあるそば・うどん店でカレー・そばのセットをリーズナブルにいただきました。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

東側区間の駅側入口付近
DSC03359.jpg

レトロ感ただよう鍵・刃物店(写真中央)
DSC03363.jpg

再び歩いた日 H28.08.06
 ほぼ4年ぶりの金町再訪ですが、最近、昭和の「純喫茶」的な店への興味が深まり、金町一番街金町理科大商店会(旧金町銀座)を歩いた後に、駅前の「田園」に入って汗だくになった身体を癒しました。駅前広場に面した古いビルの狭い階段を上った2階はやはり昭和の空間です。食事は済ませていたのでアイスコーヒーのみですが、窓から高架の駅に発着する列車や駅前広場の風景を眺めながら、しばし「憩いのひととき」を過ごしました。
 この種の店は、常連客、年配客が多いものですが、ここは駅前という立地からかいろいろな層のお客が出入りしています。最近立地した東京理科大の学生がここに入るかどうかはわかりませんが。

駅前のビル2階にある純喫茶「田園」
DSC055052.jpg

 | ホーム | 

[№80]千代田通商店会

■■■・・・下町の「鎌倉」で生活感あふれる庶民派商店街もやや変貌
歩いた日 H24.07.07 【葛飾区】 

 いやあ、すばらしきB級商店街を発見しました。京成小岩駅から京成小岩商栄会を北に抜けたところ、その先にさらに魅惑的な商店街が続いていたのです。事前調査不足でしたが、それもそのはず、ここで区境を跨ぎ葛飾区鎌倉に突入するので、江戸川区の商店街マップには載っていなかったわけです。
<いきなり生鮮品3店が並ぶ商店街南側入口>
DSC03106.jpg

 それにしても、京成小岩商栄会がやや上品で落ち着いた雰囲気であるのに対して、幅3~4m程度の道の両側にびっしりと店が並んだこの商店街は、下町の気さくさ、温かみ、生活密着感を目一杯感じさせてくれます。アーチをくぐって入るとすぐに、鮮魚店、青果店、精肉店が向かい合い、いきなり生鮮品市場の風情です。豆腐店、煎餅店、和菓子店、おでん種店など「日常」を象徴する品目の店舗が並び、また同業種でも複数店あるものもあって、うまく需要をシェアしている感じです。
 もうひとつの鮮魚店の隣の「フードマーケットマルヤス」では、「○安」を旗印に威勢の良い掛け声が買い物客を呼び込んでいます。そんな中に、「ハイセンスの店」の看板を掲げる洋服店や美容室、ギャラリーなどが混じっているのもなかなか面白い風景です。
 こう書くと、雑然とした印象に思えるかもしれませんが、店舗のファサード(建物の前面外観)は統一的な看板壁で整えられており、美しき秩序を感じます。そこにまた複数の花店が彩りを沿えています。訪れたのが土曜の昼間のやや早い時間だったので人通りはそれほど多くなく、シャッターを閉ざした店も多かったのですが、夕方には賑わいが増すことでしょう。
<鮮魚店やフードマーケットなどの集積>
DSC03114.jpg

 葛飾区の東のはずれで駅からも離れた目立たない位置にありますが、立派に地域の台所として機能している商店街と見えました。商店街を北に抜けたところにある食品スーパー「Big-A」(ここは再び江戸川区北小岩になります)が何となく寂しそうに見えたのは気のせいでしょうか。思わぬところにお気に入りムードの商店街を発見したのがうれしく、もっとアピールしても良いのでは、と思って帰ったら、商店会のかわいいホームページがあるのをまた「発見」しました。

・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★★★
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★★★★
・ローカル度  ★★☆☆☆

再び歩いた日 H30.01.27 【葛飾区】 

 5年半ぶりの再訪です。京成小岩商栄会の領域を通り抜けた先が区境で、そこが千代田通りの入口なのですが、この入口の雰囲気が少し変わったような気がします。なんだか小奇麗な建物が建ってしまっています。
<印象が変わった商店街入口の状況>
DSC090912.jpg

 そして、商店街ですが、この日も土曜の12時過ぎという少々早すぎる時間のせいか、人通りがそれほど多くありません。開いている店が少ないのが気になります。また、一部は建物が取り壊されて看板壁の向こうが空地になっていたり、北端付近では一般住宅に建て替わっていたりします。この別世界のようだった商店街空間も、時代の波に洗われて浸食されているように見えます。
 それでも中央部の青果店や鮮魚店が向かい合う一角は、良き昭和の営みの様相を残しており、この商店街の魅力がこの部分に凝縮されつつあるという印象も抱かされます。生花店が色を添えているのも救いです。
<良き情景を残す商店街中央付近>
DSC091002.jpg

 ところで、ここの地名は葛飾区鎌倉です。なぜ「鎌倉」なのか、由来は諸説あるようですが定かではありません。このような歴史を感じさせる名の地で庶民的な商店街が展開していることの意外性もまた面白いものです。

 | ホーム | 

[№41]お花茶屋商店街(プロムナードお花茶屋)


歩いた日 H24.05.13 【葛飾区】 
 日曜日の夕食のおかずにどうしてもコロッケが食べたくなりました。それもスーパーやチェーン店のものではなく、商店街の肉屋か惣菜店で揚げているコロッケが。そんな店を求めて下町ムードいっぱいのこの商店街に立ち寄りました。
 京成お花茶屋駅を背にして北に伸びる「プロムナード」という名の商店街に入ると、最初はかなりの賑わいですが、進むにつれて少しずつ人通りが少なくなります。日曜の夕方のせいか、閉まっている店もちらほらあります。中程で元気な呼び声が続く鮮魚店の「魚浩本店」では、窓の下の壁に魚の絵が並び、それぞれに名前が解説してあるのが微笑ましく見えました。
 共栄学園の前の信号を渡るとさらに別組織の商店街が続きますが、日が暮れてきたのでこの日はここまでにして引き返しました。美味しそうな蕎麦店が少なくとも2軒、でもここで蕎麦を食べるわけにはいきません。そうです、コロッケです。ところが、とんかつチェーン店や弁当店にコロッケはあるものの、私が求めるようなお店が見当たらないのです。それとも見落としたかな。ちょっとがっかりしつつ駅に戻りましたが、部活帰りらしい高校生の集団が賑やかに商店街に吸い込まれていくのを見て、若者にも親しまれている商店街だなと思い、気を取り直しました。
 お花茶屋は、鷹狩りに来て腹痛に倒れた将軍吉宗を、茶屋の娘お花が介抱して回復させたとの故事に因む地名で、そんな歴史的由来が活気づくりに活かせないだろうかとも思います。「『現代のお花さんを探せ』プロジェクト」なんてどうかな。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

日曜の夕暮れ時のプロムナードお花茶屋
DSC02375.jpg

元気な呼び声が続く魚屋さん
DSC02379.jpg
続きを読む »
 | ホーム | 

[№40]亀有銀座商店街(ゆうろーど)

歩いた日 H24.05.13 【葛飾区】 
 亀有駅南口が再開発ですっきりと整備されてからもう15年以上も経つのですね。駅を出ると左側に大きなイトーヨーカドーが入居する再開発ビル「リリオ」、そしてさらにその奥の環七沿いには巨大なショッピングセンター「アリオ亀有」があって、さぞや既存の商店街は打撃を受けただろうと思いきや、それぞれの商店街が元気に頑張っています。その後押しをしているのが亀有のヒーロー、「こち亀」の両さんこと両津勘吉で、あちこちに銅像が立ち、「両さんグッズ」も様々に作られています。
 亀有銀座商店街は駅前正面に伸びる通りで、正式名よりも「ゆうろーど」としてアピールしているようです。大きな「ゆうろーど」のアーチに誘われて入ると、店の上に大きな酒樽に跨がったおじさんのオブジェがある酒店や、その隣には行列が絶えないからあげ店、ずいぶん大きな構えのペットショップ「長妻商店」や亀有名物焼だんごの看板を掲げる和菓子の「伊勢屋」など、興味を引く店が多くあります。うなぎの「川亀」など亀のつく名の店が多いようにも見えます。
 旧水戸街道まで続く一本道のほか枝道も含めてA~Eの5つの街区で構成しているようで、それぞれに良い味を出しています。リリオ側に分岐するB街区はアーケード街で趣を異にしますが、シャッターを降ろした店が多いのは日曜日のせいでしょうか。韓国料理店が隣で韓国食材も売る店も構えるなどの面白さもありましたが。そして極め付きはD街区で「食品市場」の看板を掲げる不思議な空間。迷い込むと昭和30年代の市場のような中に青果店や惣菜店などが密集していて狭い通路を奥に進むとL字型に曲がって外に出ました。ここはどこ?どうやら枝道のC街区に出たようです。これぞ亀有ラビリンス。
 「こち亀みやげ」と銘打った両さんどら焼、両さんサブレや、「少年両さん像」をながめながら駅前に戻りました。本当に街にヒーローがいることの効果は大きいですね。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★★★☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★★☆

ゆうろーどの中央部付近
DSC02363.jpg

巨大のオブジェの酒屋と行列のからあげ店など
DSC023591.jpg
 | ホーム | 

[№39]亀有北口中通り商店街/亀有北口一番街商店街

歩いた日 H24.05.13 【葛飾区】 
 以前この欄で、葛飾区の商店街連合会のホームページが見当たらないと書きましたが、区役所のホームページに商店街マップを見つけました。「かつしか電子マップ」の中にあって、これで亀有駅の周辺に複数の商店街がひしめいているのを確認したのですが、どこに惹かれるかは行ってみないとわかりません。亀有駅のまずは北口側に出て、正面方向にあるのが亀有北口商店街ですが、駅前広場を一回り歩くと左側にそそられる商店街の入口をみつけました。それが「中通り」です。
 駅側の入口は寂しげですが、50mほど進んでから右(北)側にまっすぐ続く比較的人通りの多い道が現れます。これが中通りの主軸をなす通りで、途中で東西に交差する道の一部もこの商店街に含まれます。また、中央付近で交差する東西の通りのひとつは「一番街」として独立組織になっています。
 中通りは、亀有北口商店街の西側に並行する位置にありますが、空き店舗はちらほらあるものの裏通りというほどの雰囲気でもなく、地域の生活に溶け込んでいるように見えます。亀有といえば「こち亀」の両津勘吉が街のヒーローで、駅前などに銅像がいくつもあるのですが、この商店街に「ごち亀」という飲食店があるのも笑えます。元気の良い和菓子店と鰻店の並びが醸しだす懐かしい空気にも好感が持てます。角の花店が華やかさを演出し、ちょっと洒落た雰囲気のアロマセラピーの店があるなど、新しさも感じさせてくれます。
 一番街では、「つけめん 道」の前に30人ほどの行列ができていて、またその並びの「そうざい山口」にも次々とお客が訪れ、賑わいスポットとなっています。街の活気をリードするこういう小さな名店の存在が大事なのですよね。
 中通りを北に抜けるとすぐに足立区との区境で、この商店街は足立区民にも親しまれているようです。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★★☆☆

亀有北口中通り商店街の南北通り
DSC02332.jpg

一番街のラーメン店の行列と元気な惣菜店
DSC023511.jpg
 | ホーム | 

[№14]立石仲見世商店街

歩いた日 H24.01.08
 葛飾区内では、この立石仲見世は外せないでしょう。決してA級ではない(なってはいけない)ですが、知る人ぞ知る、下町人情商店街の象徴のようなところです。数年前にぶらりとここに迷い込んで、昭和30年代ごろにタイムスリップした感に打たれたのですが、久しぶりにたずねた今回も同様でした。
 京成立石駅の南側で古びたアーケードの下に40~50軒ほどの懐かしい風情の店が仲良く身を寄せ合っているというところです。歴史のほどはわかりませんが、近代化の流れに背を向けたまま気がつけばレトロの代表のような一角になっていたというところでしょうか。すぐ並行して、立石駅通り商店街という立派なアーケード街があるのですが、数十メートル隔てて全く別世界という感じです。
 屋台風の呑み屋では昼間から満席の酒盛りで、別の立ち飲み寿司屋には行列ができています。高齢者女性向けの洋品店が何店かあると思うと、靴屋や人形焼の店なども混じっています。手作り惣菜店やおでん種の店なども並ぶ中に、「未来石鹸」などという何やら怪しげな看板を出した店もあったりして・・・。
 昭和30年代であればこういう商店街の中を洟垂れ小僧たちが走り回っていても不思議はないのでしょうが、高齢化が進んだ今日では、近隣の年配者たちの憩いの場になっているようです。ただ、マスコミ露出が最近多くなっているためか、ややそれを意識したような面もあるかのように感ずるのは気のせいでしょうか。
 お正月ということで、アーケードの下には地元の幼稚園児たちが描いた絵の凧が飾られていました。それらを見上げつつ、駅側の入口角の鶏肉屋さんが日曜でお休みなので、すぐ並びの「愛知屋」でコロッケとハムカツを買って電車に乗りました。
・なつかし度  ★★★★★
・ぬくもり度  ★★★★☆
・ひょうきん度 ★★★★☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★★☆

レトロ感満載の立石仲見世
DSC01820.jpg

おでん種屋さんに惣菜屋、呑み屋・・・
DSC01824.jpg

再び歩いた日 H26.06.07
 すぐお隣の立石駅通り商店街を訪れたので、再びここにも足を踏み入れてみました。ほんの数十メートルの間隔で並行していますが、雰囲気は全く異なります。前回来た時と変わらぬ純庶民派下町仕様の昭和商店街です。雨天ですがアーケードの下は明るく感じます。ここもレトロ街として知名度が上がりつつあり、活気が増していることの現れでしょうか。雨で人出は少なめなものの、商店主たちは元気で声を掛け合っています。「今度の勉強会は・・・」などと高尚な?会話も耳に入りました。「立石仲見世共盛会」は協同組合組織となっており、しっかりとした運営ができていそうです。
 「栄寿司」には相変わらず行列ができていて、この人気は衰えることなく続きそうですが、変に観光化することなく、下町の生活感満載の良さをずっと保ってほしいと思います。

雨天でも明るさを感じる懐かし商店街
DSC08901.jpg
 | ホーム | 

[№13]青戸銀座通り会

歩いた日 H24.01.08
 葛飾区は区の商店街連合会のホームページが見当たらず、区内の商店街の分布状況などを事前に把握することができないため、本当に行き当たりばったりの商店街歩きとなります。京成の青砥駅北側に広がる青戸サンロード商店街を歩いていると、その東側、環七通りとの間の道が狭くなったところに青戸銀座通り会の街路灯を掲げる商店街がありました。
 しかし、やはり連休中の日曜日ということもあってか、賑わいにはほど遠い雰囲気で、シャッターを閉ざした店が多く、虚しく環七まで往復して戻ってきました。この程度の狭い道の商店街には、コロッケなどを揚げて売る精肉店などが似合うところですが、そんな期待も虚しく、寂しさだけが募りました。駅から環七周辺住宅地への通路になっているので平日の夕方などはある程度の人通りがあるのでしょうが、どれだけの賑わいがあるのか想像できません。
 ひとつでも名物があったり話題の店主がいる店があったりすると、それを核に人を集めることもできるのでしょうが、ここにもそういう核になる要素が欲しいところです。
・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★☆☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

シャッターを降ろした店が多い日曜の午後
DSC018071.jpg

街路灯は凛々しく街を見守る?
DSC01808.jpg
 | ホーム | 

[№12]青戸サンロード商店街

歩いた日 H24.01.08
 三連休の2日目の日曜日、ふと思い立って京成電鉄の青砥駅に途中下車しました。駅名は青砥なのに地名は青戸。それにしても、京成の拠点駅のひとつのはずなのに、駅周辺は盛り場的な賑わいがありません。住宅街の中の小駅という風情です。
 青戸サンロード商店街は、駅の北側一帯。道ひとつということではなく縦横に広がるかなり大きな商店街のようです。ただし、「大きな」というのは面積的な話で、日曜日ということを割り引いても人通りや活気という面では寂しさが漂う様相です。特に目を引きそうな商店も見当たりません。昔だったら子どもたちが群がっていたような小さな書店も人影なくたたずんでいます。ひとつ面白いのは、「区内町御用達」(宮内庁ではない)の文字を看板に掲げる米店があり、地元密着らしい姿勢が文字に現れて微笑ましいですが、残念ながら定休日らしくシャッターが閉ざされていました。
 青砥駅には駅前広場というべきものがなく、バスも入らず街に人が集まる場がないため、駅に出入りする人が四方に分散してしまい、流れの軸としての商店街も形成されにくいというところでしょうか。全体に散漫な印象を強くしつつ、少々疲れて駅に戻りました。
 駅は上下のホームを3、4階に重ねた巨大な城壁のようで、1、2階は「ユアエルム」という店舗街となっています。大体の消費ニーズはこの高架下の店舗で満たされてしまう感じです。駅周辺にはサンロードのほかにもいくつか商店街がありますが、全体に何か特徴をつけないと人を集めにくいと言えそうです。
・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★☆☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

青戸サンロード商店街の北側の入口にて
DSC018131.jpg

昔ながらの書店などが寂しげに・・・
DSC01810.jpg

再び歩いた日 H27.03.28
 前回レポートは3年前の正月明けの連休中ということもあって、寂しさを強調しすぎた感がありますが、改めて土曜に歩くと、そこそこの賑わいもあるという印象です。前回は駅を背にして横の通りを中心に歩いたのですが、UR青戸団地に向かう縦の通りは人通りもあり、その中に、長い歴史を持つ「杉戸煎餅 折原商店」が構えていたりします。「区内町御用達」の米店「宮田屋」もしっかり営業中でした。

どっしり構える「杉戸煎餅 折原商店」
DSC01173.jpg
 | ホーム |