FC2ブログ

ほのぼの「B級商店街」歩き

東京下町を中心に、決してA級ではないけれど、ほのぼのとした風情ただようB級・C級の商店街を、応援の思いも込めながらぶらぶらと歩きます。

# プロフィール

ほのぶらマン

Author:ほのぶらマン
商店街全盛時代を懐かしむ昭和世代の男です。商店街が少しでも元気を取り戻すことを願いつつ、ほのぼの感を求めてぶらぶらと散歩気分で歩きます。

# 最新記事

# 累積ご訪問者数

# おたよりはこちらから

皆さまのご感想や情報など、お便りをお待ちします。

名前:
メール:
件名:
本文:

[№829]染井銀座商店街

■■■・・・ソメイヨシノに名を由来する商店街は温かい魅力満載
歩いた日 R01.12.28 【豊島区】 

 同じ谷田川の谷筋に展開する霜降銀座と染井銀座は一体で捉えられ、実際、どこが境かわからない様相で続いているのですが、このあたり、北区と豊島区の区境が屈曲しており、この染井銀座の区間は豊島区で、北区の霜降銀座とは組織も名前も別になっています。商店街組織は振興組合となっており、霜降銀座との共同事業なども行われているようです。ここの今の町名は駒込六丁目ですが、もともとは染井村で、その名は、このあたりがソメイヨシノの発祥の地とされることに由来します。駒込駅前に染井吉野桜記念公園があります。
 隣り合う豆腐店の「かさはら」と鮮魚店「二木商店」の間がどうも境界のようで、霜降銀座からの引き続きで魅力的な生活密着型の店舗が続きます。建物は新しめでも、そこで営まれる業態は、店主と客の距離が近い個人商店で、商店街本来の良さ、魅力が詰まっています。
 ここの強みは、スーパーの「サカガミ」が核店舗として機能していることで、そこからのシャワー効果が期待できるというものです。「サカガミ」は、中野区の野方の商店街にもありますね。
  <商店街境界付近の鮮魚店「二木商店」など>
DSC_0039_20191228162256.jpg

  <スーパー「サカガミ」があるあたり>
DSC_0040_20191228162429.jpg

 そこからさらに進むと、徐々に人通りが少なくなり、店舗や建物もレトロ感が増してきます。昭和の看板建築も多く見られるようになります。イオン系ミニスーパーの「まいばすけっと」も、見事に風景の中に溶け込んでいます。米店と並んで、和菓子店、陶器店などが並ぶ風景はなかなか風情があります。和菓子店の店先には「酒満んぢう」の文字。風流心いっぱいです。やはり懐かしい構えの定食店「伏見屋」は、ちょうど店頭の札が「準備中」に掛け替えられるところでした。残念。北端部分にある煙草店「山茶花」(さざんか)などの看板建築の並びも一見の価値ありです。
 商店街組織がしっかりしていることは、中央付近に「染井銀座サービスセンター」があることでわかります。商店街事務所と町会会館を兼ねているようで、ここで、染井よしの桜のさと駒込協議会が発行する「染井の里駒込 桜物語」のパンフレットをいただいてきました。
 さて、豊島区から再び北区の領域に入りますが、商店街はまだまだ続き、西ヶ原商店街へと進みます。
  <「酒満んぢう」の幟もある懐かしい風景>
DSC_0043_20191228162423.jpg

  <定食店「伏見屋」など>
DSC_0045_20191228162425.jpg

  <しっとり感が増す北半部分>
DSC_0046_20191228162548.jpg

  <北端の煙草店「山茶花」など>
DSC_0049_20191228162544.jpg

・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★★★☆

スポンサーサイト



 | ホーム | 

[№810]栄通り商店街(東長崎)

■■■・・・駅直結だが住宅地に溶け込む商店街・・駅前喫茶で憩いのひととき
歩いた日 R01.08.31 【豊島区】 

 東長崎駅の南側で一番賑わいがあるのは、駅前から続く「長崎銀座」ですが、駅から外に出て本当に前にあるのは「栄通り商店街」なのです。おそらく、十数年前の橋上駅舎改築の際に駅出口の位置が多少ズレた結果なのではないかと、勝手に推測します。
 「栄通り」の東端は長崎銀座に接する駅前三叉路で、角には、そば屋か食堂か居酒屋か判然としない「大野屋」があります。その隣では、たばこの自動販売機が並ぶ前に人がたむろして「一服」しており、なんとも庶民的な光景です。すぐそばには駅前交番があって治安はバッチリ。
  <駅前の「大野屋」、たばこ自販機、マクドナルド等の並び>
DSC02739a.jpg

 ここから西方向へ、線路に沿う形で狭い道沿いに「栄通り」の街路灯が続いています。駅のエレベータが直結する駅近の部分はマクドナルドなどもあって商店街らしい風情で、特に、中華の「麺飯店」は外観がけっこう強烈です。見ている目の前で、女性と男性のそれぞれ一人客が相次いで入店していきました。気軽に入れる街の中華屋という感じ。
  <強烈な印象の「麺飯店」>
DSC02743a.jpg

 そこから西へ進むほどに急速に衰退感が漂うようになります。街路灯は200mほど続くのですが、そのまま住宅地に溶け込んでいく様相です。でも、街路灯がしっかり維持されているのは立派です。 御菓子司「玉川屋」があり、間食用の饅頭でも、と思って覗きましたが、無人状態でした。そんなわけで、駅方向へ戻ります。
  <駅前から少し西へ進んだ部分>
DSC02746a.jpg

  <どことなく哀愁も漂う>
DSC02754a.jpg

  <和菓子の「玉川屋」など>
DSC02751a.jpg

 電車に乗る前に「昔ながらの喫茶店」で一息入れようと思い立ちました。長崎銀座の「オリーブ」も魅力的ですが、栄通りの駅エレベータ直近にある「カフェ・ド・ジャポネ」に目が止まり、吸い込まれるように入りました。駅前にこういう喫茶店があるのは良いですねえ。心地よいムードミュージックが流れる中でアイスコーヒーのひとときです。人の良さそうなマスターが切り盛りし、ご近所のご婦人がたの良き社交場にもなっているようです。こういう場所が本当に少なくなりました。
  <駅エスカレータ前付近(右に「カフェ・ド・ジャポネ」>
DSC02757a.jpg

 駅北側には十字街などもありますが、この日はここまで。また来ましょう。ところで、地名は長崎、南長崎なのに駅名は「東長崎」。これは駅開設当時の長崎村を、長崎県の長崎と区別するために「東」をつけたとのこと。なるほど。

・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★☆☆☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

 | ホーム | 

[№809]長崎銀座商店会

■■■・・・駅南側で賑わいの中心軸をなす商店街には意外な名物店・人気店も
歩いた日 R01.08.31 【豊島区】 

 東長崎駅南口では、西武鉄道の複合施設という「エミリブ東長崎」がオープン直前でした。9月1日から順次開業とのことで、この日は8月末日。最終仕上げ段階のようでした。1階のカフェには「9月1日オープン」の文字が目立ち、また、西友も2年半ぶりの再出店とのこと。上階はマンションのようですが、新たな街のランドマークとなりそうです。
  <東長崎駅前側の「長崎銀座」入口>
DSC02709a.jpg

 これを横目に、まっすぐ南へ伸びる道沿いが「長崎銀座」で、駅側入口と南側出口に立派なアーチがかかります。駅南側では最も賑わいのある通りと言って良いと思います。線路に沿う東方向への道沿いもこの商店会の範囲ですが、真新しい「エミリブ」の建物と対照的な古風な店舗が多いように見え、刺激されてか、建て替えの表示板が貼られているところもあります。
  <喫茶店「オリーブ」など>
DSC02711a.jpg

 南へのメインの道に入ると、すぐ右に惹かれる雰囲気の喫茶店「オリーブ」があります。さらに進むと、青果店が2軒、そして「肉の天野屋」が元気に営業しているのが頼もしく見えます。やはり、生鮮小売店の存在が商店街の活気を大きく左右しますね。また、子どもたちの人だかりができているのが「おもちゃのぶんぶく」。店舗内や店舗脇のスペースで各種カードゲーム等の大会等を連日開催しているようで、ここもまた活気の源泉です。
  <「肉の天野屋」があるあたり>
DSC02716a.jpg

  <人だかりの「おもちゃのぶんぶく」>
DSC02714a.jpg

 そんな賑わいの中に、ひっそりと小さく佇むのが笠間稲荷神社です。情報が少ないですが、常陸の国の笠間稲荷の末社と思われます。やさしく商店街を見守っているようです。
  <笠間稲荷神社>
DSC02721a.jpg

 南へ進むにつれ徐々に人通りも少なくなりますが、そんな中で目に飛び込んでくるのは「オリオン食堂」の看板です。人気のラーメン店らしく、駅にも広告看板がありました。見ている目の前でも人が入店していきます。この通りには他にもラーメン店があり、良い競争が成り立っているのでしょう。
  <人気店らしい「オリオン食堂」>
DSC02724a.jpg

 商店街の南端は光和通りに突き当たったところです。この光和通りの商店街にも渋い看板建築等の店が目立ちます。一方通行ながら目白や新宿へ向かう都営バスが走行し、また、ここをずっと東へ行けば、あの「トキワ荘」跡にたどり着けるのですが、この日は暑さで断念。ゆっくりと日陰を選びながら駅方向に戻りました。

・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

 | ホーム | 

[№808]共栄会(コンコン通り)

■■■・・・ローカルな歴史もさりげなく残る、お稲荷さんに守られた商店街
歩いた日 R01.08.31 【豊島区】 

 東長崎駅の南側で一番賑わっていると思われるのが「長崎銀座」ですが、その100mほど東に並行する通りにこの「共栄会」の商店街があります。北は西武線の踏切が境で、その先は「長崎十字街」の領域となります。南は光和通りまで街路灯が続きますが、店舗が連なるのは中央部付近までという状況です。
 踏切近くには、エスニック料理店や「傘専門」の看板を出す店などがあります。長崎銀座東長崎南口商店会との接点部分から南が商店街らしい様相となりますが、店舗構成では、生鮮品店などは見当たらず、並行する長崎銀座を補う位置づけのようにも見えます。家庭用品の「よこやま」は、店頭に商品を積み上げ、存在感満点です。その向かいには自転車の修理などの店舗もあります。
  <「傘専門」店などがある踏切側の部分>
DSC02690a.jpg

  <家庭用品の「よこやま」などがある部分>
DSC02693a.jpg

 店名を確認しませんでしたが、「合鍵」や「電池交換」などの幟を店頭に掲げる店を横から見ると、ガラス越しにキューピーの人形がびっしり並べてあるのにびっくりです。和菓子の「紅屋」はぼたもちが名物のようですね。
  <ガラス越しにキューピーがびっしり>
DSC02706a.jpg

  <ぼたもちが名物の「紅や」など>
DSC02698a.jpg

 ところで、この通りには「コンコン通り」という愛称がついていて、随所にその表示が見られます。これは、通り沿いにある五郎久保稲荷神社に因むものと思われます。お稲荷さんの狐が「コンコン」と・・・。この神社、密集市街地に貴重な鎮守の森の空間を提供しており、社号の碑が2つ並んであって、ひとつには「正一位 稲荷大明神」と彫られています。「五郎久保稲荷」は平成の命名のようで、かつてのこのあたりの地名を冠したようです。「全国でも数少ない北向きの稲荷神社」とのことで、「長崎村の時代より氏神として地元氏子に厚く守られ」てきたそうです。境内別社として榛名神社もあり、こちらは群馬県榛名山の榛名神社の末社とのこと。
  <五郎久保稲荷神社>
DSC02705a.jpg

 商店街南端で光和通りに出ますが、そこにはまた「光和通り商店会」が形成されています。蒸し暑さのため、その散策は断念しましたが、角に「伊佐佐兵衛の墓」があります。詳細不明ですがこのあたりの有力者だった人の墓のようです。こうしたローカルな歴史がさりげなく残されている・・・そんな小さな発見も商店街歩きの魅力のひとつなのです。
  <光和通りとの角の「伊佐佐兵衛の墓」>
DSC02737a.jpg

・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★★☆☆

 | ホーム | 

[№807]東長崎南口商店会

■■■・・・名前に反して駅南側では一番外れで寂しさが増すが、蕎麦で満足
歩いた日 R01.08.31 【豊島区】 

 長らく、豊島区には商店街マップがないなあと思っていたら、区ホームページ上で偶然見つけました。その「商店街分布図」で、まだ行ったことがないエリアで商店街が密集していそうなところとして東長崎駅周辺に注目し、早速、池袋から西武線で2駅目の東長崎駅に降り立ちました。「長崎」はかなり広い地名で、豊島区成立時の構成4町村のひとつが長崎村だったのですが、今の地名は線路から北が長崎、南が南長崎で、その西の方に「東長崎」駅があるという、少々奇妙な構成です。
 まだ夏の暑さが続く8月末日なので、南側に密集する商店街に的を絞ることとしますが、南長崎といえば、著名漫画家が巣窟とした「トキワ荘」ゆかりの地として知られます。駅にも関連イベントのチラシが置かれていたりしますが、ここからはやや遠いのでそちらはまたの機会としましょう。
 で、まずは「東長崎南口商店会」から参りましょう。名前からすると駅南口の目の前にありそうですが、そこにあるのは「栄通り商店会」や「長崎銀座」。線路南側に沿う道を、長崎銀座の一角を突き抜ける形で進んだ先にやっと「東長崎南口商店会」の街路灯が現れました。ということで、駅南口に密集する商店街群の中では最も東の外れの位置で、かつては賑わっていたのかもしれませんが、現状はかなり寂しい感じです。
  <やっと見つけた「東長崎南口商店会」の街路灯>
DSC02684a.jpg

 東へ進むほど寂しさは増し、街路灯は続くものの店舗は数えるほどとなります。「賀来寿司」は貴重な現役店のようですが、頑張ってほしいものです。中程で交差する道にも街路灯がありますが、ほとんど住宅地の様相で、立派な街路灯の並びがむなしく見えます。「理容すずらん」もシャッターが半分閉まっていますが、スナック「奈々」は夜にはお客が集まるのでしょうか。
  <東寄りで「賀来寿司」より先はほとんど住宅地>
DSC02681a.jpg

  <この先は踏切>
DSC02683a.jpg

  <スナック「奈々」の前から駅方向を見る>
DSC02687a.jpg

 駅寄り入口付近で、そばの「大むら」ととんかつの「よねだ家」が向かい合っていて、どちらかで昼食をと迷いましたが、「大むら」で冷しきつねセットを注文しました。ご飯とサラダ付のセットで美味かったですが、後で調べるとここはカツ丼がボリューム満点とのことでした。
  <そばの「大むら」ととんかつの「よねだ家」が向き合う>
DSC02680a.jpg

 ところで、各商店街共通に「長崎神社御祭礼」の幟が目立ちますが、長崎神社はひとつ隣の椎名町駅の北にあり、そこも長崎の一部で、やはり「長崎」は広い地名だと実感するところです。

・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ☆☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

 | ホーム | 

[№733]池袋本町通り商店会

■■■・・・生活密着型商店街の風情を残すが、計画道路による環境変化が心配
歩いた日 H30.10.06 【豊島区】 

 池袋本町エリアのほぼ中央で、中央通りから分岐し、池袋本町三丁目と四丁目の境をなしながら東上線下板橋駅前までの道沿いで構成されるのが「池袋本町通り商店会」です。前記事の中央通りから「中央」の文字が抜けた名称ですが、実質的に両者により池袋本町地区を南北に貫く商店街を形成していることになります。
  <中央通り側入口に近い青果店などがある部分>
DSC00854a.jpg

 中央通りからの分岐点から間近な位置で青果店が健在なことにまず安心させられます。そこから、現役店の密度はやや薄くなりますが、酒店の「越後屋」のある角のあたりから商店街らしさが復活してきます。スギ薬局が入っているマンション一階で、個人店であろう美容室が区画を占めていたりするのも好ましく見えます。その少し先に鮮魚店が、さらにその先には精肉店があり、生鮮3品の店が揃って残っていることが「商店街が生きている」ことの証と考えると、安心もできます。
  <「越後屋」酒店があるあたり>
DSC00859a.jpg

  <鮮魚店が営業中>
DSC00863a.jpg

  <精肉店も営業中>
DSC00864a.jpg

 しかし、空き店舗化しているものも多く、既に空地となっている部分もあります。下板橋駅の近くでも青果店が廃業したらしい情景が見られました。
  <下板橋駅に近いあたり>
DSC00871a.jpg

 それもそのはず、下板橋駅の踏切手前に都市計画道路補助73号線の事業を知らせる都の掲示板があって、その地図によれば、この商店街の駅寄りの100mほどの区間は完全にこの計画道路と重複し、特に西側面はすっぽりと道路用地に呑み込まれることになります。補助73号線は西新宿と赤羽台を結ぶ予定の幹線道路で、完成すればこの地域の環境、景観は一変するでしょう。
  <下板橋駅前から見る商店街(右側が都市計画道路で削られる)>
DSC00877a.jpg

 この地域の多くは木造建物密集地で、防災面を含め広幅員の道路は必要ですが、商店街やそれを軸としたコミュニティが失われる寂しさもあります。古いものを残すだけが良いわけではありませんが、両者をうまく両立させる方策を見出せれば、とも思います。
 さて、下板橋駅と北池袋駅の間は数百mしか離れておらず、この間にはもうひとつ「池袋協和会」という商店街があるのですが、この日は時間の関係で散策せず電車に乗ってしまいました。池袋本町エリア内4商店街を踏破できなかったのは残念ですが、いつかまた改めて訪れたいと思います。因みに、下板橋駅はその名に反してぎりぎり豊島区内にあります。

・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

 | ホーム | 

[№732]池袋本町中央通り商店会

■■■・・・副都心の隣町で生き残る生活密着型商店街で美味の蕎麦を食す
歩いた日 H30.10.06 【豊島区】 

 池袋本町は1~4丁目まであり、華やかな副都心池袋の陰に隠れた感じの静かな住宅地主体の地域ですが、「中央通り」は一、二、三丁目を南北に貫きます。このあたり、商業的な精気はほとんど池袋駅周辺の繁華街に吸い取られてしまった感が強いのですが、それでもここは、古き良き地域の商店街の雰囲気をまだ残しています。
  <北池袋駅からの道が突き当たる商店街中心部>
DSC00814a.jpg

 この日は、北池袋駅から歩いて、この商店街の中央部分に出たのですが、まず目を引いたのが、「だんご」の幟を掲げる和菓子店「亀屋」の先に、木造平屋建てでしぶとく残っているという感の金物店「石川商店」です。これを見られただけでも来た甲斐ありというところ。貴重な風景です。
  <木造平屋で残る金物の「石川商店」>
DSC00813a.jpg

 このあたりが商店街の中心部で、南と北は商店密度が薄くなりますが、この中心部分には青果店やお茶と海苔の店などもあり、こうした生活密着型の商店街が健在な様子にはうれしさを感じます。
 南側は二又に分かれ、西側の道に入ってすぐのところの蕎麦店「松月庵」が3時までランチタイムで開いているので入店し、力そばを注文しました。長く続く街の蕎麦屋さんという感じの店で、しっかりとした蕎麦の味わいでした。「十勝蕎麦処」の木製看板表札が店内にあったので聞いてみると、やはり北海道産の蕎麦とのことでした。満足、そして満腹。
  <蕎麦店「松月庵」>
DSC00819a.jpg

 その道を川越街道に出る手前に、真言宗豊山派の寺で豊島八十八ヶ所霊場のひとつという重林寺があります。川越街道に出てから再度東側の道に入り直し、商店街を北上しましたが、空き店舗化したものも含め、古き良き建物が散見されました。北方向へ行ったところには、長屋建築で銭湯とコインランドリーが入っているものがあったりもします。
  <古き良き建物も残る風景>
DSC00832a.jpg

  <右側が銭湯も入る長屋建築>
DSC00840a.jpg

 さらにその先には、旧池袋村の鎮守で先ほどの重林寺とも関係があるという氷川神社があります。鳥居の内側の参道が公道化して横文字のアパート等が面しているのが興味深いですが、立派な社殿に二礼二拍手一礼にて参拝しました。実は、既に事業化している都市計画道路補助73号線がこの商店街の一部を呑み込む計画となっており、時代の流れとはいえ、商店街が消滅してしまいませんように、とも祈りました。
  <池袋の鎮守「氷川神社」>
DSC00848a.jpg

・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

 | ホーム | 

[№731]ふれあいロード北池商店会

■■■・・・池袋からひと駅の駅前なのに活気が感じられず残念
歩いた日 H30.10.06 【豊島区】 

 東武東上線で池袋から一つ目、北池袋駅の周辺は、近接の池袋駅界隈の繁華街、歓楽街の喧噪が嘘のように静かな住宅地主体の雰囲気が広がっています。頭上を首都高速5号線が走る国道254号(川越街道)がその境界になっているようです。北池袋駅西側一帯の地名は池袋本町ですが、「本」の字の意味を問いたくなってしまうほどの違い様ですね。
 小さな改札を出ると正面にいきなり懐かしき看板建築の建物があり、右側はすぐ踏切。東上線とJR埼京線をまとめて渡るので閉まる時間が長いのですが、その踏切から西へ100mほどの区間が「ふれあいロード北池」となっています。通りには「池本商人まつり」の赤い幟旗がいくつもひらめきます。池袋本町では、エリア内の4商店会の結束が強いらしく、共同のホームページも持っていて、10月は地域の「ふれあいまつり」とのことで、「商人まつり」もそれと一体の行事なのでしょう。
  <商店街中央付近から踏切方面を見る>
DSC00805a.jpg

 3連休初日の土曜日のせいなのか、シャッターを降ろした店舗が多いようにみえますが、平日は、あるいは夜はもう少し華やかになるのでしょうか。生鮮食品店らしきものも見当たらず、駅前商店街とはいえ地域の生活消費需要に応えようという意欲をかなり失ってしまったような印象です。
  <「モリオカ菓子店」などがある長屋建築など>
DSC00807a.jpg

 懐かしい造りの長屋建築の中で目立つ看板の「モリオカ菓子店」も閉まっているし、上記ホームページではその手前にあることになっている青果店も店の気配を消した状態です。美容室や理髪店が営業しているなあ、という程度で、商店街区間は終わってしまいました。
  <商店街西端から見る風景>
DSC00811a.jpg

 ひとつ興味を引いたのは、駅近くの蕎麦店「長寿庵」。メニューに洋風の要素も混じる個性派の店らしく、ネット上の評価もまずまずなので、散策後に戻って来られたら入ろうかと思いましたが、結局この日はここに戻らなかったので、機会を逃しました。残念。
  <駅前近くの個性派蕎麦店「長寿庵」など>
DSC00798a.jpg

 ところで、この「長寿庵」の向かいあたりから南に入る狭い路地に、明らかに「ふれあいロード」とは異なる街路灯が続いています。寿司店や居酒屋らしきものも見えますが、街路灯に下がるフラグには防犯メッセージと「池袋本町一丁目町会」の文字。別の商店会なのかと思いつつも足を踏み入れなかったのが悔やまれます。またいつか確認に来ましょう。
  <「池袋本町一丁目町会」の表示がある通り>
DSC00801a.jpg

・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

 | ホーム | 

[№654]東池袋栄町通り商店会

■■■・・・今では貴重な「戦後」を伝える空間が残る奇跡
歩いた日 H29.11.25 【豊島区】 

 戦後、池袋駅東口前にあった闇市が区画整理で排除され、その露天商たちの一部が今の東池袋一丁目に集まって再起を果たして横丁を形成した中のひとつが「栄町通り」です。L字型の小路の両端に「栄町通り」のアーチがかかり、小さな夜型飲食店が密集する空間となっています。
<「栄町通り」の横丁の南側入口>
DSC087352.jpg

 「小料理酊八」「かき小屋」「内弁慶」「美里」「江戸一」「鈴」「カウンターバー ルビーⅡ」「スナック早紀子」などなど。ここも土曜の昼は静かな別世界で、周囲の喧騒からは忘れ去られたようなところですが、双方の入口前の道路の人通りは多く、興味深げに覗き込んでいく若いカップルの姿なども見られます。
 仕込みの最中と思われる店から出てきて外で煙草を吸う店主らしき人も若いおにいさん風で、当然、戦後闇市からの再興の時代を知る人はほとんどいないのでしょうが、そうやって世代を変えながらも、今となっては貴重なこの風情が伝え残されているのは、ある意味奇跡かもしれません。
<横丁の内部(1)>
DSC087642.jpg

 駅前闇市からこの付近に移転再起した街は、このほかにも「ひかり町通り」や「人生横丁」などいくつかありましたが、今残っているのはここと隣接する「美久仁小路」だけです。「人生横丁」は、この栄町通りの南に近接する位置で平成20年まであったそうですが、私は見ていません。「美久仁小路」の入口壁面に貼りだされていた昔の写真の中に映画館「人世坐」がありましたが、「人生横丁」はこれに因む名だったのでしょうか。
 いずれにしても、昭和の街並みがどんどん消えていく中で、こうして残されている風景を今のうちに見ておかなければと、焦りに似た気持ちにさせられるのですが、現実には見ないままに消失のニュースを見ることが多いのです。
<横丁の内部(2)>
DSC087602.jpg

 ところで、この東池袋栄町通り商店会は、商店会の名入りの立派な赤い街路灯を持つのですが、その街路灯はL字型の小路だけでなく、東側道路沿いにも並んでおり、表裏一体の組織となっているようです。東側にはいかにも池袋らしい派手な看板のラーメン店やアジア料理店などが並びますが、「鬼金棒」というラーメン店には長蛇の行列ができていました。なんだか不思議な対照の図です。
<東側の通り沿いの店舗群>
DSC087662.jpg

・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★☆☆☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

 | ホーム | 

[№653]美久仁小路料飲商店会

■■■・・・サンシャイン60を見上げる戦後闇市の名残の貴重な空間
歩いた日 H29.11.25 【豊島区】 

 戦後の闇市の名残といわれる場所は都内各所にありますが、2度目の東京オリンピックを前に市街地の再開発等が盛んで、その面影は急速に失われつつあります。比較的早い時期に整理され、当時の露天商の多くを収容したニュー新橋ビルでさえ、再度の再開発の波に飲み込まれようとしています。
 池袋にも、戦後は東口、西口の双方に闇市が広がっていました。東口駅前で「池袋連鎖市場」と呼ばれた闇市が区画整理され、露天商たちは立ち退きを強いられますが、その一部の人々が駅からやや離れた場所に集まって再出発したものがいくつかありました。「美久仁小路」はそのひとつで、夜の飲食店街ですが戦後の空気を今に伝える貴重な空間として残されています。
<「美久仁小路」の西側入口>
DSC087362.jpg

 土曜日のサンシャイン60通りは大賑わいで、人波をかきわけて進むようですが、そこから最初の路地を右に入ると喧騒はやや遠のきます。少し先の変形交差点に面して、2つの小路が口を開けています。それが「美久仁小路」と「栄町通り」。まずは「美久仁小路」に足を踏み入れます。
<小路内部の飲食店群(1)>
DSC087422.jpg

 ビル化が進む周囲の区画に対して、ここだけ低層かつ大半が木造の飲食店が肩を寄せ合うように並び、異質な雰囲気です。途中で鉤型に曲がりますが全体で60~70m程度の凝縮空間で、両側の入口に立派なアーチがかかり、比較的新しい街路灯には「通りぬけできます」と書かれ、何やら玉ノ井の色街をも思い起こさせます。背後にそびえるサンシャイン60とのギャップ感が絶大です。
<背後のサンシャイン60との対照が妙>
DSC087532.jpg

 基本的に夜の街なので、昼間に訪れるのは物好きの極みというもので、嘘のように人通りも少ない静かな空間となっています。「ゆたか家」「味彩」「スナック洋子」「ふくろ」「鹿の子」「瀬里奈」「ずぼら」などの看板が並び、夜にはそれぞれに賑わうであろう店々ですが、この時間はシャッターを閉ざし、あるいは開店準備をしています。「お一人でも気軽に」なんていう表示もありますが、ここにはどんなお客たちが集まるのでしょうか。やはり昭和世代のおじさんが主かな。
<小路内部の飲食店群(2)>
DSC087462.jpg

 独立した商店会を形成し、区商連にも属す組織力を持ちますが、空き地化した部分もあり、入口隣ではビル工事も始まり、いつまでこの風情に浸ることができるか、今のうちに見ておいて良かった、というところです。入口壁面に貼られた昔の池袋の写真が、店主たちの思いを代弁しているようです。
<入口脇に貼られた昔の池袋の写真等>
DSC087552.jpg

・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★☆☆☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

 | ホーム | 

[№565]日出優良商店会

歩いた日 H28.11.19 【豊島区】 
 文京区と豊島区にまたがる「共盛会」という昭和風情の商店街を文京区側から歩いてきて、いつの間にか豊島区に入り、ベーカリー「ミフネ」で間食用の菓子パンを買いましたが、そこの街路灯から「日出優良商店会」の名称に変わり、さらに渋さ満点の商店街が先に続いていました。文京区のマップしか見ていなかったので、これは大発見です。
 いやあ、それにしてもレトロです。サンシャインシティにもほど近いこの位置に、このような街並みが残されていることが奇跡のように見えます。ただ、やはり、ビル化、駐車場化が急速に進行している模様で、工事中の区画もあり、昭和風情が失われていくことに寂しさを覚えます。
 それでも昭和の商店街の代名詞ともいうべき看板建築の店舗が並ぶなど、懐かしい雰囲気を味わえます。居酒屋「大提灯」、中華の「生駒軒」は現役店なのかどうか不明でしたが、精肉の「なりたや」が営業中で、コロッケなども美味しそうに並んでいました。
 少し進むと、渋さを残しながらも立派なビルになったところがあり、その1階が何かと思うと、蕎麦店「蕎誠庵あさひ」です。なかなか良さそうですが、この日は既に別の蕎麦店で食べてしまった後なので外から覗くだけにしました。その先の「伊東食堂」は、土曜のせいでしょうか、閉まっていました。青果店の「高村商店」が「街の八百屋」という良い雰囲気で営業しています。
 道が右に曲がり、都電荒川線の踏切で線路を渡るところまでが商店街の範囲のようです。踏切の手前には「牛舌の店 多津よし」がありますが、先ほどの「蕎誠庵あさひ」、「伊東食堂」も、この「多津よし」も、食べログ等のサイトではいずれも好評価が目立っています。商店街全体としては衰退感がたっぷりと漂っているのですが、このように知る人ぞ知るという名店が健在なのは頼もしいですね。レトロな街のレトロな店を夜に訪れてくつろぎたいところです。
 踏切左右の線路沿いには新しい道路を建設中で、この商店街の周辺環境もまた大きく変わりそうです。「日出優良商店会」という名前も良く、思わぬ発見をした満足感に浸りながら地下鉄東池袋駅に吸い込まれました。
・なつかし度  ★★★★★
・ぬくもり度  ★★★★★
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★★
・ローカル度  ★☆☆☆☆

「生駒軒」「なりたや」などの懐かしい店舗群
DSC061272.jpg

青果の「高村商店」など
DSC061352.jpg

「共盛会」との境界の「ミフネ」
DSC061222.jpg

シックな外観の「蕎誠庵あさひ」
DSC061302.jpg

 | ホーム | 

[№521]池袋坂下通り進商会

歩いた日 H28.05.07 【豊島区】 
 池袋駅から北西方向で、トキワ銀座の延長上の「ロード十三通り」、元ファミリーロード(池袋仲通り商店街)と抜けていくとその先に現れるのがこの商店街です。「ファミリーロード」は商店街の看板を下ろしてしまったのに対し、この坂下通りは現役で、街路灯に商店街名を染め抜いた大きなフラグが並びます。「進商会」という名前が良いですね。前向きに進むという姿勢の表現でしょうか。
 しかし、全体の雰囲気は、先進性どころか逆に十二分にレトロです。池袋のエリア内にこんなに昭和感満載の商店街が残されていることに驚きさえ感じます。古い建物の商店が多く、街路灯の効果もあって商店街らしさは保っているのですが、連休中の土曜日に来たのが悪かったのか、シャッターが閉まった店が多いのが残念です。これらが本物のシャッター店ばかりでない(連休なのでたまたまお休みが多い)と思いたいものです。
 そうしたシャッターの店も含めて、青果店の看板が多いことに救われます。「八百久」、「八百しん」、「八百芳」といった具合。このうちこの日に営業していたのは「八百芳」のみで、道の両側に同名の店を構えています。このほか、目を止めさせるのは、ちょっといい感じの豆腐店、薬局の隣で焼き鳥等を扱う古風な構えの「鳥元商店」など。
 それらを眺めながら進み、上空に首都高速がかぶさる山手通りが近づくと、いつのまにか庚申通り商店会の領域となります。谷端川緑道(ここが区界)が境界ですね。うるおいの小道と言いたいところですが、池袋という場所柄、夜は怖そうな感じです。庚申通り商店会は、山手通りの向こうへと続いており、そのまま進むとえびす通り高松商店会など要町の商店街群に続くはずで、「延々と続く商店街」の風情はできるだけ残していきたいものです。
 この日はここまでとしますが、坂下通り進商会の中ほどから北東方向を見ると、池西十字商店会のはずれ部分が見えます。そちらの一帯はもと三業地だったエリアのはず。三業通りという通りもあるようですが、その探索はまたの機会としましょう。最近拡幅された道沿いには御獄神社があって、古くからこの地を見守ってきたようです。池袋の奥深さの一端に触れた思いで駅に戻りました。
・なつかし度  ★★★★★
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

シャッター店が目立つ南東側入口付近
DSC048532.jpg

2つの「八百芳」があるあたり
DSC048602.jpg

「TOFUとうふ」の店
DSC048552.jpg

「鳥元商店」など
DSC048622.jpg

 | ホーム | 

[№520]十三通り商店会(ロード十三通り)ほか

歩いた日 H28.05.07 【豊島区】 
 土曜日の昼に、ぶらりと池袋駅に降りました。池袋駅周辺には商店街が多数あるので、どこか見ていこうと西口へ。地上に出て北方向を見ると、ロマンス通り、エビス通り、西一番街中央通りなど、夜はキラキラと輝き、酔っぱらい天国になる商店街がひしめいていますが、これらを昼に観察するのも無粋なので、そこは通り抜けて東西方向のトキワ銀座へ出ます。
 ここもまだ繁華街の延長上で、ラブホテルなども目立つところ。どうもレポートの対象にはならないなと西に進むと、道が急に狭くなり、そこから「ロード十三通り」の街路灯が並びます。やっと繁華街から生活型の通りに移ったという感じで、歩調を緩めます。とは言うものの、やはりここも池袋の一部。外国人の姿も多いですね。それにしても「ロード十三通り」という名前には少々笑えますね。「ロード」と「通り」って。「十三」は何を意味するのでしょう。
 ネット情報ではこのあたりに「ワンコイン」が売りで外壁全面が「メニュー」になっていたという「カツ膳」という店があったそうですが、閉店してしまったようで、見当たりません。今あるのは、「キッチンみのるや」や「ダイニングバーあかずきん」など。ほかには?と思いながら歩を進めると、あれっ、もう終わっちゃった。百メートルにも満たない「通り」でした。
 しかし、街路灯は途切れますが、その先にもポツポツと商店が見えます。どうやらそこは「ファミリーロード(池袋仲通り商店街)」と呼ばれていた区間のようですが、商店街の看板を下ろしてしまったのですね。関野病院や池袋幼稚園の園庭が面しているので明るく、その斜め向かいには公園があって、その奥には池袋図書館もあります。でも確かに商店街らしさは失われています。
 以前にも紹介した三遊亭円丈師匠の「日本一長~い商店街」の始まりの部分をなすところで、その記事には「ファミリーロード」の記載があるので、商店街の看板を下ろしたのは最近なのでしょう。せっかくの商店街の連続性が途切れてしまったようで悲しく思います。公園の先の下り坂沿いにもいくつかの店がありますが、坂下からは「池袋坂下通り進商会」の街路灯が並ぶ現役商店街の区間に戻ります。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★☆☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

「ロード十三通り」の東側入口付近
DSC048752.jpg

「ロード十三通り」を西側から見る
DSC048732.jpg

旧「ファミリーロード」の状況
DSC048472.jpg

旧「ファミリーロード」の西端付近
DSC048512.jpg

 | ホーム | 

[№493]巣一商店会

歩いた日 H28.02.06 【豊島区】 
 豊島区巣鴨一丁目だから「巣一」。わかりやすいですね。巣鴨駅から南の白山通り沿いの両側、文京区境までの区間ですが、駅南のロータリーまわりも範囲に含まれるようです。地蔵通りなどの賑わいとは反対方向なので観光的色彩はなく、文京区本駒込六丁目や千石四丁目の住民などの駅への通り道としての役割が大きいようです。
 白山通りの幅員が非常に広いので、ひとつの商店街でありながら左右の一体感は乏しく、両側を行ったり来たりの散策はしにくいのですが、歩道も広く電線類が地中化されているので、景観がすっきりしていて歩きやすいです。駅に近い部分は飲食店も含めて駅前らしい店舗構成で人通りも多いのですが、全体には商業と業務系が入り交じった繁華街という印象です。
 全国チェーン店も多く見られる中に、昔から続いていると思わせるような店も混じります。「美保堂時計店」や「はい原酒店」、「ナカワデ書店」、「高木金物店」、お茶の「冠城園」、「萩原薬局」など。建物はおそらく道路拡張時に新しくなったのでしょうが、店の雰囲気が歴史オーラを放っているように見えます。そして、駅に比較的近い位置で看板建築の独立建物で頑張っている鮮魚店「魚公」が実に良いですねえ。ほとんどの通行人は無視するように通りすぎていきますが、地元に愛され続けているのでしょう。
 ベーカリーでは、リトルマーメイドもあるのですが、「ブーランジェリートースト」がなかなかお洒落な良い雰囲気で年配者も含めて人を集めていました。また、駅近くの喫茶店「伯爵」は、裏の巣鴨駅南口一番街の側からも入れますがこちらが正面で、懐かしい「純喫茶」というべき店です。古美術・刀剣の「山城屋」の店頭ショーケースの鎧兜にも思わず立ち止まってしまいます。
 帰りがけに、駅近くの歩道上で「徳川慶喜巣鴨屋敷跡」という石碑を見つけました。江戸幕府の最後の将軍慶喜が晩年の明治30~34年にここに住んだという解説板が、商店会と区教育委員会の連名で設置されています。白山通りは中山道ですから、いろいろな歴史が刻まれているのですね。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★☆☆☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

広い歩道に新旧の店などが並ぶ商店街
DSC039992.jpg

異彩を放つ「魚公」など
DSC040312.jpg

「徳川慶喜巣鴨屋敷跡」の碑
DSC040332.jpg
 | ホーム | 

[№492]巣鴨駅南口一番街

歩いた日 H28.02.06 【豊島区】 
 巣鴨といえば高齢者たちに人気の地蔵通り方面への人波が絶えませんが、そちらはもはやA級商店街でしょうから、この日は駅から逆の南側へ白山通りを歩こうと山手線の線路を跨いだのですが、ロータリーを挟んだ正面に「巣鴨駅南口一番街」の門型アーチが見えました。白山通りの一本裏の通りです。ちょっと覗くだけで、ここが夜型の歓楽街であることがわかります。
 長さ100mちょっとの区間ですが、大きく2区画に分かれ、特に最初の1区画は「○○サロン」等の風俗店集積地帯です。昼時はさすがに白けた雰囲気で、駅前なので普通に通り抜ける通行人もあるのですが、入口角のビルの窓には「ガールズバー2000円飲み放題」の大広告が貼られ、途中には呼び込みのお兄さんが立っていたりします。そんな中に「純喫茶」と言うべき「伯爵」が存在感を出しているのが救いですが、こちらは実はその裏口で、白山通り側が店の正面です。
 カメラを構えながらの散歩なのでさすがにお兄さんに声をかけられることもなく無難に1区画目を通過すると、2区画目の入口角は健全で綺麗な美容室。そして、さらに進むと左側に、まさに「昭和の残像」と言うべき風景が目に飛び込んできます。長屋風の古びた2階建ての建物で、スナック系が5~6軒並んでいます。ただの古長屋と言ってしまえばそれまでですが、昭和世代は思わず声を上げて立ち止まって眺めてしまいます。
 まあ、こういう感動も昼に見るからであって、夜は時代がかった建物もネオンや照明の華やかさに隠れ、酔どれの世界に人を誘うことでしょう。駅側の区画は特にギラギラでしょうね。「おばあちゃんの原宿」とは別の、巣鴨のもうひとつの顔を垣間見た気分です。でも、そういうところでも、ここは豊島区商連加盟のリストに名を連ねる商店街のひとつなのです。
 さて、改めて駅前ロータリーに戻り、多くの人と車が行き交う白山通りの「巣一商店街」に歩を進めました。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

駅前ロータリー側の商店街入口
DSC039712.jpg

感動すら覚える昭和長屋建築のスナック群
DSC039842.jpg
 | ホーム | 

[№431]えびす通り高松商店会

歩いた日 H27.06.20 【豊島区】 
 地下鉄要町駅付近の「えびす通り商店街」のアーチから「えびす中通り商店会」、「えびす通り仲見世商店会」と歩いてきたら、またいつの間にか街路灯が変わって「高松商店会」になりました。確かに、両側の地名は高松一・二丁目になっています。街路灯に下がるフラグには「まぁるい笑顔の高松ストリート」の文字とふくよかなえびす様のイラストが描かれています。
 商店街の境目付近にあるのが古風なたばこ店や理髪店の並び、その向かいには和菓子の風月堂。店先に鳥籠がぶら下がる古い店舗の黄色い日除けテントには「襖」の大文字が。こういう店は今となっては貴重ですよね。
 やはり商店の連続性は保たれなくなっており、一般住宅化した部分も見受けられます。ここも何やら建て替え工事中の区画の隣に、小さな庚申塔が大事に守られるようにありました。花が飾られ、小さな賽銭箱も置かれています。こういう歴史を伝える事物は大切に残したいものです。
 その先で道が右(東)に折れてすぐのところに「山形屋」という惣菜店がありますが、視線を前方に移すと、正面に高層ビルがそびえ立っているのが見えます。あとで確認すると「シティタワー池袋ウェストゲート」という高層マンションのようで、寂れた商店街とのミスマッチ景観が印象的です。
 定食店や米穀店などが現れますが、そこはもう「高松商店会」からは外れていて、この先はさらに店舗密度が薄くなりそうなのでここで引き返しました。でも、そのまま進めば池袋駅方面まで商店街が連続しているはずです。
 池袋から要町、椎名町付近を巡って池袋駅方面へもどる連続商店街ルートの中ほどをつまみ食い的に歩いただけですが、やはりどこも時代の流れにはついていきにくいようです。昭和おじさんがノスタルジーを感じる価値しか持たないようになっているとしたら寂しいですが、そうした中でも現役の店にはできるだけ頑張ってほしい、そしてできることなら、リノベーション等で新しい価値を生み出してほしいとも思うわけです。「言うは易し」ですがね。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★★
・ローカル度  ★★☆☆☆

高松商店会の南側入口付近
DSC02042.jpg

正面の高層マンションとのミスマッチ風景
DSC02032.jpg

さりげなく残る庚申塔
DSC02030.jpg
 | ホーム | 

[№430]えびす通り仲見世商店会

歩いた日 H27.06.20 【豊島区】 
 要町駅側から「えびす中通り商店会」を北方向に歩いていくといつの間にか街路灯が変わって、そこには「仲見世商店会」の表示が。ここもずっと「えびす通り」のお仲間です。
 やはり渋いですねえ。シャッターを閉ざした「あづまや呉服店」の隣には「うれし野」という手打ちうどん店。その隣には昭和からそのままという感じの青果店。呼び込みの声が元気です。こういう生鮮品店が健在だとうれしくなります。通りすがりのご婦人の「どれが美味しいの?」の声かけに「全部だよ」と返す、そんな掛け合いが微笑ましいです。
 「コンビニエンスストアIzumiya」と掲げる店はシャッター店と化していますが、その向かいには「絆 がんばろう東日本」と大書された建物が構えます。町会の会館のようです。商店街と町内会が一体化しているようで良いですね。向かいには、薬局と小さなベーカリーが営業中です。
 交差する路地をわずかに左に入ったところには「延命地蔵尊」がおわします。由緒は不明ですが、小さいながらがっしりしたお社にお入りになって、道行く人たちを見守っています。街の盛衰を見続けてきたことでしょう。今の商店街をどのようにご覧になっているか、訊ねたいところです。
 店舗の並びが途切れているところもあって、「仲見世」というわりには商店街としての衰退感は免れませんが、道の細さゆえか安心してゆったりと歩ける雰囲気が好ましいです。
 で、「昔はこういう店がよくあったよなあ」と思わせるようなたばこ店や理髪店、和菓子の「風月堂」などが現れて、またほのぼの感が増したと思ったら、その上の街路灯がまた変わっています。ここから先は「えびす通り高松商店会」。本当に小さな商店街の連続です。これらの商店街が、周辺の人口密度の高い地域の賑わいの軸として機能していた時代があったわけで、そういう時代には小さな商店街組織が競い合って栄えていたのでしょう。今の環境では、その小さい組織が維持されているだけでも健気に見えてしまいます。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★★
・ローカル度  ★★☆☆☆

気さくな昭和ムードの青果店やうどん店など
DSC02016.jpg

ベーカリーや薬局などの並び
DSC02020.jpg

延命地蔵尊
DSC02043.jpg
 | ホーム | 

[№429]えびす中通り商店会

歩いた日 H27.06.20 【豊島区】 
 以前、何かの記事で、池袋駅西口付近から要町、椎名町付近を巡ってまた池袋駅付近まで、延々と商店街が続いているという情報を読んだ記憶があり、改めて検索してみると、落語家の三遊亭円丈さんの「日本一長~い連続商店街はどこ?」と題したその歩行記録を見つけました。さすがにそれを全部一度に追跡するのは大変そうなので、中間地点の要町あたりを覗いてみることにしました。
 池袋から和光市方面への地下鉄有楽町線を作るときに同時に拡幅整備された都道放射36号線(要町通り)は広い歩道つきの立派な道路ですが、これで分断された細道の商店街入口に「えびす通り商店街」の時計付きのやや古びたアーチがかかっています。要町駅の千川寄り出口からすぐのところです。円丈師匠の記事でも商店街が実に細かく分かれていると説明され、たぶんこのアーチ下の導入部分は要町通り沿いと一緒に「要町新栄会」に属しているのですが、アーチからこの通りに入ると間もなく「えびす中通り商店街」となるので、今回は一体として扱います。
 やはりかなり衰退感が強く、空き店舗や一般住宅化している部分もありますが、道の細さもあって全体には昭和ムードを味わえます。看板、店構えなど懐かしい雰囲気のものが多く残ります。青果店、鮮魚店も健在です。池袋に近いものの木造密集住宅街の様相が強いこの界隈の生活を長く支えてきたという風情です。青果店を若い女性数人が覗き込んでいるのも良い光景です。
 なるほど個々の商店街は短く、気づけば街路灯が変わって別の商店街となるのですが、次の「えびす通り仲見世商店会」から「えびす通り高松商店会」までは「えびす通り」の名を共有しているようなので、そちらまで往復歩き、ここに戻ってから昼食にしました。入ったのはとんかつの「丸幸」。チキンセット定食と迷った末にコロッケセット定食700円也を注文。気軽な街の食堂という雰囲気で、隣に座った近所の方と思しき男性もマスターと友達らしく、地元の話題で盛り上がります。理髪店の跡継ぎがいない話など、商店街の行く末を考えさせられる話題も。
 まあそれでも、コロッケと一緒にほのぼの気分も味わったひとときでした。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★★☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★★
・ローカル度  ★☆☆☆☆

青果店を若い女性たちが覗く
DSC02049.jpg

レトロなここはたぶん「要町新栄会」の範囲
DSC02006.jpg
 | ホーム | 

[№355]椎名町駅前すずらん通り商店会/椎名町駅前中央通り商店会

歩いた日 H26.09.20 【豊島区】 
 椎名町駅に降りた人が北側の住宅地に向かう際にまず通る商店街がこの2つのどちらかでしょう。駅から西へ線路に沿う方向に向かうとすぐ正面にアーケード街が現れますが、これがすずらん通り、この右(北側)に接続するのが中央通りです。アーケード入口角にあるカフェ「のら」は、果物店が経営するカフェとして人気のようですが、ここがどちらの商店会に属するのかは不明です。
 アーケードのすずらん通りは、駅からスーパー「サミット」方面への抜け道にもなっていますが、狭い道の両側に店舗が密集し、「駅前マーケット」という雰囲気です。寿司店、中華料理店、洋品店、生花店、不動産店などが並びますが、サミット側出口にあるうなぎ・やきとりの「鳥昇」は庶民の味方ぶりを存分に発揮しています。この脇に踏切があるため、線路の反対側からも集客できているようです。
 中央通りも道幅が狭いですが、青果店や「おぐろのまぐろ」という魚店、古書店やラーメン店、米店などがあって生活感濃厚で、駅直近にもかかわらず「渋さ」も全開です。居酒屋「正ちゃん」の隣の「羽深食料品店」などは立派な看板建築で、昭和の商店街の風情を継承しているようです。
 中央通りは、仲通りサンロード、サミット通りという商店街に続くエントランス機能も持っており、各商店街は密集しつつもそれぞれ違った個性を見せているところが良いですね。中央通りからサミット通りを抜けると、さらに延々と隣の東長崎駅付近まで商店街が続いているのですが、この日はここで昼食タイムとしました。
 入ったのはすずらん通りの蕎麦店「尾張屋」。大もりそばで満腹感を味わいます。それにしても、蕎麦店に「尾張屋」の屋号は多いですね。ここも他店から暖簾分けされたそうです。このあたりは狭い道ばかりで防災上は問題もありそうですが、豊島区の山手線西側には、このような小さいながら古き良き魅力を残す商店街がまだまだ多くありそうで、また機会を作って探訪してみたいと思います。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★★☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

「うまいやきとり」があるすずらん通り
DSC09920.jpg

中央通りの懐かしい雰囲気の店舗群
DSC09932.jpg
 | ホーム | 

[№354]椎名町本通り商店会(椎名町サンロード)

歩いた日 H26.09.20 【豊島区】 
 椎名町駅の北側に密集する商店街群のうち、このサンロードが中心的存在でしょうか。道幅が最も広い、とは言ってもせいぜい6~8m程度ですが。南北の端に昭和の香り漂う大きな「椎名町サンロード」のアーチがかかっています。この日は、お隣の仲通りを南から北に抜けてきた帰りに、北から南へとこの商店街を見て歩きました。
 この通りは、長崎一丁目と二丁目の境に当たるのですが、「長崎」は西武線の北側で東西に細長く、東から順に一丁目、二丁目と六丁目まであり、線路の南側では同様に「南長崎」が一~六丁目と並んでいます。つまり、椎名町駅や「椎名町」を冠する名の商店街が複数ありながら、「椎名町」という地名が今はないのです。商店街アーチは、この埋もれてしまった「椎名町」の名を懸命に主張しているようにも見えます。
 北側入口に近い和食レストラン「おふくろ」が地域密着色を十分に発揮しているのを見ながら南へ進みます。自転車店、美容室、写真店などが並ぶ先には歴史を感じさせる構えの「カネナカ豆腐店」があります。中ほどの四つ角に面する「田中インテリア」は、カーテンや室内品を目いっぱい道にはみ出して陳列し、壮観です。この四つ角の左右にも商店街が滲み出しているようです。
 生鮮品は「生鮮市場アルス」というスーパーがほとんど引き受けているようですね。店の前には自転車がいっぱいです。チェーン店では他に「マツモトキヨシ」もありますが、全体に個人店の比重が多いようです。南側入口近くの「東京海苔」も渋くて良い雰囲気です。
 懐かしい風情が味わえる一方で、工事中の店も複数見られ、新陳代謝もそれなりに進みつつあるようです。コンクリートミキサー車が北から南の端まで入ってきましたが、ここから南のサミット通り、中央通りはいずれも道幅が狭く通行ができないので、苦労して方向転換し、北へ戻っていきました。ここまで来ると駅も近く、商店街が切れ目なく続く連続感を味わえます。サンロードは、この前に歩いてきた衰退感の濃い仲通りに比べれば十分に活気を維持していると言えそうです。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

商店街を北側入口から見る
DSC09901.jpg

懐かしさを感じる「カネナカ豆腐店」など
DSC09908.jpg
 | ホーム | 

[№353]仲通り商店会(椎名町)

歩いた日 H26.09.20 【豊島区】 
 椎名町は人でごった返す副都心池袋から西武池袋線で1つ目の住宅地の中の駅。コンパクトに橋上化された駅の通路には「トキワ荘ゆかりの地」の案内図が。トキワ荘は、昭和30年代前半ごろに手塚治虫氏はじめ著名漫画家たちが多く暮らした木造アパートで、駅から南西に500mほどの跡地周辺には当時を偲ばせる事物が点在し、ファンたちの散策コースになっているようです。
 今回はそれとは逆の北口周辺を歩きました。駅から見下ろす右手には長崎神社と金剛院の森があり、それらの社寺に守られるように市街地が広がりますが、駅前広場空間がほとんどなくいきなり商店街が始まり、その密度はかなりのものです。駅を背に左へ、すずらん通りを正面に見て右に折れると最初の四つ角までの数十メートルは中央通り商店会の領域で人通りも多いですが、そこから先の正面(北)に続く4~5m程の幅の道は静かな雰囲気となり、これが「仲通り」です。
 入口の右手角には時が止まったような洋館風二階建ての堂々とした建物があり、これは「道歯科医院」。思わず見とれてしまいます。仲通りは、生鮮品店があるわけではなく、商店街としては賑わいに欠けますが、入口近くの「魚がし寿司」がランチ営業している隣に傘専門店があったり、ヘアサロン(理髪店)が2軒あるなど、興味深い光景も見られます。中ほどの、居酒屋らしき「ひまつぶしの店いもや」もほのぼの感いっぱいですね。
 北側出口角の建物も年季が入っていますねえ。「熊本米店」の看板がありますが、煙草店のようでもあり、「ハムソーセージ」の文字も色あせて見え、何の店なのか不思議な感じです。
 一方で空き店舗も多く、ここでも後継者難を伺わせます。緑色のユニークな街路灯が妙に目立って見えます。日常の集客力は近くのスーパー「サミット」や並行する「サンロード」に譲ってしまったようです。また、このあたりは、駅の東で線路を跨ぐ山手通り以外に大きな道がないせいか、住宅地としては静かですが、逆に狭い道ばかりの「木造密集地域」で、都の「不燃化特区」にも指定されており、安全性の観点からは今後の環境変化も予想され、商店街の行く末も案じられます。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

駅側入口(右は「道歯科医院」の洋館風建物)
DSC09936.jpg

北側入口の「熊本米店」など
DSC09899.jpg
 | ホーム | 

[№337]大塚三業通り商店街

歩いた日 H26.08.09 【豊島区】 
 2年以上前に大塚を訪れた時から、駅南東側の信号下にある「大塚三業通入口」の看板が気になっていました。三業とは言うまでもなく、料亭、待合、芸妓屋(置屋)で、三業地はかつての花街の代名詞ですね。戦前は、池袋などより大塚の方が数段賑やかな都会だったそうで、そこに最盛期には600人以上もの大塚芸者がいたとのこと。今はその名残がわずかに見られる程度ですが、そんな大塚三業通りに昨年(平成25年)末に新たに商店会が発足したとのことです。
 昨年9月の大塚駅ビル(アトレヴィ)開業を契機に有志が集まって組織化したそうで、今後の展開が期待されますが、まずはかつての栄華の跡をたずねながら現状を観察することとしましょう。
 上記看板の下から入る道が三業通りですが、この道は大正期ごろまでは谷端川という川筋だったようで、右に左にとカーブしています。道なりに進むと右奥に、料亭の老舗という「なべ家」が見え、さらに進むと左に料亭「和可月」がしっとりと構えています。その途中にはラブホテルがあったりして、色街ならではの取り合わせと苦笑させられます。
 やがて道幅がやや広がる一角があり、このあたりがかつて見番もあった三業地の中心部だったようで、後で検索すると、マンションとなった一室に今も三業組合の事務所があるそうです。一歩裏の道へ入ると、いかにもという構えの「大豊」や「浅元」などの料亭があり、興味をそそられます。大塚三業地にはまだ芸者さんが現役で残っているそうで、その活躍の場があるということですね。
 川筋跡の道沿いには、天ぷらやうなぎ、寿司、蕎麦店、割烹等の昔からと思わせる店が点々とあって、花街らしさを感じさせます。逆に、一般的な商店街にあるような食料品などの物販店はあまり見られない一方で、上記中心部跡の角のたばこ店はなぜか存在感があります。またわずかに青果店や花店などがあるのが、生活との接点を感じさせます。
 もっとゆったりと雰囲気に浸りたいところでしたが、雨が降り出しそうだったので足早に駅方向に戻ってしまいました。でも、何か「特別な」空間に入り込んだ感覚を得たひとときでした。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★★★☆

かつて見番もあったという三業地の中心部
DSC09379.jpg

路地裏にしっとりと佇む料亭「大豊」
DSC09390.jpg
 | ホーム | 

[№336]サンモール大塚商店街

歩いた日 H26.08.09 【豊島区】 
 台風接近で今にも雨が降りだしそうな空でしたが、2年以上ぶりに大塚駅に降り立ちました。今回は南口へ。南口側にはいくつかの商店街があって、それらが「南大塚ネットワーク」として共通のホームページを作成しており、各商店街のマップもあるので便利です。天気も怪しいので駅の目の前の「サンモール大塚商店街」へ。天祖神社の手前の縦横の道沿いに展開する商店街です。駅正面の入口アーチは鳥居型で、天祖神社とともに歩む商店街であることを主張しているようです。
 全体に飲食店が多い構成ですが、夜の町というわけでもなく、和菓子店や洋品店、靴店など物販店も混じり、駅から背後の住宅地方面へ抜ける人の流れがあるので賑わいがあります。路地を覗くと、鮮魚店や精肉店なども元気に営業中で、独特の雰囲気を醸しだしています。雑然とした感じではあるけれど、神社のお膝元だけあって健全な雰囲気で、地域の台所空間として機能している様子です。
 天祖神社は天照大神を祭神とし、かつての巣鴨村の鎮守であったとのこと。賑やかな商店街に囲まれた位置にあっても石段を昇った境内は緑豊かな木々に囲まれ、清浄な空気に満たされているように感じました。訪れる人が途切れず、石段下の道路から鳥居越しに手を合わせていく人も見られます。地域の人々の心のよりどころとなっていることがよくわかります。
 さて、訪れた日の2週間後の8月23日(土)には「東京大塚阿波踊り」が盛大に催されるそうで、商店街内には告知のバナーフラグが各街路灯に掲げられています。今年が第42回とのことで、広域的集客イベントとして大いに定着しているようです。サンモールのほか、会場の南大塚大通りを囲む盛和会や商興会といった商店会等が一体となっての阿波踊りは、大塚の元気の源なのでしょう。
 サンモール内の路地で威勢の良い鮮魚店の向かいにある蕎麦店「みとう庵」で、かき揚げせいろそばを賞味しました。板そば風の盛りつけで、都心部のビジネス街にも店舗を持つチェーン店のようです。「千成もなか本舗」や和菓子の「桃太郎」、「林精肉店」の前などでも思わず足を止めつつ、降り出した雨の中を駅に戻りました。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★★☆

雑多だが健全な雰囲気の商店街
DSC09354.jpg

地域の守り神「天祖神社」
DSC09361.jpg
 | ホーム | 

[№271]お岩通り商店会

歩いた日 H25.12.07 【豊島区】 
 都営三田線の西巣鴨駅の南、国道17号の都電新庚申塚電停の踏切の南から北東へ入る道が「お岩通り」です。旧中山道の庚申塚から、商業色の薄い栄和通りを歩いてきて、17号を渡った延長上のこの通りに吸い込まれました。空腹だったので入口近くの蕎麦店「宝家」に惹かれましたが、まずは商店街名の由来である「お岩さん」のお墓を見ようと先に進みました。
 ここも商店街らしさは失われており、歩道はあるものの歩く人の姿は少なく、賑わいにはほど遠い雰囲気です。そんな中に、すばらしく年季の入った看板建築の建物がありました。看板の大きな文字もさび付いてほとんど読めないくらいですが、「新茶」の暖簾がかかる現役のお茶屋さんのようです。そんな文化財級の建物もこの通りでは「点」の存在で、レトロ感が続いているわけではないので、商店街としての個性が見出せません。
 そんなことを考えながら歩くといつのまにか商店街の終端。その手前に、手焼きの「黄金せんべい」とその向かいには和菓子店があって思わず立ち止まりますが、あれっ、お岩さんはどこだったのだろう。地図で確かめると、お岩さんの寺の「妙行寺」の入口を通りすぎていたようです。先ほどの看板建築の付近まで戻って脇道から都電の踏切を渡ると立派なお寺が現れました。
 お寺の方に伺って境内から墓地を進むと、お岩さんのお墓は一番奥にありました。お岩さんといえばもちろん四谷怪談。この寺も四谷にあったものが明治42年に移転してきたそうで、この地が怪談の舞台ではないようです。お墓手前の説明書きには、お岩様が病で亡くなってからお家に災いが続き、妙行寺上人の法華経の功徳で一切の因縁が取り除かれた、とあります。お墓はきれいに管理され、花が手向けられており、思わず神妙に手を合わせました。
 さて、商店街入口付近に戻り、「宝家」で昼食です。お昼のセットもあって庶民的な蕎麦店という感じです。「半かつ丼ともりそば」というCセットをいただき、満腹感を得ました。しかし、「お岩通り」とはいうものの、名前だけの関わりでしょうか。「お岩さん」をもっと活かせる方法はないものか、などと考えるのは余計なお世話でしょうかね。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★☆☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

蕎麦の「宝家」などがある商店街
DSC07486.jpg

お岩さんのお墓(妙行寺)
DSC07482.jpg
 | ホーム | 

[№270]栄和通り商店会

歩いた日 H25.12.07 【豊島区】 
 喧騒を極める巣鴨地蔵通り商店街の北の端、庚申塚商栄会との境となる交差点で斜めに交わる道の南方向は折戸通り、北側が栄和通りです。この交差点の角に「庚申塚」があり、栄和通りの起点ともなっています。まずはこの庚申塚にお参りです。
 庚申信仰、庚申塔は各地にありますが、ここの庚申塔は中山道の板橋宿の手前の立場(休憩所)として多くの旅人たちで賑わう江戸の名所であったとの説明書きがあります。その様子は「江戸名所図絵」にも描かれているようです。猿田彦大神ということで、狛犬ならぬお猿様が目を光らせています。
 さて、ここから始まる栄和通りですが、商店街らしさがほとんど感じられないと言っては失礼でしょうか。交差する旧中山道の地蔵通りや庚申塚商栄会との落差が大きすぎます。庚申塚という集客資源に接し、地蔵通りからの滲み出しも期待できる位置にありながら、商業色を失ってしまったように見えます。店舗風の古い建物も残されていますが、現役店はわずかというところ。中ほどの片側は大きなマンションの無機質な建物となり、その一階に用意された店舗スペースでお洒落そうな喫茶店が営業しているのが唯一の救いといえます。
 広幅員の国道17号との交差点までが範囲ですが、その近くに高層マンションも建っているものの、それらの住民の消費需要とは無縁の様相です。都電の庚申塚と新庚申塚の両電停を結ぶ線上にありますが、「栄和通り」の街路灯が寂しげに続き、これを維持するだけでも大変そうです。国道17号近くはビル化しているものが多く、出口角のマンション一階ではクリーニング店が営業していました。結局、興味を引くような店は見当たらないまま、通り抜けてしまいました。
 この交差点で17号を横切った先には「お岩通り」が続きます。思わず、お岩さんの刺激を求めて交差点を渡ってしまいました。
・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★☆☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★☆☆☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

「庚申塚」を右に見て始まる栄和通り
DSC07453.jpg

商業色がほとんど感じられない通り
DSC07487.jpg
 | ホーム | 

[№269]庚申塚商栄会

歩いた日 H25.12.07 【豊島区】 
 旧中山道上で、「おばあちゃんの原宿」と言われる巣鴨地蔵通り商店街の北の延長上に位置する商店街です。巣鴨駅からは1km以上の距離があり、さすがにここまでは高齢者の喧騒は及ばず、店舗構成も高齢者向け特化ではなく普通の商店街の印象です。この日は、地蔵通りの喧騒を避けて、地下鉄で一駅先の西巣鴨駅に降り、地蔵通りとは反対の北側からこの商店街に入りました。
 北側の明治通り沿いには仏教系大学として知られる大正大学があり、商店街に入ると、頭上の街路灯には「大正大学さざえ堂」の文字とイラストを描いたフラグが下がります。ほどなく左側の間近に半年前に完成した「すがも鴨台観音堂」がそびえ立っているのが見えます。二重螺旋構造の形態から「さざえ堂」の別名を与えられているようです。仏教文化施設として地域交流の場も目指しているそうで、その姿は異彩を放っています。
 新たなパワースポットを得て、商店街も賑わいを増すことが期待されますが、少なくともこの北側部分は地味な印象で、古そうな商店や建物が目立ちます。ただ、旧中山道だけあって、かつては何かの店舗だったのであろう木造建築が風格を見せていたり、看板が剥がれかかった酒店が立派に営業していたり、逆にそういう風情を売りにできないかとも思えます。
 南へ進むと徐々に人通りや店舗密度も増しますが、やはり歴史のありそうな店が多くあって温かみを感じます。餃子店には人だかりができていますが、名物店なのでしょうか。青果店や鮮魚店もあって日常生活ニーズにも応えています。スーパーの「コモディイイダ」も商店街の街並みにすっぽりと溶け込んでいる様子。商店街の中ほどに延命地蔵尊があるのも、旧街道らしいところです。
 都電の踏切の脇にある庚申塚電停は、地蔵通りの北の最寄り駅でもあり乗降客が多く、この商店街の拠点としてもっと活かしたいものです。踏切南の惣菜店「なりたや」でコロッケを買いました。この「なりたや」さん、成田惣菜研究所なるものも持って惣菜コンサルタント業もこなしているようですよ。
 そして、その南の角に庚申塚がある信号交差点から先は、地蔵通り商店街となります。高齢者が踏切の北まで足を延ばすのはやはり無理があるのかなあ。「さざえ堂」をさらに活かせれば良いですね。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★★★☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★★☆

懐かしい構えの店も多い商店街(都電電停近く)
DSC07448.jpg

古い建物が歴史を語る風景も
DSC07435.jpg
 | ホーム | 

[№225]雑司が谷弦巻通り商友会

歩いた日 H25.06.29 【豊島区】 
 とても目立たないところにある商店街です。雑司が谷一丁目と二丁目の境をなす道沿いですが、このあたりは広幅員の道路が乏しく、道も曲がりくねり、迷いそうなエリアです。雑司が谷霊園が近いものの、それとの関連も定かではなく、都電の鬼子母神前電停付近から地図を頼りに狭い路地をくねくねとたどってやっとたどり着きました。
 そういう環境なので、直近に大型店舗もなく、古き良き地元密着型の商店街の風情が比較的良く残されています。商店街らしき区間は200mほどで、その中央付近にある「とちぎや伊藤青果店」とその脇の狭い路地沿いにある「いせや食品」等の一角が、昭和の香り濃厚なおすすめポイントです。その前後にある「松屋雑貨店」や小料理の「喜代まる」なども懐かしい風景です。「荒木クリーニング店」の隣の「鮨義」は、昼食を期待しましたがランチタイムが終了した後でした。製造直売の「小倉屋せんべい」は、路地を入った工場で販売しています。
 このレトロ感は、山手線内側にあって貴重だと思うのですが、マンションが立地したり建設工事中の部分もあって、環境変化にどう対応していけるかが興味深いところです。マンション名に「護国寺」とついているのを見て、ここからは文京区の護国寺も近いのだと認識させられました。商店が途切れるあたりから先は文京区との区境となり、日本女子大などがある目白台の領域に接することになります。
 戻って、先ほどの「とちぎや」の向かいにある「アカマルベーカリー」で、この日の間食用に菓子パンをいくつか買いました。気さくな感じで、長く地元に愛されている雰囲気です。
 ところで、雑司が谷界隈では近年、「雑司が谷七福神」巡りが始められたようで、東京で一番新しい七福神だそうです。この商店街の近くには、毘沙門天(清立院)と吉祥天(清土出現所)があるようで、清土出現所とは、雑司ケ谷鬼子母神像が出土したところということです。意外な商店街を発見できたという思いで通りを西に進むと、都電の線路の向こうに、これもまた七福神のひとつの恵比寿神がいらっしゃる大鳥神社の緑が目に飛び込んできました。
・なつかし度  ★★★★☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★★★☆
・ローカル度  ★★★☆☆

「とちぎや伊藤青果店」などがある一角
DSC06436.jpg

昭和の香り濃厚な路地空間
DSC06427.jpg
 | ホーム | 

[№224]鬼子母神通り商店睦会

歩いた日 H25.06.29 【豊島区】 
 地下鉄副都心線の雑司が谷駅は、ずいぶん深いところに作られており、エスカレーターを乗り継いで出る2つの出口の中間にあるのが都電荒川線の鬼子母神前の電停です。都電の雑司ケ谷電停はこのひとつ北隣で、どうして名称を揃えられなかったのかと思いますが、「が」と「ケ」の違いも興味深いところですね。この鬼子母神前電停で線路を跨ぐ形であるのが鬼子母神通り商店睦会です。
 電停から西へ数十メートルのところで鬼子母神の参道が分かれ、そちらは見事な欅並木と石畳が続きます。しかしその入口前後には、シャッターが閉ざされた空き店舗らしきものが多かったりして、門前町らしい華やかさはありません。鶏肉の「豊島屋」のやきとりが美味しそうですが、それ以外は寂しい雰囲気です。
 電停から東へ向かうと、和菓子の「ときわ木」が唯一門前町らしい風情を感じさせます。道がやや右にカーブすると、やっと商店街らしい光景が現れますが、どの店も鬼子母神とのつながりは薄そうです。懐かしい看板建築の「名取ふとん店」や「キク薬局」などが下町的な佇まいを見せていますが、一方で、「オー・ボン・コワン」というお洒落なフランス料理店にセレブらしきご婦人方が集っていたり、その隣にログハウス調の喫茶店「さむしんぐ」があったり、奥まった和風の構えの「モズカフェ」が賑わっていたりするのが、少々意外な感じです。
 どうやらここは、門前町という名にこだわらず、より幅広い文化の香り漂う街になろうとしているかのようです。確かにこの周囲には学習院や日本女子大などもありますが、雑司が谷七福神巡りなども楽しめるところで、新旧取り混ぜた文化がモザイクのように滲み出した商店街とも言えそうです。
 「睦会」の名のように、新旧なかよくやっていってほしいと思いますが、「鬼子母神通り」らしさも保ってほしいところで、地元の人だけではない参拝者の通行も多くあるのですから、せめて参道入口や電停周辺での鬼子母神を生かした個性的な展開が望まれる・・・と思うのは勝手な考えでしょうか。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★★★☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

鶏肉「豊島屋」などがある鬼子母神参道入口付近
DSC06406.jpg

新旧取り混ぜた風情の電停東側部分
DSC06412.jpg
 | ホーム | 

[№223]鬼子母神西参道商店街

歩いた日 H25.06.29 【豊島区】 
 鬼子母神とは、インド仏教での鬼女神で、500人の子を持ちながら性格は暴虐で、他人の子を盗んで食べるという悪女でしたが、それを見た釈迦が末子を隠し、悩み悲しんだ鬼子母に対し子を失う父母の思いを教えて戒め、鬼子母はそれにより悔い改め、釈迦に帰依し、安産子育ての神となったものだそうです。鬼子母「神」とはいうものの神社ではなく、雑司ケ谷鬼子母神は近くにある日蓮宗の法明寺というお寺に属するものです。
 鬼子母神西参道商店街は、明治通りからこの鬼子母神に至る100mにも満たない道沿いのほか、明治通り沿いの一部も範囲に含んでいるようですが、明治通りからの入口に商店街名のアーチがかかっています。西参道からのアプローチだと、鬼子母神本堂の裏手から入る形になりますが、お地蔵様がある敷地沿いの道で正面に回ることも可能です。
 この商店街の集客力の中心は、鬼子母神本堂にほど近い「オレンジマートオークラ」というスーパーでしょう。池袋の繁華街が近いものの、このあたりの住民にとっては日常の食材購入の場として重宝されているようです。その斜め向かいにある小さな白い店が「時屋」。ステンドグラスを扱うようです。ちょっと脇に入ったところにある美味しそうな蕎麦店は「和邑」。人気店らしく女性客等で満席でした。
 明治通り沿いは、インド料理店があったりしますが、その向かいに「外口氷室」という氷店が目を引きます。「氷室」というのも懐かしい響きですね。ただ、それ以外はあまり個性的な店は少ないようです。歩道橋から見下ろす明治通りは、やはり幹線道路の貫祿ですが、自動車の流れに混じってサイクリストが疾走していく姿が多く見られました。
 戻って鬼子母神境内に入ると、荘厳な本堂だけでなく、樹齢約700年という大公孫樹(おおいちょう)にも圧倒されます。参拝者が絶えず、本堂からは聞き覚えのある日蓮宗の読経の声が聞こえていました。明治通りから一歩入ったこの周辺は狭い道が多く、静かな住宅地環境が保たれていて、境内の緑とともに清浄な空気が流れているように感じました。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★★★★☆

商店街から鬼子母神の寺林をのぞむ
DSC06401.jpg

明治通り沿いの氷店「外口氷室」
DSC06397.jpg
 | ホーム | 

[№65]アザレア通り商店会

歩いた日 H24.06.17 【豊島区】 
 以前、山手線の車窓から「アザレア通り」のアーチを見つけ、どんな商店街かと興味を持っていました。ここも通り自体が区界で、東面は北区なのですが、商店街は豊島区商連に属しています。
 JR駒込駅東口改札から北が「さつき通り」を名乗る駒込銀座、逆の南方向がこのアザレア通りですが、アザレアも西洋ツツジですね。駒込駅は線路の掘割のツツジが有名なので、それに因む命名でしょう。以前は駒込東銀座を名乗っていたそうですが、今はアザレア通りが商店会名です。
 アーチをくぐって進むと、飲食店系が多い街並みが続きます。駅近くで平日の夜はまた違った雰囲気でしょうが、日曜の昼間なので居酒屋など開いているところは少なく、人通りはあるもののやや寂しい印象です。マンションなどビル化している建物が目立ち、その一階が飲食店というパターンが多いようです。コンビニやドラッグストアも混じりますが、生鮮食品店は見当たらず、この点は駒込銀座と共通ですが、雰囲気はかなり異なります。
 商店街の総延長は300mほどですが、南に進むほど少しずつ人通りが少なくなり、静かな信号交差点のところで商店街が終わります。ゆっくり歩きましたが、夜の飲食街を昼に歩いているという何か空虚な感じが最後まで続き、インパクトのある店が見つからなかったのは、私の目が節穴だったからでしょうか。街路灯に下がるピンクのフラッグは清潔感あって良いのですが。
 商店街の南端交差点角のインド料理店の店頭には、なぜか水槽に大きな鯉が何匹も泳いでいます。ランチタイムも過ぎた時間で、お店の方が出てきて水槽の脇に座り込んでいました。やはり事前の期待の割には目立った特徴を見出せない商店街という感想ですが、来た時間帯や曜日が悪かったかな。
 この交差点から先は普通の住宅地になりますが、左方向を見ると、田端銀座商店街が間近に見えます。性格の異なる商店街がこのように近接しているのも面白いですね。
・なつかし度  ★☆☆☆☆
・ぬくもり度  ★☆☆☆☆
・ひょうきん度 ★★☆☆☆
・ふだん着度  ★★☆☆☆
・ローカル度  ★☆☆☆☆

駅側の商店街入口
DSC02863.jpg

特徴が見出しにくい日曜の午後の商店街
DSC02873.jpg

再び歩いた日 H29.04.04 【豊島区】 
 六義園のしだれ桜がライトアップされ、見頃ということで、夜の駒込駅から六義園に向かう本郷通りの歩道上は大賑わいです。しかし、そんな喧騒はこのアザレア通りまでは及びません。ほぼ5年ぶりにやってきました。
 やはり夜型の商店街ですね。昼とはちがって華やいで見えます。でもどぎつさは感じません。今回こちらへ来たお目当ては、ネット上で評判が良い「魚がし寿司」です。駅側の商店街入口から間もないところで容易に見つかりました。店頭には巨大な「握り」のサンプルが鎮座しています。こんな大きさだと一貫でも食べきれないでしょう。
 入店すると、寿司店にありがちな気取ったところは何もなく、とても親しみやすい感じです。地元の常連客も多いようで、席が空いてもまたすぐ埋まるという状況。握りの盛り合わせは、「特上」が1000円、「特製」が1300円と、コストパフォーマンスは最高です。美味しくて良い店を見つけました。つつじの季節にまた来てみたいですね。

「魚がし寿司」があるあたりの夜の情景
KIMG0130.jpg

 | ホーム | 

[№64]駒込銀座商店街(さつき通り)

歩いた日 H24.06.17 【豊島区】 
 全国に銀座を名乗る商店街は数多くありますが、ここは小さいながら密度濃くまとまった印象の商店街です。「駒込さつき通り」の愛称でアピールしているようで、150mほどの狭い道の両側に商店・飲食店等が軒を連ねます。この通りは豊島区と北区の境界に当たり、片側は北区なのですが、商店街は豊島区商連に所属しているようです。
 山手線駒込駅を東口に降りればこの商店街がすぐですが、敢えて反対側の北口に出て本郷通りを少し歩き、有名な霜降銀座商店街の入口を眺めつつ右に折れて、北側から駒込銀座に入りました。商店街入口の「KOMAGOME GINZA」のアーチの下に「さつき通り」の横断幕が。駒込駅はツツジで有名なはずですが、サツキだったのかな。まあサツキもツツジの一種ですね。商店街では5月にさつき祭も行われるようです。
 駅近くのため飲食店が多い印象で、「ラーメン」「もつ煮」などの看板や提灯などが並びます。八百屋や魚屋などの生鮮食品店は見当たりませんが、全体にとても庶民的な雰囲気で満たされています。商店街の中程で元気な若い呼び声が響くのは「大分県中津市」の幟を掲げるからあげ専門店「吉吾」で、お客さんが順番待ちをしていました。アンテナ店的な役割もあるのでしょうか。このように個店や商店街が特定の地方とつながってその窓口となるというのは、ひとつの行き方だと思うので、興味深くながめていました。
 その向かいにある百円ショップ「キャンドゥ」もすっぽりと庶民的商店街に溶け込んだ感じですが、駅側入口近くにある「世界の食品 Carnival」の青い看板を掲げる店にもそそられます。世界のワインや紅茶などが売り物の輸入食材店のようですが、何か怪しげな風情が逆に興味を引きますね。駅側入口角で閉店セール中のお店では店先の道路上に女性の下着姿のマネキンがドカンと置かれたりして、そんなちょっと猥雑な雰囲気がまた楽しい、という商店街です。
・なつかし度  ★★☆☆☆
・ぬくもり度  ★★★☆☆
・ひょうきん度 ★★★★☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★★☆☆

大分中津のからあげ店「吉吾」など
DSC02856.jpg

「世界の食品 Carnival」など
DSC02859.jpg
 | ホーム | 

[№38]折戸通り商栄会

歩いた日 H24.05.12 【豊島区】 
 山手線の大塚駅にふらりと降り立ち、駅の南北を一回りするといくつかの商店街がありますが、その中で最も「B級度」が高そうな折戸通りに足を進めました。駅前から直接見えにくい位置にあるせいか、他の商店街のように飲食店チェーンなどの看板はほとんどなく、地味な印象の商店街です。
 都電の線路を横切って商店街に入ります。車道の両側にやや狭い歩道がついていますが、人通りはそれほど多くありません。街路灯の下に「折戸通り商栄会」の青い共通フラッグが続いています。ほぼ南北方向の通りですが、適度なカーブが先への興味を誘います。シャッターを降ろしたままと思われる店もありますね。周囲は住宅地ですが、日常生活に密着した生鮮三品の店がほとんどないようなので、人が「溜まる」場がなく、皆が足早に通り抜けて行くという感じです。
 飲食店はいくつかあって、蕎麦店や「うなぎ」の看板を掲げる「天平食堂」などは、昭和の大衆食堂という感じのたたずまいを見せています。ラーメンの「大勝軒」も発見。大勝軒にはいくつかの系列がありますが、ここは東池袋系のようです。そういえば大塚は東池袋に近いですね。
 しばらく進むと左側のビルに「萬劇場」の文字が。「夢魔」という公演の案内が掲げられていました。こういうところにも「小劇場」があるのですね。立ち止まって見ていると若い女性が吸い込まれていきました。文化の「溜まり」場はあるではないですか。商店街もそれを活かせないでしょうか。現状では関連づけはほとんどなさそうです。
 都立文京高校が見えたら商店街はここまでです。さらに先に進むと西巣鴨界隈の商店街に行けるのですが、この日はここで引き返しました。
・なつかし度  ★★★☆☆
・ぬくもり度  ★★☆☆☆
・ひょうきん度 ★☆☆☆☆
・ふだん着度  ★★★☆☆
・ローカル度  ★★☆☆☆

適度なカーブに沿った商店街
DSC02319.jpg

「萬(よろず)劇場」
DSC023221.jpg
 | ホーム |