FC2ブログ

ほのぼの「B級商店街」歩き

東京下町を中心に、決してA級ではないけれど、ほのぼのとした風情ただようB級・C級の商店街を、応援の思いも込めながらぶらぶらと歩きます。

# プロフィール

ほのぶらマン

Author:ほのぶらマン
商店街全盛時代を懐かしむ昭和世代の男です。商店街が少しでも元気を取り戻すことを願いつつ、ほのぼの感を求めてぶらぶらと散歩気分で歩きます。

# 最新記事

# 累積ご訪問者数

# おたよりはこちらから

皆さまのご感想や情報など、お便りをお待ちします。

名前:
メール:
件名:
本文:

[№822]池尻大橋駅前商店会

■■■・・・ユニーク店、人気店も多く、なかなかの風情の駅前商店街
歩いた日 R01.11.16 【目黒区】 

 田園都市線の池尻大橋駅の名は、世田谷区池尻と目黒区大橋の合成によるものですが、池尻大橋駅前商店街の所在地は目黒区東山。東山といってもここは目黒川に沿った低地で、この日は同区内の上目黒方面から急坂を下ってたどり着きました。メインの通りは延長300m近くに及ぶ規模で、なかなか風情ある商店街です。駅に至近なため人通りもかなりあり、優良商店街と見えます。
  <駅近くの充実した商店街風景>
KIMG1638a.jpg

  <「八幡せんべい」などがあるメイン通りの中央部付近>
KIMG1625a.jpg

 「八幡せんべい」などの古くからと思える店もある一方で、古いビル等のリノベーションも含めて個性的、意欲的な店も多いようです。目黒川方面への脇道沿いに長い行列ができている店を2軒も見ました。ひとつは「八雲」で、人気のワンタン麺ラーメン店のようです。もうひとつはスイーツ店の「ラトリエ モトゾー」で、特にパフェが人気のようで、見ているうちにも行列が伸びていきます。こうした名物店の存在は周囲も刺激して街全体の活力を高める貴重な存在ですね。
 「ラトリエ モトゾー」の並びで、「フードショップ青伸」という青果店が昔ながらのスタイルで営業しているのも印象的です。また、メインの通りを抜けた先、「ホテル大橋会館」の手前に「文化浴泉」という健康銭湯があるのも好感が持てます。
 駅に近い位置にある「TOLO PAN TOKYO」(トロパン)は、有名シェフが焼き上げる独創的なパンを売る人気ベーカリー。ここにもお客が次々と入っていきます。遅めのランチを、と思っていろいろ迷いましたが、結局「長寿庵」へ。きつねそばを注文しましたが、メニューには「目黒のさんまそば」もあります。それを食べたお客さんが「おいしかった」と言って出ていきました。
  <行列の「ラトリエ モトゾー」(奥に見えるのは大橋ジャンクション)>
KIMG1631a.jpg

  <「フードショップ青伸」>
KIMG1632a.jpg

  <「文化浴泉」>
KIMG1628a.jpg

 南側に一歩入ったところの斜面下には、東山児童遊園と並んで東山貝塚公園があります。このあたりの斜面一帯には縄文時代の人びとの生活跡が広がっているそうで、公園内には縦穴住居が復元され、崖下からの湧水がせせらぎとなって流れています。
 一方、目黒川沿いに出て歩くとそこは桜の名所。春は賑わうのでしょうが、先ほどの湧水からの流れが回していたとされる水車の模型が「田園の風物詩だった水車」として設置されています。ただ、川の対岸には首都高速の大橋ジャンクションの巨大な楕円形構造物がそびえ、少々違和感を覚えてしまうのでした。
  <縦穴住居が復元された東山貝塚公園>
KIMG1620a.jpg

・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

スポンサーサイト



 | ホーム | 

[№821]六三商栄会

■■■・・・寂しくなった街でも、古い魅力的建物の商店などに出会える幸せ
歩いた日 R01.11.16 【目黒区】 

 目黒区商連サイトの紹介文に、「中目黒から祐天寺方向右手に見える高台の上に、20軒程の小さな商店街があります。六三商店街の『六三』とは、上目黒三丁目と、旧地番上目黒六丁目(現東山一丁目)にまたがって商店街が、構成されていたことから命名されました。」とあります。
 野沢通りと東山の公務員住宅群の間は概ね整然と区画整理されたように見える中で、町境をなすこの細道だけが微妙に屈曲し、古い道であると想像できます。その証拠に、野沢通り側入口の近くに「宿山の庚申塔」が残されています。このあたりのかつての地名を宿山といい、庚申塔前から右に入る道も古道とのことです。中央の地蔵庚申を挟んで青面金剛が並び、右側の青面金剛は三猿が3面に1匹ずつ彫られているという珍しいもの。近くの寿福寺と合わせ、歴史の香り濃厚です。
  <宿山の庚申塔>
KIMG1605a.jpg

 さて、「微妙な屈曲」の細道を歩きますが、既に商店街としての役割はほとんど終えてしまった様相で、クリーニング店、精米店、理髪店などがポツンポツンと点在する程度。それでも見上げると、「六三商栄会」の名入りの街路灯がいくつかあって、ここが商店街であることを主張しています。
  <商店が点在する風景(1)>
KIMG1609a.jpg

  <商店が点在する風景(2)>
KIMG1610a.jpg

  <「六三商店街」の街路灯がさりげなく>
KIMG1608a.jpg

 程なく、公務員住宅群の中心道路といえる東山いちょう通りに出ますが、その角にある「関口ベーカリー」がすばらしき渋さなのです。二階建ての古風な建物全体を蔦が覆い、「パン」の大きな文字も隠してしまいそうです。現役店で、道行く人が覗き込み、若い女性も店内に吸い込まれていきます。これを見られただけでも「来てよかった」と思えてしまいます。
  <蔦に覆われた「関口ベーカリー」>
KIMG1614a.jpg

 いちょう通りを100mほど東へ行った三叉路の右に、「東山ストアー」をはじめ数店の並びがあり、ここも実は六三商栄会の範疇のようです。「東山ストアー」は、精肉や野菜など、良質でコスパが良いとネット上で高評価が並びます。先程の屈曲道よりも今はこちらが商店会の支えになっているようですね。
  <「東山ストアー」など>
KIMG1615a.jpg

 それにしても、鉄道駅から離れ、商店街らしさを失ってしまったこのようなところでも、商店街組織が維持できていることは健気とも言えます。「東山ストアー」の健在ぶりを見届けて、秋空の下の散策を続けました。野沢通りには渋谷や目黒駅へのバスもあるのですが、公務員住宅群を抜けて池尻大橋方面へ歩くことにしました。

・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

 | ホーム | 

[№820]蛇崩商栄会

■■■・・・病院前で区境のごく短い区間だが、かつての地名がわずかに残る
歩いた日 R01.11.16 【目黒区】 

 世田谷区弦巻に源を発し中目黒駅付近で目黒川に合流する蛇崩(じゃくずれ)川という川がありました。今はすべて暗渠化され「蛇崩川緑道」となっています。この名の由来として大蛇伝説などもあるようですが、台地を削って蛇のように暴れ流れる川が崩れやすい崖を作るという地形の特徴を伝えているとも言えそうです。
 この緑道の左岸側の台地上に「蛇崩」の信号交差点があり、今は上目黒五丁目の一角ですが昭和初期まで「蛇崩」の地名があったとのこと。蛇崩商栄会については、区の商店街リストに名前はあるもののも具体的な情報がないのですが、蛇崩交差点から西方向の野沢通り沿いに店舗の集積があるので、「おそらくここ」として歩き始めます。
 交差点脇にある焼肉店の名はずばり「じゃくずれ」です。生花店の隣の蕎麦店「更科」に惹かれますが、まだ歩き始めたばかりなのでパスしました。カレー南ばんなどが美味しそうです。
  <蛇崩交差点に面する焼き肉店「じゃくずれ」など>
KIMG1589a.jpg

  <生花店や蕎麦店「更科」など>
KIMG1591a.jpg

 右に看板建築風の店舗などを見て歩くとすぐに「三宿病院前」のバス停があります。右へ小道を入ったところに三宿病院があり、処方箋受付の薬局などが並びます。
  <こんな古い商業建築も>
KIMG1592a.jpg

 全体に、商店街らしい賑わいはなく、住宅地に商店が混在という風情なのですが、さらに西へ歩いたところに「栗むし羊羹」などの幟を発見。店名は「下馬いせや」。その並びの「松井精肉店」も渋くて良いのですが、「あれっ、下馬?」。知らずに世田谷区下馬に入ってしまっていたのでした。世田谷区商店街マップではここは「下馬一丁目商店会」の領域。先程の三宿病院前の信号のところが区境でした。
  <区境の三宿病院前信号>
KIMG1599a.jpg

  <下馬一丁目商店会の「いせや」や「松井精肉店」>
KIMG1597a.jpg

 「いせや」の前で引き返してしまったので下馬一丁目側は全部見ておらず、ちゃんとレポートできません。結局、蛇崩商栄会は、蛇崩交差点から三宿病院前信号までの100m程度という短い区間のようです。鉄道駅から離れているので、生活型商店街として賑わった時期もあったことでしょう。
 交差点から東の野沢通りは「半兵衛坂」という上り坂となりますが、この道は、戦時情勢で中止となった昭和15年の東京オリンピックの際に整備されたとの説明書きがあります。

・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

 | ホーム | 

[№744]寿会

■■■・・・道路整備で分断されてしまった区境の小さな商店街
歩いた日 H30.12.08 【目黒区】 

 「八光会」の通りがかむろ坂通りにぶつかり、その向こうにさらに似た街路灯が続くのが見えますが、渡る前にふと左後方を見ると同様の街路灯が立つ道があります。ここは小山台高校の裏にあたる道で、電器店などがありますが、「八光会」とは違うようで、どうも変です。良く見ると街路灯の柱に「寿会」の文字があります。かむろ坂通りを渡ってみると、やはり街路灯に「寿会」の文字。どうやら、ひとつの商店街が最近できたかむろ坂通りで分断されたらしいです。
  <小山台高校裏の部分>
DSC01182a.jpg

 そして、またふと電柱を見ると、住所表示が「目黒本町」となっています。なるほどそういうことか。品川区の武蔵小山を歩いていたつもりが、目黒区に踏み込んでしまったということでした。帰ってから目黒区ホームページを見ると確かに「寿会」の文字がありました。区商連には未加盟のようですが。そしてこれに並んで「八光会」の文字もあります。「八光会」は区境で両方の区に属しているということのようです。
  <かむろ坂通り北側の区間>
DSC01183a.jpg

 鈑金店や整骨院などがありますが、街路灯の並びはすぐに終わってしまいます。もともと小規模な商店会だったのですね。でも、せっかくなのでさらに先へ歩いてみました。
  <錆び具合が最高の建物など>
DSC01188a.jpg

 「楽観」という名のラーメン店に行列ができています。「山野金網店」隣の元美容室らしき建物の錆び方が最高ですね。そして、「入間湯」という銭湯があるのがまた良いです。「富士屋ベーカリー」はシャッターが閉じたままですが、その先の園芸用品等の店も渋くて良い感じです。寿司店の「磯はな」や、2階が同名の麻雀店となっている食堂「すぃ~とぴ~」などがありますが、その先で都道「26号線」に斜めにぶつかり、さらにその先に商店街が続くのが見えます。
 それが「目黒平和通り商店街」で、そちらも魅力的なのですが、今回は武蔵小山界隈の散策が目的だったので、またの機会にして引き返しました。ただ、地図によっては、今回歩いた部分にも「平和通り」と表示されているものもあり、この部分の「26号線」ができたのはだいぶ前ですが、やはり分断されたということなのでしょう。なんだか、タイトルの商店街名と違う部分の記述が多いレポートになってしまいましたが、すみません。
  <「入間湯」>
DSC01189a.jpg

  <「平和通り」へ続く部分(「富士屋ベーカリー」など)>
DSC01192a.jpg

・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★☆☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ☆☆☆☆☆

 | ホーム | 

[№723]学大十字街商店街

■■■・・・昼だけでは想像及ばぬ夜のディープさ。文字通りの十字状の路地空間
歩いた日 H30.09.01 【目黒区】 

 この日は空模様が怪しかったので、学芸大学駅の西側だけにとどめるつもりだったのですが、「本通り商店街」から駅に戻る際に一度線路の東側に出たところ、「学大十字街」の入口を見つけてしまいました。駅へ戻る通り抜けというだけなのですが、歩いたので記事にします。
  <「学大十字街」の文字入りの北側入口街路灯>
DSC00662a.jpg

 ここは夜のまちですね。文字通り狭い路地が中央で十字状に交差する形で、その東西、南北の路地に夜型の飲食店が貼りついています。学芸大学駅周辺の街の紹介記事で多く取り上げられており、「ディープスポット」とか「昭和の風情」などと書かれる例が多いのですが、「戦前の呑み屋街からの歴史がある」というのは確かなようです。
 夜に訪れれば「ディープ」さが味わえるのでしょうが、真夏の土曜の昼、しかも曇天の下では人通りも乏しく、そろそろ夕方からの営業の準備かと思われる店員等の動きが少々見られる程度で、本当のこの街の魅力は計り知ることができません。いつか夜に来てみたいですが、なかなかきっかけがありません。
  <十字街の中央部付近>
DSC00665a.jpg

 区商連ホームページ上の商店会長による紹介文によると、以前は各店名入りの提灯が並ぶ横丁だったものが今は街路灯だけになったことや、現代風のスナックや焼き鳥店など新しい店も増えてきたことなどが語られています。確かに、通り全体の雰囲気は昭和風情ですが、各店はそれぞれ趣向を凝らしているようでもあり、客層は必ずしもおやじ連中ばかりではなさそうです。
  <横(東西)方向の路地の風景>
DSC00667a.jpg

 さて、そういうことで、今の私にこれ以上ここについて語る資格はありません。北から入り南に抜けたところが学芸大学東口商店街で、その出口角が「亀屋万年堂」であって、これが目印になる、ということだけを記載しておきましょう。あっ、それと、呑み屋街としては確かに街路灯が立派で、各方向の入口に「学大十字街」のわかりやすい表示があることを高感度として記しておきます。ただ、北側入口角が取り壊されて空地になっていたのが気になります。
 抜けた先の東口商店街は多くの人が流れており賑やかですが、今にも雨が降り出しそうだったので、この日の散策は打ち止めにしました。
  <南の東口商店街側の入口(左角は亀屋万年堂)>
DSC00672a.jpg

・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

 | ホーム | 

[№722]学芸大学本通商店街

■■■・・・駅にほど近い「本通り」なのに賑わいに乏しいけれどエコで頑張る?
歩いた日 H30.09.01 【目黒区】 

 学芸大学西口商店街から一度駅前に戻り、今度は線路に沿って北へ歩きます。百mほどで2車線道路にぶつかりますが、この通りの線路下から左へ、駒沢通りとの交差点までの間を中心に、一部線路沿いも含め、「学芸大学本通商店街」が組織されています。
 ここも振興組合組織で、簡素ながらホームページも持っているので、賑やかさを期待して行ったのですが、やはり駅から少し距離があって歩道なしの2車線道路では集客に無理があるのか、西口商店街とは大きなギャップを感じてしまいます。
  <賑わいに欠ける印象の商店街(線路近く)>
DSC00648a.jpg

 飲食店やクリーニング店などもあるものの、生鮮3品の店がなく、クリニック系が並ぶ部分があったり、半ば事務所街的な雰囲気もあって、これより北の方の住宅地から駅へのアクセスの途上で横断するだけの通りになってしまっている面もあるように見えます。ホームページで事前チェックしていた西端付近の「そば処豊庵」もシャッターが閉じられていて、あら残念、というところです。
  <駒沢通りに近い部分>
DSC00652a.jpg

  <線路沿いの一角>
DSC00661a.jpg

 暖簾がしまわれていましたが中央付近の「だるま寿司」が懐かしい看板建築で、その隣の蔦が異様にからまった空き店舗と合わせて、風景としては目を引きました。
 この通りは実は1時間に1~2本、五反田と世田谷区民会館を結ぶバスが走るのですが、商店街区間内にバス停がないことも、人の滞留場所がないという意味で惜しいところです。
  <懐かしき風景>
DSC00660a.jpg

 一方、この商店街が自慢としているのは、「エコロジーを大切にした取り組み」ということで、独自の「エコポイント」を運用しているとのことです。飲食店であれば例えば「残さず食べた人」や物販店なら「袋をもらわない人」にポイントを出し、溜めたポイントは各店がプレゼントなどを渡すことで還元、ということのようで、商店街の東西端の街路灯に「Eco365」の表示があります。「365」とは毎日がエコという意味なのでしょう。こういう地道な取り組みは好感が持てます。これが賑わいにつながればなお良いと思います。
  <「Eco365」の表示がある街路灯>
DSC00646a.jpg

 そういえば、ホームページ上の商店街名は「鷹番三丁目本通り商店街」となっています。改名したのでしょうか。改名といえば、「学芸大学」の駅名も地元の反対多数で改名されていないそうですが。

・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★☆☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

 | ホーム | 

[№721]学芸大学西口商店街

■■■・・・東横線の駅前にありながら古き良き昭和が混じる魅力的な賑わい商店街
歩いた日 H30.09.01 【目黒区】 

 学芸大学駅は改札を挟んで東西方向にそれぞれ軸となる商店街がありますが、西側の軸となっているのがこの「西口商店街」で、駅前からすぐに始まり、駒沢通りの手前近くまで300mほど続いています。商店街ホームページによると駅側から順にW-1からW-4の4つのエリアに分かれているのですが、W-1の次がW-3で、W-2はどこかと思ったら、駅正面のビル「第一ストア」でした。
  <駅間近の部分>
DSC00623a.jpg

 このビル、かなり年季が入っており、1階にはリトルマーメイドやコッペパン店などが普通にあるのですが、地下への階段があり、少々怪しげな雰囲気です。恐る恐る降りてみると食品・乾物の「松本商店」が唯一店を開いており、夜はスナックなどが開くのでしょうがひっそりとしていて、そそくさと地上に戻りました。東横線の駅の目の前にこんな空間が残されているのが不思議でもあります。
  <「第一ストア」全景(地下に降りるには勇気が必要)>
DSC00643a.jpg

 さて、駅を背に、商店街の通りを西に進みましょう。さすがに急行停車駅の駅前で、人通りが多く賑やかです。全国チェーン店なども複数あって都会的だなあ・・・と思っていたら、そうした中に昔から続くと思われる古風な店が現れます。駅にほど近い部分でも「小田写真館」と「飯島果実店」の並びなどが風景に溶け込んでいます。
  <「小田写真館」などの並び>
DSC00641a.jpg

 さらに、W-1からW-3に入る角に、これぞ昭和の商業建築の典型というべき現役店「サンヤ靴店」が感動的にそびえています。店名の「サンヤ」は、このあたりの昔の地名「三谷」(駒沢通りにバス停あり)に由来すると思われます。その向かいがスターバックスコーヒーというのも新旧対照の妙というところですね。
  <感動的な昭和建築「サンヤ靴店」>
DSC00626a.jpg

 この靴店から始まる右側の建物の並びは、古い建物ばかりで、一部は「やなか珈琲店」やスペインバル、たこ焼き店、つけ麵店などにリノベーションして使われていますが、理髪店や「吾妻あられ」などはずっと長く続いている店と思われます。このほかにも、歴史ありそうな青果店や活魚料理店などが現代風の店に混じってあり、これを見られただけでも「来てよかった」との思いです。
  <一部リノベーションして使われている古い商業建築の連続部分>
DSC00628a.jpg

  <青果店なども元気に営業>
DSC00629a.jpg

 この商店街は振興組合組織となっており、組織力を活かしてこうした新旧の共存の良さを長く保っていってほしいと思います。

・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆


 | ホーム | 

[№720]学芸大学公園通り商栄会

■■■・・・鉄道高架に沿った片面だけの商店街の古参店でもりそばに癒される
歩いた日 H30.09.01 【目黒区】 

 東横線の学芸大学駅は、急行停車駅ですが駅前広場らしきものがなく、高架の線路・駅舎を挟んで東西にすぐ寄り添うように商店街が密集しています。今にも雨が降り出しそうな天気ですが、今回は西口側を中心にいくつか歩いてみることにします。まずは、線路の西側に沿って南へ向かう道沿いの「公園通り」から。「公園通り」とは、この先の碑文谷公園に向かう道という意味でしょう。
  <駅側の商店街入口付近(左は鉄道高架)>
DSC00598a.jpg

 通りの東面は鉄道高架で、その下の駅寄りの部分は「東急ショッピングコリドール会」という独立した商業組織を形成していましたが、平成24年に東急ストアを含め商業施設「GAKUDAI KOUKASHITA」に生まれ変わっています。「学大小路」、「学大市場」などで構成され、「学大市場」には肉、野菜、魚の生鮮3品の専門店が揃っていますが、主に高架下中央通路や東側を向いており、従って、「公園通り」は鉄道高架に向かい合う西面だけの商店街となっています。
 ピンク色の可愛い街路灯が商店街の目印ですが、その街路灯の柱のところどころの表示に、「公園通り」の文字と合わせ「文化モード街」の文字が見られます。これは何かと後で調べたら、以前の「東急ショッピングコリドール会」を構成していた5つのブロック名のひとつでした。何らかの組織の改変・再編があったということなのでしょう。
  <「文化モード街」表示もある商店街>
DSC00613a.jpg

 駅に近い部分ほど人通りが多く、お洒落な雰囲気の店、モダンな建物なども多く見られますが、駅から離れるにつれて静かになり、おそらくは閉店してしまって看板だけが残る昭和建築の青果店などが哀愁をそそります。
  <商店街南端付近の昭和建築等>
DSC00609a.jpg

 碑文谷公園は、弁天池を取り囲む形の区立公園です。この池はもともとは灌漑用のため池だったそうで、この一帯が農村地帯だった古き良き時代の名残ですね。
  <碑文谷公園>
DSC00611a.jpg

 駅から100mほどのところに比較的渋いつくりの蕎麦店「松月庵」を発見したので昼食に入店しました。店内も昔からの蕎麦屋という雰囲気で、私のようなおやじが一人でぶらっと入っても全く違和感なし。左右のテーブルでも年輩男性一人客がそれぞれ好みの蕎麦をすすっていました。北海道幌加内産の蕎麦とのことで、適度な冷房で身体を冷しながら、大もりそばをいただきました。
  <蕎麦の「松月庵」があるあたり>
DSC00602a.jpg

・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

 | ホーム | 

[№645]八雲通り共栄会

■■■・・・区最古の小学校や八雲神社のある街、新陳代謝でこだわりの店も
歩いた日 H29.10.07  【目黒区】 

 八雲通りは、目黒通りの北に並行する位置にあって、区商連HPでのこの商店会の紹介文によると、その昔は大山街道と呼ばれ、商店街も東横線開通の前からあったとのこと。長い歴史を刻む道です。都立大学駅から「めぐろ区民キャンパス」に向かう本通りから左に折れて少し進むと、緩やかな円弧を描くようなこの商店街区間に入ります。
 ここは、今は緑道となっている呑川に沿う谷筋のエリアに位置し、高級住宅街の柿の木坂側とはだいぶ違う雰囲気で、北側の奥まったところには東光寺などの寺院も控えています。中央付近には区の公共施設「八雲住区センター」もあります。
<古さと新しさが同居する商店街>
DSC085092.jpg

 歴史ある道とはいえ、やはりここは人気の目黒区。建物は新旧混在で商店街としては衰退しているように見えても、その中に若い感覚でリノベーションしたらしき店もちらほら見られます。特に、こだわりのカフェというべき店がいくつか目に入ります。いずれもオシャレな名前がついています。古書店や銘茶店などもみんなオシャレに見えてしまう中で、「原田畜産」は昔ながらの精肉店という風情で、なぜかほっとしてします。でもこうして商店街が新陳代謝して性格を変えていくのも良いことで、新しい生き方として期待が持てるとも言えます。
<新陳代謝を感じるお洒落な店舗も>
DSC085112.jpg

 商店街の西端のアーチの右側には、明治初年に創立という八雲小学校があり、ここは目黒区で最も古い小学校だそうです。そしてその左隣には氷川神社の鳥居があります。ここがバスの終点だった時代もあるとのこと。鳥居をくぐると木々に覆われた参道がまっすぐに続いており、歩くほどに心洗われるようです。旧衾村というかなり広い範囲の鎮守で、素盞嗚尊、稲田姫命、大己貴命の3柱を祭神とし、本殿は江戸時代からのものが現存しているとのことです。
<商店街西端の八雲小学校近く>
DSC085342.jpg

 姿勢を正して二礼二拍手一拝。9月の例大祭には素盞嗚尊の「八岐の大蛇退治」を表す「剣の舞」が奉納されるという神楽殿もあり、八雲という現地名もこの故事に由来するそうですが、この日はなぜか少々歩き疲れて、奥の宮などを拝むのを失念したのが残念です。また、このあたりが中心だったという「衾」の地名が消えてしまったのも残念に思います。
<氷川神社参道>
DSC085292.jpg

・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★★☆

 | ホーム | 

[№644]柿の木坂商和会

■■■・・・めぐろ区民キャンパスに面するお洒落イメージの中に天満宮も
歩いた日 H29.10.07  【目黒区】 

 都立大学本通り親和会の通りを北に向けて歩いていくと、上り坂になった途中からこの「柿の木坂商和会」の領域に変わります。いずれの街路灯もお洒落なデザインですが、こちらは各街路灯に商店会名の大きな表示があるので、いやでもわかります。
 北に向かって右側の地名が柿の木坂ですが、この坂が柿の木坂というわけではありません。本来の柿の木坂は、大山街道でもあった目黒通りにあったもので、近郷の農村から神田等の市場に野菜を運ぶ大八車が難儀した急坂だったと、目黒区ホームページに記載があります。
<坂道沿いの商店街>
DSC084882.jpg

 新しくオープンしたらしいコーヒーショップの前で呼び込みのお姉さんに声をかけられましたが、私の興味はその先の坂上の交差点手前にある神社の鳥居に向いていました。その鳥居には「天満宮」とありますが正式名は東根北野神社というようで、菅原道真公を祀り、昭和初期の耕地整理により当地へ移転したそうですが、創建は安永6(1777)年以前とのことです。高級住宅地のイメージが強いこの地で、「衾村」であった昔からの文化が息づいていることに、なぜか安堵の思いでした。
<東根北野神社>
DSC084892.jpg

 その先の左はかつての都立大学の敷地ですが、今は「めぐろ区民キャンパス」となり、めぐろパーシモンホール、八雲中央図書館などの公共施設群が公園とともに美しく配置されていなす。従ってこの区間の商店街は右側だけですが、それも一般住宅化したところが多く、商店街としての連続性は乏しくなっています。住宅の造りのフランス料理店などがあるのも柿の木坂らしいところですが。
<めぐろ区民キャンパス向かいの店舗等の並び>
DSC084942.jpg

 区民キャンパス北東端の信号交差点の先までが商店街範囲ですが、角には和菓子店「つ久し」が構えています。今回のこの商店街の散策では、区民キャンパス敷地の美しい緑や天満宮などに目を奪われていたため、すみません、この「つ久し」以外で具体的な店の記憶、印象がほとんど残っておらず、十分なレポートができず心苦しいところです。
<和菓子店「つ久し」>
DSC084972.jpg

 柿の木坂のお洒落イメージに、下町おじさんの私の目がついていけなかったからかもしれません。ところで、都立大学駅は、昭和2年の開業時は「柿の木坂」という駅名だったのですね。その後4回も駅名を変えていますが、大学移転後は変わらずというのも面白いところです。
<坂上の交差点から天満宮と商店群を見る>
DSC085002.jpg

・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★☆☆☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

 | ホーム | 

[№643]都立大学本通り親和会

■■■・・・昔は大学へ続く道だった商店街は今も明るい青空の下
歩いた日 H29.10.07  【目黒区】 

 都立大学駅から北西側は目黒通り沿いも含めて「富志美会」という商店会の守備範囲のようなのですが、工事中の大きな建物があったりするので今回はパスし、目黒通りを横切ってまっすぐ進み、この「都立大学本通り親和会」の領域に入りました。この先の、かつて都立大学があった敷地は、今は目黒区の複合公共施設「めぐろ区民キャンパス」になっていますが、そこへ向かう本通りであり、またその先の住宅地へ行き来する人の波が絶えません。
 この通りの右側の地名が「柿の木坂」で、この通りも坂道となるのでこれが元々の「柿の木坂」かと思いきや、本来の「柿の木坂」は今の目黒通りの部分だったようですね。「柿の木坂」の地名がついたエリアは高級住宅街のイメージが強いですが、そんなことはお構いなしに、庶民の私はこの道をマイペースで進みます。
<生活サービス型の店などが並ぶ>
DSC084832.jpg

 ただ、この商店会の範囲は意外に狭く、八雲通りとの交差点付近から北へ百数十メートルがメインで、上り坂となる途中から先は「柿の木坂商和会」です。角にローソンがある交差点から八雲通り側の一部もこの商店会の範囲ですが、そちらにはうなぎ店等はあるものの、他に店舗は少なめです。
<八雲通りに続く部分>
DSC085042.jpg

 本通り側も、店舗密度は高いものの、あまり特徴を見出せないまま人波に押されるようにすぐに通り抜けてしまい、印象があまり残っていないのが少々残念です。区商連HPによるこの商店会の紹介文には「高い建物がないので、天気のいい日は真っ青な空がみえ、商店街の中ほどには東京都指定保存樹の大イチョウがある常圓寺もあり、お散歩コースとしても親しまれています」とありますが、確かに建物はほぼ4階建てくらいまででしょうか。あっ、すぐ裏にあったはずの常圓寺を訪れなかったのが悔やまれます。
<明るい印象の商店街>
DSC085432.jpg

 オープンな感じで繁盛していそうな自転車店などの並びにつつましく佇む和菓子店「一幸庵かしこ」の前で足が止まり、店内に吸い込まれました。季節ものなど上品な感じのお菓子が並びますが、当日の間食用にくりまんなど3つほど求めました。ここで13年営業しているそうです。そして足は自然に坂の先の「柿の木坂商和会」に進みます。
<北端の坂の途中から南を見る>
DSC084852.jpg

・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

 | ホーム | 

[№642]平町商店街

■■■・・・昔ながらの店も並ぶ駅前商店街も変貌の途上
歩いた日 H29.10.07  【目黒区】 

 今回降り立った東横線都立大学駅は、隣の学芸大学駅と並んで、大学がなくなったのに駅名だけがそのまま残り、地名として根付いてしまったところとして有名です。とはいっても「都立大」などという正式な地名はなく、駅前十字路を挟んで4つの地名が対峙するわけで、仮に駅名を変えるとなっても揉めそうなのでこのままで良いということなのでしょう。まずは南東側の平町(たいらまち)にある平町商店街を歩きます。
 駅の高架下からすぐに商店街が始まります。駅前商店街とあって、建物はビル化しているものも多く、歴史ありそうなせともの店「キノエ堂」や和菓子の「蜂の家」もビル一階に収まっています。「蜂の家」の前から南へ向かう道は、時折バスも通る歩道なしの2車線道路で、自動車の通行量がやや多く、少々落ち着かない感じですが、呑川緑道が斜めに横切るところまでの100mほどで商店街区間は終わります。
<駅前から南方向のバス通り(右に「キノエ堂」、左に「蜂の家」)>
DSC084742.jpg

 駅へ行き来する人波が絶えない中で、建物更新中のところも多く、「近代化」が進みつつあるというところですが、食事処「鳥はる」は平屋建てで頑張るユニークさを見せています。隣の日本料理店「ひのや」は、構えは新しくなっていますが歴史ある店のようです。また、酒店の「平口豊次郎商店」は立派な看板建築なのですが、商連HPでの紹介写真では堂々とした看板が掲げられていたはずが、今は外されています。どうしたのでしょうか。
<「鳥はる」「ひのや」の並び>
DSC084592.jpg

 「蜂の家」前から東へ向かう平町通りは、やや狭いながら両側に歩道がつき、ここにも新旧の店が並んでいます。銭湯「旭湯」があることがうれしいですね。「鈴吉海苔店」とお茶の「土井園」が並んでいるのも好ましいです。風格ある銅板建築の建物が不動産店として使われていました。
<「土井園」「鈴吉海苔店」や「旭湯」など>
DSC084772.jpg

 その向かいの蕎麦店「大菊総本店」で食事にしました。蕎麦のほか、丼ものや定食などメニュー豊富な大衆食堂という雰囲気で、2時前後なのにほとんどのテーブルが埋まっています。ボリューム満点のいか天せいろ定食を食しました。こういう店が街にあるのは良いことで、一方、「靴・鞄お手入れ工房」などというオシャレな店が混じるのも東横沿線らしいところです。
<不動産店になった銅板建築(向かいは大菊総本店)>
DSC084802.jpg

・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

 | ホーム | 

[№607]中央中通り商店会

■■■・・・かつては区役所の前だった「中央の中」通りは今もしっとり健在
歩いた日 H29.05.20 【目黒区】 

 清水商店会の延長上がこの「中央中通り商店会」となります。街路灯の違いを見ないと気づかないですね。まあ、普通の人にはどうでも良いことで、一体の商店街として認識されているのでしょう。
 この道は一方通行ですが、バス通りでもあります。洗足から渋谷行きの東急バスが通り、商店街中央に「中央町」のバス停があります。駐車車両があるとバスが窮屈そうに通過していきます。以前このバスに乗ってここを通ったことがあり、一度歩いてみたいと思っていたのです。
<狭い一方通行路をバスが行く>
DSC072482.jpg

 清水商店会よりは商店街らしさを残していますが、やはり空き地や空き店舗、建替え工事中の部分等が散見されます。しかし、小規模ながら食品スーパーの「TSUKASA」が核の役割を果たしているようなのが安心材料です。その並びの「カメ薬品」は名前がいいですね。信金店舗が2つあるのも地域の中心軸の機能を保っている証でしょう。
<スーパー「TSUKASA」や「カメ薬品」のあたり>
DSC072422.jpg

 中ほどの信号交差点の左右にも少し商店街の範囲が伸びています。焼肉店としてネット上の評判も良い「せりた」や「手づくりとうふ」の店などが並んでいます。
<横方向の道沿いの商店群>
DSC072502.jpg

 ミニスーパー「まいばすけっと」などがある先の交差点までが商店街範囲ですが、その手前の蕎麦店「大むら」に入りました。店構えがいかにも蕎麦店という風情で良いです。気温が高い日でしたが、肉南ばん蕎麦を注文。中休みなく営業しているのがいいですね。次々とお客が入ってきて、親しまれている店という様子です。
<蕎麦「大むら」の前から南方向を見る>
DSC072542.jpg

 食べ終わって、少々戻り、バス停付近で気になっていた和菓子店「さか昭」を覗きました。どら焼の表示に目に入っていたのですが、「縁結びのさくら道が厚生労働大臣賞を受賞」も気になります。餡にこだわっているとのことで、この歳で縁結びには無縁ですが、その「縁結びのさくら道」と、「ふんわり木目どら焼」をその日の間食用に購入。本店は大橋の方にあるようで、デパートでも買えるようですが、この目黒店は、独立したのが平成元年とのことです。
 さて、商店街北端の交差点の向こうはかつて区役所があったところですが、ここから、東横線学芸大学と祐天寺の両駅までほぼ同距離。迷った末、急行停車駅の学芸大学に向かいました。

・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

 | ホーム | 

[№606]清水商店会

■■■・・・目黒区の中心だったはずの「昔からの」小さな商店街で妄想に耽る
歩いた日 H29.05.20 【目黒区】 

 今回、この「清水」へは、東京駅から東98という東急バス(等々力行き)に乗ってやってきました。かつては郊外各方面から都心まで民営バスが都営との共同運行の形で多く乗り入れていた中で、最後まで残った系統です。しかもこの東98は、平成25年3月に逆に都営が撤退し、東急単独の路線として残ったものです。また、昭和43~62年には首都高速経由の急行便もありました。東京駅から等々力までの長距離系統なので、営業所がある「清水」での乗務員交代も見られます。
 その「清水」バス停近くの「目黒四中」信号から南に入るのが清水稲荷通りですが、逆に北に入る一方通行道路に「清水商店会」のゲートポールがあります。この入口付近は近代化された趣ですが、進むと間もなく「昔からの商店街」の空気が流れるようになります。「佐藤酒店」の向かいは蕎麦店「武蔵野」が暖簾を掲げて営業中ですが、ちょっと敷居が高そうなので今回はパス。「たむらふとん店」や「ちっちゃなおかず屋さん」など、親しみを持てそうな店が見られます。
<蕎麦「武蔵野」があるあたり>
DSC072322.jpg

<「ちっちゃなおかず屋さん」など>
DSC072362.jpg

 しかし、空き店舗化した建物も多く、一般住宅も交じり、建築工事中の区画もあったりして、商店街としての実体は徐々に希薄化しているようです。
 清水商店会の範囲は、百数十メートルほどと短く、クリーニング店、靴店のところまでです。その先は「中央中通り商店会」が続きます。道の左は中央町一丁目、右が中町一丁目で、目黒通りの反対側が目黒本町であることを考えると、もともとこのあたりが目黒区の中心であったはずで、この通りの別名も「旧区役所通り」です。でも区役所も平成15年に目黒に移転し、鉄道駅からも離れたこの一帯は拠点性を失っているように見えます。
<中央中通り商店会との境界付近の靴店など>
DSC072392.jpg

 かつて、地下鉄6号(三田)線を、目黒から横浜の港北ニュータウン方面へ延伸する構想がありました。素直に考えれば目黒通りの下がルートになったはずですが、東急目黒線の活用にシフトして幻に。もしこれが実現していたら「目黒本町」か「目黒中央」なんていう駅ができて、ここは駅前通りとして賑わったはず、なんていう妄想を抱きながら歩を進めました。

・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

 | ホーム | 

[№605]清水稲荷通り共栄会

■■■・・・「清水」湧く泉を中心に発展した街を稲荷神社が見守る
歩いた日 H29.05.20 【目黒区】 

 目黒通りの「清水」バス停は、東急バスの営業所があってバスの経由地として表示されるのでご存じの方も多いかと思いますが、今、ここに清水という地名はありません。ここで降り立ち、「目黒四中」の信号交差点で目黒通りから南へ折れると、そこがこの商店街です。「清水稲荷通り共栄会」の街路灯が並びます。入ってすぐのところに商店会名の由来である清水稲荷神社があります。
 区教育委員会による説明板には、「この稲荷は明治30年ごろから東急バス駐車場のあたりにあり、その付近に真夏の旱天でも清水が湧きだしていた」とあり、「清水」地名の由来もわかります。関東大震災以降に人が多く移り住み、土地分譲をこの稲荷を中心に行い発展を祈念したこと、さらに京都伏見稲荷から御霊代を勧請し、社殿や鳥居も奉納されたこと、昭和27年に寄進された現在地に移築されるとともに、鷹番小学校にあった御真影奉安殿を移築して拝殿にしたこと、等の記載もあります。因みに奉安殿とは、戦前・戦中に各学校にあった天皇の御真影等を納めた社のことです。念のため。
<清水稲荷神社>
DSC072032.jpg

 小さな神社ですが、奉納されている幟の多さが地域で大切に守られ敬われていることを示しています。神聖な空気を感じます。毎年、初午祭が盛大に行われるそうです。
<精肉の「宮川商店」があるあたり>
DSC072242.jpg

 商店街は、店舗数は多くなく、半ば以上が一般住宅化した様相です。稲荷近くのビル一階の精肉店「宮川商店」がお客を集めているのが救いですね。その向かいにはちょっとオシャレなイタリア料理店も。その先には古そうな銘茶店や自転車店などが見られます。「油のことなら目黒の安田」のユニークな看板を掲げた燃料店の先には、新旧の理容店が3店近接する光景も。
<自転車店等がある静かな商店街の佇まい>
DSC072112.jpg

<歴史を感じる商店の風景>
DSC072162.jpg

 商店街南端近くで店舗密度はさらに薄くなりますが、商店街の街路灯の並びだけがやけに目立ちます。防犯には良いですけどね。その街路灯も終わって坂を下ると、区境にあたる部分の民家の隙間のようなところに、とても幅の狭い羅漢寺川緑道が横切っています。これを東にたどると林試の森公園に行けるはずなのですが。
<羅漢寺川緑道>
DSC072182.jpg

 さて、この商店街。毎年9月には「地域まつり」、年末には「ふれあい感謝祭・楽市」を開催とのことですが、どれだけ賑わうのか、見てみたいものです。

・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

 | ホーム | 

[№555]目黒銀座商店街(2)

歩いた日 H28.10.22 【目黒区】 
 引き続き、目黒銀座を南というか南西方向に進みます。人気タウン中目黒らしく若者向け風の造りの店も多いですが、一方で、歴史ありそうな店、古い看板建築の店なども残り、新旧対照の妙を見せています。中ほどで、看板建築の連続と高層ビルの遠景が共存する風景は見応えがあります。
 さて、長い商店街をだいぶ南まで進んできて、そろそろ食事を、と思ったら、目の前に蕎麦店の「朝松庵」がありました。立ち止まった私の前を通り過ぎた二人連れの会話が、「この店、カレー南蛮の発祥の地だって知ってた?」と。それを聞いたらもう入るしかない!。店頭ディスプレイも店内もごく普通の街の蕎麦屋の造りですが、メニューの裏に記載がありました。二代目酉之介が当時の洋食の流行に乗じて大阪でカレー南蛮、カレー丼を始めたのが明治41年の秋で、その後東京で試行錯誤して大正期には普及してきたと。四代目酉之介さんのメッセージです。
 数あるメニューの中のひとつですが、裏面でそれとなく看板メニューをアピールする、その謙虚さが良いですね。もちろん注文するのはそのカレー南蛮。私の後から入ってきた客も皆、注文は同じです。熱くて口の中を火傷しそうでしたがうまかったです。思わぬところで思わぬ発見、これぞ商店街歩きの醍醐味というものでしょう。
 その斜め向かいの青果店「八百重」も人気店らしく、ずっと人垣が絶えません。道が突き当たっても商店街は右へ続きますが、そこから先は線路をくぐった先まで「五番街」。ニューヨークと違って、逆にここだけ衰退感があります。ここまでくるともう祐天寺駅との中間くらいですから、無理もないというところでしょう。
 駅へ戻りながら気づいたのは「蛇崩・伊勢脇通り」の表示。いずれも昭和初期まであった地名で、ここはまさに蛇崩(じゃくずれ)川に沿う位置にあり、川筋は今は緑道になっています。そういえば、駅近くの二番街に「伊勢脇花園」という生花店もありました。「伊勢脇」は近くにある天祖神社の境内を「お伊勢の森」と呼んでいたことによる旧地名だそうです。こういう地名文化も伝えていってほしいものです。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

看板建築群と高層ビルの対照の妙
DSC058992.jpg

「カレー南蛮」の蕎麦店「朝松庵」
DSC059072.jpg

人気の青果店「八百重」
DSC059122.jpg

唯一寂しい雰囲気の五番街区間
DSC059102.jpg

 | ホーム | 

[№555]目黒銀座商店街(1)

歩いた日 H28.10.22 【目黒区】 
 目黒銀座は、中目黒に古くからある比較的規模の大きい商店街なのに、目黒区商連のリストにないということは、我が道を行くという自信の現れでしょうか。平成15年にすぐ脇に目黒区役所が移転してきて、その地位を確固たるものにしたということかもしれません。確かに、地域の中心商店街の風格を十分に保っているように見えます。住みたい街の上位にランクされる中目黒ですが、こうした商店街の存在も大きな魅力要素かもしれません。600mほどの長さを持つ長い商店街なので2回に分けてレポートします。
 駅脇の山手通り側の商店街入口区間は、「中目黒GTプラザ」という巨大な再開発ビルに片側を削ぎ落とされた形ですが、向かいには古くどっしりとした酒店が残ります。再開発敷地内には「第六天社」という社も再建されており、検索するとずいぶん移転を繰り返した社のようですが、高層ビルの下に安住の地を得たようです。
 商店街を先に進みますが、訪れたのは10月後半の土曜日の昼で、仮装した子ども達が歩いているなと思ったら、夕方に「ちょっとはやいハロウィン@めぐろぎんざ」(なかめオータムフェスタの日)が催されるとのこと。街路灯にハロウィンのキャラクターが吊り下げられています。
 人通りも多く、地域の生活軸らしく店舗の業種構成も多彩ですが、電器店の脇に「目黒馬頭観音」と書かれた路地を発見。進んだ正面には観音堂があります。かつてこのあたりは牛馬を使う運送業者が多かったとのことで、大正期に建てられたそうですが、区教育委員会設置の説明看板は「目黒銀座観音」となっています。その説明文を一人の若い女性がじっと読みふける姿が印象的でした。
 商店街はいくつかの区間で構成され、山手通りに近い方は一番街、二番街と名付けられています。建物も新旧入り交じっていて、「わらび餅」という幟旗に惹かれたりしますが、ふと駅方向を振り返ると庶民的商店街の向こうに近代的高層ビルがにょっきりという風景がなんとも言えずというところです。で、飽きることなくさらに先に歩を進めます。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

地域の中心商店街らしい街並み
DSC058802.jpg

「わらび餅」の店もある二番街
DSC058892.jpg

再開発ビルの向かいの古い酒店
DSC058772.jpg

ビル下に再建された「第六天社」
DSC058782.jpg

目黒馬頭観音への路地
DSC058832.jpg

 | ホーム | 

[№554]中目黒駅西銀座商店街

歩いた日 H28.10.22 【目黒区】 
 中目黒は東急東横線と地下鉄日比谷線の接続駅。長年続いた直通運転がなくなり、乗り換え駅として逆に街の拠点性が高まったかもしれませんが、そうでなくても近年は住みたい街として上位にランクされ、目黒区役所の存在もあって、街のステータスは高まる一方ともいえます。平成28年11月22日には東横線高架下に、その名も「中目黒高架下」という延長700mにも及ぶ新商業空間がオープンし、おしゃれ度はさらに高まりそうです。
 ここに降り立ったのは、その「高架下」オープンを1ヶ月後に控えた10月の土曜の昼時。改札を出て目の前を横切る山手通りの喧噪や駅脇にそそり立つ「中目黒GT」などに圧倒されながら、おしゃれとは無縁な下町おじさんは「普通の」商店街を探します。
 で、最初に足を踏み入れたのは、駅西側の「中目黒駅西銀座商店街」。名前からして安心感があります。「銀座」を名乗る商店街は、本家を除いてだいたい庶民的な雰囲気のところが多いのです。線路脇に貼りつく道ともうひとつ西側の道の2本を中心に構成されており、まず西側の道へ山手通り側から入ると、カラオケ店の先にスーパーの「ライフ」があるなど、「普通の街の駅近くの商店街」の印象です。百円ショップや飲食店、コンビニなどが並ぶ中に「碓井米穀店」といった歴史の証言者のような店も混じって好ましいですが、通りには今一つ個性が乏しい印象です。
 それで、東西の路地を抜けて線路沿いの道に出ると、線路下は「高架下」の工事中で、その向かい側に飲食店を中心とした店舗が並びます。居酒屋的な店が多いですが、目の前に「高架下」のおしゃれ空間が誕生すると、どのように変わっていくのでしょうか。あるいは変わらずにミスマッチの魅力を強調していくのでしょうか。
 駅改札口に近い部分には、行列ができている蕎麦店とつけ麺店が並んでいますが、行列に並ぶ根性がなく、駅の反対側のもう一つの「銀座」である目黒銀座商店街に歩を進めてしまいました。「西銀座」は全体に「普通」であまりインパクトを感じない印象でしたが、ここは周辺住宅地への抜け道となる位置でもあり、夜はまた違う印象を見せるのかもしれませんね。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

「普通の」商店街の印象の西側の道
DSC058592.jpg

飲食店が多い線路沿いの道
DSC058702.jpg

スーパー「ライフ」もある
DSC058522.jpg

2本の南北の通りを結ぶ路地
DSC058632.jpg

 | ホーム | 

[№500]目黒不動商店街

歩いた日 H28.02.28 【目黒区】 
 目黒不動は、不動明王を御本尊とする天台宗の寺院「瀧泉寺」が正式名称で、1,200年余の歴史を持つ名刹です。初詣はもちろん、毎月28日の大縁日には大勢の人で賑わいます。訪れたのはその一日前の27日。目黒不動商店街は、文字通りその「門前市をなす」の位置にあるのですが、最寄り駅の不動前駅からは300m以上離れています。不動前駅通り商店街を抜けてかむろ坂を横切り、住宅地の中の道を通ってやっと入口にたどり着きますが、その途中で区界を越えます。
 さぞかし賑やかな商店街かと思いきや、意外と静かな、そして懐かしい香り漂うところでした。まず入口付近にある「寿司長」などの建物の渋さに感激。真新しいビル化している建物も多いなど、あまり景観コントロールされているとは言えませんが、それでも進むほどに「おっ」と目を止める良い雰囲気の店があります。
 精肉の「ヒラノ」や、昭和30年代を彷彿させる「榎本食品店」等々。そして、不動尊方面への道との交差点手前で行列ができているのはうなぎ蒲焼の「八ッ目やにしむら」で、この建物も歴史を感じさせます。良い香りを漂わせていますが、その隣の角の惣菜店「大津屋」も「自家製煮豆」や漬物などで良い味を出しています。
 ここから不動尊の正面に向かう道は五反田と渋谷を結ぶバス通りですが、28日の縁日には歩行者専用となり、バス路線も分断されるのが面白いところです。ここはもう境内という仁王門横のバス停では、誘導員がバスの走行を導いています。
 石段を昇って荘厳な本堂に参拝。戻ってすぐの和菓子店「だる満」で、この日の間食用にどら焼と栗まん、茶まんじゅうを買いました。ところで、このあたりは瀧泉寺のほかにも大小の寺院が点在する寺町で、商店街の中ほどにある成就院もそのひとつ。別名「たこ薬師」だそうで、本尊の蓮華座を3匹の蛸が支えているのだそうです。駅から離れているせいか、このような歴史文化の印象も色濃く感じるおじさん好みの良い商店街でした。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★★★

懐かしさ満載の店も混じる門前町の商店街
DSC041702.jpg

惣菜の大津屋やうなぎの八ッ目やなど
DSC041782.jpg

和菓子店「だる満」のある門前のバス通り
DSC041912.jpg

風雪に耐えた感の強い「寿司長」など
DSC041602.jpg

「たこ薬師」の別名も持つ成就院
DSC041622.jpg
 | ホーム | 

[№397]自由が丘ひかり街/自由が丘サンリキ会

歩いた日 H27.02.21 【目黒区】 
 自由が丘駅から東横線の線路に沿って、「自由が丘デパート」の先に続くのが「ひかり街」です。自由が丘デパートと同様に細長いビルの1階内部中央に通り抜け可能な通路があって、その両側に小規模な店舗が並んでいます。やはり様々な業種が混在し、山の手ファッションとはかなり異なる雰囲気の空間を形成しています。
 レディースファッション店、というより婦人服店と言う方がしっくりするような店も目立つ中に、生花店、小物店、靴・バッグ店などが混じります。中ほどでトルコ方面のインテリアを扱う「ペルシャンバザール」は店内にペルシャ絨毯を積み上げて、気の良い店主が巧みな日本語で客を呼び込んでいます。猫の置物など雑貨類も女性客の目を引いています。
 ペットショップや惣菜店もあり、和菓子の「大文字」も異彩を放っています。この雰囲気をどう表現したら良いものか、おしゃれタウン自由が丘にあってこの独特な飾らない空間を表すうまい日本語が見つかりませんが、上述の店名にもあるように一種の「バザール」的な場と言って良いかもしれません。下町的な「仲見世」とはちょっと雰囲気は異なると思います。
 ここを抜けると自由通りが線路を斜めにくぐる交差点で、その向かいにはヨーロッパの陶器を扱う店があったりして、「普通の」自由が丘らしさが広がります。改めて「ひかり街」のビルを外から眺めると、「居酒屋一休」の看板があったりして、どうやら2階もあるようですが今回は覗きませんでした。
 駅方向に戻って振り返ると、「自由が丘デパート」と向き合う入口には「サンリキ&ひかり街」の大きな看板表示が。良く見ると駅側手前のビルの先に「ひかり街」のビルがつながっているようで、手前のビルは6店舗のみで「自由が丘サンリキ会」を構成しているようなのです。でも中に入ると一体の空間に見えるので、仲良く共存しているのでしょうね。「自由が丘デパート」と合わせて、ひとあじ違う自由が丘を知ったひとときでした。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

惣菜店もある「ひかり街」の内部
DSC00983.jpg

「ひかり街」の整った外観
DSC00992.jpg
 | ホーム | 

[№396]自由が丘デパート

歩いた日 H27.02.21 【目黒区】 
 山の手おしゃれタウンの代表のひとつとも言える自由が丘は、私のようなおじさんはお呼びじゃないというところですが、東急東横線と大井町線の乗り換えの際に久々に降りてみました。X字状に2線が交差する自由が丘では駅を中心に四方に街の賑わいが広がっていることが特徴で、その中に12もの商店街があるのですが、それらを束ねた自由が丘振興組合の組織力が強く、街の魅力の維持はそのしっかりとした指導力に依る部分も大きいようです。
 さて、「洗練されたファッション」に身を包んだ男女が行き交う街を歩くのは落ち着かないものですが、駅から北東方向の東横線線路に沿った「自由が丘デパート」とその先の「ひかり街」は、それぞれ長細いビルの中で屋外とは一種異なる雑多な魅力満点の空間で、こういうところなら下町派おじさんでも心落ち着けて散策することができます。
 自由が丘デパートは駅前からすぐのところにあり、地上4階から地下1階までに店舗等が入居し、特に1階と地下1階は狭い中央通路を挟んで小規模な間口の店が所狭しと並び、その業種もまちまちで面白いところです。必ずしも若者対象とも言えない衣料ファッション系の店もあるかと思えば、化粧品店や貴金属店のほか、青果を扱う店や和菓子、駄菓子の店、バッグや小物の店、佃煮の店なども混じっており、地下1階には占いの店もあります。
 2階だけは唯一、道路に面する側にオープンの通路があり、飲食店が並んでいます。ベトナムやインド料理の店のほか、寿司やとんかつの店もあって、この取り合わせ、混在ぶりが不思議な魅力を醸しだしています。まさにいろいろなものに出会える「デパート」ですね。1階の入口角の店が家庭用品満載の金物店というのもいいです。
 考えれば山の手だって様々な年代層が住み、高齢化も進んでいるでしょうから、先進ファッションだけでない複合的な魅力空間が必要でしょう。歴史を刻んできたであろうこの「デパート」は、これからの時代にむしろ価値を高めていくかもしれませんね。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

自由が丘デパートの駅側の入口
DSC01012.jpg

様々な業種の店が連なる1階内部
DSC01001.jpg
 | ホーム | 

[№324]祐天寺みよし通り商店会

歩いた日 H26.06.14 【目黒区】 
 祐天寺駅前の祐天寺商店街を歩いた後、事前情報を得ていた「祐天寺栄通り商店街」を見ようと、駅を背に左の方向へ歩き出したのですが、栄通り入口のアーチの下まで来て右を見ると、より懐かしい雰囲気の商店街を見つけてしまいました。頭上には「みよし通り商店街」の名入り街路灯が続いています。栄通りには申し訳ないのですが、ついそちらの方へふらふらと進入。
 幅4mほどの細道ですが、地図でみるとこの道が駅から名刹「祐天寺」への最短ルートにあたることがわかります。「門前、市をなす」で自然発生的に栄えてきたのでしょうか。入るとすぐに、商品があふれる店頭に人が群がる「ナンカ堂」が目を引きます。激安で有名なファッションと暮らしの店だそうで、庶民の味方ぶりを存分に発揮して商店街全体の活気をリードしているようです。
 その前後にも、米店、天ぷら店、青果店、惣菜店、鳥肉店、寝具店などが並び、客を惹きつけており、生活感のオーラを濃厚に発信しています。駅正面の祐天寺商店街等とはそれぞれ異なる個性で、棲み分けが立派にできているようです。ここの商店街の個性はまた、昭和的な懐かしさとしても語れます。古き良き商店街の空気が保たれているという感じ。道の狭さが幸いしているのかもしれません。
 しばらく進むと突然、蒸気機関車の動輪が保存展示されている一角が現れます。「なぜここに?」とは問わないことにしましょう。そして、ここから先は一段と雰囲気が渋くなります。「関口食料品店」などはまさに昭和の食品店そのままという感じ。店舗密度がだんだん薄くなってきますが、その中で思わず「おーっ」と注目してしまうのが、文字通りの「角のたばこ屋」。自販機を並べていますが現役のようで、木造平屋の佇まいは年代物の街角風景です。懐かしさ満載ですね。看板娘が座っていた時代もあったのでしょうか。
 道はやがて、右手に都立目黒高校の敷地を見ながら駒沢通りに突き当たります。正面に、浄土宗の名刹「祐天寺」の杜が見えます。門前町の位置にありながらも、独自の魅力を形成して地域の生活に溶け込んでいる商店街と見えました。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★★☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

「ナンカ堂」などが賑わいを見せる商店街
DSC08980.jpg

絵に描いたような「角のたばこ屋」の風景
DSC08991.jpg
 | ホーム | 

[№323]祐天寺商店街

歩いた日 H26.06.14 【目黒区】 
 都内の東横線の駅の中で、祐天寺駅は最も庶民的と言える空気を持っているように見えます。祐天寺は江戸中期の祐天上人の開山による浄土宗の名刹ですが、駅名は知っていてもこの寺院を知らない人も多いのではないでしょうか。
 祐天寺商店街は、駅前広場からまっすぐ南東へ駒沢通りまで続く通りを中心に形成されています。この日は駒沢通り側から駅方向に向けて歩きました。幅6mそこそこのセンターラインもない道で、人通りも多いのですが、驚くのはここがバス路線であることです。目黒駅と三軒茶屋を結ぶ東急バスが行き来します。当然対面通行ですが、幸いなことにバス以外の交通量はそれほど多くなく、危険はあまり感じません。
 沿道の商店は新旧の建物が混在しますが、重厚な看板建築もあって歴史を刻んできた商店街であることがわかります。駒沢通りに近い区間は生活密着型業種の個人商店が多く、駅に近づくほど駅前らしい飲食店やチェーン店が増える印象ですが、駅近くにも「そめもの尾張屋」などがあってなぜかほっとさせられます。駒沢通り側の入口角には古い民家風建物を利用したカフェらしき店舗もあります。
 通りの中ほどに小さな稲荷の祠と鳥居があり、お狐さまが通りを見守っています。駅前通りでありながら道が狭いことが、商店街らしい温かい雰囲気を保つことに幸いしているようです。この稲荷社もどことなく悠然と構えているように感ずるのは気のせいでしょうか。駅を背にして左右方向の道の一部もこの商店街に含まれるようですが、全体に衰退感もなく、地域の商業軸として機能していると評価できます。
 東横線は近年、副都心線との直通運転が始まり利便性が増しており、駅周辺地域も人気エリアとして人口が集積しているであろうことから、この賑わいを今後も盛り上げていってほしいと思います。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

看板建築も残る駅前商店街
DSC08970.jpg

街を見守る稲荷
DSC08973.jpg
 | ホーム | 

[№322]祐天寺昭和通り商交会

歩いた日 H26.06.14 【目黒区】 
 洗足商店街で昼食後、気まぐれバスの旅としゃれ込んで同じ目黒区内の祐天寺までやってきました。渋谷行きバスが駒沢通りへ出たところの祐天寺バス停で下車。この駒沢通りと東横線祐天寺駅は数百m離れていて、その間にいくつかの商店街があります。まずは一番南の祐天寺昭和通りへ。
 駒沢通り沿いの一部もこの商店会に属するようで、「昭和通り」の街路灯がありますが、ここは商店街らしさは乏しく、特に北西面は衰退感が漂います。わずかにドラッグストアの一本堂が元気なので救われる感じです。信号を渡ったところに「さわら庚申と道標」があります。3基の庚申塔の説明板があり、道標の存在と合わせてこの交差点が古くから交通の要衝だったことがわかります。
 そんな文化遺産を背に、西への一方通行路に入ります。祐天寺二丁目と五本木二丁目の境をなす道で、頭上に「昭和通り」の街路灯が高密度で線路をくぐるところまで続きます。ただ、駅前からやや離れているため裏通り的な感じは否めず、夜系の飲食店もちらほら混じります。通りの中ほどでは一定の店舗密度を保っており、商店街らしい佇まいを見せてはいますが、賑わっているという雰囲気ではありません。でもまあまあ地域住民の生活に溶け込んだ印象です。
 線路に近づくとマンション等が現れ、店舗密度は逆に薄くなります。マンションの前にとても小さな祠があるのが気の毒に見えますが、この道が古くからの道であることを教えてくれます。五本木地区等の住民が駅に出るのに横切るだけの通りになってしまっているのかもしれませんが、適度な道幅と店舗の並びが、どことなく落ち着いた気分にさせてくれます。数百mの距離を感じさせず、往復歩いてしまいました。
 特にどれが、というわけではないのですが、全体がしっとりとした感じで、「昭和」の名がしっくり馴染む商店街だなと妙に納得したのでした。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

祐天寺と五本木の境をなす昭和通り
DSC08957.jpg

交差点脇に佇む「さわら庚申と道標」
DSC08944.jpg
 | ホーム | 

[№321]洗足商店街

歩いた日 H26.06.14 【目黒区】 
 東急目黒線の洗足駅は、環七通りと交差する関係で、目蒲線時代の昭和40年というかなり早い時期に地下化されました。洗足商店街はこの駅の上で南北に交差する「いちょう通り」と線路沿い道路の一部等で構成されます。洗足という地名は、ここから1kmほど南の、日蓮が足を洗ったという伝説のある洗足池に由来し、大正期に田園都市株式会社が開発した洗足田園都市から駅名にもなったという歴史を持っています。駅周辺の洗足二丁目は高級住宅街と言って良いでしょう。
 いちょう通りの銀杏並木はなかなか趣があります。両側の歩道は、幅は広くないもののどことなく清楚な感じがするのは、地域に対する先入観のせいでしょうか。駅上の空間に東急ストアがあって生鮮品需要はそこで満たされているためか、商店街に日常的な食品店が少ないことも影響しているかもしれません。果物店も整った感じですし、生花店等も落ち着いた雰囲気に見えます。
 ただ、こうした商店街風景は、私などには少々物足りなく感じてしまうのは、下町贔屓の身勝手というものでしょうか。そば店も、お洒落な構えの「由々森もと」よりも、商店街北端のいちょう通りを外れたところにある庶民的構えの「松月庵」に惹かれますが、この日の昼食は駅近くのカレー専門店「ボンディ」にしました。
 ここは、神田神保町にある同名の有名店の支店で、値段は1500円前後と高めですが本店と同じ味が楽しめます。接客も低姿勢で好感が持てますが、この日は学生8人ほどのグループが賑やかで、ゆったりとした時間を楽しむには無理がありました。でも、家族連れやカップルなども次々来店し、地域に愛される店として定着している様子です。
 線路沿いにベーカリー等を眺めながら環七通りまで出るとそこは大量の車が行き交う喧噪の別世界で、思わず身を縮めて引き返します。駅上部空間を利用して小さなバスターミナルが設けられており、ここから渋谷行の東急バスが出ます。カレーで満腹となった私は、小さな気まぐれ旅としゃれ込んでこのバスの客となりました。
・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

清楚な雰囲気が漂う「いちょう通り」
DSC08927.jpg

東急ストアに向かい合う線路沿い区間
DSC08914.jpg
 | ホーム | 

[№206]西小山ニコニコ通り商店会

歩いた日 H25.05.08 【目黒区】 
 西小山駅から西小山商店街(通称にこま通り)を抜けて信号を渡った先に、この西小山ニコニコ商店街が現れます。にこま通りに対して左斜め方向に折れる方向に伸びているので連続感は乏しく、雰囲気もだいぶ異なります。入り口に立派なアーチがありますが、そこから入る商店街はかなり昭和色が強いものです。特に導入部分は、何の店かもわかりにくい時代物の店舗が並んでレトロ感満載です。
 幅4m程度の道で、空き店舗が混じったり一部住宅に建て変わったりした部分もあって、連続性に欠けますが、それでも鮮魚店や日用品店、寿司店等が営業していて、上空の街路灯とともに商店街らしき風情は保っています。小さな交差点があって、その先20mくらいのところにある電器店の上に出口のアーチがあります。商店街はここまで、というわけです。交差点の左右にも若干の店舗がありますが、全部合わせても営業店は十数店というところでしょうか。
 その小交差点の手前にある「三金」は青果店ですが、店先に段ボールを大雑把に積んであるところが庶民的で良いですね。店の主人とご近所のご婦人が親しそうに立ち話をしていました。まさにほのぼのです。また、通りの中ほどにトランクルームが商店街の一構成員としてあるのが少々特異です。
 ところで、「ニコニコ」は商店街名として時折見かけますが、ここではどのような由来なのでしょうか。にこま通りと同じく「西小山」をもじっているのかな。ここの地名はにこま通りと同じく原町一丁目ですが、にこま通りとはかなり賑わいの格差があり、商店街の立地、性格も異なるようなので、もっと独自性あるアピールをした方が良いのではないいかとも思われます。
 周囲を住宅地に囲まれ、おそらく各営業店は独自の固定客を持っているのでしょうが、それらは高齢者層が多いでしょうし、若い世代には縁が薄そうです。このまま寂しさを増していくか、何か新展開がありそうか、興味深いところです。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

アーチがある商店街入り口
DSC05952.jpg

ほのぼのした雰囲気の青果店「三金」あたり
DSC05947.jpg
 | ホーム | 

[№205]西小山商店街(にこま通り)

歩いた日 H25.05.08 【目黒区】 
 東急目黒線沿線で有名商店街と言えば武蔵小山の「パルム」が有名で、全国的知名度を持ち視察団の来訪も絶えない超A級であるわけですが、そのひとつ隣の駅の商店街がどのようなものかとの興味が生じ、昼食時の都内移動の途中で西小山駅に降りてみました。お隣の武蔵小山からの刺激を様々な形で受けているであろうし、それをどう受け止めてがんばっているのかが見たかったわけです。
 目黒区と品川区の境にある西小山駅は地下駅となり、線路の上に広場ができてその周辺にいくつかの商店街が立地しています。西小山商店街は目黒区側の代表的な商店街で、愛称は「にこま通り」。果物の「一実屋」から始まる通りは幅が4m程度で、駅西側の歩行動線軸となっており人通りが多く、住民たちの立ち話や挨拶風景がそこかしこで見られます。誠に生活密着型商店街の様相です。
 業種構成面でもバランスがとれているように見え、食材から衣料品、各種生活サービス店などが200m強ほどの直線道路の両側に展開しています。この手頃なスケール感や生活ニーズの充足度、各店舗のさばけた雰囲気などは非常に好ましく見えます。武蔵小山「パルム」よりも落ち着いた環境と思われ、それでいて程良い活気を感じ、十分に武蔵小山とは差別化できていると見えます。
 中央付近にあるその名も「中央百貨店」はいいですねえ。中通路の両側と奥に青果、精肉、鮮魚、惣菜の店が並ぶ昔ながらのマーケットのつくりで、こういう空間が残されていることがうれしいです。
 さすがに駅から離れると人通りも少しずつ少なくなりますが、西側終端に近いところの食料品店「末広屋」や「清水海産」なども懐かしさも感じる店構えです。その向かいあたりに目黒区立西小山公園があり、商店の並びが途切れるものの明るい空間を提供しており、商店街は共通の「庭」を持っているとも言えそうです。
 中ほどの長寿庵を当てにしていたら定休日だったので、一歩入ったラーメンの「藤平」に、「大盛り無料」の表示に誘われて入りました。大阪中心の店舗展開からの東京進出店のようで、久々のラーメンでしたがその味は気に入りました。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★★☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

温かい雰囲気が漂う駅側の商店街入口
DSC05960.jpg

懐かしいマーケット空間の「中央百貨店」
DSC05956.jpg
 | ホーム | 

[№140]大岡山北本通り商店街

歩いた日 H24.11.19 【目黒区】 
 東急目黒線と大井町線の乗換駅である大岡山駅の北側に大岡山北口商店街(北商)が駅前商店街の様相で続きますが、その西側に並行してもうひとつ商店街があります。それが大岡山北本通り商店街で、名前は似ていますがだいぶ様相は異なります。この通りは、大田区北千束と目黒区大岡山の境をなしますが、商店街の所属は目黒区商連となっています。
 駅前に直接接していないこともあって、賑わいは「北商」に大きく譲っている感じで、その裏手でひっそりと佇んでいるという風情です。「北商」からやや狭い横道を抜けると、その先にこの商店街が現れます。全長は「北商」よりも長いようで、リストではそこに43店舗があることになっていますが、全体に人通りは少なく、寂しい感じです。
 あまり時間がなくやや急ぎ足で通り抜けたので、魅力的な店を見落としている可能性も多々あるのですが、「志波田」という蕎麦店が、商店街の南の端近くと北の端近くに2件あることが印象に残っています。また、「明治牛乳」の看板の懐かしい店の光景にも惹かれるものがありました。中程のマンション一階に商店街事務所がありますが、ここも何かの店舗跡という構えで、ガラス戸に大きな字で振興組合の名称を記した紙が貼られ、素朴な心意気を感じます。
 手元にある十数年前に発行された地図帳をみると、この通りにスーパーのマークが2つあり、「大岡山百貨店」と「ダイイチ」の名が記されているのですが、それらしきものは見当たりませんでした。並行する「北商」の方にエネルギーを吸い取られているように見えるのは、平成9年の大岡山駅の地下化の影響もあるのでしょうか。駅の構造が変わると人の流れが変わることがあるのですが、駅の上に東急ストアがあることも影響しているかもしれませんね。
 短時間の歩行で不本意なので、機会あればまたゆっくり歩いてみたいと思います。見落とした魅力があるとしたら申し訳ないので。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

人通りが少ない商店街
DSC04308.jpg

懐かしい構えの牛乳店(?)
DSC04302.jpg
 | ホーム | 

[№51]大鳥前商栄会

歩いた日 H24.05.26 【目黒区】 
 目黒駅から目黒通りの権之助坂を下っていくと、目黒川にかかる目黒新橋の向こうに魅惑的なアーケードが見えてきます。この日は、さらに先の元競馬場通りを歩き疲れて、バスで目黒駅に戻ろうとしたのですが、大鳥神社前の交差点まで来たところでこのアーケードに吸い込まれてしまいました。組織名は「大鳥前商栄会」ですが、アーケードの表示は「大鳥前商店街」です。
 大鳥神社の門前町の位置にあり、昭和初期からの歴史を持つそうで、戦後は露天街からスタートしたとのことですが、それにしてもこのアーケード、かなり年代物です。私が子どもの頃などには良く見かけたスタイルですが、今は貴重な存在ではないでしょうか。老朽化したアーケードの安全確保や更新・撤去などは今時の商店街が抱える大きな問題のひとつですが、ここでは、この昭和の雰囲気を懐かしみつつも、将来どうするのかが心配です。
 幅の広い目黒通りの両側歩道で、双方の行き来は両端の横断歩道でしかできず、向き合っていながらも分断されている感じで、北側と南側では雰囲気もやや異なります。北側は、下目黒小学校への進入路があり、精肉店、鮮魚店、クリーニング店等もありますが、全体にやや暗い感じです。南側の方が人通りは多いようで、飲食、物販、サービス等のお店が営業していますが、山手通り方面と目黒駅との間の人の流れをどれだけ吸収できているでしょうか。通行する人の年齢層に比べて商店街そのものが高齢化している印象です。
 と、ここで、デジカメで撮影しながらの一人で街歩き風のお姉さん(お嬢さん?)を発見。なぜか無意識に追いかけながら彼女がカメラを向けていた方を覗くと、階段を降りた路地に呑み屋などがあるそそられる空間が。さすがに目のつけどころが違いますね。結局、おじさんの私は声をかけることもできず、信号を反対側に渡り権之助坂をとぼとぼと登って目黒駅に戻ったのでした。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

大鳥前商店街の全景
DSC02657.jpg

年代物のアーケードの下で
DSC02653.jpg
 | ホーム | 

[№50]大鳥前元競馬場通り商店街

歩いた日 H24.05.26 【目黒区】 
 目黒にかつて競馬場があったのをご存じでしょうか。明治40年に開設され、今の日本ダービーに相当する「東京優駿大競争」の第1回大会も開かれたそうですが、周辺の住宅地化に伴い昭和8年に閉鎖され、府中の東京競馬場に移転したとのことです。
 目黒駅から目黒通りを走る東急バスに乗ると3つ目の停留所が「元競馬場前」です。大鳥神社前からこの停留所を挟んで油面の信号あたりまでの目黒通りが「大鳥前元競馬場通り商店街」です。バス停を降りてすぐのところに、中央競馬会と商店街で設置したという立派な馬の銅像があります。
 目黒区商連ホームページの同商店街紹介コーナーには、「ここ数年、数多くのアンティークショップや家具屋さんが立ち並び、インテリア通りと称されるほど若者たちに人気」とありますが、確かにありますね、年代ものの家具や骨董品ともいえるアイテムを扱う店が道の両側にいくつも。米店の隣がアンティーク家具店といった光景も。きっと、最初に出店したところが話題を集め、類は友を呼ぶという形でこの集積ができたのでしょう。強烈な個性のオーラを放っています。
 店ごとにそれぞれ主張があるのでしょうが、古い瓦屋根の店舗もアンティークショップに変身していたり、店構えのバリエーションだけでもなかなか面白いものがあります。「煙突掃除承ります」なんていう表示も。バス停近くの「手作りハム工房」や「はらドーナツ」などという店も何となく古典的に見えてしまいます。
 この商店街の街路灯は馬のオブジェつきで、照明もどこかアンティーク調です。そうした中に、昔ながらの蕎麦店や肉まん店、うなぎの宮川があったり、「頑固蛸 目黒本店」というたこやき店に人が群がるなどの多様性もあり、また、日常生活ニーズには東急ストアが応えているようです。「東京バレエ団」や多摩大学目黒中学・高校があって通学路にもなっていますが、その並びには「目黒寄生虫館」なるものも。そーっと眺めるだけで通りすぎましたが。
 少々長くてまとまりには欠けますが、特定業種への特化路線は商店街のひとつの行き方かなとも思います。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★★☆
・ふだん着度  ★☆☆☆☆
・ローカル度  ★★★★☆

競馬場の名残を主張する銅像
DSC02597.jpg

古い構えの店もアンティークショップに
DSC02635.jpg
 | ホーム | 

[№49]油面地蔵通り商店街

歩いた日 H24.05.26 【目黒区】 
 「油面」(あぶらめん)の名に惹かれて訪れました。角に交番がある目黒通りの「油面」の信号から北に伸びる商店街です。江戸時代にこのあたりで菜種栽培が盛んで、菜種油の製造により税が免除されたという「油免」→「油面」の由来説があるそうですが、今は一面の住宅地に囲まれています。
 信号から入るとまず「油面自転車」という自転車修理店、その並びには画廊があって、さらに面白い発見が期待されますが・・・・、歩くにつれて人通りも少なくなり、空き店舗も目立つようになります。しかも、狭い道路で歩道もなく対面通行となっており、背後の住宅地から目黒通りへの抜け道になっているらしく、かなり頻繁に行き交う自動車を避けながら歩かなければなりません。商店街に面して油面小学校もあるのに、安全性の確保対策がまず必要といえそうです。
 昼過ぎの時間帯に歩いたのですが、土曜にランチができる飲食店は少ないようです。小学校(ABURAMEN ELEMENTARY SCHOOL の表札あり)の向かいあたりにある電器店「東大でんき」は、その名の訳が気になります。そこから北へ行くほど空き店舗が増え、レトロ感が高まりますが、「あびこ屋ふとん店」あたりの風情は、わびしさと懐かしさが入り交じった不思議さを感じさせます。
 この商店街の「売り」は、商店街中程にある「油面子育地蔵尊(高地蔵)」でしょう。もっと大きなお寺のお堂のようなものを想像していましたが、パン店の脇にこじんまりと佇んで道行く人を見守っていらっしゃいました。育児の厄除けに霊験あらたかということで、毎月3の日に縁日が開かれ、毎年2月と7月には大祭が行われるようです。
 鉄道駅から離れたハンディを負いつつも、周辺の居住人口は多いはずで、拠点性を再び高めるべく、子育地蔵尊にあやかって何か話題性を高める工夫はないものかと思いながら歩きました。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★★☆

レトロ感満載の商店街の北端付近
DSC02626.jpg

油面子育地蔵尊(高地蔵)
DSC02613.jpg
 | ホーム |